無料カウンター

 ハングル検定 解答速報

日本韓国語教育学会

 


第48回 春季ハングル検定 2級~5級の解答速報を掲載しています。

ここに掲載されている解答は盛岡ハングル学館にて作成したものです。正式な解答はハングル能力検定協会発表のものを御覧下さい。

 

 6月4日 PM8:00に4・5級の速報を掲載しました。   
 6月5日 PM7:30に3級の速報を掲載しました。   
 6月5日 PM11:15に準2級、2級の速報を掲載しました。
6月6日 PM9:40に協会発表の解答と違っていた箇所を修正しました。
    (2級筆記 [5](2)③→②、[10](1)①→④ 2級聞き取り[6]【問1】①→②)   
6月6日 PM9:40に 3級聞き取り[6](2)が欠落していましたので修正しました。       

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  2級

  筆記問題


 [1] 1)③    2)①    3)④    4)②    5)②


    6)①    7)③    8)③    9)①    10)④




 [2] 1)④    2)④    3)①    4)④    5)①




 [3] 1)③    2)③    3)②    4)②    5)③




 [4] 1)④    2)④    3)①    4)④    5)①




 [5] 1)③    2)②    3)④




 [6] 1)①(해서 → 자서)     2)②(했다 → 할 것이다など)




 [7] 1)②    2)④    3)②




 [8] 1)②(뻗히다→뻗치다)    2)①(매고 → 메고)

    3)①(섣달 → 석달)    4)①(뼈져리게 → 뼈저리게)




 [9]

  1)対話文の日本語訳

  A: 君、室長と二人、好き同士の間柄だろう。

  B: 何を突拍子もないこと言ってるんですか。

  A: 最近いつもくっついているじゃないか。だから(人々の話題に
    あがるしかないんだ。)

  B: そんなことないですよ。



           解答 ③
 



  2)対話文の日本語訳

  A: コンピューターがとても古くなったけど、新しく買ったらどう?
    どうせなら最新のものを。

  B: そうするにはお金がものすごくかかるじゃないか。

  A: (お金がかかるからなんだっていうんだ。)

  B: でも身の程を考えてお金を使わなくちゃ。



           解答 ①




 3)対話文の日本語訳

  A:さっきチーム長が何て言ってた? とても怒ってたみたいだけど。

  B:あ、大したことないよ。 気にするな。

  A:(何だよ、さっぱりするよう話してみろよ)

  B:ちょっと考えられるように急き立てないでくれ。



           解答 ②



   
 4)対話文の日本語訳

  A: これはずいぶん久しぶりだな。ここまでどうして来たんだ。

  B: (噂を聞いて来たんだ。お客はいっぱい来るかい?)

  A: まずまずだよ。わざわざ来てくれてありがとう、わが友。

  B:  もっと前に来るべきだったのに今頃来てごめん。



           解答 ②


 
 5)対話文の日本語訳

  A: 今回はまず何種類かの試製品だけ売り場に出してみようかと思います。

  B: この前失敗したと思ったら、若い者がとても慎重になったね。

  A:(石橋もたたいて渡ろうと思いまして。)

  B: そうだ。事業は簡単に成功しようとすればするほどより大きい罠には
    まるんだよ。



           解答 ③




 [10] 本文の日本語訳

  当時中学校の2年生だった私は汽車で通学した。明け方5時に起きなけれ
 ばならなかったので朝ごはんはせいぜい一週間に1,2回。昼の時間まで空
 腹を我慢するのが楽ではなかった。それで私のように汽車で通学していた学
 生の大部分は2校時が終われば弁当を取り出して食べた。
  雨がたくさん降るある日のことだった。3校時の授業を前に私達はいつも
 のように弁当を食べた。(A)ふたを開けるだけでもすっぱいキムチのにお
 いがすぐに広がるのに、雨が降り込むので窓を開けることができず教室には
 妙なにおいが漂った。
  ついに授業のベルがなり、先生が入っていらした。(B)顔をぎゅっとし
 かめた先生は、弁当を食べた学生は前に出ろとおっしゃった。(C)
  友達が一人、二人と前に出たが、私はしばらく迷った。普段かわいがられ
 ているだけに、先生がどんなにがっかりするか怖かった。(D)頭を深く垂
 れて歩いていく途中で教室の中間に立ち止まった。「君はなぜそこに立って
 いるの。」 私はしょげかえった声で答えた。「ぼくは弁当を半分だけ食べ
 たので・・・」。その瞬間静まり返っていた子供たちが手を打って大笑いし、
 先生もあきれて笑った。



       【問1】 ④       【問2】 ②




 [11] 本文の日本語訳
 
  ちょっと前に、劇作家を夢見るある女子高生がインターネットに10代のぱ
 ちぱちはじけるような愛の物語を小説として連載し、大きな人気を得た。こ
 の小説が本として出るや、言語規範問題が出版界内外で論争の種になった。
 どんどん暗号化される通信言語がわが国の言葉の根本の型を揺るがしている
 という批判が強い中、様々な外国の文字、数字、記号を混ぜ合わせ意思疎通
 を図る、いわゆる「外来語」まで動員した小説が出版されたからである。
  ところがある有名大学がその女子高生を特例合格させることに決定し、こ
 の問題はさらに大きな波紋を呼んだ。言語規範を意図的に無視した作家が、
 まさしくその小説1片で由緒正しい名門大学に特例合格できるのかという非
 難が当該大学の掲示板をいっぱいに埋められたのはもちろんである。大学側
 ではその女子高生の弾ける感性と優れた創意力を高く買って決定したことゆ
 え、何の問題もないと抗弁したがこのことに対する非難は簡単に収まらなか
 った。



       【問1】 ②      【問2】 ③




 [12] 本文の日本語訳

  少年登科という言葉がある。幼い年令で科挙に及第し高い位置に登ること
 を意味する。昔の人は人間の3種類の不幸の中の1番目に少年登科を挙げた。
 あまりに早く出世をすると怠惰になり傲慢になりやすい。怠惰になることに
 よりそれ以上の発展がなく、傲慢によって敵が多くなる。だからそれ以上成
 功しづらく、最後には早い出世が不幸の根源になるのである。
  私が弟子に願うことは(      )。人生を終えながら「私の最も大
 きな成就はこれだった。」と言うことが重要であって、「それでも私が20代
 後半には人よりも名声があった」と自分を慰めることは大きな意味がない。
 それでも多くの若者たちが少年登科をうらやましがり、感情的な失敗に挫折
 しちょっと取り残されることに劣等感を感じるとは、まことに残念である。



       【問1】 ③      【問2】 ②




 [13] 本文の日本語訳
  
  食欲が旺盛なある老婦人が嫁いだ娘の家に遊びに行った。夕方になって食
 膳が運ばれてきて老婦人は娘、娘の夫を向かい合って座った。彼らがすぐに
 スプーンを持ち始めたが、あいにく電気が切れた。ろうそくをつけなければ
 といいながら、娘の夫が立ち上がろうとするや、機転のきく嫁が先に立って
 さっさと台所に行った。そうとは知らず部屋で老婦人は前に座っている人が
 自分の娘だと思って耳打ちで一言言った。
  「娘よ、夫が戻ってくる前にさっさと肉のかたまりをつまみ取ってくれ。」
  その言葉を聞いた夫は笑いをなんとか抑えながら知らないふりをした。
  やがて娘がろうそくをつけて入ってきた。その瞬間夫の前で大きな失言を
 したことを悟った老婦人はこのように言った。
 「さあ、聞いて。年をとると暗くなりさえすれば眠くなり、眠りさえすれば
 寝言なのよ。」
  その言葉に夫は落ち着いて応酬した。
 「年をとったら私ももう暗くなりさえすれば何の声も聞こえません。」
 


      【問1】 ④      【問2】 ②




 [14]

 1)彼は [どんな仕事も嫌がらずに]黙黙とはたらく。


            解答 ①




 2) 自分の体一つも[持て余しているのに]子犬を育ててみようだって。



            解答 ④



 
 3)与・野を問わず事態の収拾に[全力で取り組んだ]。
   


            解答 ④




 4)私が考え判断してするので、横から[ああだこうだと指図しないで下さい]。 



            解答 ①




 5) [私の言葉が変なのか。]



            解答 ④




 [15] 

 1)③    2)③    3)①    4)④    5)②





[2級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>易化。

<問題語数>前回とほぼ同じ。

<問題内容>若干変化。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



この2級を受験される、多くの方にとって(受験していた当時の解説執筆者も含めて)、
韓国語が今や身近なモノで、普段から積極的に実用されているであろう中で、
ハン検2級はいわゆる日常会話レベルを通過し、しっかりした語彙力を使い、
目に見えない物事も含めて、あらゆる物事を‘自分の言葉で’表現できる、


「上級」としての韓国語力


を訊いてきます。
そのレベルは一部例外を除き、TOPIK6級を超えます。


底まで学習を積み重ねてこられているので、学習そのものも自立的にされている方が多いです。


2級,そして1級は本当に難しくて捉えどころが無いともよく言われている中、
今回受験された方のお話によると、



「過去問そのままというのもありちょっと意外だった」

「受からせようという問題で、過去問に比べてより親近感がある」


など、平易だったというご意見を数多く聞きました。

実際にはどうか、少しではありますが見てみましょう。




まず語彙/語法問題で、はじめに確認しますと、語彙/語法問題は、



『過去問で出たことの無い語句が主に出題される』

(過去問中心の対策は、タネ明かしを知ってから手品を見るようなもの)



ことです。


「知らない語ばかりが出てくる」


というのは本当におっしゃる通りで、
これは、準2級では再登場率が高い、オノマトペアや成語であっても然りです。

ところで7)で出題されている副詞は、さすがに数が限られるからか、


①별의별<第21回・韓日訳>  ②가뜩이나<第31回,34回,38回,42回>


と、再出題されています。


一方で、その 가뜩이나 や、3)① 변두리,4)① 축나다<第47回でも出題>、
そして6)③ 한다 하는 9)발버둥을 치다 が的中しました!!




そして、第2問の慣用句問題でも、初登場が続出です。

ここでは上記の他に、3)① 물가에 내 놓은 아이 같다 も的中しましたが、
ハン検では2013年度以降、慣用句が数多く出題されるようになりました。

語彙問題、そしてこの後に続く語法問題について、2級そして1級までくると、
単に合格を目指すなら、



1.これから出る語句,出る可能性の高い語句


2.ハン検で昔からよく出る語句(常連さん)



をピンポイントに押さえるのが上策です。というより、それしか無いと思います。

トウミという形で出題語句が公開されていることプラス、
先ほど確認した、これまでの出題傾向を分析すれば、それはもう明らかです。


そういう意味では、解説の末尾でも語られる通り、
過去問を買い漁っておこなう対策学習は、ハン検2級,1級という上級で限界がありますね。

一方で、ある神奈川の生徒さんは、10年以上分の過去問を所蔵され、
それらの分析も進んでいるとお見かけしました。


とにもかくにも、語彙/語法問題では‘何が出るか’を優先的に覚えていきましょう。
もちろん、実用韓国語ではこの限りではなく、ハン検出題語句に限らない、
上級韓国語使用者たる、豊富な語彙力を持っていたいです。




それでは、第4問の接続表現問題です。


接続表現はいわゆる‘文法’で、
日本語ネイティブにとっての韓国語文法は、ハン検2級受験に至った今振り返っても、
事実上学んでいないので、本当に楽ですね。


典型例として、韓国語(日本語)では長い修飾句が名詞(非修飾語)の後ろにくることがありません。
あるとしても、文が一旦区切られます。

さらに、定冠詞・不定冠詞の類いが無く、名詞に性も無く、
それに用言の活用を一致させることも無いし、語順も自由です(韓国語は日本語よりまだ厳密ですが)。


解説執筆者が知る限り、他言語にはその言語の性質上、
書き手の個性に従って自由に組み立てることが難しい語が結構あります。

活用が無い中国語が特にそうですし、英語でも動詞が持つ文型に従わなければなりません。


そして日韓両語は、時制も単純です。

ただ韓国語の回想 더 には、過去(厳密には完了)の補助語幹 았/었 と違い、
[(動作・状態の)終点がはっきりしない過去]という、発想の転換が必要ですけどね。



その一方で、韓国語の接続表現は非常に発達しているので多種多彩で、
ハン検では、そのことがトウミの誌面上で記されています。

そしてそれらの使い分けには、例の 고 と 아/어서 を皮切りに悩まされたりします。



解説執筆者が知る限り、韓国語の接続表現は[該当する訳を覚える]がほとんどで、
それで実用できて、ここのような試験解答で正解できれば、それでOKですね。

一方で覚える量が多くなり、いわゆる丸暗記の作業になってしまいます。


ここでは4つの捉え方で解釈しています。
「4つの捉え方」とは、「論理」という文脈の捉え方です。


「論理」という文脈はたった4つで、さらには3つに絞られたりします。



(イコール関係 〔前文 = 後文〕)


反対関係 〔前文 ⇔ 後文〕


累加関係 〔前文 + 後文〕


因果関係 〔前文 → 後文〕



<イコール関係>は<累加関係>に含まれることが多いので、事実上3つです。
これらが一文で、あるいは段落の間にあり、韓国語のみならず全言語に共通することです。


「論理」というと大層に聞こえそうですが、例えば、


例)千幸と弥生はいとも簡単に受かった。私は(        )。


とあったら、(    )に「悲しくて泣いた」と入らないのが当たり前というのも、
「論理」によるものです。


それらを自然とキャッチできる観察力を養い、その力を韓国語の事情に当てはめて、
文法を「無秩序な知識の羅列」にせず、効率よく捉えられるようにしましょう。



1)はここ最近恒例になっている助詞問題で、
声を聞く手段が電話なのは[不満足]であることを表し、
「電話」と「声を聞く」の間に<反対関係>が認められるので、④ 나마 を使います。

具体的には、以下のような意味があります。


◎어떤 상황이 이루어지거나 어떻다고 말하기에는 부족한 조건이지만 아쉬운 대로 인정됨을 

나타내는 보조사.



2)も<反対関係>です。

가수가 되다 と後文の内容(더니 が[憤慨,不満]を表しているからです)が<反対>ですよね。
되다 のコアイメージが[完成,成立]ですから、結んでいる文脈は具体的に、



[完成] ←→ [憤慨,不満 = 未完成]



を作っていて、<反対>の文脈を結べるのは、④ ㄴ/는답시고 だけです。


さらに3)も前後が<反対関係>で(도중 ←→ 끝까지)、
① ㄹ지언정 だけがその文脈を結べて、具体的には[譲歩]です。



ここで問い質しているのは、4つの文脈だけです。該当訳が無いですよね。
たった4つの捉え方だけで解いています。



一方で4)5)では、語の知識を訊かれていますね。


4)は、問題文の中で 알다 が既成事実なので、現在連体形を持つ②④が残り、
②の 바람 が、

(風  →  [一定しない,気まぐれ]  →  [突発的理由])

を表し、ここでは合わないので×です。


正答④の 마당 は、例の「広場」からも意味を想像できる通り、


◎어떤 일이 이루어지는 판이나 상황


を意味し、「世の中の人皆が知っている[状況で]」ということですね。


そして5)は 글씨체 から後文内容を[推測]していますから、미루다 を選ぶというものです。


前回よりは明快な解答をしやすいので、易化したと見ています。




それでは、第5問の仲間外れ問題です。

語彙全体に言えることで、語彙を捉える時にどのようにまとめるかがポイントです。
あとは、この解説で級を問わず出てくる[コアイメージ]で解答することです。

この後に出てくる多義語問題も同様で、多種の意味(訳)を暗記するのはそろそろ限界ですね。



1)は③だけが、日本語でいう「快く」です。
他は、「隠すことなく」ということですよね。


続く2)は慣用句「先手を打つ」を問うています。
そして3)では前回からの新傾向で、10語程度の句で対照するという問題です。

つまりは「この上ない」ことを表したいわけですが、
④ 지경 は[程度][状況]をいうので、これが仲間外れです。




では、第6問の間違い探し問題・語彙/文法編で、
ここでの特徴としては、ハン検が日本語ネイティブ向けの試験なので、
やはり自分達日本語ネイティブが間違いやすいところを訊いてきます。


今回も語法・文法両方が問われていて、1)は、なにげに眺めていると見過ごしそうです。
そうですそうです、늦잠을 자다 ですよね。


そして2)は②が間違いで、(으)면 の後文時制が現在(習慣)・未来でなければなりません。




それでは次に、第7問の多義語問題です。


1)と3)で、名詞からの慣用句を訊いていて、
2)は、常連さんの 수다를 떨다 から導き出しやすかったりしますが、
떨다 のコアイメージは[振り払う]で、そこから、

「(売れ残りを)買う」 「(全体から一部を)支払う」

という意味に派生します。
この 떨다 は、同じ多義語問題で的中しました!



この多義語問題は、数年前に比べれば平易になっています。
以前は 나다 や 보다 といった基本語で出題され、それだけ広義なので難しかったです。


多義語を覚える時は、本来多義語である程、該当訳を一つ一ついちいち覚えるのではなく、
[コア]の部分(中心義ともいいます)を押さえるのが上策で、
これは韓国語に限らず、それこそ語学、さらにジャンルを問わず‘学ぶこと’自体で必須となる、


<抽象化> と <やじろべえの精神>


が本領を発揮するとらえ方です。


出題される語はここでも2度以上扱われているのがごく稀ですので、過去問だけでの対策は無理です。
一方ではその学習がこんな特典もあって、第35回と第42回で全く同じ問題文が出題されています。


그는 아무리 술을 먹어도 주정을 부리지 않는다.

길을 떠나자 날씨가 변덕을 부리기 시작했어요.

아직도 더위가 기승을 부린다.


ここでは 부리다 を入れるというもので、同一文での出題は1級でもありますが、
こういうのに出会ったらラッキーですね。





続いて、第8問の間違い探し問題・綴り編です。
先に出題傾向に合わせて観察しましょう。正答はそれぞれ以下の通りです。



1)② × 뻗히다   ― ○ 뻗치다


2)① × 매고     ― ○ 메고


3)① × 섣달     ― ○ 석달


4)① × 뼈져리게 ― ○ 뼈저리게



過去8回出題されている問題を観察していると、
たとえ問われている語句の意味を知らなくても、どこを見ればいいかという、
一種の‘嗅覚’なんかが育つかもしれません。




では、第9問の会話文問題です。


現出題形式に改訂された第26回以降、語数を徐々に増やしながら継続して出題されていますが、
ここは正直、もう手を持てあましている気がします。

というのも、ハン検で会話文を理解する云々は、リスニングでやっていますし、
よくよく考えると、会話は本来<聞いて話すこと>が主だからです。

これは手話でもそうで、やり取りは目に見える形で残ったりしません。

韓ドラの視聴も、字幕無しで見るのは、音だけの理解ですし、
ここで積極的に問われる慣用句や成語,ことわざの類いも、ドラマ中に出てきますよね。



なので、会話はやはりリスニングで理解できることを優先して目指したいですし、
TOPIKではそれを先取り、筆記での会話文問題を第34回で止めたと解釈しています。
ハン検でもいずれそうなるでしょうね。



ということで、ハン検では筆記でも会話文問題が一応出題されますから、対策を執ります。
ここでは「語彙」と「読解」を問われています。

各語句に留意しつつ、先の接続表現問題で問い質した「論理」という文脈の捉え方も用いて、
淡々粛々と解いていきましょう。


普段の会話と違う、試験問題としての会話ですね。
ここでは、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則と呼んでいます。

それを駆使し、知らない語句や分からない語句があっても、正解できるようにしましょう。
そういう意味においては、会話の流れをきちんと掴めば解けるので、
行き詰った中でもきちんと作っていると評価できます。



1)では、慣用句を問うていて、
室長とデキているという‘うわさ’の類いを表す句を選びます。

입 があるので分かりやすいですね。



2)は平易です。正答の文句が一種の[反語表現]であることだけ確認しておきましょう。


A:돈 좀 나가면 어때? ≪お金がちょっとかかったっていいじゃん≫



そして3)は、(  40  )を挟んだ前後の文句、


A:신경 꺼 ≪気にするな≫ → B:(  40  )→ C:다그치지 마 ≪急かすんじゃねぇ≫


の流れから、BがAにさらなる要求をしている文脈が分かります。
要求している文句は(仔細な意味は関係無く)、語尾から②と分かりますね。



そして5)は、(  42  )直前の 신중하다 に合うことわざを選ぶ問題です。
日本語にも同様の句がありますよね。



先にも確認した通り、会話はあくまで「聴解」を磨きましょう。

ここも、出題される限りは対策を執らなければならないので、
上級の語句に留意しつつ、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則で、
会話の文脈を基本的語句でキャッチしながら、淡々粛々と解答していきましょう。


全体的には前回より、類推が利く度合が高いので、やや易化しました。




では、いよいよ長文問題を見ていきましょう。

注目の挿入文問題が、第10問で出題されています。
といっても、それはいたって短いです。


その他、問題文を読む前に見ておきたい問いは以下の通りです。



第11問【問1】 「暗号化する通信言語が、韓国語の根本的枠を揺り動かしている」の具体内容


第13問【問1】 「そうとは知らず」の具体内容



解答速報という関係上、全ての問いについてじっくり書く時間が無いので、
今回はこれらを中心に振り返ります。




では第10問【問1】の挿入文問題を見ましょう。

もちろん、問題文を読み始める前に挿入文を読みます。
語句・文内容の確認と共に、こういう場合は何より、文脈を司る語句をチェックしましょう。



그러나 어쩌랴. ≪しかしどうしたことか≫


結ぶ文脈は分かりやすいですね。<反対関係>です。
なおかつ、어쩌랴 の具体内容も必要です。
日本語もそうで、何らかの[結果]を述べる時の前振りに使われますよね。

なので、問題文を読み始める前に、4つのうち<反対関係>の箇所を探し、
その後文に 어쩌랴 の具体内容といえることがあるかと頭に入れておきます。



ここは第2段落から読みはじめます。
もちろん、もう一つの【問2】は内容一致(間違いを選ぶ)なので、
その解答には、第1段落も必要です。


(C)は段落最後にあるのですぐ消すとして、
(B)は<反対関係>であるものの、前後文が無関係なので×です。

<反対関係>は、反対であるのと同時に、前後に共通点が無いといけないからです。
例えば、右と左を<反対>といえるのは、同時に[横の方向]という共通点があるからです。


そして(D)は<因果関係>なので(「怖かった」から「頭を下げて…」)、
残った(A)が正解です。




続いて、第11問の【問1】です。



암호화하는 통신언어가 우리말의 근본 틀을 뒤흔들고 있다. 

≪暗号化する通信言語が、韓国語の根本的枠を揺り動かしている≫



このような傍線部解釈問題の解答は、


基礎レベル ― [言い換え](全級であり)

上級レベル ― [具体説明](1級で多い)

最高レベル ― [複数該当箇所を接合させて要約,説明](1級でまれに{TOPIKでも})


で、2級ですとまだ[言い換え]レベルに収まることが多いですが、これはどうでしょうか。

解説執筆者が個人的に、韓国語に限らない分野で取り組んでいることなので、
やや仔細に見てみます。



まず、傍線部中の「暗号化する通信言語」とは、その後文で説明されています。



갖가지 외국 문자,숫자,기호들  ≪様々な外国文字、数字、記号≫



そして、「韓国語の根本的枠」は 언어 규범[言語 規範]のことで、
「揺り動かしている」は「言語規範」の後に続く、



(언어 규범)문제가 출판계 안팎에서 논쟁거리가 되었다.
 
≪(言語規範の)問題が、出版界の内外で論争になっている≫



です。

もう分かりましたね。正解は②で、



「様々な外国文字、数字、記号」 =  별난 언어 


「言語規範論争」 =  국어 체계를 위협하다



と結べます。他の選択肢の不正答根拠は以下の通りです。



①
인터넷 전문 용어 → 「様々な外国文字、数字、記号」は‘ネット専門用語’ではない

시민 생활 → 無関係 


③
걷잡을 수 없이 늘어나는 통신언어,해석할 수 없다 → 無関係


④
통신용으로 개발된 용어 → 「様々な外国文字、数字、記号」は‘通信用用語’ではない

사회에 범람하고 있다 → 無関係



ここでは、[言い換え]の枠で収まる読解ですが、
問題文自体は、日本語にも共通する漢字語が多いので読みやすいと思います。




では、北正書法問題の第13問【問1】の、傍線部解釈問題を見ます。



그런줄 모르고  ≪そうとは知らず≫



韓国の正書法と違うものの(北朝鮮では[連体形語尾 + 依存名詞]で分かち書きしません)、
戸惑う程ではありませんね。


ㄴ 줄 알다/모르다 は[思い込み]なので、この主語を特定し、何を[思い込んでいる]のかを探ります。
指示語の内容は分かりやすくて、この直前を指していますが、
傍線部と<因果関係>で結ばれた、その後文を解釈しておく必要があります。



컴컴한 방에서 로친은 앞에 앉아있는 사람이 제 딸인줄 알고 귀속말로 한마다 했다. 

≪真っ暗な部屋で、老婦人は前に座っている人が自分の娘だと思い、耳打ちして言った≫



ここでも[思い込み]のㄴ 줄 알다 が使われていて、
ということは、「前に座っている人」は娘ではなく、その夫なんですね。
夫が台所に行ったと思っているので、④が正解です。


ちなみに 안사돈[-査頓] とは、以下の意味です。


◎딸의 시어머니나 며느리의 친정어머니를 양편 사돈집에서 서로 이르거나 부르는 말.



ところで、ここ数年指摘されている通り、北の素材といっても、
正書法や語句面も含め、韓国の正書法だけで学んでいても何の問題も無いくらい、
余り差異が無い素材が選ばれています。


実際は、一般的に韓国(大韓民国)の正書法で学んできた私達が北の読み物に接する場合、
語句を中心に辞書を何度も何度も引くことになります。

しかも、普通に手に入る辞書には載っていない語句も多いので、
ネットですと、표준국어대사전[標準国語大辞典] などを使うことになります。


2級そして1級では北の文献でも出題されている以上、一応北の素材で練習しますが、
北の読み物に触れたことが無くても、基本的には普段の学習で対応できます。

一方で、北朝鮮で発行される読み物に触れる機会が無くても(通販で購入することはできます)、
インターネットを使えば、例えば有名な 로동신문[労働新聞]を公式サイトで読むことができ、
北の正書法にも日常的に触れられたりするので、

http://www.rodong.rep.kp/ko/

ハン検上級対策を執る中では、北の文にも一応触れてはおきたいです。

視聴においても、最近はYouTubeで朝鮮中央TVの生放送が見れます。




では最後の翻訳問題です。

出題がマーク式(客観式)であっても、基本はあくまで‘自分の手で’訳しましょう。
「翻訳」とは本来そうです。


この翻訳問題対策で、‘自分の手で’訳す練習をせず、ヘタに選択肢を頼りに解答すると、
混乱の元になります。

翻訳問題でのマーク式(客観式)解答は、人員不足による解答採点作業の合理化の方便です。
受験者数が今ほどではなかった昔は、5級でも記述式解答だったからです。

それに、TOPIKでは記述式解答がありますし、
あえて他言語の試験と比較すれば、中国語検定ではハン検より受験者が多いのに、
翻訳問題が全級(準4級~1級の6段階)記述式です。
これは、中検の採点に関われる中国語の先生が、ハン検に関われる韓国語の先生より多いという、
人員的に恵まれた事情があるからと思われます。


そして、選択肢は受験者を迷わせるために作ってあるからですね。
それは、



韓日訳 → 辞書やトウミにある訳をつなげただけでは、日本語的によく分からない句や文


日韓訳 → 模範正答語句の訳として、辞書やトウミに通常載っていない語句で出来た日本語句や文



の傾向の下で作られていて、最低でも2択で迷わせます。


一方で、それらを‘自分の手で’訳せるようになっていれば、
あとは自分が出した訳(結果)に近い、あるいはもしかすると同一の選択肢句を選べばいいので、
選択肢を頼りにする解答とは、正解率が段違いです。

何より、自力で訳せたそれこそが、


『上級としての実用韓国語力』


を認定されたことにもなりますしね。

翻訳は、このハン検2級・翻訳問題の解答のように、あらかじめ用意されたモノから選び、
それらを‘パッチワーク的に‘はめ込む作業ではないです。



前回の解説でも語られていた、


[日本語の名詞好きと韓国語の用言好き]


をはじめとした、日韓両語それぞれの性質を知り、その違いを知り、
それを中心点(コアイメージ)にして、自由自在に行き来できる(訳せる)、
‘知識’と‘知恵’を駆使できるようにしましょう。

その作業に『翻訳』の魅力があると、解説執筆者は考えています。



まず韓日訳で、1)では 궂다<第44回・日韓訳で既出> と 마다하다 が訊かれていて、
2)は、冒頭で挙げた生徒さんのご指摘通り、第44回でこのまんま出題されています。


3)の 발벗고 나서다 も常連さんで、5)はハン検上級で得意の反語的表現です。
直訳でこうなります。


「私の言葉は言葉のようか」=「私の言葉は言葉のようでない」→「わけ分かんないこと言ってるね」


今回は、常連さんや過去問既出が出題されたので易化しました。

‘自分で訳す’練習をしましょう。
翻訳問題のマーク式解答は、協会にとって試験運用円滑化の方便にすぎません。




次に日韓訳で、毎回選択肢を考える問題製作者の苦心を窺い知ります。



1)は、日韓両語で事像の捉え方が違うことを表しています。

これはあの有名な〔아직 멀었어요 = まだまだです〕に類することで、
現在の状態を、韓国語では過去形でいう例です。

より詳しくは、下記をご参照ください。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/62697636.html



2)の慣用句は常連さんで、
あと5)は正答語以外に、더치 페이[Dutch pay],각자 내기 ともいいます。



2級レベルともなってくると、特に韓日訳では、



「訳した日本語が不自然ならば、ほぼ誤解している」


「普段使わないはずの日本語に訳して平気でいられるか」



をきちんと問い質しながら取り組みたいです。



≪不自然な日本語訳での解釈に平気でいてはいけない≫



これは韓国語(外国語)を学ぶにおいて、非常に大切なことの一つだと考えています。




今回2級を受験して、見事合格して1級を目指されるであれ、
惜しくも不合格で、次回以降再挑戦されるであれ、あるいはこれから2級を受験されるであれ、
このあたりから‘本物の学習’をしましょう。


‘本物の学習’とは、語学ならば、会話練習,検定試験対策を問わず、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の順序で学ぶのを理想とし、この中で〔やってみる ⇔ できる〕を繰り返すのが大切です。


この観点から、検定試験対策においては、筆記・リスニング共通で、



〔分かる : 解説が丁寧な理解系テキストを熟読し、それを授業・講義代わりにする〕
(理解)


〔やってみる : 1.「分かる」学習の後に問題を解いて説明を読み、知識と解答技術を覚える〕
(インプット)  2.分野別(語彙・接続表現・会話文・長文・翻訳・リスニング)で練習する


〔できる : 過去問や対策問題集を実際に解き、解けなかったものは(インプット)に戻す〕
(アウトプット)



の学習順序を粘り強くやり、全問正解できるようになるまで繰り返しましょう。

「分かる」の部分は時間がそんなにかからず、ここで学ぶことを覚える必要はありません。
覚える作業をするのは「やってみる」で、「分かる」で使う教材は「やってみる」の参考資料にします。


ハン検・TOPIK対策でよくある、過去問中心の対策学習は、
本来〔分かる → やってみる〕学習を十二分にした後にやるべきで、
特にハン検では、過去の出題傾向からすると、それだけでは足りませんね。

あと、過去問中心の学習は、〔やってみる〕をやみくもにおこなうだけになり、
先の、全問正解を目指した反復学習でも、単に正答を覚えて満足しがちで、
二度と出ない(であろう)問題なのに、正答(しかも選択肢の番号)を暗記して、
それで勉強したと思ってしまうからです。

過去問の正答を覚えてしまって、勉強にならないことはよくあります。


正答を覚えても意味が無く、正答に至る過程を理解してこそ、次受ける試験での類題が解けるし、
それにどのみち、元から難易度の高い問題が載っているので、
それらを1回2回解いただけでは、いずれ忘れてしまいます。



そして、できなかった問題はできるようになるまでやりましょう。
それができなければ、これから初めて見る/聞く問題もできない可能性が高いからです。

つまり『復習』ですが、だからといって、できる問題はもう復習しなくてもよく、
回数を重ねるにつれて、復習量は減っていきますね。


忘れた知識を100%に引き戻す作業と、できないことをできるようにする学習が『復習』です。



で、この形で学習している中で、先の‘正答に至る過程を理解する’ためにも、
特に〔やってみる ⇔ できる〕過程では、


『リーズニング(Reasoning)』


という、解答理由(私はなぜ~番を選んだか)を書き留めたり、誰かに説明する学習をします。
たとえ正解したとしても、正解理由が分からなかったら、
先生やよくできる友人(ただのネイティブを除く)に教えてもらいましょう。

先の‘正答に至る過程を理解する’ために必要で、
同じことを目標に学んでいる者同士で教え合うと、学習がより楽しくなります。

こうすることで、自分は何を分かっていて何を理解していないかが丸分かりになります。



その時には、間違ったら誤答した理由も確認して書き留めておきましょう。
筆記問題・聞き取り問題共に、添削と解説を読んで完全に理解し直した後、
間違った理由をできるだけ具体的に書き残しておきます。

それは「単語ミス」「聞き取りミス」ではなく、例えば、


「不規則活用の理解不足で見間違えた/聞き間違えた」

「日本語‘~に’に引っ張られて助詞を直訳した」

「音を追いかけることに精いっぱいで、内容を理解するまでに至っていない」

「지만 なんて聞けばすぐ分かるのに、その後の文脈をうっかりミスした」


といった具合にです。


『リーズニング』が完璧にできるようになると、自分で出題傾向を掴むことができます。
それは例えば、結局何を訊いてくるのかとか、選択肢の作り方、
あるいはそれに繋がる、‘正解の出し方’‘問題作成者が仕組んだ誤答のさせ方’などですね。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



                     ――――2級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題


 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  2級

  聞取問題


 [1] 文章の内容と一致するものを選ぶ

 1) 그는 살림이 아무리 구차해도 구김살 없이 자랐다.



          解答 ③



    
 2)  동네에서 날 보는 시선이 곱지 않은 건 알고도 남아.



          解答 ①




 3) 나름대로 멋을 부려 봤는데 눈엔 안 찼나 봅니다.



          解答 ①




[2]対話文に続く文を選ぶ


1)남: 손님은 여기 처음 오셨어요?

  여: 아뇨,  5년전에도 왔어요. 근데 그 새 길이 많이 바뀐 것 같네요.

  남: 네, 지금도 여기저기 공사 때문에 복잡해요.

  여: 차차 좋아지겠죠, 뭐.

  남:  (             )


   
          解答 ①



2)여: 아저씨, 그 밀짚 모자 여기 있던 거죠? 

  남: 이게 자네 것이었나? 그런 줄도 모르고 내가 그만.

  여: 아니에요. 밭일 하실 때 쓰시라고 놓아 둔 건데, 마음에 드세요?

  남: (       )



          解答 ③




[3] 1)文章の要旨を選ぶ 

  몸이 천량이면 눈은 구백량이라는 말이 있다. 그 만큼 눈이 중요한 역할을 하고 있다는 말
 이다. 그러나 눈부신 현대 문명의 발달은 우리 눈의 건강을 위협하고 있다. 컴퓨터, TV, 휴
 대폰 등 세상에는 재미있고 흥미로운 볼 거리 천지다. 

 

               解答 ①



 
  2) 女性の考えとしてあてはまるもの

  여: 민수 씨는 아르바이트에 대해 어떻게 생각하세요? 

  남: 가장 큰 매력은 시간 선택의 자유가 아닐까요? 자기가 편한 시간에 할 수 있으니까.

  여: 네. 근데 요즘 학생들이 아르바이트를 이것 저것 하다가 쉽게 그만둔다잖아요.

  남: 경제적 이익이나 조건 때문일까요? 학생을 막 부려 먹는 데도 있다 하고.

  여: 아르바이트도 인생의 소중한 경험과 경력이 될 수 있으니까 좀더 신중하게 선택하는 
    게 좋다고 생각해요. 



          解答 ③



 [4]

 1) 文章に一致するもの

   장사는 인생과 닮았습니다. 수많은 시행착오를 겪으며 나만의 길을 개척하기 때문입니다.

  때론 쓰디쓴 실패와 좌절을 맛보고 정직과 성실로 위기를 극복하기도 합니다. 남다른 경영 
  
  철학, 깨달음을 준 손님, 성공 비결 등 사업을 하며 겪으신 이야기들을 나누고 싶습니다. 



         解答 ④




 2) 一致しないものを選ぶ

   원고 제목과 이름, 주소, 연락처를 꼭 적어 주십시오. 원하실 경우에는 가명으로 실어 

  드립니다. 원고는 다른 곳에 응모한 적이 없는 미발표작이어야 하며 보내 주신 원고는 반
 
  환하지 않습니다. 채택된 원고의 저작재산권은 저희 출판사에 있습니다. 



          解答 ③




 [5]対話後に男性のとりうる行動

 1) 여: 해가 중천인데 아직도 자니? 일어나서 책이라도 봐. 

   남: 엄마는 왜 그래요?  나도 피곤해서 그러는데.

   여: 아니, 내가 새아기 보기가 민망해서 그러지. 매일 집에서 빈둥대니까.

   남: 근데 엄마, 나 작가 되는 꿈 포기하려고 해요.

   여: 갑자기 왜 그래? 네 아내가 뭐라고 하던?

   남: 아뇨, 이제 저도 안정된 생활을 해야죠. 말 나온 김에 좀 나갔다 올게요. 



          解答 ②




2)여: 방금 내가 한 얘기, 절대로 말하면 안돼. 
  
  남: 걱정하지 마. 내가 입이 무겁기로는 천하 제일이거든. 근데 김실장이 정말 그런 
    일을 했을까?

  여: 나도 믿기지 않지만 사실이라니까. 

  남: 그게 사실이라면 우리만 알아서 되겠니? 아무래도 안되겠어. 입이 근질근질해서 못 
    견디겠다.



            解答 ②




3)여: 날씨도 좋은데 창문 다 닫아 놓고. 오빠는 무슨 재미로 공부만 해? 방 안은 엉망이고.

  남: 놀러 가고 싶거든 너 혼자 가. 오빤 이 책 다 봐야 돼. 방해하지 마.

  여: 나도 안 가. 이제 수아 언니가 올거거든. 언니한테 요리 배우기로 했어.

  남: 뭐? 누가 온다고? 그런 걸 이제 말하면 어떡해? 오늘 공부는 다 했구나. 



                 解答 ② 




[6]
  말을 할 때 그건 잘못된 말이야 하는 지적을 받으면 짜증이 난다. 수십년 동안 써 온 말이 

 어느 날 틀렸다는 걸 깨달았을 때 그걸 아무렇지도 않게 수긍하며 받아들이기란 어렵다. 그러

 나 받아들여야 한다. 그리고 망설이지 말고 바로잡아 써야 한다. 말은 개인이 구사하지만 개

  인의 것이 아니며 누구나 말할 권리는 있지만 올바르게 말할 의무도 있다. 말은 소리로 전해

  져 이내 허공에 훝어지고 말지만 그 말은 결코 가볍지 않다. 그 말은 선조로부터 물려받은 
  
  고유문화의 산물이며 후손에개 물려줘야 할 소중한 문화유산임을 잊지 말아야 한다. 

   


      【問1】 ②        【問2】 ④




[7]

 남: 여보, 유리 현주, 그 집 총각 만나보니까 어떻대? 

 여: 아무래도 말이 잘 안 통하나 봐요.

 남: 말 안 통할 게 뭐가 있다고 그래? 외국 말 쓰는 외국인도 아닌데. 

 여: 나이가 12살이나 떨어져 있잖아요. 관심사도 다를 거고 할 얘기가 있겠어요? 

 남: 그게 무슨 문제라고? 없는 집에서 궁색하게 사는 것보다 낫지.

 여: 그런 게 아니지요. 사람이 말이 안 통한다는 건 은근히 미치게 하거든요.



      【問1】 ②        【問2】②




[8]

 1)  부모의 덕으로 (남부러울 것 없는 삶)을 누리고 있다.


        
          解答 ③




 2)어린 녀석이 (어디다 대고) 반말이야?



          解答 ②




 3)  당첨된 건 달랑 만원 짜리 상품권 하나지만 그래도 (그게 어디예요.) 



          解答 ①




 4)됐어. 이런 험한 일을 (누가 대신 해 주겠냐).



          解答 ④






[2級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>易化。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




まずは、今までの対策学習、そして今回の受験おつかれさまでございました。
答え合わせをされて、今回のハン検2級・聞き取り問題の出来はいかがですか。



今回の受験を振り返り、まずはやはり隅から隅まで理解できるようになりたいですから、
復習では一旦問いから離れ、問題音声の隅から隅まで確認することに努めたいです。


そして聞き取れなかった部分については、その理由を考えましょう。
筆記問題の解説でもある『リーズニング』です。

「知らなかった」「知っていても音に付いていけなかった」などあると思いますが、
それら理由の中には、「周りがうるさかった」「ちょっとした雑音が聞こえた」も含まれます。



ところでハン検2級ともなると、語句一つ一つ、
あるいはひとかたまりひとかたまりを聞き取れるのみならず、


「リスニングの読解力」


を鍛えておきたいです。

よく言われる「リスニングの読解力」「聴解力」ですね。


音読・シャドーイング・ディクテーションの練習で増やしておいた‘聞いて分かる語句’を使い、
音で掴んだ内容を元に、問いに答える作業を確実におこなうためには、
リスニングであっても「読解力」が必要です。


音がかたまりになって意味を持ち、それらが自分の中で一つの‘筋’になる領域まで、
リスニング力を高めていきましょう。

日本語ネイティブにとって、時に理不尽さすら感じる発音変化などがあっても、
文法が基本的に日本語と同じで、語句単位でも日本語に似た音を持つ語句がたくさんありますから、
他言語に比べればずっと楽なはずです。



一方で、試験問題解答のためと特化すれば、
「全て聞き取れないと解いてはいけない」わけでは決してないので、問いと選択肢を頼りに、



〘‘正答を出すため音’だけを聞く〙


〘正答に関わらない,それほど重要でない音は、時に無視する〙



ことも必要です。

目的を持って音声を聞きながら、必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を、
問題用紙にある選択肢を利用して選別し、背景知識を総動員して先を予測しながら、
特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、


「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」


そして、大意を要約できるよう、何度も練習しておきたいですね。


これはもう、この解答速報で毎回確認していることです。


受験された生徒さんのお話によると、簡単だったという意見が多いですが、
実際どうなのか、解答速報という時間的制約上、全ては見れませんが確認していきましょう。




第1問・語句言い換え問題では、リスニング試験で重要中の重要作業である、
事前の選択肢チェックがどれくらいできたかを、よく振り返っておきましょう。


各選択肢文が前回より長くなっていて、その作業はキツいですが、これが合否を分けます。
次の問題は、30秒後にもう流れてきますしね。

聞き取りでは1問2点ですから、ある意味筆記試験より1問1問真剣に取り組みたいです。




1)は 살림 と 구김살 を聞き取る問題です。

구김살 は常連さんで、以下のような意味を持っています。


◎표정이나 성격에 서려 있는 그늘지고 뒤틀린 모습


これが無いということで、③の 기죽지 않고 바르다 と合います。



そして2)では、慣用句 알고도 남다 が聞こえてきます。
直訳で「知っても残る」ですから、つまり④の 잘 알고 있다 です。



3)は、語句自体平易で 눈에 안 차다 です。

助詞 는 の省略形が入り込み、連音化しているのでやや聞き取りにくいですが、
不明な部分は、選択肢を頼りに解釈されたのではないかと思います。


難易度は前回並みです。

ここでは、大昔と違い、よほどのことが無い限り聞き取りにくい語句は出てきません。
大昔は、発音変化が文の各所で意図的に盛り込まれていました。




では、第2問の会話文問題です。


第2問の説明までに与えられている時間内で、
選択肢をチェックするというのはややキツいですが、正答を出すには欠かせない作業です。

冷静かつ淡々粛々とできるように、次回の受験をお考えならば、
今から繰り返し練習しておきたいです。


そして、筆記問題の解説で確認した通り、
筆記よりもこのリスニング問題で、会話が手に取るように分かるようにしたいですね。


会話文問題の基本は、<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則った解答です。



1)は、会話を聞いていけば①か②に絞られます。
あとは女性の発話の、


여:차차 좋아지겠죠,뭐. ≪だんだんよくなっていきますよ≫


への返答にふさわしいのはどちらかを選ぶということで、
②はおかしいですよね。

後続の「新しい建物ができる」が唐突なのもさることながら、
「よくなるだろう」に「それこそいい」では、相手の話を聞いていなさそうです。



次の2)は平易で、男性は女性が訊いた「気に入ったか」に答えなければなりません。

各選択肢には、마음 を使った慣用句が並んでいますが、
不正答慣用句は、解答をミスリードするために用意されたモノで、
마음에 들다 に 마음에 들다 で答えればいいという、シンプルな問題です。




前回より易化しました。




続いて、第3問です。



1)は文のテーマを選ぶ問題で、
選択肢をチェックすると、内容がバラバラですね。

単なる内容一致的問題なのか、全て文中で語られ、その中からテーマにふさわしいのを選ぶのか、
どちらかで難易度がガラリと変わりますが、問題文を聞いていきましょう。


例えばTOPIK作文にも通じることで、音を聞きながら、


“これがきたらこれがくる。この接続語が聞こえてきたからこっちの方向に頭を動かして…”


と、文構造にも注意しましょう。



冒頭文はどうでもいいです。
小難しい語句を含んだ文が聞こえてきても、これは単なるネタ振りで、
直後でその具体説明してくれているからです。

そして、テーマとできる文はここです。



그러나 눈부신 현대 문명의 발달은 우리 눈의 건강을 위협하고 있다.

≪しかし、目覚ましい現代文明の発展は、私達の目の健康を脅かしている≫



この後に続く文は、これの具体説明ですからそれも無視して、上の文と同じ内容の①が正解です。




続く2)の会話文は、これも前回同様女性の意見、今回は主張を選ぶ問題です。
女性の主張を選ぶので、女性の発話に注意し、[意思]などが出ている文句を拾うんですね。


このように準備しておけば、もし2級レベルのリスニングに自信をお持ちの場合、
選択肢を見ずに、自分で正答根拠を拾い上げることができます。

もちろん、そこまでできなくても、事前の選択肢チェックで問題文の内容を想像し、
ピンポイントの聴解ができればOKです。

対話順序も、なにげに参考したいですね。



女性の意見が表れているのはここです。



여:아르바이트도 인생의 소중한 경험과 경력이 될 수 있으니까 좀 더 신중하게 선택하는 게 

좋다고 생각해요. 

≪バイトも人生の大切な経験と経歴になることがあるから、もう少し慎重に選ぶ方がいいと思って

 います≫



これくらいの長い文を聞いて理解できたか、よく確認しておきたいですね。


ところで余談で、「~と思う」を韓国語でいう時、あるいは作文する時に、
どうしても〔引用形 + 생각하다〕を多用する傾向があります。

これは、생각하다 本来の意味から、きちんと思考した結果としての「~と思う」で、
日本語の「~と思う」には、単なる[推量]であることも多いです。


なので[推量] の「~と思う」は、手堅い例ですと、ㄹ/을 거예요 を使うといいです。



とにかく、この手のものは、目ではなく耳で理解できるようにしましょう。
ネイティブとどんどんしゃべりたいですね。




それでは第4問です。

確認すべきは、聞いて分かる語句の量そして耳でキャッチできた文脈・文構造と共に、
事前の選択肢チェックがどれくらいできたかです。



1)は内容一致問題で、選択肢には、
「成功」「失敗」「危機の克服」「自営業者の経験談」といった語が並んでいます。

これで、これから聞く問題文のおおよその内容が分かりますね。
商売云々についてでしょうか。


そして、事前の選択肢チェックを経て、問題文を聞きながら取捨していくと、
このような順序で解けます。



第2文  →  ②が○  


第4文  →  ④が×


①③は該当無し



正答/不正答の差異が小さいので、難しいかもしれません。
直接の正答根拠はこの文ですね。


남다른 경영 철학,깨달음을 준 손님,성공 비결 등 사업을 하며 겪으신 이야기들을 나누고

싶습니다.

≪独自の経営哲学、気づかせてくれたお客様、成功の秘訣など、事業をしながらの経験談を分かち合い

たいです≫ 




続く2)も内容一致で、合わないものを選びます。
内容は文の投稿云々のようですね。

合わないものを選ぶので、選択肢を見ながら、該当する箇所が聞こえてきたら消していきましょう。



第2文  →  ①が×  


第3文  →  ④が×


第4文  →  ②が×



③が残りました。一度送った原稿はどうであっても返してくれないんですね。




では第5問で、後に続く女性の行動を選ぶ問題です。

練習問題の他、TOPIKⅡにある同形式の問題も使って練習できます。
TOPIKⅡよりは、若干手が込んでいますけどね。



1)は、男性が言った2つの発話を合わせて正答根拠にするという問題です。



남:이제 저도 안정된 생활을 해야죠.말 나온 김에 좀 나갔다 올게요. 

≪もう俺も安定した生活しなきゃ。話ついでに行って来るよ≫



いわゆる、職探しに出かけたんですね。



そして3)は、前回の筆記・韓日訳問題でも出題された構文で、


〔(이제)다 + 過去形〕


に合わせます。辞書には、


◎실현할 수 없게 된 앞일을 이미 이루어진 것처럼 반어적으로 나타내는 말.


とありますが、要は動詞の過去形(完了)が 다 で修飾されているので、
その動作に余地が無く、日本語でいう「もう~できない」です。


例)숙제를 하자면 잠은 다 잤다. ≪宿題をしようとなると、もう寝られない≫


例)몸이 이렇게 아프니 오늘 장사는 다 했다. ≪体調がこんなに悪いから今日商売は無理だ≫


ということで、男性は今やっている勉強を止めるんですね。
そして、それは妹と遊ぶためにそうするのではないので、①は×です。




では、第6問で、ここからは1つの問題文に、問いが2つ設けられている、緊張する問題です。
でも問いと選択肢が用意されているわけですから、メモといってもその量は少なくなります。


ここでは、‘聞いて分かる語句’の量が十分あることを前提に、
1回の朗読で【問1】を解き、2回目で【問2】を解答するといいです。

もちろん、自信があれば、1回目で解いてしまいましょう。
それが理想で、そのまま1級にも通用する力になりますね。



第6問の問いは、


【問1】筆者が提議した問題


【問2】内容一致


で、【問1】はやはり1回目の朗読で解けそうです。
もし余裕があれば、自分で特定し、聞き終わってから取捨するというのもOKです。

“そんなのできないよ”ということでしたら、選択肢を見ながら聞きましょう。


【問1】の根拠はここです。



그러나 받아들여야 한다.그리고 망설이지 말고 바로잡아 써야 한다.말은 개인이 구사하지만 

개일의 것이 아니며 누구나 말할 권리는 있지만 올바르게 말할 의무도 있다.


≪しかし[=自分の間違いを受け入れ難いが]受け入れるべきである。そして迷わず直して使うべきだ。

 言葉は個人が駆使するが、個人の物ではなく、誰でも言う権利はあるが、正しく使う義務もある≫



冒頭の2文を経て、그러나 が聞こえてきた瞬間に、
【問1】に関わることが聞こえてくるかもと反応することが重要です。

それができれば、この中に聞き取れない語句が少々あっても焦らなくて済みます。
解答での重要部分であることは分かったからです。

ここと次の問題は、問題文が長いので、ありきたりな言葉ですが‘文脈’に敏感になりたいです。




続く第7問でも、2つの問いに答えます。


【問1】妻の考え


【問2】内容一致


いきなり余談で、2級の会話文では、両者が分かり合えない、すれ違う会話が多いです。
会話に展開を持たせるためにですね。

そんな中にも、部分的に一致したり共感したところがあり、
それは何かなどという問題を作れば、面白いんじゃないかとも考えていますが、
とにかく、ここでは【問1】を見ます。

女性の発話に注意し、会話の内容及び話者の考えを表明する文型にも気を配りながら聞きましょう。



会話は、娘の彼氏についてで、2人の話が通じないことについて、
女性はこう言っています。



여:나이가 12살이나 떨어져 있잖아요.관심사도 다를 거고 할 얘기가 있겠어요?

≪歳が一回りも離れているじゃない。関心事も違うし、話題が無いわよ≫



여:그런 게 아니지요.사람이 말이 안 통한다는 건 은근히 미치게 하거든요.

≪そうじゃないわよ[=大したこと無くないわよ]。話が通じないというのは、なにげに人をおかしくさ

せるのよ≫



女性はとにかく、娘カップルの歳の差を気にしていますから、②が正解です。
1回目の朗読で解答できたら素晴らしいですね。


前回より易化しました。




では最後に、第8問の日訳問題です。


筆記問題解説での通り、普段の対策学習では、
リスニングでもあくまで‘自分の手で’訳しましょう。

このマーク式解答が、試験運営上止むなく執られているものです。
昔は記述式日訳問題と、さらに書き取り問題(部分書き取り,全文書き取り)があったからです。

聞いた内容に該当する選択肢を選ぶことは、
翻訳(リスニングですから通訳もありますね)本来の作業ではないのもその理由です。



真の‘(日本語ネイティブとしての)上級韓国語力’とは、言うまでもなく、
自分で訳せる力がどれだけあるかを問われるからです。



各問のポイントとなる語句をざっと挙げていくと、



1)남부러울 것 없다


2)어디다 の 다(가),대다


3)그래도 を踏まえた反語表現


4)대신하다 を踏まえた反語表現



先の、生徒さんがおっしゃった受験感想のように、今回はあっさりしていますね。


2)の多義語 대다 は、[当てる(接触)]というコアイメージを持っていて、
正答の「向かう」とも訳せます。

一度辞書で 대다 を調べてみてください。
一部例外を除いて、何かに当てたり接触させる動作になっています。


ところでどうでもいい話、1)の 남부러울 것 없다 って、
北朝鮮のテレビを見ているとよく聞こえてくるんですよね…




これで2級試験が終了しました。



筆記問題の解説で確認した通り、リスニング・筆記共に、



〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕



の学習順序を忠実におこない、次の1級も受験して合格し、ハン検を卒業してしまいましょう。





この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

特に今回は正直、時間的にかなりキツかったので、
この解説でもっと突っ込めるところや突っ込みたいところに届きませんでした。


ただ、このように物理的限界があっても、
協会発行の過去問題集はもちろんのこと、市販の問題集よりも仔細に観察しているつもりです。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


        ――――――――――――――――――2級 解答 終わり―――――――――――――――――― 


2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  準2級

    筆記問題


 [1] 1)②   2)③   3)③    




 [2] 1)①  2)④  3)③  4)③  5)②
 
    6)②  7)③  8)①




 [3] 1)①  2)①  3)③  4)③  5)②  6)②




 [4] 1)①  2)①  3)②  4)③  5)③  6)④




 [5] 1)④  2)④  3)②




 [6] 1)③  2)①  3)③  4)①




 [7] 1)②  2)④  3)① 



 
 [8] 文章の日本語訳

  うちの息子は5歳です。数日前、空き巣についてのニュースを見ていた私
 は息子に言いました。「あれ見なさい、誰にでもドアを開けてあげたらだめ
 ね。出かけるときもドアにちゃんとカギをかけなくちゃね。泥棒がこっそり
 入ってうちの家族の大事なものを持っていくかもしれないよ」。そう言うや
 息子は「本当?本当に泥棒が大事なものを持っていくの?じゃあ・・・・。
 ぼくの歯ブラシも?」と尋ねました。その日新しく変えた歯ブラシが子供に
 はとても大事だったようです。(戸締りと見知らぬ人)に対する注意をする
 ために話を交わす中で、考えもしなかった息子の純粋さを発見しました。
  子供たちの純粋さは大人が学ばなければならない一生の宿題みたいです。



    【問1】②        【問2】④ 




[9] 対話文の日本語訳

 ス ラ:日本では2名に1名が自家用車を持っているそうですね。

 ケンジ:はい。多分一家に2台はあるようです。それで大気汚染の大きな
     原因になりもしますし。

 ス ラ:交通が便利が都市には車が必ず必要でもないじゃないですか。

 ケンジ:もちろんです。環境を考えればないほうがましじゃないでしょうか。
     ところでスラさんは出勤はどうされてますか。

 ス ラ:私ですか。電車で通っています。会社が駅から近いですから。ケン
     ジさんは自転車に乗っているそうですね。

 ケンジ:はい、その通りです。私は近いところは自転車で通います。ソウル
     は坂道が多くつらい時もありますが、運動になります。



     【問1】 ③       【問2】 ②    




[10] 本文の日本語訳

  西洋には「恋愛まっさかりの料理人がつくるスープは飲むな」という言葉
 がある。恋愛中の料理人がつくるスープは十中八九しょっぱいせいだそうだ。
 変なことだ。ふと考えてみるとき、愛に耽れば甘い味になるようだが・・・・
 なぜそうなのだろう。
  恋愛するときうれしい感情に耽っていれば中枢神経が刺激を受けホルモン
 の均衡が壊れるためである。(それにより)料理人は味覚を担当する神経が
 鈍くなり、塩をたくさん入れるようになる。
  新婚の甘い夢に溺れた女性の料理がともするとしょっぱすぎる味が出やす
 いのもそのためであろう。



     【問1】 ④       【問2】 ③





 [11] 1)②    2)④    3)①    4)③




 [12] 1)①    2)②    3)③    4)②





[準2級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>やや易化(一部問題は難化)。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>一部変化。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?


まずはおつかれさまでございました。
今回の準2級試験はいかがでしたか。


‘完全なる日常会話レベル’が身に付いているかを問う準2級では、
それだけ学んで身に付けるべき項目が多くなり、
特に慣用句,翻訳問題を中心に、日本語での解釈とずれるケースが増えてきます。

そしてこのハン検準2級が、韓国語学習における一つの到達点といえるレベルです。
これがクリアできるところまで、学習を積み上げれば、あとは実践などで練習し、
かなり自由度の広いやり取りができるからです。


それだけの韓国語力を求められはするので、焦らず騒がずじっくりと身に付けていきましょう。



執筆時間がキツキツなので、あまり突っ込めていない部分もありますが、
今回の出題を振り返っていきます。




第1問の音声問題で取り上げられた主たる項目は、


パッチムの子音化・ㄴ挿入・ㄴ挿入+流音化・未来連体形の後の濃音化


です。準2級・発音問題では、今やおなじみのものですね。


前回は、

未来連体形の後の濃音化・パッチムの子音化・ㄴ挿入・ㄴ挿入+流音化

と今回と同じで、準2級では ㄴ挿入が出るとほぼ分かっているわけですから、
問題を正解できるだけでなく、普通に聞いて話せるようにもしておきましょう。



語句自体は全てが初登場です。問題作成者は頑張りました。
3)の 별 が絡む発音については、第34回で 별 일이 아니야 が出題されましたが、
별 については、他の項目でもきちんと解釈できるようにしておきたい重要語です。



ところで、このように準2級・発音問題のメインといえるㄴ挿入について、
理屈では分かって、ハン検の発音問題を解けても、
それを聞いて話せるようになるには、結構な訓練が必要ですね。


練習を繰り返しさえすれば、それへの‘嗅覚’が育ってきて、すぐ気付けたりします。

解説執筆者や、当校の生徒さんが実証済みで、
今回の出題ですと 결혼 약속 のような例でも、頭と舌が覚えてしまったのか、
ㄴ挿入で発音するんだなと、ビビっと反応できるようになります。

あるいは、具体的にどう変化するまでは分からなくても、


「あ!発音が変わるんや!」


と気づかれます。粘り強く反復練習していきましょう。
理屈抜きでできるようになれば、もう完璧です!


ちなみに、韓国語の ㄴ挿入がいわゆる「リエゾン」です。
連音化は「アンシェヌマン」です。



とにもかくにも、韓国語の発音変化は、単にルールを暗記すると理解が薄くなるものです。
「何でこう変わるの?」と素朴な疑問がわいたりするんですよね。


でも、それら発音変化ルールには、きちんとした存在理由があり、
かつ準2級の発音問題では、単に発音変化のルールだけでなく語彙力も訊かれます。

その点から、準2級で問われる発音問題は、


〔語の成り立ちを音で伝えるための発音ルール〕


を主に問うています。

結局、発音ルールを問いながら、同時に語彙も問うているという2つの側面を持っています。

単なるルールではない、ルールそのもの存在理由まで知って駆使し、
あとはリスニングの訓練をすれば、どんな語句や文でも聞き取れるようになります。
同じリスニングの訓練でも、質が全く変わってきます。




では、第2問の語彙問題で、さすがに準2級ともなると、再登場率は低くなります。
今回第48回を迎えても、まだまだそうです。


再出題語句のうち、4)の 바가지를 쓰다<第28回,36回>は、
こんな目に遭いたくないものの、韓国語に触れていると普通に見聞きする慣用句だと思います。



一方で成語・ことわざ・オノマトペアは、やはり再登場率が高く、
5)の成語問題では、② 부전자전 以外がそうです。



ハン検準2級合格に特化した語彙力強化となると、
実のところ、過去問だけを使っての対策学習には限界があります。

2級や1級ほどではないものの、試験で初めて知った単語が多いのは実際にそうで、
理由は単純で、


『過去問で出たこと無い語句が出るから』


です。

なので、単に合格を目指すなら、



1.これから出る語句,出る可能性の高い語句


2.ハン検で昔からよく出る語句(常連さん)



をピンポイントに押さえるのが上策です。というより、それしか無いと思います。
この2本立てで、準2級(2級以降も)の語彙対策学習をやっていきましょう。


今回受けた準2級で、


「この試験で‘出る語句’を、私はどれだけ知って受験したか」


も振り返りたいですね。




では、第3問の接続表現問題です。


接続表現や末尾表現を‘文法’と称すのは、厳密に間違いである中で、
接続表現は読んで字の如く、句と句,文と文を、あるルールに則って接続する語句で、
それにより一つの文を成す‘文法’を司っていますが、日本における韓国語の世界では長らく、


〔韓国語接続表現  =  該当する訳を暗記すること〕


とされています。


それで話せて書けて、そして試験解答できればまずOKですね。
まずはそれらを使えるようにしたいからです。


一方で、ハン検準2級受験という段階に来て、これだけ多様になった各接続表現を、
[該当する訳を暗記する]形で、カナダラ順をはじめとした無秩序な状態で、
一語句一対応で押さえていくのは、そろそろ無理があるかと思います。


身に付けるべき事が無秩序になるならば、そこに秩序を設けようということで、
ここではいつも、俗に言う‘文脈’に着目しています。


この俗‘文脈’こそが、先の「(句と句,文と文を接続する)あるルール」で、
文脈は数限り無くありそうで、たった4つしかありません。

そして事実上、さらに絞られて3つになります。



(イコール関係 <前文 = 後文>)


反対関係 <前文 ⇔ 後文>


累加関係 <前文 + 後文>


因果関係 <前文 → 後文>



‘文法だ’‘文脈だ’と思っている無秩序な知識の羅列から離れ、真に捉えるために、
先に挙げられた4つの‘文脈’を大いに利用したいんです。


そういう意味では、各接続表現に該当する訳なんてのは、
日本語的に自然であれば何でもよく、適当に当てておけばいいと思っています。


文脈自体を正確に捉えるのは、意識すれば何のことは無く、例えば、


「彼に愛されている」 「幸せ」


とあれば、ここには[理由]→[結論]の<因果関係>があります。
接続表現が無くても、‘普通に考えて’そうだと気づけます。



今回の解答で迷いそうなのは1)の助詞問題で、ここでは③ 치고(는) に注目したいです。

もちろんというか、再出題回数は多く、今回で9回目なので常連さんですが、
結ぶ文脈は<反対関係>で、具体的には[一般]と[例外]です。



あと、2)でも迷うかもしれません。
正答の① 느라고 って、いまいちつかみにくい語尾だったりもします。

<因果関係>を結び、辞書を引くと、


◎앞 절의 사태가 뒤 절의 사태에 목적이나 원인이 됨을 나타내는 연결 어미.


と出てきて、確かに 힘드셨다 の原因が 멀리서 오시다 なので、条件には合いますが、
それと共に大切なのは、[前後文の主語が同一]というのがあり、
確かに前後文の主語が同じですね。

そして 느라고 と迷いそうな④ 길래 は、前文主語が異なります(前文:非1人称/後文:1人称)。



6)も迷いそうな中(<反対関係>であることを押さえるのがポイントです)、
それ以外は解答で迷うことは無いと思います。

5)の 게(요)? は、終結語尾で使われた場合、[意志確認]を意味します。
BがAに対して、Aが見せたネックレスをどうするつもりかと[意志確認]しています。


前回に比べて迷わせる問題が多いので、やや難化したと当校では見ています。




それでは、第4問の入れ換え問題です。


1)の副詞 갓 は重要です。
動作の完了から間もないことを修飾します。


2)は直訳での解釈でOKで、3)は命令の引用形ですが、
主語が目上の 엄마 ですから、それに合わせて、尊敬の補助語幹が入った②を選びます。



あとはいかがでしたか。

4)の正答ことわざが超有名で(語彙問題としては10回目の出題)、
5)の成語 생사고락 が、漢字で[生死苦楽]ですからそのままですね(4回目の出題)。


6)の正答慣用表現 고 말고 は、前回も出題されています。


前回より易化しました。




では第5問の同義語問題で、1)で解説執筆者個人的に、
そういえば 김 に「気体」の意味もあったと思い出しました(汗)


そして、残り2問は、この解説で提唱している[コアイメージ]が本領を発揮します。



2)들다 [入る](ちなみに第35回と同じ組み合わせです)



감가가 들다 ― カゼの元が[入る] → カゼを引く


버릇이 잘못 들다 ― クセが間違った状態で身に[入る] → 悪いクセが身に付く


고개를 들다 ― こうべに力が[入る],峠(物事の高点)に[入る] → 台頭する,猛威をふるう



3)먹다 ― [取り込む]



겁을 먹다 ― 怯え,恐れを[取り込む] → 怖がる


미역국을 먹다 ― わかめスープ(すべる物)を[取り込む] → 試験に落ちる


마음을 먹다 ― 心を[取り込む] → 心に決める,決意する



この多義語問題は、数年前に比べれば平易になっています。
以前は、今回の 들다 や먹다、あるいは 나다 や 보다 といった基本語で出題され、
それだけ広義なので難しかったです。


多義語を覚える時は、本来多義語である程、該当訳を一つ一ついちいち覚えるのではなく、
「コア」の部分(中心義ともいいます)を押さえるのが上策で、
これは韓国語に限らず、それこそ語学、さらにジャンルを問わず‘学ぶこと’自体で必須となる、


<抽象化> と <やじろべえの精神>


が本領を発揮するとらえ方です。




では、第6問の会話文問題です。


現出題形式に改訂された第26回以降、語数を徐々に増やしながら継続して出題されていますが、
ここは正直、もう手を持て余している気がします。

というのも、会話文の理解云々は、聞き取り問題でやっていますし、
会話は本来、文字という形で残った平面上(紙,モニターなど)ではやらないからです。
耳で音を聞き、声に出すことが主ですし、あるいは手話でもそうで、
手の動きで伝えたことは後に残りません。

あるいは韓ドラの視聴も、字幕無しで見るのは音だけの理解で、
それを目指しているならば、つまりリスニングだけが必要で、文字は無用です。


だから、よくよく考えれば、会話の理解は聞き取り問題に任せればいいわけであって、
筆記の会話文問題は、もう要らないんですね。
その観点から、TOPIKでは第35回から、筆記での会話文問題をやめたのではと考えています。
ハン検でもいずれそうなると、当校では予想しています。



ということで、ハン検は筆記でも会話文問題が一応出題されますから、対策を執ります。
ここでは「語彙」と「読解」を問われています。

そう解釈しておくと、会話の流れをきちんと掴めば解けるので、よく出来ているとは思います。


各語句に留意しつつ、先の接続表現問題で問い質した「論理」という文脈の捉え方も用いて、
[会話の原則]に則り、淡々粛々と解答していきましょう。



1)は平易ですね。

Aが着た服に対し、お孫さんのセンスを言っているので、
孫が選んでくれたんでしょうね。


次の2)は 환하다 を知っているかという問題です。
韓国に対して 환하다 の条件を満たす文句を選びます。


そして3)では、直後の指示語が(  29  )に入る文句を指すことを踏まえて、



A:그럴지도 모르겠지만 익숙해지면 괜찮을 거야.

≪そうかもしれないけど、慣れれば大丈夫だよ≫



ということで、「慣れれば大丈夫」と<反対関係>を結べる③が正解です。


ところで4)は消去法で解けますが、正答の文句はいわゆる[反語表現]です。


①「なんで無いんですか」 = 「無いわけがないですよ」


これからの2級,1級で、反語表現が頻発されます。
まあ、上級表現での真髄でもあります。


先述の通り、筆記での会話文問題は、正直あっぷあっぷの状態ではありますが、
出題されているうちは、「読解」の一種として、語彙力と文脈に則った捉え方を磨いておきましょう。




ではいよいよ、第8問~第10問の文章問題を見てみます。



文章問題に取り組む時の原則として、‘問いを先に読む’というのがあります。
今回の出題ですと、



第9問

【問1】없는 게 낫지 않겠어요? から分かる、ケンジの考え



と1問だけですが、これから自分が読む文章の内容がおぼろげでも分かりますよね。
あと、内容一致問題では、各選択肢も見ておきましょう。


ちなみに、注目の挿入文問題は今回も出題されませんでした。

執筆時間の都合上、文章問題全てを解説することはできませんが、
振り返っていきます。




ではその、第9問【問1】を見てみます。


없는 게 낫지 않겠어요?  ≪無い方がずっとマシですよ≫


これも、第6問4)でのように、反語表現であることを一応押さえておきましょう。
「無い」の主語が何かに注意して読んでいきます。


まず、수라[秀羅]が言っている 자가용[自家用]が、トウミにもある通り「マイカー」で、
それに対してケンジが、



대기오염의 큰 원인이 되기도 하고요. ≪大気汚染の大きな原因になってもいますし≫



と、マイカーが普及していることで、こんなことになってもいるんだと述べていますね。

「無い」の主語は車だと分かり、それが環境云々から、無い方がマシだといっているので、
③が正解です。


②もよさそうですが、ケンジが触れている「環境」を含んでいないので×です。
あと①での 자전거 は、問題文にあるものの、傍線部直後にある 근데 で話題が変わった、
それ以降で語られていることですから、ここでは無関係です。


ここでの読解ポイントは先述の通り、근데 を挟んで話題が変わっている点です。



<1>〔日本で普及しているマイカーが大気汚染の原因になっている。都市生活には不要である〕

  ↑

근데<反対関係>

  ↓

<2>〔通勤や移動には電車や自転車を使う〕



やや大げさな用語で、読解の世界では『意味ブロック』ともいわれ、
【問1】の傍線部は、意味ブロック<1>に属しているので、
あくまでその中で検討し解答することを、この問いでは求めています。



他の問題も含め、前回に比べて易化しました。
もしうまく解けなかったということでしたら、一度ご相談ください。



そんな中で、以前はネット上に、準2級の受験感想として、
文章問題を‘自分の気持ちで’答えたというのが提示されていて(今も見ることができます)、
解説執筆者は大いに驚いたものですが、あと俗に言う、


『選択肢に洗脳される』


こともよくあります。

ハン検では特に、先の例で出題された、筆者の考えが色濃く反映された文章での問題でよくあり、
選択肢を見ているうちに、問題文の内容を忘れてしまって、
選択肢が自分にしっくりくるのはどれかという、


「選択肢、私のハートに来るかどうか?」


といった現象が起こったりします。先の例はまさにこれだと思います。

今回の問題では、そのようなことが起こりにくいものの、
試験問題解答は、あくまで‘書いてあること/聞こえてきたことが全て’です。



では、最後の翻訳問題です。


まず韓日訳で、1)は慣用句 신틀에 박히다 で、
2)は、ㄹ 수가 있어야지 自体が常連さんであるものの、
今回も採り上げられた 지 그래 にも共通することで、ここで毎回確認する、



〔지 が<反対関係>を結ぶ〕



という文法によるものです。
ㄹ 수가 있다 の<反対>なので「~できない」です。



そして4)は、また出ました[反語表現]です。
만 が[限定]の助詞で、[限定]するということは[同程度]と同じといえます。

なぜそうなのかを書き始めると長くなるので、時間の制約上割愛させていただきますが、
만 を踏まえてこれを直訳すると、


〔부모 마음 と[同程度]でするだろうか〕


です。なので、正答③の「親の気持ちに及ばない」なんですね。

‘[限定]と[同程度]が同じ’という捉え方は、他言語にも通じて便利です。
余談で、만큼 は 만 の強調ですね。




次の日韓訳では、1)でまた[反語表現]です。
文章問題が簡単だからか、反語がたくさん採り上げられていますね。



「分かるだろうことが何なのか → 分かるだろうことなんて何でもない」



という解釈です。



2)は、超有名な 아직 멀었어요 から発想できる慣用表現で、
3)も分かりやすいですね。
부채질 が「煽ること」と知っていれば解けます。


ちなみに、멀었어요 を「まだまだです」と解釈できる理由は、下記の所をご参照ください。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/62697636.html




前回の解説でも触れたことで、3級から準2級にステップアップし、
この翻訳問題で見えてくる違いとしては、3級に比べると、


〔日本語が逆に正解を遠ざけてしまう〕


ということです。
今回ですと、立て続けに出てきた反語表現がそうです。

トウミや辞書に載っている訳そのままで出題されることが皆無な中、
そこから一歩前に出た解釈ができてこそ、正答に近づくわけですね。



そういう意味では、翻訳そのもの楽しさを味わうためにも、やはり自分の手で訳すようにしたいです。

元から自分で訳せるようになっていれば、あとは自分が出した結果(訳)に近い、
あるいはもしかすると同一の選択肢句を選べばいいので、
選択肢を頼りにする解答とは、正解率が段違いです。




ということで、準2級・筆記問題を見てきました。


ハン検では3級から準2級の間が、ある意味最大の壁です。

単純に合格率を見れば、2級が格段に低いので、ここが最大の壁かなと見えそうですが、
準2級から2級を目指す時点で、ご自身の中で韓国語の‘自由度’がかなり出来上がっていて、
それはかつての解説執筆者や、2級を目指す生徒さん皆さまもそうでいらっしゃるので、
韓国語の学習段階に照らし合わせれば、それはやはりここ準2級ですね。


もし、そうできている実感がご自身に無かったら、4級,3級に戻り、
それらを完璧にできるようになるまで、復習しましょう。

復習自体は、どのみち一度やっていた所なので、短時間で仕上げることができます。
下の級に戻る勇気が無いために、準2級合格に2年,3年と掛ってしまうよりはマシですね。




その後は、このあたりから‘本物の学習’をしましょう。

学習とは本来、



〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕



の順序で学ぶことで、この中で〔やってみる ⇔ できる〕を繰り返すのが大切です。


この観点から、



〔分かる : 解説が丁寧な理解系テキストを熟読し、それを授業・講義代わりにする〕
(理解)


〔やってみる : 1.「分かる」学習の後に問題を解いて説明を読み、知識と解答技術を覚える〕
(インプット)  2.分野別(語彙・発音・接続表現・文章・翻訳・聞き取り)で練習する


〔できる : 過去問や対策問題集を実際に解き、解けなかったものはインプットに戻す〕
(アウトプット)



の学習順序を粘り強くやっていきましょう。

「分かる」の部分は時間がそんなにかからず、ここで学ぶことを覚える必要はありません。
覚える作業をするのは「やってみる」で、「分かる」で使う教材は「やってみる」の参考資料にします。



ハン検・TOPIK対策でよくある、過去問中心の対策学習は、
本来〔分かる → やってみる〕学習を十二分にした後にやるべきで、
特にハン検では、過去の出題傾向からすると、それだけでは足りませんね。


語彙問題での解説で確認した通り、準2級そして2級,1級ともなると、
過去問中心の学習は、


『次受ける時に出ない語句を覚えようとしている』


からです。


あと、過去問中心の学習は、〔やってみる〕をやみくもにおこなうだけになり、
先の、全問正解を目指した反復学習でも、単に正答を覚えて満足しがちで、
二度と出ない(であろう)問題なのに、正答(しかも選択肢の番号まで)を暗記して、
それで勉強したと思ってしまうからです。

過去問の正答を覚えてしまい、勉強にならなくなってしまうことはよくあります。


正答を覚えても意味が無く、正答に至る過程を理解してこそ、次受ける試験での類題が解けます。
そして、先の‘正答に至る過程を理解する’ためにも、
特に〔やってみる ⇔ できる〕過程では、


『リーズニング』


という、解答理由(私はなぜ~番を選んだか)を書き留めたり、誰かに説明する学習をします。

正解しても、正解理由が分からなかったら、先生や友人に教えてもらいましょう。
先の‘正答に至る過程を理解する’ために必要で、同じことを目標に学んでいる者同士で教え合うと、
学習がより楽しくなります。


その時には、間違ったら誤答した理由も確認して、ノートに書き留めておきましょう。

添削と解説を読んで完全に理解し直した後、間違った理由をできるだけ具体的に書き残しておきます。
「単語ミス」「聞き取りミス」ではなく、


「르不規則活用の理解不足で誤解した」

「未来の話題なのに、過去として解釈してしまった」


「訳を無理矢理当てて解釈した結果間違えた」


といった具合にです。


できなかった問題は、できるようになるまでやりましょう。
それができなければ、これから初めて見る/聞く問題もできない可能性が高いからです。

つまり『復習』で、忘れた知識を100%に引き戻す作業もそうですが、
だからといって、できるようになった問題はもう復習しなくてもよく、
回数を重ねるにつれて、復習量は減っていきます。



『リーズニング』が完璧にできるようになると、自分で出題傾向を掴むことができます。
それは例えば、結局何を訊いてくるのかとか、選択肢の作り方、
あるいはそれに繋がる、‘正解の出し方’‘問題作成者が仕組んだ間違いのさせ方’などですね。
あと聞き取りですと、問題文のパターンも分かったりします。

このような学習を積み重ねて、次の2級も是非挑戦しましょう!!




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

ただ、このように物理的限界があっても、
協会発行の過去問題集はもちろんのこと、市販の問題集よりも仔細に観察しているつもりです。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


                     ――――準2級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  準2級

   聞取問題

 [1] 応答文を選ぶ


  1)  남: 요즘 얼굴 뵙기가 쉽지 않네요.

   여: (                    )


  ① 일이 많아서요.     ② 저에게는 아주 쉬웠는데요.

  ③ 아뇨, 괜찮아요.    ④ 네, 요즘엔 시간이 많아서요.




                解答 ①




 2)  남: 날마나 비가 많이 와서 기분이 좀 그래요.

    여:  (           )


  ① 기분이 좋다니 다행이네요.

  ② 기운 내세요. 내일은 맑을 거래요.

  ③ 그럭저럭 잘 지내시는군요.

  ④ 맞아요. 빨리 비가 왔으면 좋겠어요.




                解答 ②




 3)남: 일본 요리 중에서 뭐 추천할 만한 게 있어요?

   여: (                   )


 ① 김치가 있어야 밥을 먹죠.     ② 설렁탕에 밥을 말아 먹었어요.

 ③ 스파게티는 만원인데요.      ④ 역시 초밥이 최고죠.



                解答 ④




 4)남: 발목이 시큰거려서 병원에 갔다왔어요.
  
   여: (                   )


  ①  이도 쑤시거든요.         ②  빨리 나으시기를 바랍니다.

  ③  그러지 마세요. 제가 해 드릴게요.   ④  진작 말씀 드릴 걸 그랬어요.  


 
           解答 ②




[2] 文の内容を表すもの

 1) 그런 터무니없는 말은 하지도 마.



        解答 ④




 2) 선배한테 저녁을 얻어 먹었다.
  


               解答 ①



    
 3)  가진 게 없다고 남을 우습게 보면 안된다.


    
               解答 ③



    
 4) 남의 일이라고 강 건너 불 보듯하네.
 


       解答 ④





 [3] 1) 文章内容と一致するもの

  음악가 모차르트는 음악을 가르쳐 달라는 사람들에게 음악을 배운 적이 있는지 질문하곤 했

 다. 만일 있다고 대답하면 수업료를 두 배로 청구했고 없다는 이에게는 기본 수업료만 내라고 

 말했다. 그것은 기존의 알고 있던 지식과 사고방식을 버리게 하는 것이 아무것도 모르는 초보

 자를 가르치는 일보다 더 힘들기 때문이었다. 
  
          

        解答 ③




 2)題名を選ぶ

  통계청 자료에 따르면 2015년부터 2060년까지의 한국의 청소년 인구와 생산 가능 인구는 

 감소할 전망이다. 반면 노인은 증가할 것으로 보인다. 세계 국가 중 2014년 한국의 출산률

 은 네번째로 낮은 수준인 반면 2013년 노인의 평균연령은 81.3세로 14번째로 높은 것으로 
 
 나타났다. 


                	
         解答 ②





 3)内容と一致するもの
 
  남: 혼자 하루 종일 심심하지 않았어요?

  여: 심심하기는요. 집도 치우고 저녁 준비하다보니 금방 지나가는 걸요. 

  남: 그래요? 잘됐네요. 토요일 중요한 약속이 있는데 혼자 지낼 수 있죠? 

  여: 모레도요? 우리 아직 신혼이라고요.
 


        解答 ②




 4)内容と一致するもの
 
  남: 늦으면 안되니까 서두르세요. 

  여: 엎어지면 코 닿을 덴데 늦으려고요. 

  남: 그래도 혹시 모르지 않습니까? 

  여: 정말 조급하시네요.  



        解答 ①




 [4]  
 1)テーマとして適切なもの
  
   한국 사람들은 설날에는 떡국을 먹고 추석이나 생일에도 꼭 떡을 먹습니다. 요즘은 특별한 

 날이 아니어도 떡을 맛볼 수 있는 가게가 많이 있습니다. 한국에 오시면 한번 드셔 보세요. 



    ① 한국의 특별한 날      ② 설날과 추석

    ③ 한국인과 떡        ④ 생일에 먹는 떡국



           解答 ③


 2) 内容と一致するもの

  얼마 전에 옛날 영화를 다시 봤어요. 그 영화가 나온 지 20년이란 세월이 흘렀는데도 전

 혀 오래된 느낌이 나지 않은 건 그 영화가 명작이기 때문인가 봅니다. 역시 훌륭한 작품은 

 몇번을 봐도 재미있는 것 같습니다.


  ① 영화처럼 훌륭한 예술은 없다. 

  ② 10년전에 제작된 영화를 보았다.

  ③ 나온 지 오래된 작품이 명작이다.

  ④ 명작은 언제 봐도 좋은 것 같다.


 
  解答 ④




 3) 内容と一致するもの

  남: 손님, 머리끝이 상해서 다 갈라졌네요. 상한 부분을 자르는 게 좋겠는데요.

  여: 많이 잘라야 하나요? 

  남: 기르시게요?

  여: 네. 그러니까 그냥 끝만 살짝 다듬어 주세요.


 ① 여자는 머리를 짧게 하고 싶다.     

 ② 남자는 미용실에 온 손님이다.

 ③ 미용실이 좀 지저분하다.

 ④ 여자는 머리를 기를 생각이다.



               解答 ④




 4) 2人がどこにいるのか

  남: 며칠 전에 여기서 이 배낭을 샀는데요. 색이 별로 마음에 안 들어서 초록색으로 바꾸
    고 싶은데요.

  여: 영수증 가져오셨어요?

  남: 네, 여기 있어요.

  여: 그런데 손님, 그 색은 지금 다 나가고 없는데요. 돈으로 환불해 드려도 되겠습니까?



    ① 식당    ② 주유소    ③ 백화점    ④ 은행
 



               解答 ③




 [5]  日本語訳を選ぶ

 1)그 일은 시작에 불과했다.  の“시작에 불과했다”


          
           解答 ③
    
  

         
 2)사장님은 정말 빈틈이 없으세요. の“빈틈이 없으세요”
  

  
          解答 ①




 3)남: 가만이 있어 봐. 그러니까 내 잘못이라는 말이지?

   여: 그래요.이번만큼은 짚고 넘어가야겠어요. 
     
     の“짚고 넘어가야겠어요”



          解答 ②




 4)남: 엄마 미안해요. 이젠 친구랑 안 싸울게요.

   여: 다음에 싸우면 진짜 혼날 줄 알아.

    の“혼날 줄 알아” 



          解答 ④





[準2級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>やや難化。

<問題量>前回並み。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




まずは、今回の準2級・聞き取り問題で、どれだけ聴解できたかを確認しましょう。


と同時に、


『試験問題解答のためのリスニング』


もどれだけできたかを振り返っておきたいです。
試験問題解答では、聞きながら問いに対して答えるという作業が別途あるからですね。




ハン検準2級に合格し、上級へとステップアップするために、
次のことにこだわって練習していきたいです。



1.聞いて分かる語句の量を増やす(音読・シャドーイング・ディクテーション)


2.「リスニングの読解力」を鍛える(聞こえてきた音を‘文脈’で捉えるようにする)


3.聞きながら正答を導き出すための作業法



音声をただ聞くのではなく、正答を出すための情報を、
問題用紙に書いてある問いと選択肢を利用して選別し、目的を持って聞きます。

この、


『正答を出すための情報を聴解する』


ことは、言葉の響き以上に大切です。


背景知識を総動員して先を予測しながら、
特に、母音を中心に聞き取る私達日本語ネイティブにとって重要なことで、


「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」


そして、大意を要約できるよう、何度も練習しておきたいですね。




前回の解説でも確認した通り、リスニング試験での合い言葉は、



「‘聞かされる’のではなく‘聞く’」



です。


基本的に、ハン検準2級問題の聞き方と解釈の仕方、そしてそれに合わせた勉強法は同じなので、
この解説で書かれていることも、毎回同じにはなります。

それでは、今回の問題はどうだったかを、限られた時間での執筆ではありますが、
振り返ってみましょう。




第1問の応答問題は、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則を使います。

と同時に、筆記の解説で確認した通り、このリスニング問題を優先的に理解できるよう、
練習を積み重ねましょう。
極端な話、筆記の会話文問題が0点でも、このリスニング問題が満点ならOKです。


準2級で問われる‘完全な日常会話’を実現させていきたいですね。
あるいは例えば、韓ドラ試聴の土台を作ってもいきたいです。



1)では、얼굴 뵙기 が何かを問うています。直訳での解釈でOKですね。
それが最近難しいということです。

それに合う選択肢を選ぶということで、①が正解です。


次の2)はまず、기분이 좀 그래요.などと言えると韓国語らしくなりますね。
で、その理由が雨とのことで、相手の女性は天気云々について答えなければなりません。

通常の会話なら、よほど支離滅裂にならない限り、そうでなくてもいいですけどね。



あとここでは3)で、


뭐 추천할 만한 게 있어요?  ≪何かおすすめはありますか≫


これを使えるようにしたいです。

ただこれですと、話者が「おすすめする」とも解釈でき得るので、
主語を明確にするために、


뭐 추천해 주실 만한 게 있어요? [主語が2人称 つまり相手の女性]


と訊きたいです。解説執筆者はそうしています。


それはともかく、相手の女性は 뭐 に対して名詞を、
しかも日本料理という範囲内で答えなければなりません。

④でだけ、それに相当する 초밥 が聞こえてきますね。



聞こえてきた語句の確認と共に、
<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則った解答(解釈)も一緒に確認したいです。

それができれば、文中で知らない語・分からない語が聞こえてきても焦ることが無くなります。
通常の会話と、試験問題での会話は別物です。


そして、音声での会話理解を優先したいですね。前回よりはやや易化しました。




では、第2問の句置き換え問題で、事前選択肢チェックの精度が試されます。
問題文が、20秒ごとに次から次へと読まれますからね。



1)では、①と④が同じ[禁止]で終わっているので、
このどちらかが正答かもと予想しておきます。

で、ふたを開けたらやはりそうで、


터무니없다  = ④ 엉뚱하다


という、準2級での常連さんを訊いてきました。



続く2)は、選択肢から、先輩がどうしたのかと準備し、
聞こえてきた音声は、これもよくある[主語の入れ替え]です。

問題文では受身になっていて、얻어먹다 が聞こえてきて、
먹다 に関連する語句を聞き取ります。

正答① 한턱내다 は、もう十分触れてこられたでしょうか。



そして3)では、가진 게 없다 と 남을 우습게 보다 を問うていますが、
가진 게 없다 が「持っている者が無い」と直訳でき、お金が無いことをいうんですね。


新聞などでは、例えば「富裕層(부유층)」あるいは「金持ち(부자)」のことを、


가진 사람(들)


といったりします。


4)はことわざで、ここの難易度は前回に比べて、プラスマイナスゼロで同程度です。




では第3問の、短めの対話文と文章を聞き取る問題です。


読解問題でいうリードが問いに書いてありますので、
この問題まで進むまでに、合間合間できちんとチェックしておきましょう。

もちろん、各選択肢のチェックは必須ですね。
合格点を出すためには、基本的な韓国語リスニング力同様に、場合によってはそれ以上に重要です。


問題解答においては、全て聞き取れなくても、解答のためのリスニングができていればいいですが、
先述で確認した通り、‘ぺラぺ~ラ’のためには、隅から隅まで聞き取れるようにしましょう。



1)ではリードが無いので、選択肢を頼りに、今から聞く文の内容を類推します。
②と④にある 모차르트 は、「モーツァルト[Mozart]」なんですね。

そのモーツァルトは、音楽を教えることをしていたそうですが、
そのことについて、比較的具体的に書かれている②と④は、聞きながらの取捨がしやすいです。


あとの①と③のような、逆に抽象的に書かれた選択肢は、
広い範囲(場合によっては全文)を聴解して答えることが多いので、やや緊張します。


で、聞いていくと、その②と④は共に×で、



그것은 기존의 알고 있던 지식과 사고방식을 버리게 하는 것이 아무것도 모르는 초보자를 

가르치는 일보다 더 힘들기 때문이었다.

≪それは既存の知識と考え方を捨てさせる方が、何も知らない初心者を教える事より大変だからだ≫



ここを根拠に、③を選べます。①については聞こえてきません。


準2級では、多少のずれはあるものの、このように比較的長い文を正答根拠にし、
それが短くまとめられた選択肢文と合わせる作業が求められます。



続く2)は、文の題名を選ぶということで、選択肢を見るとニュースの見出しのようですね。
文の内容は少子高齢化についてで、以前にも出題されたことがあります。


そして、選択肢チェックのモデルは、


① 人口 増える  ② 人口統計  ③ 老人 平均年齢 変わらず  ④ 出産率 減少 原因


これらに注意して聞いていきます。
そして、これができていれば、問題文メモが要りません。


結局は、①③④について語られず、消去法で②が残るという解答です。






続く3)は会話文で、内容一致問題です。

選択肢の作り方が、他の級にもある、


②④ 여자는 ~~~~.

①③ 남자는 ~~~~.


という文になっているので、事前の選択肢チェックをした後、
①③の取捨で男性の発話に注意し、②④は女性の発話で取捨します。



男性1つめの発話  →  ①が×


女性1つめの発話  →  ④が×


女性2つめの発話  →  ②が○


③は該当無し



このような会話が、普通にストレス無く聞き取れるようになりたいですね。



そして4)の会話文問題は選択肢が短いですので、十二分にチェックしておきましょう。

①が男性について、そして②④が女性についてなので、
ここも男性女性それぞれの発話で、選択肢を取捨できるかもしれません。



男性1つめの発話  →  ①が○


女性1つめの発話  →  ③が×


女性2つめの発話  →  ②が×


④は該当無し



女性1つめの発話で慣用句が聞こえてきて(엎어지면 코 닿을 데)、これで③が消せますが、
もしこれを知らなくても2択にはできますから、残念ながら誤答したとしても、
よしとしておきましょう。
聞き取れたからこそそうできたからです。





続いて、第4問です。


毎回確認していることで、文章でも会話文でも、まずテーマを掲げる冒頭文が大切です。

会話文ならはじめの発話で、この部分(一文)を2度の聞き取りで100%理解しておくよう、
耳を傾ける必要があります。

基本的に、問題文の内容がどういうものなのかを、聞く前に推測できないからです。
今回なら、


4)「二人がいる場所」


と、聞き取るべきポイントを教えてくれていても、その他は内容一致ですから分かりません。


冒頭文の聞き取りに全力を傾けましょう。



そしてここからは、ある程度メモを取る必要があります。

メモの取り方を研究しておきましょう。
といっても、ディクテみたいなことはしなくていいです。


ある程度の長さがあるので、一にも二にもメモの取り方が勝負を左右します。
もちろん、1回目の朗読でのメモり方と、2回目でのメモり方は、ガラリと変えなければなりません。

ちなみに、選択肢のメモまでは不要です。
というより、そんな余裕は事実上無いはずです。
メモを見ながら、あるいは頭に残った短期記憶と、聞こえてくる選択肢を直接対照させましょう。



まず1)の、文テーマを選ぶ問題で、冒頭文に集中します。



한국 사람들은 설날에는 떡국을 먹고 추석이나 생일에도 꼭 떡을 먹습니다.

≪韓国人は、正月にトックを食べ、秋夕や誕生日にも必ず餅を食べます≫



떡 について、これから具体内容が語られるんだなと、耳と頭を準備します。
そして次に、


요즘은 특별한 날이 아니어도 떡을 맛볼 수 있는 가게가 많이 있습니다.

≪最近は、特別な日でなくても餅を味わえる店がたくさんあります≫


これも聞き取れれば、今の韓国で 떡 がどうなのかが分かります。
各選択肢は短くて聞き取りやすく、正解は③だとすぐ分かります。



続いて3)の会話文を見てみます。
ここも単なる内容一致なので、冒頭文に集中して聞き取ります。


남:손님,머리끝이 상해서 다 갈라졌네요.상한 부분을 자르는 게 좋겠는데요.

≪お客様、毛先が痛んで全部枝毛になっていますね。痛んだ箇所を切った方がよさそうです≫



このように見れば、美容室であることが分かりはしますが、
こういう所に馴染みが無いと、語句的にもそれなりに難しかったりするので、
戸惑われた方もおられると思います。


正答根拠箇所は、



남:기르시게요?

≪伸ばされるんですか?≫


여:네.그러니까 그냥 끝만 살짝 다듬어 주세요.

≪はい。なので、そのまま毛先だけさっと揃えてください≫



筆記問題でも出題された、[意志確認]の 게 です。
聞き取るにおいては難しくありませんが、この問題の正解率が気になります。



前回は、数詞を聞き取って計算することを求める問題が出題されましたが、今回はほんの少しで、
一方で、内容一致が多く、事前の内容予想ができない問題ばかりなので、
難易度はやや難化とします。


各選択肢の正答/不正答の差異が明らかでも、
リードが無いまっさらな状態から、これらの内容を聞き、メモも取って解答するとなると、
なかなか難しいですね。

メモの仕方自体も、普段から練習しておきたいです。




では最後の、第5問・日訳問題です。

事前の選択肢チェック法はいろいろあると思いますが、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○,□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



これらの作業をしておいてから、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



1)では、出だしが全て違うので、冒頭の音で解答できそうです。

聞こえてきたのは慣用表現 에 불과하다 で、直訳でOKなので楽ですね。



続く2)は 빈틈이 없다 で、3)は前回も第2問で出題されました。


여:그래요.이번만큼은 짚고 넘어가야겠어요.

≪そうです。今回に限ってははっきりさせるべきです≫



具体的な意味は以下の通りで、


◎어떤 일을 따질 것은 따지고 넘어가다.


짚다 が([杖を]つく → 突く→追求する)で、それをしてからやり過ごす(넘어가다)なので、
トウミにある意味(訳)になるんですね。




そして4)は、直訳すると「えらい目に合うと思え」で、
[思い込み]の ㄹ 줄 알다 の聞き取りを求めています。

ちなみに、これにはもう一つ[技能]の意味もあることを確認しておきましょう。




ということで、準2級・聞き取り問題が終了しました。
全体的難易度は、前回に比べてやや難化しています。



先に確認しました、



1.聞いて分かる語句の量を増やす(音読・シャドーイング・ディクテーション)


2.「リスニングの読解力」を鍛える(聞こえてきた音に‘文脈’が見えるようにする)


3.聞きながら正答を導き出すための作業法



を磨けるだけ磨き、次の2級,1級そしてTOPIKⅡ(中高級)を目指しましょう。

特にTOPIKは、朗読スピードがまだゆっくりであっても、
問題量が多く、時間も長くて体力勝負になるので、これらの学習はさらに重要です。

一方で、リスニング重視の形式は、それはそれで実用的ではありますけどね。


それらの作業を継続しつつ、今回の問題を答え合わせして終わらせてはもったいないので、
正答を求めて問題文を聴き直したり、一旦問いから離れて、
問題文中の語句,流れ(文脈)を隅々まで理解する努力をしたいです。



そして、筆記の解説でも確認した、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の学習順序と、


『リーズニング』


をやりましょう。


『リーズニング』を経て、解答するにおいての必要な知識と、問題の見方/聞き方そして捉え方を、
専門の先生(ただのネイティブではなく)にチェックしてもらえたら最高ですね。

もちろんリスニングであれ、間違った理由も確認し、ノートに書き留めておきましょう。


その一方で、先の「リスニングのコツ」のように、
試験問題解答では、1語1語に執着すると墓穴を掘ることが結構あるので、
全体の大意をつかんで聴解する術(すべ)も、正しい順序で身に付けていきたいですね。

普段の母語リスニングでも、このようなことをやっていたりするものです。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

ただ、このように物理的限界があっても、
協会発行の過去問題集はもちろんのこと、市販の問題集よりも、
問題・試験対策についてのあらゆることを仔細に観察しているつもりです。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


       ――――――――――――――――――準2級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  3級

   筆記問題



 [1] 1)③  2)④  3)①



 [2] 1)②  2)④  3)②  4)①  5)③  6)①  7)③



 [3] 1)④  2)②  3)③  4)①  5)③



 [4] 1)④  2)①  3)②  4)②



 [5] 1)③  2)①  3)③ 



 [6] 1)②  2)④  3)③  4)②  5)①



 [7] 1)④  2)④  3)②



 [8]  1)本文の日本語訳

  私共「シナブロ」に変わらぬご愛顧を寄せてくださるお客様に感謝申し
 上げます。「シナブロ」はいつも最高のコーヒーの味を提供するために努
 力しています。
  最近コーヒー豆の価格引き上げで9月1日から一部のメニュー価格を
 引き上げることにしました。

 ・全てのコーヒーは300₩値上げ(但しアイスコーヒーは500₩値上げ)
 ・コーヒー以外の飲み物は以前の価格で提供
 ・今月からカード支払い可能

  この案内文を携帯で写し見せて下さる方に、飲み物を3杯以上注文いた
 だければ1杯は無料で提供します。



     【問1】③       【問2】③


 

 [9] 対話文の日本語訳


 태민:今日、夕ご飯どうですか。いいお店を調べておきましたけれど。

 민지:私は早く家に帰らなければなりません。明日マラソン大会に出るんです。

 태민:マラソンですか。いつからなさっていたんですか。

 민지:走り始めてから今年で5年になりましたが、大会は今回が初めてです。

 태민:わあ、じゃあ他の友人を連れて応援に行きますね。終わったあと一緒に
    パーティーもしましょう。

 민지:実は(そのまま放棄したい気持ちもあります)。

 태민:参加することに意味があるじゃないですか。経験にもなりますし。




        【問1】④      【問2】②




 [10] 本文の日本語訳

  雨は降る季節によって「春雨」「夏雨」「秋雨」「冬雨」といいますが、
 春雨は明るくかわいい感じ、秋雨と冬雨は少し特別な感じがしたりもする。
 それで歌の歌詞にもけっこうよく登場するほうである。(ただし)夏の雨は
 なぜか聞きなれない。実際、夏に降る雨をみな夏雨というが、夏には雨がた
 くさん降るからなのか、広く使われる表現ではないようだ。一方夜に降る雨
 を「夜雨」というが、「昼雨」という言葉はない。しかし雨が降る量、期間、
 効果に従って私達は色々な名前でその名の代わりにしている。



        【問1】③       【問2】①




 [11] 1)④    2)③    3)②



 [12] 1)②    2)①    3)③





[3級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み(問題それぞれで難化/易化あり)

<問題語数>前回と同じ。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



ハン検5級,4級と受験し、一般的にはこの3級で「壁」を迎えます。
ほとんどの方が、急に難しくなるという感想をお持ちです。
かつての解説執筆者もそうでした。

もちろん、楽々クリアできたら素晴らしいですね。


3級になると、<できていないといけないこと> <できるようになっていたいこと>が、
より広く深くなるので、それに比例して難易度がグンと上がりますが、
同時に、韓国語学習と実用韓国語が一層楽しくなってきます。



解答速報という場なので、時間を削っての執筆ではありますが、
今回の3級・筆記問題を振り返ります。




第1問の音声問題で採り上げられた項目は、3級で主に問われるものを挙げると、


ㄹの鼻音化・パッチムの子音化・漢字音ㄹ後の子音濃音化


です。


前回は、

ㄹの鼻音化・パッチムの子音化・合成語の濃音化

で、2)のパッチムの子音化(‘絶音化’ともいわれますね)は、
ここ最近連続で出題されています。



ここ3級,そして次の準2級まで問われる発音問題は(2級,1級にはありません)、


〔語の成り立ちを音で伝えるための発音ルール〕


を主に問うています。

結局、発音ルールを問いながら、同時に語彙も問うているという2つの側面を持っています。
3級と準2級は、その種類・数の違いです。


この類いは、日本語にも『連濁』というのがあり(本 + 棚<たな> → 本棚<ほんだな>)、
結局のところ、‘なぜその発音ルールが動いているか’までを知ることで、
知識が単なる暗記ではない、存在理由と根拠を持った知識として、
より深く理解できる形で身に付き(‘覚える’とは違います)、他に応用できます。


2)でのパッチムの子音化も、語の成り立ちを音で伝えるためには必要なんですね。
これからは、〔語の成り立ち〕にも注目して語句を覚え、発音を捉えましょう。




では第2問の語彙問題です。


語彙的にも、4級から3級になると難易度がグンと上がりますね。
一方で、あえて上から目線的指摘を聞いてしまえば、
それぞれはあくまで日常の物,日常の動作です。

それは、日訳してみればそうですよね。

まあ、1)④の 잔돈 が「はした金」で、
日本語でも普段よく使うかといえば、意見が分かれそうですが。



そして毎回3)で出題される副詞について、この解説で触れていることで、
副詞だからこそで、これらについて該当訳だけでなく、


○修飾する用言の種類

○持っている文法(時制・構文 など)


まで問い質したいです。
今回の出題語なら、各語の日訳のみならず、これらも見通しておきましょう。


① 動作動詞を修飾する

② 心理動詞を修飾する	

③ 動作動詞を修飾する

④ 否定表現を修飾する



そして、4)5)で慣用句を訊いています。


4)では、(  7  )直後にある 기회[機会]を修飾する慣用句として、
둘도 없다 が定型です(またと無いチャンス)。



ちなみに、7)の 닮았다 がなぜ「似‘ている’」なのかは、こちらをご覧ください。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/62697636.html



さっと選びにくい問題があるので、前回より難化しました。




続く第3問で、今回なら2),3)で問われている接続表現問題で関わってくるのは、
‘文法’さらには‘文脈’ですね。


日本の韓国語世界では、他言語に比べて、韓国語が母語の日本語と酷似しているからか、
文脈そのものにきちんと目を向けられることがほとんど無く、


〔文脈  =  ‘なんとなく’‘勘で’‘当てずっぽう’の言い換え〕


と解釈されることが多いです。



文脈とは‘文の流れ’で、文の流れといっても、それはきちんと決まっていて、
しかも4種類しかありません。さらに絞れば3種類です。

ここでは4種類しか無い文脈を「4つの論理関係」といっています。
「論理」とは、普通に考えて分かる、事の筋道で、俗にいう‘文脈’を司っています。


例えば、


≪千賀子と伊代子は3級対策を頑張っていた。(    )、合格と聞いても驚かなかった≫


とあって、(     )に接続詞を入れようなれば、ほぼあれだ想像できるはずです。


それより問題なのは、なぜそのように想像できるかです。
当てずっぽうは別として、感覚的であれ客観的であれ、何らかの理由で思い描いたはずです。

その根本が「論理」に基づく文脈で、それは具体的に、



(イコール関係 <前文 = 後文>)


反対関係 <前文 ⇔ 後文>


累加関係 <前文 + 後文>


因果関係 <前文 → 後文>



と4つあり、<イコール関係>は<累加関係>に含まれることが多いので、事実上3つです。
韓国語に限らず、日本語も他言語もそうです(そうであるはずです)。



普段の会話では、面と向かってやり取りしていますし、なるべく簡単に伝えたいので、
こんなことをいちいち気にしなくてもいいですね。
あるいは、言葉以外の要素で伝え合うこともできます。


一方で、こういう試験の場で、正答という一つだけ許される解釈を正確にするために、
文脈を司っている[論理]をきちんと理解し使用して、
韓国語のみならず、全ての言語に通じる4つの文脈を常に意識しながら、
韓国語の各接続表現がどういう文同士をつなぐかを‘韓国語の事情で’押さえていくんです。


一方で、該当する日訳で分かれば、もちろんそれでOKです。
とりあえず正答を導き出せて、実用ではきちんと通じるように使えればいいわけですしね。

見方・捉え方は緩やかに、その時その時で接続表現の解釈法を有効利用しましょう。
先の<4つの論理関係>は、一種の知識整理法で、
接続表現をより正確に捉えられて、同時に覚える量を減らせる、一石二鳥の解釈法です。


ちなみに、接続表現だけでなく、助詞も文脈を持っています。
なので、助詞もこの大問で出題されています。



まず1)は助詞を選ぶ問題で、
もし3級対策をバッチリされていたら、これは即答です。

「私が3級の勉強をしてきたかどうか」を問われます。


평화 = 우리가 원하는 것


という<イコール>の文脈で、④ 야말로 はそれを強調しています。
前回も出題されました。



続く2)は、


늦게 오다  → <因果関係> →  다 팔리고 없었다


が見えて、①以外が残りますが、


③ 다가 ― 前後文の主語が同一でなければならないので×(問題文は前文1人称/後文3人称)

④ 자면 ― 後文時制が未来なので、条件に合わず×(問題文は後文が過去時制)


これらの不正答理由が見えます。



3)は、(  13  )の前にある 마치 に合わせて<イコール>で結びます。
日本語なら「まるで~~のように」ですね。


마치 を 국어사전[国語辞典]で見てみると、


◎거의 비슷하게


と出てきて、<イコール関係>を修飾することがよく分かります。



そして、5)では、「~しない」と訳される 지 않다 と 지 말다 の違いを確認しましょう。
ここでは具体的に「洗濯するのを止める」なので、말다 を使います。



今回は、前回より迷わせる問題が少ないです。
4)の ㄹ 리가 없다 も常連さんですね。




では、第4問の入れ替え問題です。


今回は典型の、〔漢字語 ⇔ 固有語〕が無く、慣用句が多いですね。
3級から慣用句が積極的に採り上げられますが、今回はいつにも増して多いです。




1)は 눈에 띄다 で慣用句です。


そして3)では、답답하다 と 아쉽다 に注意しましょう。
それぞれの該当訳からすると、どちらも合いそうですが、特に 답답하다 が、


◎숨이 막힐 듯이 갑갑하다 <むせるように息が詰まる>

◎애가 타고 갑갑하다 <いら立って息が詰まる>


で、どうにもならなかったり、思い通りにいかないことへの感情をいうので×です。
ここではいわゆる[心残り]ですよね。



5)の 딱 は、[一致]を修飾する副詞です。
[一致]なので、맞다 がいいです。

딱 は、トウミや辞書を引けば、訳がいっぱい出てきますが、
[一致]とだけ覚え、あとはそれぞれの文脈に合わせて訳を調整すれば、
覚える量が少なくて済みます。

『やじろべえの精神』といいます。




続いて第5問の同義語問題で、1)2)は簡単ですね。
2)の 뽑다 は[選抜]と覚えましょう。ただ抜くのではなく、これというのを抜きます。


そして3)の2つめにある 떠는 の基本形は 떨다 であることに注意しましょう。
다리를 떨다 で「貧乏ゆすりをする」ですが、問題文とは違って、実は身体によく、
カロリー消費も促してくれます。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/63072632.html




続いて第6問の会話文問題で、見方や考え方は、先の接続表現問題と同じです。

一方で、他級の解説でも触れていますが、筆記での会話文問題はもう行き詰っています。
というのも、ハン検では聞き取り試験でも会話文をやっていて、
会話は本来、音であれ手話であれ、言葉が後に残らない形でおこない、
その方がいわゆる『会話』に合っているからです。

その観点からか、TOPIKでは会話文問題を止めました。
ハン検でもいずれ無くなるのではないかと思います。


なので会話は、聞いて理解できることを優先して身に付けていきたいです。
ここでは、会話文でありながら「読解」です。

対策としては、[会話の原則]にも一応目を向けたいですね。
先の「4つの論理(文脈)」と共に、ここでは[主語人称]と[時制]にも注意したいです。



1)は、(  23  )直後にある 거신 の基本形が 걸다 であることに注意です。
Aは電話をかけ間違えたんですね。


続く2)では、A2つめの発話にある 구경하다 の対象(目的語)が欲しいので、
それになり得る語句を含んだ選択肢を探します。④の 행사[行事]ですね。


3)は、B2つめの発話に注目です。
接続語尾で終わっていますから、本来はこうで、



요금도 많이 나올 것 같으니까(  25  ).



「料金もかかる気がする」‘から’どうだと考えて選びましょう。
前文から、(  25  )には未来時制の文が入ることにも注目ですね。



会話はあくまで「聞いて理解できる」ことを目指しましょう。
難易度は前回並みです。問題文の語数がやや多いですけどね。




続いて、第7問の漢字音問題です。


最近は日本語と韓国語の漢字音にある対応関係が扱われたりしますね。

例外が多く存在し、まだ完全に体系化されていないようではあるんですが、
一応便利なので、有効利用しましょう。


それを駆使すれば、最近テキストやラジオ講座でも紹介される例(一部例外あり)の、


日本漢字音「い」「う」 = 朝鮮漢字音 ㅇ

日本漢字音「ん」 = 朝鮮漢字音 ㄴ,ㅁ


をはじめ、未知の漢字語も読み取れたりしますし、
この漢字がなぜ韓国語で(朝鮮漢字音で)こうなるかも分かるので、より実感できて覚えられます。




それでは、大問が3つある文章問題です。

前回の解説でも触れたことで、ここ最近の3級・文章問題は、
短文を問題文中に入れる「挿入文問題」の有無で、おおよその難易度が設定されると見ていますが、
今回も出題されませんでした。




はじめに、問題文を読む前に問いを読むという作業をしつつ、
今回の大問では、



第8問【問1】何についての文か



1つだけですが、問いが何に注意して読むべきかを教えてくれています。

その上で、選択肢は見ずに、自分でこれらを見つけ、
その後に各選択肢と対照させるという順で解けば、1回読むだけで済みます。

一方で、今回全ての問いにある内容一致問題は、先に選択肢を見て問題文を読みましょう。
これから読む問題文のおおよその内容と、何について読んでいけばいいかが分かるからです。




まず第8問【問1】で、問いが教えてくれたポイントに注目して読んでいくと、
何かのお店で、注釈には 원두[原豆](コーヒー豆)とあるので、それ系のお店なんでしょうね。

で、注釈にある各語による理由で、



9월 1일부터 일부 메뉴 가격을 올리기로 했습니다.

≪9月1日より一部メニューの価格が上がります≫



とあります。値段が変わるんですね。


そして【問2】では、問題文末尾にある、この案内文をケータイで撮って提示したお客様に、
3杯以上ご注文で1杯サービスという文が関わっています。


ちなみに、店名の 시나브로 は副詞で、


◎모르는 사이에 조금씩 조금씩


という意味があります。




そして、第9問の会話文問題では、【問1】を見てみます。


【問2】の選択肢をチェックすると、마라톤 대회(マラソン大会)についてのようで、
(  33  )に入る発話を受けて、태민[泰民] は、



참가하는 데 의미가 있잖아요. ≪参加することに意義があるんじゃないですか≫



と言っています。
ということは、相手の 민지[旻智]に大会参加へのためらいがあると思われます。

でも②ではありませんね。泰民は大会に参加しません。




それでは第10問で、問いは穴埋めと内容一致なので、
【問2】の選択肢から、問題文の内容を予めある程度押さえておきましょう。

どうも 비 についての文らしいです。
そして、봄비,여름비,낯비 といった語もありますが、では読んでいきますと、

先の各語と、選択肢④でチェックした通り、歌詞に使われる云々が語られています。


では【問2】を解きます。



① ○ 最終文


② × 한편 밤에 내리는 비를‘밤비’라고 하지만  →  季節に合わせての言葉だけではない


③ ב낯비’라는 말은 없다.


④ × 1行目~3行目  →  봄비 は歌詞によく使われる



そして【問1】の穴埋めは接続語を選ぶということで、その前後文を見てみると、



그래서 노래 가사에도 제법 많이 등장하는 편이다.

≪それで(봄비,여름비,가을비,겨울비 のうち 봄비,가을비,겨울비は)歌詞にも結構登場する

方だ≫


(  35  )


여름비는 왠지 많이 생소하다.사실 여름에 내리는 비를 모두 여름비라고 하는데 여름에는 비가

많이 와서 그런지 널리 사용되는 표현이 아닌 것 같다.

≪夏雨はなぜか全く聞き慣れない。実のところ、夏に降る雨を全て 여름비 というが、夏は雨が多く降

るからか、広く使われる表現ではない気がする≫



「歌詞に結構登場する」に対して「聞き慣れない」「広く使われる表現ではない気がする」ですから、
<反対関係>ですね。

③と④ですが、これも日訳の「ただし」「それでも」で解釈すると、どっちでもよさそうな気がします。



正答は③で、それは 다만 が本来結ぶ文脈の、


◎앞의 말을 받아 예외적인 사항이나 조건을 덧붙일 때 그 말머리에 쓰는 말.

(前文を受けて、例外的事項や条件を付け加える時、その冒頭に使う言葉)


から、4つの語のうち、夏雨が他の3語に対して例外的だということですね。

もし④が正答なら、그래도 は[譲歩]の文脈を作り、
夏雨も歌詞によく登場する、つまりよく使われてなければなりません。



ところで、問題文3行目の 노래 가사에도 に、助詞 도 がありますが、
その前文には、노래 가사 に[累加]できる名詞が無いんですよね。

これが解答を迷わせる理由の一つになっていますが、
おそらく、この問題文はある文章の一部を持って来たと思われます。

全体の一部を抜粋して出題する場合は、慎重におこなってもらいたいものです。




では、最後の翻訳問題です。


韓日訳の第11問 では、1)の 눈이 빠지도록 が常連さんです。
類義句の 목이 빠지게 といっしょに押さえておきましょう。


そして2)では③と④が似ていますが、소리 を訳に含みましょう。
3)はほぼ単語といっていい決まり文句です。



そして第12問・日韓訳で、
1)の不正答選択肢③を「食べなさ過ぎて」と解釈できるようにしましょう。

ずいぶん前の第34回・日韓訳で、



어찌나 맛이 있는지 = あまりにおいしくて



というのが出題されたことがあります。



あとの2問は平易です。
2)は部分否定なので、ㄴ 것 아니다 を含んだ①を選びます。



今回の筆記問題は、難化したものがあれば易化したもののあるので、
全体的には前回並みです。




ハン検3級という初級修了 → 準中級段階まで来た今、
これからは今まで以上にたくさん話し、たくさんやり取りしたい中で、
今回合格して次回以降準2級に挑戦される方も、3級に再挑戦される方も、
そしてこれから3級対策を始める方も、5級,4級ではある程度通用する、


〔暗記偏重ではない学習〕


をやっていきたいですね。

ここからは、扱う量が格段に増えてくるからです。



そして、〔暗記偏重ではない〕とはつまり‘本物の学習’で、
‘本物の学習’は、語学ならば会話練習,検定試験対策を問わず、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の順序で学ぶのを理想とし、この中で〔やってみる ⇔ できる〕を繰り返すのが大切です。


この観点から、検定試験対策においては、筆記・リスニング共通で、



〔分かる : 解説が丁寧な理解系テキストを熟読し、それを授業・講義代わりにする〕
(理解)


〔やってみる : 「分かる」学習の後に問題を解いて説明を読み、知識と解答技術を覚える〕
(インプット)


〔できる : 過去問や対策問題集を実際に解き、解けなかったものはインプットに戻す〕
(アウトプット)



の学習順序を粘り強くやり、全問正解できるようになるまで繰り返しましょう。

「分かる」の部分は時間がそんなにかからず、ここで学ぶことを覚える必要はありません。
覚える作業をするのは「やってみる」で、「分かる」で使う教材は「やってみる」の参考資料にします。



そして、できなかった問題はできるようになるまでやりましょう。
それができなければ、これから初めて見る/聞く問題もできない可能性が高いからです。

つまり『復習』で、だからといって、できる問題は復習しなくてもよく、
回数を重ねるにつれて、復習量は減っていきますね。

忘れた知識を100%に引き戻すのと、できないことをできるようにするのが『復習』です。



ハン検・TOPIK対策でよくある、過去問中心の対策学習は、
〔分かる → やってみる〕学習を十二分にした後にやるべきです。

あと、過去問中心の学習は正答を覚えて満足しがちで、
二度と出ない(であろう)問題なのに、正答(しかも選択肢の番号)を暗記して、
それで勉強したと思ってしまうからです。


あるいは、3級である程度充実している対策問題集でも、
現在の出題レベル・出題形式に合っていない問題が収録されて、解説も訳程度だったりもします。

なので、それらでやった問題の正答を覚えても意味が無く、正答に至る過程を理解してこそ、
次回以降受ける試験での類題が解けます。
それにどのみち、それらを1回2回解いただけでは、いずれ忘れてしまいます。


で、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の形で学習する中の〔やってみる ⇔ できる〕過程では、


『リーズニング(Reasoning)』


という、解答理由(私はなぜ~番を選んだか)を書き留めたり、誰かに説明する学習をします。
たとえ正解したとしても、正解理由が分からなかったら、先生や友人に教えてもらいましょう。

先の‘正答に至る過程を理解する’ために必要です。


そして、間違ったら誤答した理由も確認して、書き留めておきます。
筆記問題・聞き取り問題共に、添削と解説を読んで完全に理解し直した後、
間違った理由をできるだけ具体的に書き残しておきます。


『リーズニング』の段階では、先の例にある、
‘文中には分からない単語もいくつかある’でも構いません。

『リーズニング』をやれば、単なる当てずっぽうでの解答を除き、
不明な語句があってもきちんとした順序を経て解答できたか、
あるいは、やはりこの語を知らなかったから正解できなかった、といった、
自分の解答順序や正答/誤答の作られ方、そしてハン検3級問題の性格などがよく分かります。




解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、
この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



                     ――――3級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題


 
 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  3級

   聞取問題

 [1] 1)対話文   
 
 남: 국이 다 된 것 같은데 이제 뭘하면 돼요?
 
 여: 다 끓었으면 일단 불을 끄세요. 제가 반찬 꺼낼게요.



          解答 ③



   2)対話文
 
 남: 어서 오세요. 날도 더운데 집 찾기 어려우셨죠?

 여: 아니에요. 역에서 멀기는 했지만 쉽게 찾았어요.



          解答 ①





[2] 1)남자가 다른 사람에게 자기 아내를 말할 때 씁니다. 

  ① 집안    ② 자식     ③ 삼촌    ④ 집사람



          解答 ④




  2)일을 해서 들어오는 돈을 말합니다.

  ① 수입   ② 포도   ③ 수출   ④ 출입



          解答 ①




  3)서로 만나서 인사할 때 이것을 하기도 합니다.

  ① 등장   ② 악수   ③ 장갑   ④ 박수 



          解答 ②




  4) 혼자 상대방을 좋아하는 것을 말합니다.

  ① 거짓말   ② 심장   ③ 짝사랑   ④ 사진첩



          解答 ③




 [3] 応答文として適切なもの


 1) 아침 출근 시간은 복잡헤서 정말 싫어요.


  ① 저도 밥 먹는 시간이 좋은데요.

  ② 이제 퇴근하는 모양이네요.

  ③ 그래서 저는 항상 일찍 나옵니다.

  ④ 한번 눈을 감고 상상해 보세요.



          解答 ③
  



 2) 상민 씨, 연락처 좀 가르쳐 줄래요?


  ① 몇 시에 전화하신다고요?

  ② 휴대전화 번호도 괜찮아요?

  ③ 아깝기는요. 괜찮아요.

  ④ 아뇨, 많이 가르쳐 준대요.



          解答 ②



 3) 이제부터 아침에 일찍 일어나는 습관을 기르기로 했어요.


  ① 그럼 아침마다 같이 운동하면 되겠네요.

  ② 안 보는 사이에 많이도 자랐네요.

  ③ 저도 수염을 많이 길렀어요.

  ④ 아침에 커피를 마시는 습관이 있지요.



             解答 ①



 4) 아이가 열이 나는 것 같은데 어떡하죠?


  ① 그럼 천천히 하겠습니다.

  ② 일단 이 약을 써 보세요.

  ③ 덕분에 병원에 잘 갔어요.

  ④ 뭐가 10개라고요?


          解答 ②



 [4]  
 
 1) 文章  기자들을 비롯해서 많은 관계자들이 폐막식을 기다리고 있다. の 
  
   “기자들을 비롯해서”



            解答 ④




 2) 文章  한국에서는 기념일에 선물을 주고받는 게 흔한 일인가요? 

    の“주고받는 게 흔한 일인가요?”



            解答 ④



 3) 対話文  

  남: 소금을 좀 더 넣어야겠어요. 

  여: 어머, 그렇게 넣다가는 짜서 아무도 못 먹어요.  
  
  の “그렇게 넣다가는”

 
            解答 ①




 4) 対話文

 남: 여기에다 차를 도고 가도 되겠죠?

 여: 다른 사람들이 세워 놓은 걸 봐서는 괜찮을 것 같기도 해요. 

   の “세워 놓은 걸 봐서는”



           解答 ③



 [5] 1)選択肢
 
  ① 고생이 많아서      ② 생각할 게 많아서

  ③ 힘이 없는 편이라서    ④ 심각히 생각할 테니까



           解答 ②



    2)選択肢
   
  ① 더 아프냐고 하면      ② 덜 아프냐면

  ③ 조금 늘어났냐고 물어보면   ④ 좀 아프다고 하면


 
           解答 ②



    3)選択肢
  
  ① 그렇게 말을 하지 않아도    ② 어떻게 할지 잘 모르면 

  ③ 긴 말할 필요 없이      ④ 그냥 있지만 말고



           解答 ③



    4)選択肢

  ① 너무 불쌍해서 마음이 아파요    ② 정말 정신이 없어요

  ③ 너무 아쉬워서 기분이 안 좋아요   ④ 너무 잘돼서 마음이 편해요



           解答 ①




[6] 文章の内容に合うものを選ぶ

 1) 우리는 1 더하기 1의 답은 2라고만 배웠습니다. 하지만 우리가 살아가는 데 있어서도

  그럴까요? 문제에 부닥쳤을 때 사람마다 그리고 상황마다 그 답은 하나가 아닐 겁니다. 조
 
  금 더 마음의 여유를 가지고 인생이란 문제를 풀어보는 건 어떨까요?


 (日本語訳)私達は1足す1の答えは2だとばかり習いました。しかし私たち
  が生きていくのにあってもそうでしょうか。問題にぶつかった時、人それ
  ぞれ、そして状況ごとにその答えは一つではないでしょう。もう少し心の
  余裕を持って、人生という問題を解いてみるのはどうでしょうか。

 

          解答 ④



 2)  남: 이번 휴일에 해외 여행 가죠? 화장품 좀 사다 줄래요?

   여: 네, 그럴게요. 저도 면세점에 들러서 화장품 살 거거든요.

   남: 이건 어내가 써 준 메모인데 이걸 써 보고 싶은가 봐요.

   여: 아 이거요? 요즘 여자들한테 인기 있는 거네요.
                                         
 (日本語訳)

 男:今度の休日に海外旅行行きますよね。化粧品をちょっと買ってきてもらえますか。

 女:はい、いいですよ。私も免税店に行って化粧品を買うつもりですから。

 男:これは妻が書いたメモですが、これを使いたいようです。

 女:あ、これですか。最近女性達に人気があるものですね。



             解答 ③



[3級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>若干増。

<問題内容>問題形式は同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。



今回の3級・聞き取り問題解答はいかがでしたか。


4級に合格された後、この3級問題を聞いてみて、
語句の難易度差は別として、リスニングの負担が逆に軽くなったと思われます。

それは、3級から翻訳問題が加わったからです。
さらに、選択肢の対照も単語単位でできてしまう問題が、4級より多いのもあります。



それはともかく、音読・シャドーイング・ディクテーションの基礎的リスニング練習と共に、
通常のリスニングとは違い、試験問題解答のためのリスニングは、
‘聞いて分かる語句’をどれだけあり、問題文を聞いてどう思いどう感じたかより、
ここでは正答を出すことがなにより重要ですね。

全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。


正答を出すために必要な情報を選別し、時には背景知識を思い切り動員して、
その先や不明瞭な部分を推測し、特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、


「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」


ことを心がけて、問いで訊かれていることに合う‘意味を持った音のかたまり’を捉えられるよう、
何度も練習しておきたいですね。

全て聞き取れるようにするための練習は、これからの会話(実用韓国語)のためにです。



ということで、ハン検のリスニング練習は、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング練習(正解するために狙いを定めた聴解)



この2本立てでやっていきましょう。


これらの中で、(2)を実現するために、聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の全体説明(55秒)、さらには各問の説明の間に、選択肢を最後まで見ておかなければなりません。

過去問か今回の受験前に案内を読んでおけば、問いの説明などは、注意して聞く必要が無いので、
各問の選択肢を、最初の全体説明と、各問の説明の間に、全て選択肢をチェックしておきます。


朗読スピードが、4級よりグンと上がりますね。




第1問は、提示された絵についての内容一致問題です。

事前に絵のチェックをしておきさえすれば(しておかなくていいかもしれません)、
きわめて平易な問題です。


絵(各選択肢)の事前チェックが必要無いというのは、例年場面がバラバラだからです。

場面がバラバラならば、単語単位で聞き取れれば解答できるので、
正答を出すために聞き取るべき語句が、基本的に3級レベルであっても、
迷うことはありません。



1)は、男性が 국이 を言った時点で③と決まります。

追加的には、女性が言う 불을 끄세요 が分かれば決定的ですが、
この時点で、冒頭の 국이 を聞いて「スープが」と反応したいですね。



次の2)も単語相当単位での聞き取りで解けます。

正答根拠は、男性が言うおなじみのフレーズ 어서 오세요 です。
室内に入ることが前提になるので(必ずしもそうではないですけどね)、
誰かを迎え入れるのは間違いないので、それをやっている絵は①だけです。



毎回この問題を解いていて、絵がバラバラで、単語単位で聞き取れば解答できるという、
3級なのにあっさりした問題が毎回出題されるのには、
解説執筆者が見落としている、何かもっと深い意図でもあるのかなと、いつも思っています。

単なるサービス問題としているのは、実は間違っているのかとです。

解説執筆者なら、絵の違いをもっと小さくしたり、
単語ではなく、文・会話を聞き取って解ける問題を作るのに、
それはダメなのかどうか、協会側の説明を聞いてみたいものです。


それはさておき、受ける側としては、ここで4点をサクッと取れればOKですよね。



続いて第2問は、説明している単語を聞き取る問題です。

問題文が正答語を説明する文なので、問題文は自然と平易になり、
これを聞き取れることが、正解への条件になりますが、
この問題文をどれくらい聞き取れたかを確認したいですね。


そしてここでは、絶対ではないものの、指示語が聞こえてきます。
2回の朗読中に、その指示語(이것,여기,이렇게 など)が何を指すかを判断したいです。

メモ欄があっても、メモは要りません。



まず1)では、


자기 아내를 말할 때  ≪自分の妻をいう時≫


で‘あれかな?’と気づけたら素晴らしいですね。

ただ、正答の 집사람 はいずれ死語になるでしょうから、
正解できたことに喜びつつも、覚えておく必要はあまり無いとしておきましょう。

それより、男性は例えば 와이프 とかを覚えて使いたいです。



2)は平易で、3)で指示語が聞こえてきました。



서로 만나서 인사할 때 이것을 하기도 합니다. 

≪お互いがあって挨拶する時、これをしたりもします≫



これの正答語も、私達日本人同士では、比較的希薄な人間関係を好むので、
あまりやらなかったりしますが(一般的に女性は特にそうですよね)、
余談で、握手しながらお時儀をするのはマナー違反だそうです。


前回と比べての全体難易度は、第1問で易化したのと裏腹に、やや難化しました。




では第3問の応答文を答える問題で、会話の基本は‘問答’であることに立ち返ります。
そして、筆記の解説で確認した通り、たとえ1往復という単純な会話でも、
リスニングの方ができるようになっておきたいです。


『会話は聞いて理解できるようになる』


解説執筆者も、韓国語のみならず他言語の学習も含め、これを念頭に置きたいですね。



1)は、男性の日常(通勤地獄)を語っていますから、
当たり前の話で、相手の女性はそれに関することを答えなければなりません。

本当に当たり前なんですが、意外と重要な事実です。


それに着目すれば、③の 일찍 나오다(早めに出て来る)が聞こえてきて、
これが正答だとできます。
聞き取るにおいても、鼻音化はしますが<일찡 나오다>難しくはありません。



次の2)では、연락처[連絡処] を聞き取るという問題です。
처[処]の部分が分からなくても、연락 と 가르쳐 줄래요? で、
女性が何を知りたがっているかは分かります。


今の感覚だと、それとなれば例えば 라인/카톡 아이디 といった、
SNSに関連するものなのかもしれませんが、一応女性が知りたがっているものに該当しますね。

ITに関連する語句は、本当に淘汰が早いです。
いずれは、例えば 문자 が死語になるかもしれませんね。



そして3)では、아침에 일찍 일어나는 습관 に関連する内容を選び、
4)は女性が 열이 나다 に対する対処法を訊いているので、
それに対する内容であると共に、主語が女性の文句を選びます。


このような聞き方は、普段の会話練習にも役立ちます。
それが筆記の解説で確認した「4つの論理(文脈)」と[会話の原則]で、
言い換えれば、‘会話’にはいくつかの規制がかかるということです。

それらを利用し、1回目をざっと聞いた後、2回目で正答のキーワードを選別し、取捨しましょう。



難易度は前回並みで、こういう会話が早くできるようになると、
韓国語学習がいっそう楽しくなってくるでしょうね。




続いて、第4問の日訳を選ぶ問題です。
再び事前の選択肢チェックをやっておきましょう。


ところで、放送では「問題は2回読みます」と言っていますが、
正答に関わる部分は、都合4回も読んでくれますよね。

お気づきの方もいらっしゃる通り、実はものすごい‘サービス問題’です。
「ここで8点どうぞ!」といわんばかりの問題です。



選択肢チェックの仕方はいろいろあろうかと思います。
ここでは、



[1] 全てに共通している部分を消す。


[2] 2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



の作業をしておいて、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



まず1)は、①③④が「記者」ではじまっているので、
対策学習ができていると、これらに正答があるなと気づけます。

そして実際に 기자 ではじまり、その後に聞こえてくるのは 을/를 비롯해서 です。



続く2)では、選択肢はバラバラですから、冒頭の音で解答できそうです。
で、聞こえてきたのは 주고받다 で、주다 と 받다 両方が付いていますから、
③「やり取りする」ですね。



そして3)は、①④が同じ「そんなに」ではじまっています。このどちらかが正答なんでしょうね。
聞き取る語は接続語尾 다가 で、①④のうち、<因果関係>を結んでいるのは①です。


最後の4)で聞こえてきた 보다 には、
「見る」のみならず[判断][処理]も含んでいることを押さえましょう。

「試験を‘受ける’」を、시험을 받다 ではなく 시험을 보다 という理由の一つです。



今回は前回に比べて平易です。
発音変化する語句が無く、3級では基本的な語句が問われ、訊かれた個所が短いです。




では、第5問の日韓訳問題です。
例年、主に慣用表現を聞き取るよう求めてきます。



1)「考えごと」のような日本語の名詞句は、韓訳する場合、
正答のように、用言の連体形を含むとうまくいくことが多いです。

①に注意です。고민 ならいいでしょうかね。
「考えごと」の中身には、何か深刻なことを含んでいることもあるからです。



次の2)では、「減る」を見て、例の 덜 が聞こえてくるかなと思ったらやっぱりそうでした。
3級では特A級の重要副詞で、[不足・未完成・未到達]を修飾します。


3)は慣用句 긴말할 필요없이 で、4)は 불쌍하다 1語を聞き取る問題です。



ところで、3)の各選択肢に注目しましょう。

「どうのこうの言わず」の韓訳語として、正答は直訳(逐語訳)でない慣用句が設定され、
他の不正答句は、


① 그렇게 말을 하지 않아도

② 어떻게 할지 잘 모르면 

④ 그냥 있지만 말고


と、今やおなじみといっていい語で出来た句が並んでいます。


おなじみなのでこれかもしれない、迷うな、などと思いつつ、
一方で唐突に、直訳で無い慣用句が出てくれば、それがほぼ正答というのが、
ここ最近ハン検で頻発している出題パターンです。

慣用句がいきなり出てくる唐突さが際立ち、そして実際にそれが正答であることが多いとなると、
もう語句の仔細な検討は、ある意味必要で無くなってきます。


これが、韓国語の語彙力を問い、そしてこの級から慣用句を本格的に扱い始める、
ハン検3級語彙問題の正体の一つといえます。
そしてそれはここ最近、受験者の語彙力を訊くというところからは、
結構逸脱してしまっているのが現状です。


普通、ある程度の難易度を付けようと思えば、他の不正答選択肢も全て慣用句にし、
もちろん意味的,語句的,音的に類似した慣用句を配置することで、
正答句が際立つことの防ごうとするはずです。

問題作成者の修正と奮起に期待したいと思います。




では、最後の第6問・文章問題です。
ここでも、事前の選択肢チェックがうまくできたかを確認したいです。



1)では、選択肢を見ると、内容が人生論的でやや難しそうです。
ちょっと緊張して聞きましょう。


事前の選択肢チェックさえできていれば、メモは必要ありません。

そして、各選択肢も全部訳しておく必要はありません。
部分部分でOKです。右側の余白に、見やすく書いておきましょう。


そうしておいてから聞いていくと、



第3文  →  ④が○  


第4文  →  ②が×


①③は該当無し



と解答できます。

第4文(最終文)で×としたのは念のためで、実際は第3文が④の言い換えだと正答が出ているので、
その時点で次の問題の選択肢を見てしまってもいいです。


問題文の語数が前回より増えました。



次の2)は会話文で、1)より聞きやすいです。

選択肢を見ると、「旅行」や「化粧品」あと「お願い」といった語が並んでいるので、
買って来てくれるように頼んでどうたらこうたらといった内容っぽいですね。


解答用紙からは、会話の往復数が分かり、選択肢も「女性は①②」「男性は③④」とあるので、
男性の発話で③④を検討し、女性の発話で①②を取捨します。


すると、



男性1つめの発話  →  ③が残る


女性1つめの発話  →  ①と②が×


男性2つめの発話  →  ④が×



と解答できます。


選択肢の作られ方を利用し、ピンポイントで聞いていきましょう。


ちなみに、ここも語数が前回より増えましたが、
内容的には、前回のようにある事を対照させながら聞かせるといった内容ではないので、
逆にやや易化しています。



余談で、3級に限らず、問題文が市販のテキストからほぼそのまま引用されることがあるので、
お手持ちのテキストをよく熟読しておくことも対策になります。

ここ3級でも過去には、第44回で「イージーコリアンⅡ」に掲載の会話文が引用されています。




ということで、3級試験が終わりました。


ここからはいわゆる中級に入っていきますが、先の(1)で確認した、
‘聞いて分かる語句’を増やすための音読・シャドーイング・ディクテーション練習を継続しつつ、
一方で、文というかたまりで音を理解する練習をしていきましょう。
具体的には、文法・文脈、そして文章構造を意識した聞き取りです。

それらを元に、(2)の試験問題解答のリスニングを、続く準2級を目指して練習しましょう。


筆記問題の解説で確認した通り、いきなり過去問や対策問題集の問題を解くのではなく、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


ですね。

過去問の重要性が語られていたりはしていて、もちろん大切ですね。
要は、その有効利用法です。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

ただ、このように物理的限界があっても、
協会発行の過去問題集はもちろんのこと、市販の問題集よりも、
あらゆることを仔細に観察していると自負しています。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-





       ――――――――――――――――――3級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題

 
 
 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  4級

   筆記問題

 [1] 1)③  2)①  3)②   4)④  



 [2] 1)①  2)②  3)③  4)③



 [3] 1)②  2)③  3)①



 [4] 1)④  2)③  3)①



 [5] 1)①  2)③  3)② 



 [6] 1)①  2)② 



 [7] 1)②  2)①  3)③  4)②



 [8] 1)④  2)① 



 [9] 1)①  2)④  3)③  4)②  5)①



 [10]  文章の日本語訳

  私は今年の春からソウルで一人で暮らしています。はじめは家族
 と離れて暮らすのがとても大変でした。(しかし)今は大丈夫です。
 友達がたくさんできて、週末になれば友達とあちこち遊びに歩き買
 い物もするからです。今はソウルの生活が楽しいです。
 

  解答  1)①   2)③  



 [11]  対話文の日本語訳

 ヨンヒ:うちの娘が来年結婚します。

 ウンジュ:(もう年令がそんなになったんですか)。 

 ヨンヒ:時間が本当に早いですよね。ところで、結婚する人が日本人です。

 ウンジュ:では娘さんは結婚後にはどこで暮らしますか。 

 ヨンヒ:日本に行って暮らすと思います。


  解答  1)③   2)③


	



[4級・筆記試験の解説・講評]


―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



5級を経て(5級は受験されていないという方も結構おられるかもしれませんね)、
今回の4級を受験され、どのような感想をお持ちですか。


4級は5級に比べて、語彙数がほぼ2倍になり(約450語→約900語)、
5級から追加される主な項目として、



1.不規則活用(変格活用)


2.修飾語句(連体形・副詞語句)


3.接続表現(短文の連続から複文を作れるようになる <聞き取り試験では問題後半部から>)



があります。

解説執筆者が、自身の受検経験も踏まえて、あらためて考えてみると、
5級はよほどのことが無い限り合格でき(合格点が全体の6割以上というのもあります)、
4級も、5級との差がそれ程設定されていないので、無理なく合格できるものの、
例えば市販のテキストで確認すると(解説執筆者オリジナルテキストも含めて)、
4級で学ぶ範囲が、5級より意外と一気に広がることが分かります。


数が倍増した語句と共に、先の3項目を中心に、5級レベルから無理せず身に付けられたか、
あるいは無理があり過ぎたかを確認したいですね。


この解答速報で受験当日に採点した結果、ギリギリ合格だった、あるいは残念ながら不合格だった場合、
‘鉄は熱いうちに打て’で、問題用紙を開き、下記の解説を参照し、
〔無理があった = 理解不十分だった〕所をチェックし、よく復習しておきましょう。

これは、試験対策のみならず、
これからの韓国語学習と、‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’のためにでもあります。




第1問の音声問題で、4級の出題基準で出題された項目は、


鼻音化・激音化・流音化


です。


前回は、

鼻音化・激音化・口蓋音化

で、4級で訊かれる発音ルールは一定しています。
鼻音化と激音化は、4級発音問題において必須ですね。


4)がうっかりミスを誘う問題で、2)はもうおなじみの語です。
過去に何回も出題されています。
一方で、おなじみなので、音で覚えていらっしゃる方も多いと思います。


激音化が起こる理由として、


〔ㅎ は子音ではなく ㅇ(母音・無声)の激音〕


というのがあります。


ㅎ(히읗)は元々 ㅇ(이응)に加画されることで、

〔ㅇ  →  ㅎ〕

息を強く出す作用を働かせることが、画的に表されています。

ちなみに、これを専門用語で『加画の原理』といい、
ここでは、加画することで“息を強く出してくださいよ”と記していますが、
なので、俗に<ㅎ の弱化>と言われて ㅎ 発音されなかったり、
一方でここでのように、激音化を引き起こしたりします。

[口音パッチム(ㄱ,ㄷ,ㅂ)+ ㅎ]

の激音化とはつまり、連音化の激音バージョンで、元は連音化と同じです。



ところで、韓国語の各発音変化には、2つの‘軸’があります。



1.韓国語ネイティブ的に発音しやすいように


2.語の成り立ちを音で知らせるために



これらを体系化したものが、今までテキストなどで学んできた、韓国語の各種発音ルールです。


今回の出題は、というか今回も、ほとんどが1.に属します。
2.のシリーズが出るのは、やはり3級からです。



韓国語の各発音変化には、きちんとした理由があるのに、
ただ公式で覚えるのは、単なる暗記になってしまいます。


それらは、先に挙げられたように、
日本語とは違う、韓国語の事情によってまとめられたもので、
単にルールとして覚えるより、そのように変化する成り立ちまで知っておき、
ただの‘丸暗記した知識’にしないことが理想です。

単に聞こえてきた音をマネするだけでなく、発音時の舌の動きや舌先の位置を目で確認して、
それらの発音変化を起こす仕組みまで学びましょう。



「これはこう発音するものなので、このまま覚えましょう」


「私がネイティブ(韓国人)なんだから、私のマネをして発音していればいいんです」



という、時に納得がいかない形での学習でなく、「だからそう変わるんだ」と理解が深まります。





続いて、第2問・第3問の単語テストです。


「単語を覚える」ことは、韓国語に限らず、外国語学習での大きなテーマです。
本当に大変です…

特にハン検は(解説執筆者が知る限り、今回ハン検と同日開催だった英検でも)、
語彙力をストレートに訊いてきますしね。


いろんな覚え方が紹介されている中で、まず間違いなく言えるのは、



『単語は短文で覚える』



です。
会話は日本語を除き、単語単語でされず、単語の意味は通常前後の語句で決まるからです。


これは、いわゆる同音異義語が顕著な例で、


「お前、‘はし’を持って‘はし’の‘はし’に立ってろ!」


とあれば、3つの‘はし’全ての意味が分かります。



とにかく今回の正答語については、正解不正解を問わず、
出題された問題文ごと覚えたいですね。



それぞれ別段特別な語は無く、4級受験時点で覚えていたい語ばかりで、
第2問2)の漢字語問題はサービス問題ですね。

今すぐ使う語かといえば「?」ですが、音的に日本語と似ているので、すぐ分かります。

4)もドラマでよく聞いてきた語ではないでしょうか。




続く第3問で、1)の 감다 が、「(目を)閉じる」「(髪を)洗う」と違う意味を持つ理由について、
解説執筆者はまだつかみきれていません。

감다 は一説によると、검다(黒い)から派生したといわれ(他には 그믐「大みそか」)、
ここからこれらの意味をつなぐ、いわゆる[コアイメージ(中心義)]が見えてくるかもしれません。



そして3)では、正答語 이제 と同じ訳が当たる 지금 との区別をバッチリやっておきたいです。



이제 ― 過去の経過を経た‘今’(なので「もう」とも訳される)


지금 ― ごく直近の過去を含んだ‘今’


難易度的には前回と同程度です。




では第4問・第5問の語彙問題で、
今回も今回で、ここまでの積み重ね具合を問うてきています。


2)で出題された、모아서 の基本形を確認しましょう。

〔活用形から基本形に戻す作業〕

も、時に役立ちます。

ここでは、돈을 모으다 という慣用句を訊かれていますが、
ものはついでに、漢字語「貯金する」も調べて覚えてしまいましょう。3級の単語です。



そして3)は 잠시만 기다려 주시겠어요? で決まり文句です。
実用面では、どちらかというと聞く文句ですね。

なので、返答の文句はどういえばいいか考えてみましょう。
そして積極的に使ってみましょう。
それはたとえ、相手の韓国人が日本語で「少々お待ちくださいますか?」と言ってもです。




そして第5問の言い換え問題で、
1)ではおなじみの〔漢字語 ⇔ 固有語〕入れ換え問題が出題されていますが、
ここにある 들어가다 と 돌아가다 に一応注意です。

あと、돌아가다 を「帰る」の意味で使われることが多いですが、これは、


돌다(回る → 折り返し) + 가다(行く)


で出来上がっており、돌다 があることで、往復移動を前提とします。

なので、「帰る」というより「戻る(戻って行く)」と解釈しましょう。
単に「家に帰る」なら、집에 가다 でOKです。


そして2)は日数を表す固有語数詞が出てきました。
これと 하루 はもう押さえておきたいです。



続く3)での 꼭 = 반드시 もおなじみです。
꼭 については、곧 との混同に注意したいですね。

ところで、③の 우선 と 먼저 を混同することがよくあります。
우선(とりあえず)먼저(まず,先に)の要領でバッチリ区別できるようにしておきましょう。




では第6問の活用問題で、
今回採り上げられたのは ㅂ不規則 と ㄹ不規則(splonの法則)です。

ㅂ不規則がいまいち身に付いていないと思えたら、頭の中で、


“ㅂパッチムを取って 우 を付ける、ㅂパッチムを取って 우 を付ける…”


と繰り返し唱えましょう。




続く第7問で、ここも前回同様、
助詞が2問・慣用表現と語尾表現が1問ずつの出題です。



1)では、正答の (이)라도 が「~でも」と訳されるところから、
에서도 と区別できるようにしましょう。

(이)라도 は[とりあえずの選択]の「~でも」です。


2)も問題は無いと思いますが、一応確認すると、
問題文が 내일부터 ではじまっているので、未来時制の表現を選ぶという解答です。
①だけですね。



そして、4)にある 아직 멀었어요 はぜひ使えるようにしたいですね。
「まだまだです」に当たるフレーズで、前回も会話文問題で出題されていますが、
過去形なのにはもちろん理由があり、こちらをご参照ください。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/62697636.html




続いて第8問の挨拶表現問題です。

1)はよろしかったですね。
教室に通っている方は、수고하셨습니다.で学習活動を終えましょう。

そして2)の問題が前回と同じです。前回は 맞다 が出ています。




そして、第9問の会話文問題です。
5級に比べると語数がぐんと増えて、発話一つ一つを丁寧に見ることを求めてきます。

ただ、他級の解説でも書いている通り、
会話文はこのような、文字でなく‘聞いて理解する’ことを優先に目指したいです。

というのも、会話は基本的に音や手話という、言葉が後に残らない形でやり取りするからです。



1)では、한잔 하다 という語句の知識をまず訊かれています。
待つことを促していますから、Bは飲むんですね。


次の2)では、試着許可を訊いて、相手方(店員)がそれをする場所に案内するという、
他の級でも出されるパターンだったりしますが、
구두 は 신다 するので④を選びます。



そして4)では、A2つめにある 들었어요 で不規則活用を訊かれています。
それを前提に、생일을 들었다 に相当する文句を選びます。



最後の5)は、


〔왜 に対して 거든요 で答える〕


という文脈です。
거든요 が[理由説明・事情説明]を表す語尾だからですね。

왜 ではじまる①を選びますが、これは会話でも、パターン化して使ってみましょう。



先述のことで、会話は基本的に音でやり取りするので、
リスニングができるようになることを優先したい一方で、
問題文のような‘文字によるやり取り’を、例えばLINEやカカオトークで、
自然かつすばやくできるようになると、すごく楽しくなるでしょうね。

前回より語数がやや増えましたが、戸惑う程ではないです。




それでは、第10問・第11問の文章問題です。

ここ数年、対話文形式と文章形式で1問ずつ出題され、問いは単純な穴埋めと内容一致です。
内容一致問題がよく扱われるのは、問題文内容が理解できているかを問うのに便利だからですね。



まず第10問で、問題文が2013年秋季・第41回に酷似しています。
さらに一部の文も、前回と似ています。

はじめに2)の選択肢を読んでおきます。
それらの短文を見ただけでも、これから読む文章の内容がある程度分かりますよね。


これらを念頭に置いて読み、正誤根拠箇所と直接対照すると(日訳は解答欄をご参照ください)、



① 지금도 혼자 사는 것이 힘듭니다.

≪今も独り暮らしがしんどいです≫

× 
처음에는 가족들하고 떨어져서 사는 것이 힘들었습니다.( 31 그렇지만 )지금은 괜찮습니다.


② 바빠서 놀 시간이 없습니다.

≪忙しくて遊ぶ時間がありません≫

×
주말이 되면 친구들하고 여기저기 놀러 다니고 ~


③ 지금은 서울 생활이 힘들지 않습니다.

≪今はソウルの生活が大変でありません≫

○
처음에는 가족들하고 떨어져서 사는 것이 힘들었습니다.( 31 그렇지만 )지금은 괜찮습니다.


④ 저는 작년부터 서울에서 삽니다.

≪私は去年からソウルに住んでいます≫

×
저는 올해 봄부터 서울에서 혼자 살고 있습니다.



1文で2つの選択肢を取捨できるという、良心的な作りになっています。


4級では、学習を順調に積み重ねていれば、時間的にキツキツになることがそうそう無いものの、
この内容一致問題については、先に選択肢まで読み、その後問題文を読むと、
二度読み,三度読みを防げます。

ここなら、‘いつからソウルに住んでいるか’‘今ソウル生活は辛いのかどうか…’
‘遊ぶ時間はどうか…’と、頭の中でぶつぶつ言いながら読んでいきます。




続く第11問です。

ここでもまず2)の選択肢をチェックしましょう。
先に確認すると、영희[英姫]の息子がどうなんだ娘がどうなんだ、と考えながら読んでいきます。

それぞれの正答/不正答根拠箇所も一緒に見てしまいます。



① 영희의 아들은 결혼을 빨리 합니다.

≪英姫の息子は早婚です≫

× 該当箇所無し


② 영희의 아들은 결혼을 늦게 합니다.

≪英姫の息子は晩婚です≫

× 該当箇所無し


③ 영희의 딸은 결혼하면 일본에서 살 예정입니다.

≪英姫の娘は結婚したら日本に住む予定です≫

○ 영희:(딸은)일본에 가서 살 거예요. 


④ 영희의 딸은 지금 일본에서 삽니다.

≪英姫の娘は今日本に住んでいます≫

× 영희:(딸은)일본에 가서 살 거예요.



これも第10問同様、該当箇所1つで選択肢2つを取捨できます。


2問の文章問題は、選択肢の取捨具合を中心に、やや易化しています。




今回4級に合格し、次は3級ですが、
4級から‘世界がガラリと変わる’中で、それだけ段階がグンと上がります。

これはもう、4級に合格されて3級対策をされている方、そして受験して合格された方、
ほとんどの方が共通して持っていらっしゃる感想で、
理解語彙がさらに倍増するし、その中ではいよいよ慣用句が扱われ、
漢字音の知識も訊かれます。

発音問題では、一歩進んだルールを問うてきます。


でも、そこで求められるレベルの韓国語を身に付ければ、世界が変わるだけ広がります。
単純に‘韓国語でできる事’が増えます。
そこの一つの「やり甲斐」を感じ、楽しくじっくり取り組んでいきましょう。

本当に、楽しくなってきますから。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

                     ――――4級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  4級

   聞取問題


 [1] 1)②   2)③   3)②   4)④



 [2] 1) 対話文 
   
  女: 어서 오세요. 뭘로 하시겠습니까?
  
  男: 김밥하고 비빔밥 주세요.
  
  女: 죄송합니다만 지금 비빔밥은 안 됩니다. 
  
  男: 그럼 냉면으로 주세요.


  【質問】 남자는 무엇을 시켰습니까?


         解答  ②


    2)質問
     
   이 사람은 지금 어디에서 무엇을 하고 있습니까?

 [選択肢]
  
  ① 부엌에서 접시를 씻고 있습니다.

  ② 부엌에서 밥을 짓고 있습니다.

  ③ 화장실에서 손을 씻고 있습니다.

  ④ 방에서 글을 쓰고 있습니다.
   

                解答 ①

               
          
 [3] 1)問いかけの文 어디가 안 좋으세요?


         解答 ②


    2)問いかけの文 어서 오세요. 무엇을 찾으세요?


         解答  ①

 
       
    3)問いかけの文 요즘도 그 친구를 자주 만나세요?


         解答  ②


           
 [4] 1)文章   신세 많이 졌습니다.


         解答 ①

                                                    
    2)文章 저 집 형제는 얼굴이 전혀 달라요.


         解答 ④


    3)文章 다른 것도 있으면 보여 주세요.
               
   
         解答 ①



 [5]1)対話文 

 男: 은희 씨, 지난 토요일에 뭐 하셨어요? 
  (ウンヒさん、この前の土曜日に何をしましたか。)

 女: 저요? 도서관에 갔어요.  
  (私ですか。図書館に行きました。)

 男: 책을 읽으러 가셨어요? 
  (本を読みに行ったのですか。)

 女: 아뇨, 문제를 풀었어요. 일요일에 시험이 있었거든요. 
(いいえ、問題を解きました。日曜日に試験がありましたから。)


  【質問の答え】

  ① 도서관에서 책을 찾았습니다. (図書館で本を探しました。)  
  
  ② 시험 공부를 했습니다.(試験勉強をしました。)

  ③ 시험을 봤습니다.  (試験を受けました。)

  ④ 도서관에서 일했습니다.(図書館で働きました。)


             解答 ②


                                    
  2)対話文 

 男: 이 약은 하루에 몇 번 먹어야 해요?
  (この薬は一日に何回飲まなければなりませんか。)

 女:  하루에 세 번, 식사 후에 드세요. 
  (一日に3回、食事後に飲んで下さい。)

 男: 식사하고 바로요?
  (食事してすぐにですか。)

 女:  아뇨, 식사하시고 30분 후에 드세요. 
  (いいえ、食事なさって30分後にお飲みください。。)


                   【 質問の答え】

  ① 밥을 먹기 전(ご飯を食べる前)       ② 자기 전(寝る前)
  
  ③ 밥을 먹은 후(ご飯を食べた後)       ④ 운동한 다음(運動した後)

                          
         解答 ③

              
 [6]  1)文章
 
  서로 마음이 잘 통하는 사람이 좋아요. 생각이 맞지 않으면 같이 일하는 

  것이 힘드니까요.

  (お互いに心が通じる人がいいです。考えが合わないと
  一緒に働きづらいですから。)


          解答 ②

                                     
 2)文章

   저는 지금 한국에 관심이 많습니다. 그래서 한국어 공부를 시작하려고

  합니다. 졸업 후에는 한국에 유학을 가고 싶습니다.

  (私は今韓国にとても関心があります。それで韓国語の勉強を始め

   ようと思います。卒業した後には韓国に留学に行きたいです。)


          解答 ③



 3)対話文

  女: 여기 와서 찌개 맛 좀 봐 주세요.
  (ここに来てチゲの味をちょっと見て下さい。)

  男: 맛있네요. 그런데 소금을 조금 더 넣으면 어때요?
  (おいしいですね。だけど塩をもう少しいれたらどうですか。)

  女: 그렇지요? 좀 더 넣어야 되겠죠? 
  (そうですよね。入れなくちゃね。)
            

          解答 ③


 4)対話文

  男: 요즘 일이 많아서 매일 밤 10시까지 일해요.
   (この頃仕事が多くて毎晩10時まで働いています。)

  女: 그렇게 일만 해서 어떻게 해요? 좀 쉬면 안 돼요? 
   (そんなに仕事ばかりしてどうするんですか。
    ちょっと休んだらどうですか。)

  男: 저도 쉬고 싶지만 시간이 없어요. 
   (私も休みたいですが、時間がありません。)
   

          解答 ①
                 
                   

 [7]  対話文  

  男: 오늘 저녁에 일 끝나고 시간이 있어요?
  (今日の夕方、仕事が終わって時間がありますか。)

  女: 네 있어요. 왜요?
  (はい、あります。どうしてですか。)

  男: 오늘 은주 씨 생일이죠? 생일 선물 드리고 싶어서요.
   (今日ウンジュさんの誕生日ですよね。
    プレゼントを差し上げたいんです。) 

  女: 기억해 줘서 고맙습니다. 그럼 어디서 만날까요?
   (覚えていたくれてありがとうございます。
    ではどこで会いましょうか。)

  男: 회사 앞 카페에서 만나요.
   (会社の前の喫茶店で会いましょう。)


   【問1】  解答 ①


   【問2】 選択肢

  ① 남자는 여자의 생일을 잊어버렸습니다.
  (男性は女性の誕生日を忘れてしまいました。)

  ② 남자는 여자의 생일을 알고 있었습니다. 
  (男性は女性の誕生日を知っていました。)

  ③ 여자의 생일은 오늘이 아닙니다.
  (女性の誕生日は今日ではありません。)

  ④ 회사 근처에는 카페가 없습니다. 
  (会社の近くには喫茶店がありません。)

	              
          解答 ②




[4級・聞取試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>やや増。

<問題内容>問題形式は同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




まずは、問題音声をどれくらい理解できて、どう解答したかを確認しておきましょう。
俗に言う「聞いて分かる語句」の確認と、音が連なって出来た内容の理解度確認ですね。



ここまで練習してきたこと(初級段階)の習熟度を測る、4級のリスニング問題では、
実のところ、ハン検全6段階の中で一番キツいリスニングを要求します。

もちろん、上の級と比べれば、使用語句と文構成や解答手順さが平易ですが、
比較的短い問題文で、試験時間の30分を埋めるためになのか、
問題が多く、5級に比べると余裕が無かったりするからです。


一方で、上級である2級や1級では、かつての解説執筆者も含め、
それを受験されている時点で、基本的には既に韓国語を自在に聞いて話せる方がほとんどなので、
上級で設定されている、とても高い難易度に対しての負担が、そんなに無かったりします。



ところで、試験問題解答のためのリスニングに限っては、
全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。

目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を選別し、
背景知識も時に動員して、先を予測しながら、大意を要約する練習もしたいですね。

隅から隅まで聞き取れるようにするための練習は、これからの会話(実用韓国語)のためにです。



ということで、ハン検のリスニング練習は、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング(正解するために狙いを定めた聴解)



この2本立てでやっていきたいです。



とにかく、これらのうち(2)を実現させるために、まず聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の聞き取り試験全体の説明(55秒)、さらには各問の説明(平均25秒)の間に、
選択肢を見ておかなければなりません。

現在の問題形式がもう長い間続いているので、過去問を見ておけば、
試験中の説明は注意して聞く必要が無いですね。

その間に、各選択肢をできる限りチェックしておきましょう。




第1問はサービス問題の、ハングルの綴りと音を聞き取る問題です。

同じ形式が出題される5級に比べて、正答/不正答の差が少ないものの、
解説執筆者の知る限り、ここを間違えるという方はおられません。


実際受験される方々も、ほぼ全ての方がここは余裕だとおっしゃっている一方で、
最近、これを苦手としているというお話を聞きました。

それで、一応の対策を以下のように執っておきました。



[1]

事前の選択肢チェック時に、問題文と選択肢全体を見れる余裕があり、それぞれの語句が分かれば、
音声が流れる前に‘文脈’から解答してしまい、後で聞いた音声は確認として聞く

(今回ですと、3)がそうです)


[2]

もしその余裕が無かったら、各選択肢の語だけに注目し(問題文は無視します)、
聞こえてきた音と選択肢を対照する



特に[1]はつまり、筆記の語彙問題のように解いてしまおうということです。

このことを確認すると、この問いはハン検に限らず、


『リスニング試験で珍しい、後で見直しができる問題』


なんですね。


一応確認すると、2)の③④で、母音 어 と 여 をきちんと聞き分けるために、
普段からの音読を心がけたいですね。

こんなのを聞き分けるのは当たり前のようで、
解説執筆者が知る限り結構混同されていて、惜しいところで語句を聞き取れていないことがあります。


ここでは、先の[1]の解法から、直後に 봤습니다 があるので、
④ではないだろうなと考えられもしますが、어 と 여 の発音を確実にできるよう、
一応確認しておきましょう。



そして4)では、発音担当の 이홍복[李泓馥]先生が、流音化での発音をされています。
それプラス、ㄹパッチムの連音化をきちんと聞き取ってくださいという問題です。




では第2問の絵問題で、ここから選択肢の事前チェックが必要になってきます。

いろんな方法があると思います。
この解説で採り上げているチェック法は、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



この作業をしておいてから、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



1)はよくある、食べ物と飲み物のセットを選ぶ問題で、
通常は、はじめの発話で2択になり、次の発話で決まるというパターンです。

男性の発話から、김밥 と 비빔밥 が聞こえてきて、
その後 냉면 がさらに出てきましたから、これら3つのうちどちらもある②を選びます。


ちなみに、ここではたとえ、女性の発話である、



女:죄송합니다만 지금 비빔밥은 안 됩니다. ≪申し訳ございませんが、今ビビンバはできません≫



が分からなくても、김밥,비빔밥,냉면 と単語単位で聞き取り、
③と④は、この3つ以外の物(맥주)があるし、①は 냉면 が無いので×とできます。

知らない語句が聞こえてきても焦らず騒がず、選択肢を大いに利用して正解しちゃいましょう。



続く2)では、絵に対する【質問】と選択肢を聞き取って選ぶという問題ですから、
【質問】の聞き取りに集中したいですが、結局は絵を説明する文を選んでくださいというものです。

皿を洗っている云々が聞こえてきそうだと予想できますから、
それに注意して聞くと、①がそうですね。


부엌(台所)は、例えば旅行ではそうそう使いませんし、
自身の日常を語る時に、一部の方にとってようやく関わってくる語なので、
4級出題語彙とはいえ、現時点ではややなじみが薄いかもしれませんが、
それでも日常語ですから、早く覚えてしまいましょう。


前回と比べての難易度は、2問合わせて同じです。




では、第3問の応答文問題です。

応答文とはいわゆる‘問答’なわけですから、事前の選択肢チェックをバッチリやっておき、
疑問詞に注意しながら聞き取ります。

必ずしも疑問詞が聞こえてくるわけではないですが、
そう準備しておくだけでも正解率が変わってきます。


そして、筆記の解説でも確認した通り、将来会話ができるようになりたいと思えば、
ある意味、筆記問題よりこれの方をバッチリ解答できるようにしたいですね。

たとえたった1往復の会話で、返答は文字で示されていてもです。



まず1)では、試験問題解答の観点からすると、
③以外が身体についてのことなので、これらの中に正答がありそうと予想できます。

そして、問いかけでは 안 좋으세요? と聞こえてきたので、
これを言い換えた 아파요 を選びます。



余談で、③の 바람이 강해요 について、実用例はあるものの、
これだと、

「風という気象現象が強い」

とわけが分かりません。
英語で Wind is strong と言っているようなものです。


厳密には、「風‘が吹く程度’が強い」ので、
例えば 바람이 강하게 불다 と動詞を使い、강하다 はその修飾語にすべきです。

それに、このままの語句であえて言うなら、


바람이 아주 강해요.


と、韓国語文法に合わせて、副詞 아주 は、修飾している 강해요 の直前に置くのが正確です。



続く2)は、問題文を聞いてすぐ、②と④をすぐ消して2択にできるようにしましょう。
というのも、日本語にも通じることで、


〔疑問詞疑問文には 네(はい),아뇨(いいえ)で答えられない〕


というルールがあるからです。
あとは、무엇 に合わせて、事物の名詞を含んだ選択肢を選びます。




では、第4問の翻訳問題で、ここでは選択肢チェックがどれだけできたかを振り返りましょう。
これから3級,準2級、あるいはTOPIKを受験していく上でも使えるようにですね。


1)は、②と③の出だしが同じなので、これのどちらかが正答かもと予想しておきましょう。
あくまで‘一応’です。

聞こえてきたのは慣用句 신세(를) 지다 で、そのどちらも外してきました。
実際に「お世話になった」ことがあった時は使ってみたいですね。



続く2)では出だしがバラバラなので、語句さえ知っていれば、聞こえてきた瞬間に選べそうです。

ふたを開けたらそうではないかもしれませんが、
こう準備できているということが、リスニング試験では重要ですね。

あるいは、こう準備できるなら、しておくに越したことはありません。
ハン検他級の問題や、中検をはじめとした他言語の試験では、
選択肢も聞き取りなさいという問題もあります。


で、ふたを開けたら 저 という1語で答えられます。
ちなみに、話題の場に無い所での「あの家」なら、그 집 となることも押さえておきましょう。



そして3)は①と②に目をつけておいて、ここでは実際にそうでした。
あとは 면 を聞き取りなさいという問題です。


他の級でも出題される、この日訳問題は、
事前の選択肢チェック条件が比較的いいので、他の問い以上に全問正解しておきたいです。




では第5問の会話文問題で、質問から、
女性が先週土曜日にした事と、薬を飲む時を聞き取ります。

そして、このあたりから聞き取る問題文がやや難しくなります。
それは具体的に、지만,아/어도,(으)면서,고,아/어서 を中心に、
接続表現が使われるようになり、複文を聞き取ることが多くなるからです。


正解を出すための聞き取りができたかどうかを振り返ると共に、
これからの‘ぺラぺ~ラ’のためにも、会話はやはり‘音’で主にやり取りしますから、
これらの問題をどれだけ聴解できたかを十分確認したいですね。

‘正解を出すための聞き取り’を問い質す一方で、
実用面では、正解できたか否かはまず置いときましょう。



1)では、도서관에 가다 と 문제를 풀다,시험이 있었다 を聞き取って選択肢朗読を待ち、
これらを満たす 시험 공부를 하다 を選びます。

문제를 풀다 がたとえ完全に分からなくても、後続の 시험 で想像できると思います。


そして2)では、女性が言う、


식사하고 30분 후에   ≪食事して30分後に≫


を聞き取ります。

ナチュラルスピードで発音されると、30<삼십>분 후에 が <삼십 뿌 누에> と聞こえてくるので、
戸惑うかもしれませんが、ここではバラして発音してくれていますし、
選択肢は幸い紛らわしくないので大丈夫です。


ここまでの難易度も前回並みです。
以前は、初級レベルの4級でも、難易度に揺れ動きがありましたが、
ここ数年はおおよそ一定しているので、この点は評価できます。




次の第6問も前回に続き、いつもの対話文の他に文章も聞こえてきます。

ここでも、各選択肢をどうチェックしたか振り返っておきましょう。
このあたりまでくると、もう同じことの繰り返しです。



1)は文章形式で(問題用紙のメモ欄を見れば分かりますね)、
日本語の各選択肢文が、例年に比べて連体形を多く含んで複雑に見えるので、
戸惑われた方がおられるかもしれません。


で、問題文は、


서로 마음이 잘 통하는 사람  ≪お互い心がよく通じる人≫


と聞こえてくるので、ここだけで解答できます。
통하다 は、ここ4級での常連さんです。



続く2)も文章形式です。
②に注意ですね。卒業後に考えているのは韓国留学です。


ところで、ハン検という韓国語の試験で、①と④は正答にならないんじゃないかと考えられそうですが、
それも解法の一つである一方で、意表をついて正答かもと、一応疑ってかかっておきましょう。

しかし、解答の原則はあくまで、


『書いてあること/聞こえてきたことが全て』


です。
それは極端な例で、“太陽は西から昇って東へ沈む”が正答根拠になっていれば、
それに合わせなければなりません。


この2問では、問題文の語数が前回に比べて増えています。



そして3),4)の会話文でも、選択肢を利用して聞き取ります。
具体的には、5級でも使う解法で、



男性は~~  →  男性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する


女性は~~  →  女性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する

(それぞれで選択肢の内容を言っているか、言わなかったか)



を、問題文が流れる前に見定めて、ピンポイントに聞けるよう準備しておくんですね。



3)では、①に注意です。
会話から想像すると、レストランでやっていてもおかしくなさそうですが、
レストランあるいはレストランを窺わせる語句は言っていないので×です。


解答は女性の発話、


(소금을)좀 더 넣어야 되겠죠. ≪(塩を)もう少し入れないとね≫


を聞き取って完了です。



そして4)でも、同じように選択肢をチェックしておきましょう。

男性に関する選択肢が3つあるので、それらに注意したい中、
メモ欄を見ると(事前の選択肢チェックがきちんとできてさえいればメモは不要です)、
女性の発話部分が2行あります。
ということは、女性の発話は男性のより長く、それだけ情報もたくさん入っていそうなので、
選択肢④にも注意します。

解答は、男性1つめの発話でできちゃうんですね。
女性の長い発話は結局、正答根拠である男性1つめの発話内容を補足するに過ぎません。


この会話文でも、問題文の語数が前回以上です。




では最後の第7問で、4級のリスニングで一番緊張する問題です。



まず大切なのは、問題文が聞こえてくる前に、
【問1】の【質問】をきちんと読んでおくことですね。

今から聞く会話文の内容を、【質問】からある程度思い描いておきます。



男性が今日の夜にしようとしている事を選びなさいとのことです。
なので、自然と男性の発話を諦聴します。

すると、男性が、



생일 선물 드리고 싶어서요.  ≪誕生日プレゼントをあげたくて≫



と言っていますから、すぐ分かります。

一応厳密に押さえると、問題文の (으)려고 と、先の 고 싶다 が、
時制的にも未来で合っています。



そして【問2】は、最後の問題ですから、2回の朗読をじっくり聞いて、
必要そうな情報をメモし、各選択肢を聞きながら取捨していきます。

選択肢のメモは必要ありません。
聞こえてくる音と、取っておいた問題文メモを対照させましょう。


選択肢を順に聞いていきますと、こう解答できます。



①「男性・誕生日・忘れる」×


②「男性・誕生日・知っていた」○ 


③「誕生日・今日ではない」×


④「会社近く・カフェ・無い」×



問題文では、誕生日プレゼント云々を言った後、待ち合わせ場所についても語られますが、
②が○と出ているので、④に関わる部分の解釈が曖昧でも、きちんと消せると思います。




ということで、4級問題の解答が終わりました。
次回の3級に合格するためにも、ハン検でのリスニングは(TOPIKも)、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング(正解するために狙いを定めた聴解)



という2本立ての練習を積み重ね、
ハン検という試験(というより‘学び場’)をより有効的に利用しましょう。


とはいえ、次の3級はハードルがグンと上がり、
かつての解説執筆者も、ここで一度不合格になりました。もう15年以上前のことです。

ここからどんどん、韓国語学習への‘本気度’‘ガチ度’を試されはしますが、
一方で、楽しくやることも同時に味わっていきたいですね。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

準会場を運営するある団体が、問題が届いたことを試験日前にネット上で広く公言し、
「事前に問題を見たい衝動にかられる」
「試験前に問題を見てしまうと生徒さんに教えてしまいそう」
という発言から、試験運営での機密事項管理云々もどうなのかといった事がありますが、
かつての解説執筆者のように、合格することだけが目的にならず、
ハン検が‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’のペースメーカーとして、純粋な気持ちの下で、
解説執筆者を含めた、韓国語を学ぶ一人一人に広く利用されればと思っています。

この場を通じて、そのお手伝いができれば、光栄この上ございません。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


       ――――――――――――――――――4級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



第48回 春季「ハングル」能力検定試験 解答速報  5級

   筆記問題


 [1] 1)④   2)①   3)③ 



 [2] 1)③  2)②  3)④  4)①



 [3] 1)②  2)④  3)②   4)①  5)③



 [4] 1)③  2)①  3)②  4)④  5)③



 [5] 1)②  2)①  3)③  4)④



 [6] 1)②  2)① 


 
 [7] 1)②  2)①  3)③     



 [8] 1)④  2)②  3)①


 
 [9] 1)④  2)①



 [10] 1)対話文・選択肢の日本語訳

  A:(        )

  B:はい。今日は仕事が多いです。夕方まで時間がありません。


    ① どこに行きたいですか。    ② とても寒いですか。
 
    ③ ご飯食べませんでしたか。  ④ いつ友達が来ましたか。 


       解答  ③



  2)対話文・選択肢の日本語訳

  A:(       )?

  B:安くておいしいです。

   ① 駅から遠いですか    ② ここに車を止めましょうか

   ③ どこで食べますか    ④ この店の冷麺はどうですか 


       解答  ④



  3)対話文・選択肢の日本語訳

  A:きのうの夕方に映画を見ました。

  B:(      )?  

  A:お兄さんとです。
 

  ① どこで見ましたか。    ② 何を食べましたか。

  ③ おもしろかったですか。  ④ 誰と見ましたか。 


       解答  ④



  4)対話文・選択肢の日本語訳
  
  A:来週旅行に行きます。
  
  B:(     )?

  A:いいえ、今回は中国に行きます。


  ① また韓国に行きますか    ② どこに行きますか
 
  ③ 中国に旅行に行きますか   ④ 一緒に行きますか 


       解答  ①



  5)対話文・選択肢の日本語訳

  A:どうして家に帰らないのですか。

  B:(    )。

  A:傘を持たないで来たんですか。


  ① 早く来たいです   ② 今雨がいっぱい降っています

  ③ 時間がありません  ④ とても忙しいです


       解答  ②



 [11] 対話文の日本語訳

 ジョンウ: ミナさん、いらっしゃいませ。うちの店には初めてですね。

 ミ ナ : はい。店は(うまくいってますか)。

 ジョンウ: いいえ、お客さんがいません。

 ミ ナ : そうですか? ところでジョンウさん、私来月に結婚しま
      す。結婚式にぜひ来てください。

 ジョンウ:本当ですか。おめでとう、ミナさん。はい、結婚式に必ず行
      きます。


   解答  1)①   2)③   3)②

	 



[5級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>やや易化。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。



当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



ゼロから韓国語との付き合いを始めて、韓国語の文字(ハングル)と発音を覚え、
定型表現や基本語彙・文型を学んだ後、
‘ぺラぺ~ラへの道の入り口’となる、今回のハン検5級受験で、
これから韓国語と楽しく付き合っていけそうな、そのきっかけを手に入れられましたか。

今回まず5級に合格され、さらに頑張ってぺラぺ~ラになるぞと、
気持ち新たにされたのではないかと思います。



ところで、ここまでの韓国語学習でお感じになられたであろう通り、
自分達日本語ネイティブにとっての韓国語は、発音などの一部例外を除き、
例えば英語をはじめとした欧米諸語や、中国語などに比べると、
‘ぺラぺ~ラ’を手に入れやすい言語です。

そんな手軽さが私達日本語ネイティブにとっての韓国語にはある中、
韓国語学習スタート時点で待ち構えている『3つの壁』があると、いつも考えています。

それらは順に、



〔文字・発音を覚える〕


〔パッチムのお引越し(連音化<アンシェヌマン>)〕


〔用言の活用(特に 해요体)〕



が挙げられます。もうこれらに慣れましたか。


連音化(アンシェヌマン)以外にも、文字には現れない、様々な発音変化がありますが、
発音面ではまず連音化に慣れることが、母音中心の日本語を母語とする私達にとって、
結構キツかったりします。

実際に解説執筆者の知る限り、学習経験をある程度お持ちの方でも、
ずっと苦手にされているようです。



とにかく今回5級を受験されて、『3つの壁』をまず基本的にクリアされました。

韓国語学習を進めていく上での準備完了度を測るハン検5級受験を機に、
‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’をさらに進めていきましょう!!




第1問の発音問題で出た項目は、


連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化


です。


前回は、

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化

で、同様の出題です。
ここ数回、問われる発音ルールは、この4つに固定されています。


単語が違うだけで、問われていることは同じですし、あるいは過去問をご覧になっていなくても、
市販の教材云々で繰り返し練習されてきたであろうことなので、
バッチリ正解されたと思います。



1)での 합니다体の鼻音化 については、
こんな大層な専門用語など関係無く、音で覚えていらっしゃる方が沢山おられると思います。

ここではルールを訊かれていますが、一方で通じればいいので、
理屈を飛び越えて(無視して)構わないところはそのままでいいです。


この類いを問い質し始めるのは、


“何でこう発音するんだろう”


という疑問が出てきた時ですね。

その時に注意したいのは、



「もともとこういうものだからそのまま覚えなさい」


「私がネイティブ(韓国人)ですから、私の言う通りにすればいいんです」



といった話で納得せず、鵜呑みにしないことです。


韓国語に限らず、言語の発音を身に付けていく基本は、音を聞いてマネることであるものの、
ちびっこを除いて、理屈で生活する大人になってから、


「もともとこういうものだからそのまま覚える」

「ネイティブ(韓国人)の言う通りにすればいい」


という、ある意味腑に落ちないことが積み重なると、
根拠のある知識が比例して積み重なっていないので、楽しみで始めたものが楽しくなくなります。



今学んでいることの中で、単語の意味といった単発の知識でないルールの類いには特に、
そう成り立っている理由があります。
発音ルールについては、韓国語の事情でその理由があり、
大げさな用語を使えば‘韓国語の音声学的に’ですね。


なので理想は、基本的に話せて聞けて、通じる発音ができるようになれればいいと解釈し、
同時に、各種発音変化をただ公式として暗記するのではなく、
そう発音するには、きちんとした理由があることまで知って身に付けていきたいです。

具体的な発音の仕方を、耳だけでなく目や理屈からも知った上で、
音読・シャドーイング、そしてディクテーション(書き取り)に努めましょう!




では、第2問・第3問の「単語テスト」です。

第2問のような問題を出す協会側の意図を推すると、
出題された各語の綴りを、単に確認しているのみならず、語句を覚える時、普段から音だけでなく、
綴りまで覚える形で学習してほしいというメッセージが込められている気がします。

あらゆる言語の中で、特に韓国語は、綴りと音がずれる例が多いことからの出題と考えています。


各語句や文句を‘音’が押さえられていれば、まずはよしとしましょう。
ただでさえハングルは「音を表す字」で、‘外国語学習では音が重要’という真理もありますからね。
何より会話は‘音’でやるからです。


ただ、音ではおなじみなのに、いざ書くとなると綴りが分からないということが、
解説執筆者の知る限り結構あります。

語学以外のあらゆる分野でも、機械が簡単に導き出してくれる今この時代だからこそ、


「ペンを持ち、手を動かして書く」


ことは本当に重要です。



そして、5級リスト・約450語は、入門級だからということのみならず、


『これからの‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’』


のために押さえておきたいものばかりです。
これらを言えて聞けてこそ、韓国語会話がきちんできるからです。


全問正解された方も、出来がよくなかった方も、
そこに一つの「甲斐」を感じながら、まずはハン検5級・約450語を覚えて使っていきましょう!

‘使えるようにする’んですね。




第2問では、1)2)3)に注意です。

音ではどれもおなじみになっていても、いざ書くとなるとできないということが結構あります。
解説執筆者個人的には、1)がそうですね。

子音(初声)が濃音でパッチム(終声)が激音で、
パッチムで上の‘点’を書き忘れるのが典型例です。
母音を間違えることはそうそう無いと思います。


あと4)なども、同じ例で、


모르다 か 몰다 か  불다 か 부르다 か


もそうです。
聞き分けは、自身が正確に発音できていないとまず無理です。


ほとんどの方が正解されたとは思いますが、正確に覚えておきましょう。




そして第3問では、実用性の観点から、2)に馴染みが無くなりつつある気がする中で、
4)では今のうちに、正答の 먼저 と、似た訳が付く 우선 の区別をしておきましょう。


ちなみに5)で、ㄹ語幹の活用(splonの法則)が採り上げられています。




では、第4問です。



1)で助数詞が出題されています。
제 방(私の部屋)がある場所なので 층[層](~階)ですね。


ちなみに1)を実用する時に、きちんと 날씨가 を付けましょう。

日本語では、そんなこといちいち言わなくても分かるから要りませんが、
日本語と韓国語がこれだけ酷似していても、韓国語は日本語より文法的にまだ厳密だからです。

つまり、主語 날씨 をきちんと置くということで、
よくよく考えると、日本語の「今日は寒い」ってわけが分かりません。

‘「今日」というの(物か事か分かりませんが)は寒い’

だからです。


問題文と同じ意味に当たる他言語の文句で、
欧米諸語では形式主語を添えて(It is cold today./Il fait froid aujourd’hui.など)、
中国語でも、‘今天天气很冷。’と主語(天气)を付けますよね。


ネイティブの中には 날씨가 無しで話す例もありはするんですが、
私達は外人ですから、原則に合わせて 날씨가 を付けましょう。

ただ、忘れても相手が理解してくれたらOKです。



余談で、解説執筆者個人的に、ではなぜ韓国語は日本語より文法的にまだ厳密なのか、
その理由を知りたくはあります。


そして、5)の正答語には「周る」という意味もあることを押さえておきましょう。


例)연간회원권으로 서울랜드를 즐겁게 다녔어요.

<年間パス(年間会員券)でソウルランドを楽しく周りました>



とにかく、語彙はどんどん増やしていきましょう。




続く第5問でも、通常の学習で対応できる中で、
2)では、~을/를 타고 가요 を丸覚えしておきましょう。

ここでの 고 は、次の4級段階で学びます。



あと4)のような、いわゆる接続語を、これからの会話練習で効果的に使いたいです。

5級段階の今は、短文を中心に学んでいらっしゃると思いますが、
次の段階として、接続語を使い、文句を長くしていく練習をしてきましょう。

その後は、4級で問われる接続表現で、それを一文にする練習ですね。




それでは第6問の入れ換え問題です。



1)はすぐ解答できたと思います。
市販のテキストでは、名詞の形で載っていることが多いですが、
하다 が「する」で、そのまま付ければ意味が分かりますね。


そして2)は、前回の問題文として②が出ています。


~부터 하다 = 시작하다/되다,문을 열다


は、この入れ換え問題で王道です。




続く第7問の用言活用問題で、1)の 해요体問題はよろしかったですか。
韓国語ではじめに学ぶ活用です。

もし間違っていらっしゃったら、해요体を復習しましょう。
後述の通り、해요体を使えることは重要です。


そして2)が第3問でも出題されている「splonの法則」です。
今回のみならず、ほぼ毎回出題されています。



ところで、用言活用ということで 합니다体について、
世に出回っている入門用教材では、用言活用をほぼ 합니다体から学び、
多少の前後はあっても、ほとんどの方々が、


<합니다体>  →  <해요体>  →  <尊敬形>


の順に学ばれたのではないでしょうか。


ですが、理想は 해요体から学びたいです。
それは、日常会話で主に使われるのが 해요体だからです。
합니다体が、해요体より丁寧で公的あってもですね。


学習経験がおありの方でも、ずっと 합니다体でお話しされる例が、
解説執筆者の知る限り結構あります。



합니다体を先に学ぶことが多い理由は、活用が 해요体より簡単だからですね。
一方で、複雑そうに見える 해요体の活用は、実際のところ[文字・発音編]の復習だったりします。


例えば、いまいちピンと来なかったりする〔이 + 어 → 여〕も、
母音 여 の元の成り立ちを問い質しているだけで、
이 と 어 を続けて発音してみれば分かります。

〔오 + 아 → 와〕や〔우 + 어 → 워〕も然りですよね。


これらを『母音調和』といい、
日本語にも、擬態語で「からから」「ころころ」などで母音調和があります。

ややこしい話に聞こえても、私達の足元を問い質せば、同じようなものがあるんですね。



あとは慣れです。

はじめに挙がった『3つの壁』の一つではありますが、
活用とは、これから学ぶ不規則のものであれ、一定のパターンがあり、
一定のパターンになっているからこそ、年端のいかない子供でも使えています。

たとえ、一年365日その言語を見て聞いて話すネイティブスピーカーであっても、
パターンが一定していなければ、言葉に詰まるはずです。

私達の母語・日本語も然りですね。


とにかく活用を書きなぐって覚えたという方もおられますが、
結局のところ、学習法はこのような原始的手段に戻ってしまいます。



とにかく、今は 합니다体より 해요体が使えるようにすることを優先して練習しましょう。

理想は、過去形や으不規則活用、そしてハン検では4級で問われる ㅂ不規則活用でも、
해요体で言えるところまでです。

はじめは 덥다,춥다,어렵다,쉽다 などを活用形で覚えてしまいます。
使用頻度が高いですし、まず‘話せる楽しさ’を味わいたいですしね。




では、第8問の助詞問題です。

韓国語は欧米諸語や中国語などのように前置詞(介詞)ではなく、
日本語と同じ助詞を使うことだけでも、多少の差異がありはしますが、
日本語ネイティブは韓国語文法を学んでいないといえる大きな理由になっています。



1)での正答語を「~で」で覚えないようにしましょう。


「ボールペン‘で’書く」 「ソウル‘で’遊ぶ」 「6つ‘で’10,000ウォン」


これらの区別ができなくなります。
韓国語では別々の助詞 [(으)로,에서,에]を使うからですね。


そして、5)の正答助詞が1)と同じですが、
日訳は変わっても元は同じで、〔いくつかの中から1つを抜き出す〕という意味に因ります。




そして第9問の挨拶言葉問題では、
1)が超おなじみで、2)はぜひ会話練習で自然に使えるようにしましょう。
相手の意見や希望と共に、感想を訊くこともできます。


ついでに、過去形の 어땠어요? も覚えておきましょう。
過去の事への感想を訊くのに便利です。
相手のお話を何かを聞いたら、それで感想を訊いてあげましょう。

活用は、不規則活用なので(3級で出題)今はこのまま丸覚えです。


[感想を言う]こと自体は、見た事/聞いた事を言うのに比べて難しいですが、
自分達の会話を広げられます。


「サイゼリヤで久しぶりにランチしました」 「そうですか」


では、会話が終わっちゃいますもんね(笑)




それでは、第10問の会話文問題です。



1)は、これから4級,3級とステップアップしていくために、
ひと目見て、①と④をすぐ消して2択にできるようにしましょう。

というのも、日本語にも通じることで、


〔疑問詞疑問文には 네(はい),아뇨(いいえ)で答えられない〕


というルールがあるからです。


これは4)でも使えて、②がすぐ消えて3択にできます。



ちなみに、3)4)のような会話例は、実際の練習でもやってみましょう。
先述の第9問2)で確認したことに共通し、
相手の方が何か話したら、その中身を訊いてあげるというパターンです。

訊く具体内容が浮かばなかったら、講師や学友さん達に助けてもらいましょう。




では、最後の第11問です。

問題文を読む前に、2)の問いと選択肢、
そして3)の選択肢をあらかじめチェックをしておきたいです。

選択肢を日本語で書いてくれていて、何についての会話かを‘日本語で’想像できますからね。
この作業一つで、解答時間は半分以下になります。



ここでは、2)から解くといいですね。

問いに「2人は今どこにいるか」とあるので、どこかどこかと思いながら問題文を読みます。
ここでは幸いに、정우[正宇]1つめの発話にある 우리 가게 で分かります。

가게 はもう知っていたいですね。


そして1)は、お店を経営している正宇が、



아뇨,손님이 없어요. ≪いいえ、お客さんはいません≫



と答えていますから、その反対の意味になる①を選びます。
この 잘되다 が「うまくいく」と訳せる理由は、잘 と 되다 それぞれが持つ中心義から、


잘 [良い状態で(副詞)] + 되다 [成立,完成]


で出来ているからです。


ちなみにここでは、③が不正答である理由も一応問い質しておきましょう。
잘해요 だと、本来は正宇である主語が 가게 になってしまうからです。



ちなみに先述に関連することで、正宇1つめの発話にある文句は、


우리 가게에는 처음 오죠?


が正しいことも押さえておきましょう。
助詞 에 が無いと、처음 오죠? の主語が 우리 가게 になってしまうからです。




まず‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’へのいいスタートをきられました。


5級から4級に上がると、語彙数が増えるのと共に(約450語→900語)、
主には、



○不規則活用(変格活用)


○修飾語句(連体形・副詞語句)


○接続表現(短文の連続から複文を作れるようになる <聞き取り試験では問題後半部から>)



が加わります。


修飾語句は読んで字の如く「飾り」「デコレーション」で、
デコレーションする/される(修飾/非修飾)、つまり文法は、
今まで学んでこられたように、基本的には日本語と同じですので楽勝です。

例えば英語をはじめとした欧米諸語では、解説執筆者が知る限り、
《修飾部分》が長くなると、関係詞節として名詞(先行詞)の後ろに位置したりします。



日)《英語が上手な》韓国人俳優

韓)《영어를 잘하는》한국 배우

英)a Korean actor《who speaks English well》

仏)un acteur coréen《qui parle bien anglais》

[余談で、日本語と韓国語では冠詞(不定冠詞)も要らなくて楽ですよね]



つまり、欧米諸語の学習そして実用では、日本語とは違う文法が出てきますが、
韓国語は日本語ネイティブにとって、一部を除いて文法を学んでいないのも同然です。

そういう‘特典’を大いに利用して、‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’をさらに進めていきましょう!




解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、
心から感謝申し上げたいと思います。本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


                     ――――5級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



  第48回 春季ハングル能力検定試験 5級 聞取問題


 [1]1)文章 (영어를)배우고 싶어요.         解答 ① 



    2)文章   저는 그 다음 역에서(내렸어요).     解答 ②



    3)文章    교실 (밖에서) 동생을 기다렸습니다.    解答 ③
                    



 [2]1)文章 7월 (14[십사]일)에 한국에 갑니다.        解答 ②



  2)文章 밤 (12[열두])시에 잡니다.           解答 ③



  3)文章 그것은 (8,000[팔천]) 원이에요.          解答 ④




 [3] 1)文章 저는 감기에 걸렸어요. 오늘 약을 샀어요. 회사에는 

         안 가고 집에서 잤어요.

        (私は風邪をひきました。会社には行かず、家で寝て
         いました。)
     

  質問文 저는 오늘 무엇을 했습니까? (私は今日何をしましたか。)  

           
         解答 ④



 2)文章 제 옆의 사람은 신문을 읽습니다. 제 앞의 사람은 안경을

       쓰고, 제 뒤의 사람은 커피를 마십니다.
      
         ( 私の横の人は新聞を読んでいます。私の前の人はめがねをかけ
             ていて、私の後ろの人はコーヒーを飲んでいます。)

          
  質問文  저는 몇 번입니까?  (私は何番ですか。)  


         解答 ②



 [4] 1)文章  학교에서  무엇을 공부해요? 
         (学校で何を勉強しますか。) 
  

        解答 ④(日本語を習います。)


       
    2)文章  내일 몇 시에 만날까요? 
        (明日何時に会いましょうか。)
        
 
        解答 ①(9時はどうですか。)



 [5] 1)対話 男:여기요,  물 좀 주세요.(すみません、水下さい。)

         女:(          )


   応答文の選択肢 
 
  ① 많이 먹었어요. (午後からですか。)  ② 잠깐만요.(ちょっとお待ち下さい。)  

  ③ 실례합니다.(失礼します。)       ④ 천만에요.(どういたしまして。)
               

        解答 ②
                                             


 2)対話 女:일주일에 몇 번 거기에 가요?(一週間に何回そこに行きますか。)
 
      男:(         )                     
                     

   応答文の選択肢

 ① 아침에 가요.(朝に行きます。)     

 ② 저도 반가워요.(私もうれしいです。)  

 ③ 네, 그렇습니다.(はい、そうです。)      

 ④ 수요일에만 가요.(水曜日だけ行きます。)


        解答 ④



 [6] 

  1)  화요일에 운동을 하고 싶어요.         解答 ①
 

  2)  친구하고 식당에서 저녁을 먹었어요.       解答 ④

 
  3)  올해 겨울부터 가족하고 한국에서 삽니다.    解答 ②



 
 [7]  1)対話文

 男: 미원 씨, 내 가방 봤어요? (ミウォンさん、私のカバン見ましたか。)
 
 女: 저기 위자 위에 있어요.  (あの椅子の上にあります。)


       解答 ④



  2)対話文

 男: 여보세요, 지금 어디예요?
  (もしもし、今どこですか。)
 
 女: 우체국 앞이에요. 
  (郵便局の前です。)

 男: 알았어요. 천천히 오세요.
 (わかりました。ゆっくりいらして下さい。)


       解答 ①


 3)対話文
  
 男: 어서 오세요. 무엇을 찾으세요?
(いらっしゃいませ。何をお探しですか。)
   
 女: 치마를 하나 사고 싶어요. 
(スカートを1着買いたいです。)


       解答 ②


 [8] 저는 일요일 아침에 아이하고 도서관에 갑니다. 아이는 
    
    책을 읽고 저는 신문을 봅니다.   

    (私は日曜日の朝に図書館に行きます。子供は本を読み、
     私は新聞を読みます。)


    【質問1】 일요일에 어디에 갑니까?
       (日曜日にどこに行きますか。)

        
          解答 ④



    【質問2】 아이는 거기서 무엇을 합니까?
       (子供はそこで何をしますか。)     


          解答 ③
 


 
[5級・聞き取り試験の解説・講評]




―前回との比較―

<難易度>やや易化。

<問題語数>増。

<問題内容>問題形式は同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




まず、今回聞き取れた程度を、上に掲げられている台本で振り返っておきましょう。
あと、正解不正解も気になる中、どれくらい自信を持って解答できたかも問い質しておきたいです。

それらは、4級以降の試験解答のみならず、普段の会話練習にも役立ってきます。



その一方で、試験問題解答のためのリスニングに限っては、
全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。


この5級では、問題文の語数的にも内容的にも平易なので、
全てを聞き取ろうとしても支障はありませんが、
これから4級,3級へと上がり、あるいはTOPIK(韓国語能力試験)Ⅰを受験するともなれば、


「あれ、今なんて言ったっけ?」


と、1つ1つの単語や音声を理解しようと聞くのはキツいですね。


全て聞き取れるようにするための練習は、これからの会話(実用韓国語)のためにです。



ということで、ハン検のリスニング練習は、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング(正解するために狙いを定めた聴解)



この2本立てでやっていきたいです。



で、これらのうち(2)を実現させるために、聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の聞き取り試験全体の説明(53秒)、そして各問の説明の間に(平均27秒)、
選択肢を最後まで見ておきます。

今回の受験前に案内を読んでおいたり、過去問でチェックしていれば、
試験中の説明を注意して聞く必要が無いので、
最初の全体説明と、各問の説明の間を、全て選択肢チェックに充てます。

もちろん、選択肢チェックの仕方も、この先4級以降のために十二分に考えてやっていきます。
聞き取る時の負担はかなり減ります。




第1問は、ハングルの綴りと音をきちんと理解しているかを問う問題です。

韓国語学習を始めた時から、ハングルの綴りと音を、
ペアで身に付ける練習をしていらっしゃれば、問題ありません。

一方で5級,4級では、ちびっこが受けることも多いですから、
ちびっこのみんなにとっては、普段の書く練習がきちんとできているかを、
ここで確認しましょう。



外国語はまず‘音’で、音を押さえていればいいんですが、
韓国語は、これから触れる各発音変化が示すように、綴りと音がずれるケースがたくさんありますし、
韓国語にもやはり書き言葉が存在していますから、
正確な綴りを理解しているようにもしておきましょう。


ちなみに、現段階である程度の韓国語力を既にお持ちだと、いわゆる文脈で正答が分かりますね。
今回は1)2)がそうです。



ところで今回は出題されていませんが、解説執筆者があらためて気づかされたことで、
ㅅ と ㅈ の区別が音的/文字的に曖昧だったり、なかなかできない方が結構おられます。


字面(じづら)的に似ているからかもしれませんね。
これには理由があり、子音の各パーツは、音を出す位置をモデルにしていて、



ㅅ ― 舌先が付く、下の前歯の形がモデル


ㅈ ― 下の前歯および、前舌の表面が口の上に付く形がモデル



つまり、ㅈ は ㅅの画数を足したパーツでもあるので似ているんですね。



必ず要る知識ではありませんが、ここまで知っておくと、
持っている音まで分かるので、ハングルへの理解が深まります。




続いて、第2問の数詞を聞き取る問題です。

それぞれ問題文と選択肢を見て、漢字語数詞か固有語数詞のどちらが聞こえてくるかを、
すぐ判断できるようにしたいです。


数詞と助数詞のペアを、一つ一つそれぞれ覚える必要はありませんね。
一部例外を除けば、



漢字語数詞  →  順番を数える(序数)


固有語数詞  →  数量を数える



で分けられます。



通常の学習をしていれば、全て正解できます。
音の紛らわしさもありません。



1)では、임주희[林周禧]先生が 사[四] をきちんと長めに発音しているので、
聞き取りやすいです。

それにしても、林周禧先生はこのハン検・聞き取り問題音声を長く担当されていますね。
解説執筆者が受験し始めた当時からなので、もう20年近くされているはずです。

 

数詞の聞き取りは、ハン検で出るからなど関係なく、これからの‘ぺラぺ~ラへの道’で必須ですから、
繰り返し練習し、聞いて話せるようにしておきましょう。


漢字語数詞については音が結構似ていますし(元々同じ漢字を読んでいるからですね)、
数詞の組み合わせも、基本的に日本語と酷似していますから、慣れればなんのことないです。

例えばおフランスのように、71が〔60+11(soixante et onze)〕だとか、
94を〔4×20+14(quatre-vingt-quatorze)〕といった、20進法的仕組みはありませんしね。


ちなみに3)の③は、音声を聞く前から不正答と分かります。
これはトウミの出題基準にもある通り、位の前に数詞が一つだけ付いた形のみ出題されるからです。




では第3問で、説明している絵を選ぶ問題です。

ここからは、事前の選択肢チェックをすることによって、
聞き取るべき量を減らす作業をしておく必要があるわけですが、
いろいろある中で、具体的方法は、これは4級以降でも使える方法として、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



この作業をしておいてから、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



1)はバラバラなので、はじめの文で答えが出そうです。

で、聞こえてきた冒頭文は、



저는 감기에 걸렸어요. ≪私はカゼをひきました≫



と、使いたくもない表現ではありますが、これが聞こえてきて、
病院っぽい画の④と解答できます。


問題文の語数が前回の倍以上になっていて、平均的にもやや長めですが、
先に確認した通り、音声が流れる前に絵をチェックしておきさえすれば、
冒頭文だけで解答できるので、あとはお飾りです。

でも、これは問題解答においてそうであるだけで、‘ぺラぺ~ラ’のためには、
シャドーイングとディクテーションで、それらも聞き取れるようにしておきましょう。


そして2)は、全員が男性なので、先の問題とは違い、
最後まで聞かないと解けないかもと思って、耳の準備をしましょう。


先に確認してしまうと、ここでは問題文が言う人・事物の位置を選ぶのが恒例です。
となると、位置名詞に気を付けて聞くことになりますが、
だからといって、過去問を買い揃えて万全に対策を執っておく程でもありません。
あくまで、これまでの学習がきちんとできていれば、初見でも十分対応できます。


実際には、第2文で解答できます。前に座っている人はメガネをかけているんですね。
ちなみに 쓰다 は、衣服以外の物を身に付ける動作にも使います。




続いて第4問の応答文問題です。

各選択肢は毎回短いです。
問題文が聞こえてくる前にさっと見ておいて、もしできたら訳でも付けておきましょう。



1)は、①③が名詞で、②④が用言で答えていると特徴的な選択肢です。
こう押さえておくのも、解答の助けになります。

そして聞こえてきたのが、


무엇을 공부해요? ≪何を勉強していますか≫


で、①③の名詞は 무엇 に答えられませんから、②④が残り(人を表しているからです)、
공부해요 できるのは④ の 일본어 ですね。

後続の 배워요 も、공부해요 を言い換えています。
배우다 と 공부하다 がほぼ同じ意味だというのも確認しましょう。



続く2)は、①③④で時を表す単語があるのに注目です。
このような捉え方は、これからの4級以降で活かされてきます。

で、問いかけ文は 몇 시 と聞こえてきますから、それに合わせます。
具体的な時間を訊いていますね。


事前の選択肢チェックがバッチリできていれば、1回目で答えられます。
前回よりは取っつきやすい問題です。



では、第5問の応答文を聞き取って答える問題です。


ここでは、問題用紙に書いてある問いかけ文を見て、


〔何に注意して聞き取らなければならないか〕


を頭に思い描いて、選択肢文の音声を待ちましょう。
これは、大げさに言い換えると、


〔女性は男性の文句に対して、何に答える‘義務’があるのか〕


ということです。



2)では、男性の問いかけに対し、
数詞あるいは動作頻度に関する語句で答える‘義務’があるので、
それらに注意しながら聞き取りましょう。

で、聞いてみますと、



① → 数詞あるいは動作頻度で答えていない


② → 数詞あるいは動作頻度で答えていない


③ → 数詞あるいは動作頻度で答えていない


④ → 動作頻度で答えている(助詞 만)



で、④が正解です。
③は 네 で答えていて、もうそれだけで×ですね。




続いて、第6問の日本語訳を選ぶ問題です。
第3問で確認した選択肢チェックをしておきます。



1) は出だしの 화요일 で2択になり、운동을 で決まります。
「運動靴」は 운동화 で、いわゆるスニーカーですね。


続く2)は、②と④が同じ「友達」ではじまっているので、
これらがあやしいと見ておき、もしその通りなら、②「毎日」④「食堂」で決定だなと、
朗読前に準備しておけば、1回聞くだけで解答できます。



3)も同じ要領です。出だしで2択になると分かります。

聞こえてきたのは 올해 なので②か④で、
「冬」は共通していますから、次の助詞を聞き分けましょうというものです。



このように、事前の選択肢チェックをしておいて、‘聞くべき箇所’を特定しておけば、
メモが要らないし、1回目で解答できて、2回目の朗読時は、
後の問題の選択肢チェックに時間を回せます。

問題文の語数が前回より多くても、この準備をしておけばバッチリです。
試験後は、全文の書き取りに励みたいです。




では第7問の、男女の会話文の内容を問う問題です。


選択肢の作られ方はパターン化しています。
なので、それを有効利用して、聞き取るべき部分を絞りましょう。


つまり、



男性は~~  →  男性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する


女性は~~  →  女性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する

(それぞれで、選択肢の内容を言ったか言わなかったか)



を、問題文が流れる前に見定めて、ピンポイントに聞けるよう準備しておくんですね。



1) では、男性が、



내 가방 봤어요? ≪私のカバン見ました?≫



と言っていますから、④「探している」と分かります。
②と④に「男性は」とあるからと、男性の発話だけを聞いて解答できました。


続く2)では、男性の発話で④が消えて(謝っていないからです)、
女性の発話で、「女性は」とある②③共に消えます。

位置名詞の聞き取りにも注意したいです。
앞(前)に語尾 이에요 が付き、連音化しています。
「中」は 안 ですね。



3)は平易です。

選択肢からは、사다 と 살다 の聞き取りを訊いていることが分かりますが、
男性の発話で、①②④が消えると分かります。



어서 오세요.무엇을 찾으세요? ≪いらっしゃいませ。何をお探しですか?≫



ですからね。



この問題で戸惑われる方が、解説執筆者の知る限り結構おられます。
一方で、こうやって‘狙いを定めて’聞くと、あとは単語単位で聞き取って正解できます。

‘単語単位で聞き取り正解できる’ようになれば、試験問題リスニングができている証拠です。




では最後の第8問で、今回も会話文形式です。
事前の選択肢チェックをバッチリやっておきたいです。

ちなみに、ここでは最後の問題なので、2回聴いて十二分に検討しましょう。


【質問1】の選択肢が全て場所ですね。
会話をしている場所を訊いてくるのかなと予想はできます。

でもこれは、ハン検に長年関わってこそ考えられることで、
はじめてでも、これまでの学習をバッチリされていれば大丈夫です。

出題範囲がきわめて限られる5級,4級では、
お手持ちの教材や、教室での学習活動など、普段の学習をきちんとやってさえいれば、
きちんと対応できます。



【質問1】は、④ 도서관[図書館] が聞こえてきたので、これを選びます。
もし、これの意味を知らないとしても、これが表す音が聞こえてきたということで、
解答できてしまいます。

問いでは、일요일[日曜日] とも聞こえてきたので、他の曜日では何かと思えてきそうですが、
幸い日曜日でのことだけが語られています。


そして【質問2】は、先の選択肢チェックを経て聞いてみると、



아이 ― ③ 책을 읽어요(本を読みます)


저  ― ① 신문을 봐요(新聞を見ます)



で、問いは子供がすることを訊いています。



ということで、5級試験の解答が終わりました。

難易度的には多少の上下があるものの、ほとんど変わりません。
次の4級を目指す上でも、お手元の入門・初級テキストを、
完璧に身に付けるまで何度も繰り返し学びましょう。

テキストを何冊も買い、あれこれ手を付け、
これという1冊や、気に入った1冊を完璧に仕上げます。
どれだけ身に付けたか、先生がいろんな形で確認してくれるとより良いですね。

当校ではそれを、「チェック&チェック」という確認テスト的コーナーで毎回おこなっています。




今回の5級合格を機に、日本語と酷似した韓国語を話せるようになりましょう。
英語をはじめとした他言語を身に付けた方は、この韓国語も身に付けてしまいましょう。


島国で、母語以外の他言語使用を必要としない日本に住む私達なので、
外国語を学ぶこと自体に、実は意義を見つけにくいです。

ただでさえ、日本語は翻訳語の性格があり、外来語も違和感無く貧欲に採り入れてしまうので、
ごく一部を除いて、学問から生活まで、ほぼ全て日本語でできてしまいます。


さらには、推しのK-POPアイドルが日本語で話してくれるし、
となれば、ますます外国語をできなくて済んじゃいます。



これらの事に加え、各地方の特性なんかも加わり、
例えば当校がある三重では、生活(食べていくこと)に直接関わっていない、
文化に目を向ける素養が比較的貧弱と指摘される程の風土から、
‘趣味や教養としての語学’をすることに、やる意味と高い意識を見出さないことが多く、
三重で活動されている、ある先生は、


「三重に語学は無く、講師の努力が無駄になることが多い。
講師個人の裁量で教えること(民間療法のようなもの)も普通におこなわれている」


とまでおっしゃっています。



そんな、母語以外の他言語を話せなくても、本来暮らせてしまう中でも、
このように『韓国語ぺラぺ~ラへの道』を踏み出されたのは、それだけで素晴らしいです。
三重にも語学が育つようにと、日頃もがいている講師としては嬉しいです。


ここから4級,3級、あるいはTOPIKⅠ(初級-1級,2級-)とステップアップしながら、
さらに韓国語を学び、身に付けていきましょう!




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

       ――――――――――――――――――5級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題