アクセスカウンター

 ハングル検定 解答速報

日本韓国語教育学会

 


現在、第49回 秋季ハングル検定の2~5級の解答速報を掲載しています。


ここに掲載されている解答は盛岡ハングル学館にて作成したものです。正式な解答はハングル能力検定協会 発表のものを御覧下さい。なお、解答についてご質問がある方は盛岡ハングル学館までご連絡下さい。

 

       

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  2級

  筆記問題


 [1] 1)②    2)④    3)②    4)③    5)①



    6)①    7)④    8)②    9)②    10)④



 [2] 1)②    2)④    3)④    4)①    5)②



 [3] 1)③    2)①    3)②    4)④    5)③



 [4] 1)③    2)③    3)②    4)①    5)①



 [5] 1)④    2)①    3)③



 [6] 1)①(붙어서 → 묻어서)


    2)②(보면 → 보니)



 [7] 1)④    2)②    3)②



 [8] 1)①(안밖 → 안팎)       


    2)②(기울였습니다 → 기울었습니다)


    3)④(즐겁지마는→즐겁지만은)  


    4)④(다그처 → 다그쳐)



 [9]

 1)対話文の日本語訳

  A:  あー、まだひりひりするな。

  B:  なに、どこが。

  A:  (料理していて手をちょっとやけどしたんだ)。

  B:  あら、ちょっと待って。さあ、これ塗って。痛みも鎮ま
    るし水ぶくれもできないですよ。


        解答 ④



 2)対話文の日本語訳

  A: ジヨンさんのお父さんが何をしている方かわかりま
    すか。

  B: 聞いたことがありません。本人が話す前に尋ねるの
    も失礼みたいだし。

  A: (ジヨンさんを知ってから長くはないんですね)

  B: そうです。今やっと1ヶ月になりました。


         解答 ③



 3)対話文の日本語訳

  A:ジュンギさん、これ私が真心こめて作ったものです。

  B:私が食べてみたカルビタンの中で最高です。

  A:本当ですか。いっぱい召し上がって下さい。

  B:わ、料理も上手なんですね。(いったいスジさんが
    できないものは何ですか。)

  A:何おっしゃってるんですか。照れちゃいます。


         解答 ②


   
 4)対話文の日本語訳

  A: 君ももう年だし、もう結婚しなきゃ。

  B: まだその気はないよ。

  A:(しらばっくれて)。 君は恋人いるじゃないか。一度
    家に連れてきて。

  B:  あ、恋人じゃないよ。ただの友人だよ。


         解答 ②


 
 5)対話文の日本語訳

  A: 本当に顔もわからない青年があなたを病院まで連れ
     ていってくれたのですか。

  B: そうなんだよ。自分も体の悪い父親がいて他人事じゃ
     ないみたいだって。

  A:(今時の世の中でそんな善良な若者がいるもんですね。)

  B: その通りだよ。まさしく天使だという気がしたよ。


         解答 ③



 [10] 本文の日本語訳

  猫の主な武器は足の爪である。しかし歯が生え始めた幼い猫の場

 合には主に歯を使用して相手を攻撃する。これは野生で生活してい

 た彼らの狩猟本能による習性である。狩猟の機会を剥奪された猫は

 人間のひじや手のような速く動く物体に反応を見せる。その姿が面

 白くて、あるいはびっくりして手をあちこち動かせば猫をかえって

 挑発するようになる。声まで上げれば、猫にはずっと手の指を噛む

 ようにあおりたてる意味になることもある。
  
  このような行動を直すためには猫の目標になる手と足を利用した

 全てのゲームを中断しなければならない。彼らが攻撃を始めても動

 かず口も閉じて視線は他の所に置くのがいい。幼い子供や攻撃を受

 けやすい人は接近できないようにしなければならない。



       【問1】 ③       【問2】 ②




[11] 本文の日本語訳
 
  電話機の「最初」の発明者は誰だろうか。1870年代の初めにベルと

 グレイが殆ど同じ時期に電話機を発明して特許を出願したが、ベル

 が1,2時間先に申請したために正式な特許権者として認定された

 という話がある。しかし真実はこれとは違う。
 
  実際に電話機を初めて発明したのはドイツの教師フィリップ・ライ

 スである。それは二人よりも10年前であったが、彼の発明品はただ

 おもちゃ程度に考えられたのみであった。ベルとグレイが特許を出

 願したのはライスが死んだ2年後のことだ。
 
  アメリカの特許庁ではだれが先に特許を出願したのかより、誰が

 先に実質的に発明を完成したのかが特許権付与のキーポイントだ。

 その判断の基準は主に3種類である。すなわち発明の着想、発明を

 具現する実施化過程、そして着想と実施化において熱心に行った程

 度がそれである。同じような時期に電話を発明した2人の中で、実

 用化に弛みなく努力したベルが結局特許権訴訟に勝ち、電話の発明

 者として知られるようになったのである。



       【問1】 ②     【問2】 ④ 




[12] 本文の日本語訳

  正確に29歳の時からであった。私にかけられる相手の挨拶が「おは

 よう~」から「どこか悪い?」に変わったのは。(A) 残念さを払い

 落とすように布団を跳ねのけて起きた。(B)そして急いでコーヒ

 ーメーカーやミキサーの動作ボタンを押した。シャワーを浴び、隅

 々まで浮き出ないように化粧をしながら簡単にお腹を満たした。

 (その日のスケジュールに適切な服を選んで鏡の前で着こなした後、

 気分良く家を出た。)ところが!どこが悪いのかという心配などは

 ともかく、昨日眠れなかったのかという怪しい目つきは何?(D)

 「今日私がそんなにみずぼらしく見えるの?」という心の中の絶叫が、

 まさしく私が29歳のときからであった。



       【問1】 ③      【問2】 ②




[13] (北の文献から引用)本文の日本語訳
  
  我が国にはこの木を称賛する話が多い。その中の一つがこの木の

 「五節」(5種類の節概)と「五常」(5種類の範疇)についての話で

 ある。即ち、「五節」は

 ・「寿」・・・数百年を生きるので命が長く

 ・「無鳥巣」・・・鳥が巣をつくらず

 ・「無虫」・・・虫がつかず

 ・「佳実」・・・実の甘い味がそれを超えるものがなく

 ・「木堅」・・・木が堅くてそれに肩を並べる木がない、

 ということだ。また「五常」は

 ・紅葉となった葉が字を書く紙になるといい「文」

 ・木が堅くて矢の芯に用いられるといい「武」

 ・果実の中で、外と内が異ならず同じように赤いものはこの木しか

  ないといい「忠」

 ・歯が抜けた老人も負担なく食べられる果実であるといい「孝」

 ・霜に勝ち晩秋まで堪えるので「節」、

 これらがあるということだ。

  また、乾かした実から白い粉が出るといい、五色、五行(水、

 火、木、鉄、土)、五徳(武士が身に着けている5種類の徳 智、

 仁、勇、信、厳)を皆備えた唯一なる木であるとも言った。

 


       【問1】 ④     【問2】 ①


[14]

1)そう言わないで [ちょっと体を温めて]行きなさい。


            解答 ②



2)残った部屋一つを[賃貸に出したんだけど]収入が結構いい。


            解答 ②


 
 3)家の中を隅々まで探してみたが[無駄骨を折っただけですよ]。
   

            解答 ④



 4)面前でそんなにまで[恥をかかせるのか]。 


            解答 ①



 5) 今のコーチには[君一人で手一杯なんだよ。]


            解答 ④


[15] 

 1)③    2)②    3)①    4)④    5)①




[2級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>易化。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



まず、前回・第48回試験の2級解答速報及び解説についてお詫び申し上げます。


今回試験の1週間前に、名古屋・愛知学院大学名城公園キャンパスで開かれた、

『第8回 日本韓国語教育学会学術大会』  http://jakle.main.jp/

で、これをはじめとしたことを直接話し合える機会を持ち、いろいろ議論をいたしました。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/65200405.html


速報性を担保しつつ、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。




ところで、この2級を受験される、多くの方にとって(受験していた当時の講師も含めて)、
韓国語を日常的に使用する環境にいなくても今や身近なモノで、
例えば、直接の会話はしていないけど、SNSを中心としたネットで韓国語でやり取りし、
韓国・北朝鮮の視聴物に触れているなど(YouTubeで北のテレビ放送も見れますしね)、
普段から積極的に実用されているであろう中で、
ハン検2級はいわゆる日常会話レベルを超えて、たくましい知識量を駆使し、
目に見えない物事も含めて、あらゆる物事を‘自分の言葉で’表現できる、
「上級韓国語力」を訊いてきます。

そのレベルは一部例外を除き、TOPIK6級を超えます。
もちろん、ハン検とTOPIKは、受験者の韓国語能力を測定するにおいて、
コンセプトが違うので、一概には比べられませんけどね。

他言語なら、英検とTOEIC,TOEFL、中検とHSKのようなものです。



なので、今回正直歯が立たなかったとなれば、
場合によっては、勇気を持って下のレベルに戻ることが必要ですね。

戻るといっても、一度通った所ですので、復習は短時間で仕上がります。
真面目にやれば、1~2ヶ月で十分です。
その1~2ヶ月戻る勇気を出せるかが、また不合格通知をもらうか否かに関わりますね。



今回受験された方からは例えば、



「去年の問題より難しかった」



というご感想を聞きました。
実際にはどうか、少しではありますが見てみましょう。




まず語彙/語法問題で、この解答速報で毎回確認していることとして、
語彙/語法問題は、



『過去問で出たことの無い語句が主に出題される』

(過去問中心の対策は、タネ明かしを知ってから手品を見るようなもの)



ことです。


「いくら過去問をやっても、知らない語ばかり出てくる」


というのは本当におっしゃる通りで、
これは、準2級では再登場率が高い、オノマトペアや成語であっても然りです。


今回の再登場語(単語)は 잡아떼다<第38回>,아슬아슬(하다)<第36回,40回,43回>、
생소하다<第35回>で、1)の漢字語も、2級では例えば、新聞を基本的に読めるレベルが求められて、
すると漢字語の知識がかなり必要ですから、
理解語彙15000~16000語という‘縛り’の中でも、果てが無く感じられます。



ところで今回は、7)で出題されている副詞すら、
두루<第46回「2度目の的中!」> だけです。




そして、第2問の慣用句問題でも、初登場が続出ですね。

語彙問題、そしてこの後に続く語法問題について、
2級そして1級までくると、単に合格を目指すなら、



1.今まで出題されていない語句


2.ハン検で昔からよく出る語句(常連さん)



をピンポイントに押さえるのが上策です。というより、それしか無いと思います。

トウミという形で出題語句が公開されていることプラス、
先ほど確認した、これまでの出題傾向を分析すれば、それはもう明らかです。



ちなみに、既にされていることかと思いますが、
ここまでの問題で、解答に迷うことがあったら、素早く後回しにすることも心掛けたいですね。


ハン検・TOPIKに限らない、試験問題解答での格言として、


『2問解ける時間で1問を解かないように』


というのがあります。

迷った時点で、正解率が下がっている可能性がありますし、
その先には、ひと目見て正解できる問題がたくさんあるかもしれません。

試験が終わった時、すぐ解ける問題が残っていないようにすることが重要なのに、
解答に迷って時間を浪費してしまうと、それらを残すことに繋がり、かなり悲劇です。


2級試験が1問1点であっても合格率70%なので、取れる問題は確実に取っておきたいです。




それでは、第4問の接続表現問題です。


接続表現はいわゆる‘文法’で、
日本語ネイティブにとっての韓国語文法は、ハン検2級受験に至った今振り返っても、
事実上学んでいないので、本当に楽ですね。


典型例として、韓国語(日本語)では長い修飾句が名詞(非修飾語)の後ろにくることがありません。
あるとしても、文が一旦区切られます。

さらに、定冠詞・不定冠詞の類いが無く、名詞に性も無く、
それに用言の活用を一致させることも無いし、語順も自由です(韓国語は日本語よりまだ厳密ですが)。


他にはその性質上、書き手の個性に従って自由に組み立てることが難しい言語があります。
活用が無い中国語が特にそうですし、英語でも動詞が持つ文型に従わなければなりません。



そして日韓両語は、時制も単純です。

ただ韓国語の回想 더 には、過去(厳密には完了)の補助語幹 았/었 と違い、
[(動作・状態の)終点がはっきりしない過去]という、発想の転換が必要ですけどね。



その一方で、韓国語の接続表現は非常に発達しているので多種多彩で、
ハン検では、そのことがトウミの誌面上で記されています。

そしてそれらの使い分けには、例の 고 と 아/어서 を皮切りに悩まされたりします。



講師が知る限り、韓国語の接続表現は[該当する訳を覚える]がほとんどで、
それで実用できて、ここのような試験解答で正解できれば、それでOKですね。

一方で覚える量が多くなり、いわゆる丸暗記の作業になってしまいます。


ここでは4つの捉え方で解釈しています。
「4つの捉え方」とは、「論理」という文脈の捉え方です。


「論理」という文脈はたった4つで、さらには3つに絞られたりします。



(イコール関係 〔前文 = 後文〕)


反対関係 〔前文 ⇔ 後文〕


累加関係 〔前文 + 後文〕


因果関係 〔前文 → 後文〕



<イコール関係>は<累加関係>に含まれることが多いので、事実上3つです。
これらが一文で、あるいは段落の間にあり、韓国語のみならず全言語に共通することです。


「論理」というと大層に聞こえそうですが、例えば、


例)優子と美穂はフォーラムエイトで受けた。(        )敬愛大で受けた。


とあったら、(    )に「でも私は」とは入っても、
「私も2人と一緒に」と入らないのが、‘そんなの当たり前じゃないか!?’であるのも、
「論理」によるものです。


それらを自然とキャッチできる観察力を養い、その力を韓国語の事情に当てはめて、
文法を「無秩序な知識の羅列」にせず、効率よく捉えられるようにしましょう。


ちなみに、接続表現が無く、語句だけ並んでも文脈が成立するのも押さえておきたいです。


「寒い」 「嫌いな季節」 <イコール>

「寒い」 「半そで姿」 <反対>

「寒い」 「強風」 <累加>

「寒い」 「カゼひいた」 <因果>



1)はここ最近恒例になっている助詞問題で、
まず共通して付いている 뒷일 の意味について確認します。


◎어떤 일이 있은 뒤에 생기거나 일어날 일.


ここでは、뒷일 を[定義]し、その後それについて[忠告]を述べる助詞<因果関係>で、
①④<反対>や②<累加>とはずれます。

助詞はさすがに少ないので、①と③が的中しています。


4)での(으)로 말미암아 もぜひ押さえておきましょう。
これも的中しましたが、元は動詞 말미암다 で、


◎어떤 현상이나 사물 따위가 원인이나 이유가 되다.

◎일정한 곳을 거쳐 오다.


という、この語自体が<因果関係>の文脈を持っています。


前回からさらに易化しました。



ちなみに、ここで触れたように、韓国語文法を‘健全に’捉える素材として、


『韓国語文法辞典』(三修社)


事実上これ1冊だけと思われます。

当校では、국어사전と共に、韓国語文法というものを解釈する基準としており、
各接続表現・助詞について、意味(訳)を‘二の次的’に示してくれている超良書です。
この‘二の次的’というのがキーワードです。




それでは、第5問の仲間外れ問題です。

語彙全体に言えることで、語彙を捉える時にどのようにまとめるかがポイントです。
この後に出てくる多義語問題も同様で、多種の意味(訳)を暗記するのはそろそろ限界ですね。



1)は、2級合格レベルとなると、即答を求めています。
④ 한사코 は、


◎죽기로 기를 쓰고


で、動作動詞を修飾しますから、있을지도 모르다 にはできませんね。



続く2)は慣用句ですが、ここでもし慣用句の学習が十分にできていたら、
語感で①が仲間外れかも、と思い描けたりするものです。

뿌듯 に[充足感]を覚えるわけです。他の語にはこのイメージは感じられません。


◎집어넣거나 채우는 것이 한도보다 조금 더하여 불룩하다.

◎기쁨이나 감격이 마음에 가득 차서 벅차다.


理屈ではなくなってしまっていますが、
‘ハン検の慣用句、ハン検の慣用句…’と見続けていると、このような感覚が養われますよね。



そして3)では前回まで数回出ている、10語程度の句で対照するというものから、
元に戻りました。接続表現です。


ポイントは、後文が反語表現で、正答③以外は全て<反対関係>を結びます。




では、第6問の間違い探し問題・語彙/文法編で、
ここでの特徴としては、ハン検が日本語ネイティブ向けの試験なので、
やはり、私達日本語ネイティブが間違いやすいところを訊いてきます。


今回も語法・文法両方が問われていて、
1)は、붙다 が示す[平面付着]と、「手にゴマ油を‘付ける’」が合いません。

この動作は、ただの平面ではなく、ゴマ油で手を包むが如く[付着]させますよね。


修正例の 묻다 はやはり[埋める]からイメージが派生し、
例えば「ベッドに身体を‘横たえる’」も 묻다 です。



そして2)は、前回と同じ正答理由ですね。
(으)면 の後文時制が現在(習慣)・未来でなければなりません。




では次に、第7問の多義語問題です。



1)は、짐을 지다 と 책임을 지다 から導き出せると思います。
1つめと3つめの 지우다 はその使役形ですが、
지다 のコアイメージは[沈]です(「日が沈む」「負ける」も同様)



続く2)の 부리다 は本来、


행동이나 성질 따위를 계속 드러내거나 보이다.


です。

ご存知のように、부리다 やあと 굴다 もそうで、
よく見聞きしますから、一度本来の意味から押さえ直しましょう。

국어사전 の活用ですね。



前回の解説でも確認したことで、多義語を覚える時は、本来多義語である程、
該当訳を一つ一ついちいち覚えるのではなく、
[コア]の部分(中心義ともいいます)を押さえるのが上策で、
これは韓国語に限らず、それこそ語学、さらにジャンルを問わず‘学ぶこと’自体で必須となる、


<抽象化(各々に共通した部分を抜き出す)> 

と

<やじろべえの精神(中心は押さえたまま、状況に合わせて揺れ動かす)>


が本領を発揮するとらえ方です。




続いて、第8問の間違い探し問題・綴り編です。
先に出題傾向に合わせて観察しましょう。正答はそれぞれ以下の通りです。



1)② × 안밖          ― ○ 안팎


2)① × 기울였습니다  ― ○ 기울었습니다


3)① × 즐겁지마는    ― ○ 즐겁지만은


4)① × 다그처        ― ○ 다그쳐



過去に出題されている問題を観察していると、
たとえ問われている語句の意味を知らなくても、どこを見ればいいかという、
一種の‘嗅覚’なんかが育つかもしれません。


今回は、3)の出題がシブいですね。
構造は以下の通りで、


즐겁다 + 지[語尾] + 만[助詞] + 은[助詞]


講師的には、よくぞこんなのを採り上げたと感嘆しました。
同じような表記の①は、接続語尾 만 の正式形なので合っています。




では、第9問の会話文問題です。


現出題形式に改訂された第26回以降、語数を徐々に増やしながら継続して出題されていますが、
ここは正直、もう手を持てあましている気がします。

というのも、ハン検で会話文を理解する云々は、リスニングでやっているからで、
韓ドラの視聴も、字幕無しで見るのは、音だけの理解です。
ここで積極的に問われる慣用句や成語,ことわざの類いも、ドラマ中に出てきますよね。


なので、会話はやはりリスニングで理解できることを優先して目指したいですし、
TOPIKではそれを先取り、筆記での会話文問題を第34回で止めたと解釈しています。
ハン検でもいずれそうなるでしょうね。



ハン検の筆記・会話文問題では、「語彙」と「読解」を問われています。

各語句に留意しつつ、先の接続表現問題で問い質した「論理」という文脈の捉え方も用いて、
[会話の原則]に則り、淡々粛々と解いていきましょう。


普段の会話と違う、試験問題としての会話ですね。
ここでは、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則と呼んでいます。

それを駆使し、知らない語句や分からない語句があっても、正解できるようにしましょう。



1)では、Aがいう 따끔따끔하다 に当たる症状がどれかを選ぶ問題です。

一応確認で、Bがいう、何かを塗ることで、따끔따끔하다 に当たる症状が、
가라앉고 물집도 안 생기다 という治療結果になれる症状にも合わせます。



2)は平易で、3)は(  40  )直前の文句が正答根拠です。


B:와,요리도 잘하시는구나!


日訳は付けるまでもないですね。
この中の助詞 도 で[累加]を結ぶので、Aには「料理」以外に「上手」なことが他にあるようです。

なので、


② 도대체 수지 씨는 못하는 게 뭐예요? ≪まったく、秀智さんってできない事がありませんね≫


が合います。

助詞も文脈を作りますから、リスニングでも注意しましょう。



あと5)で、(  42  )に続くBの文句です。


(  42  ) = 그러게<イコール> = 천사가 따로 없다  ≪他でも無く天使だ≫


この文脈を作れるのは、③ 착한 젊은이(優しい若者)です。



前々回から前回、そして今回さらに易化しました。




では、いよいよ長文問題を見ていきましょう。

注目の挿入文問題が、第12問で出題されています。
しかも、がっつり長い文です。


その他、問題文を読む前に見ておきたい問いは以下の通りです。



第10問【問2】 猫の本能的行動を抑制するのに役立たないこと


第11問【問1】 ベルが電話の発明者として認められている理由


第12問【問2】 29歳以降の筆者の精神的変化について


第13問(北正書法)【問2】 問題文が称賛する木



今回は、何に注意して読めばいいかを、比較的詳しく教えてくれていますね。



解答速報という関係上、全ての問いについてじっくり書く時間が無いので、
今回はこれらの中から、気になった問題を振り返ります。

この場で触れなかった問題で、気になるものがあったらお問い合わせください。




では第10問【問2】で、これは先に選択肢を見ておいてから問題文を読み、
該当箇所が出てきたら消すというのが理想的な解答です。



① 고양이 곁에 가지 않는다. → ×


어린아아나 공격 받기 쉬운 사람은 접근하지 못하도록 해야 한다.

≪幼い子供や攻撃を受けやすい人は接近できないようにしなければならない≫


② 장난감을 치워 둔다. → ○


該当箇所無し


③ 외면하고 무시한다. → ×


그들이 공격을 시작해도 움직이지 말고 입도 다물며 시선은 다른 곳에 두는 것이 좋다.
≪彼らが攻撃を始めても動かずに、口も閉じて視線は他の所にやるのがよい≫


④ 소리를 내지 않는다. → ×


소리까지 지르면 고양이에게는 계속 손가락을 물라고 부추기는 의미가 될 수도 있다.

≪声まで上げれば、猫にとってはずっと手の指を噛んでと煽る意味になり得る≫



対策学習の時は、それぞれの根拠箇所を特定しておきましょう。




では次に、第12問の挿入文問題を見ます。

もちろん、問題文を読み始める前に挿入文を読みます。
語句・文内容の確認と共に、こういう場合は何より、文脈を司る語句をチェックしましょう。



그날의 스케줄에 적당한 옷을 골라 입고 거울 앞에서 대충 훑은 다음 기분 좋게 집을 나섰다.

≪その日のスケジュールに合った服を選んで、鏡の前でさっとチェックした後、気分よく家を出る≫



指示語ではじまっているので分かりやすそうですが、
「スケジュール」となると意味範囲が広すぎるので、いまいちピンときません。

ただ、


「服を選ぶ」 → 「鏡の前でチェックする」 → 「家を出る」


と、動作順序がはっきりしているので、その辺りから観察しましょう。


で、問題文を読んでいきますと、にらんだ通りで、


[起床] → (B) → [コーヒー作り] → [シャワー] → [化粧] → [朝食] → (C)



無事に解答できました。


今回は準2級でも久しぶりに挿入文問題が出題されましたが、
語句や内容的な部分ではない、とても平易な出題で、ここ2級の挿入文問題もそうです。

それでも、正解できたらそれでいいですよね。


あと【問2】は④ではないです。
これっぽくはあっても、筆者の文句に合いません。


“오늘 내가 그렇게 초라해 보이니?” ≪「今日にあたしってそんなにダサく見えるの?」≫


초라하다 本来の意味は、


◎겉모양이나 옷차림이 호졸근하고 궁상스럽다.


で、人の健康状態を修飾しないので×です。



ところで、北正書法問題の第13問で、
果実の木の特徴が書かれた文を読ませて、それが何の木なのかという問いに、
意見が提示されています。


北の素材を試験問題として選定するのは、元々結構難しいと思います。

当校でも2級,1級対策では、北の素材による長文問題も使っていますが、
北ではやはりどうしても、政治的、思想的に偏った文がよく流通しているからです。

全体の一部分を切り取れば、ほのぼのとしたお話とかもあるんですけどね。


まあそれはそれとして、今回の2級ではあっさりした出題が多いですが、
この先1級では、上級語句の知識量と、先に掲げた4つの文脈と共に、
問題によっては例えば、時に二項対立や(これはTOPIK作文でも有効です)、
三段論法(A→B B→C つまり A→C)そしてその補充(隠れたBの部分を読み取る)などの、
「論理」も使いたくなる読解が求められたりします。


講師個人としては、長文読解の‘楽しさ’‘面白さ’を感じる方と、
それらを共有できたらなと、自身も学習しながらいつも思っています。


今回触れられなかった問題について、
どうしても解決しておきたい疑問がございましたらお尋ねください。




では最後の翻訳問題です。

出題がマーク式(客観式)であっても、基本はあくまで‘自分の手で’訳しましょう。
「翻訳」とは本来そうです。



翻訳問題でのマーク式(客観式)解答は、人員不足による解答採点作業の合理化の方便です。
受験者数が今ほどではなかった昔は、5級でも記述式解答だったからです。

それに、TOPIKでは記述式解答がありますし、
あえて他言語の試験と比較すれば、中国語検定ではハン検より受験者が多いのに、
翻訳問題が全級(準4級~1級の6段階)に記述式があります。

これは、中検の採点に関われる中国語の先生が、ハン検に関われる韓国語の先生より多いという、
人員的に恵まれた事情があるからと思われます。


そして、選択肢は受験者を迷わせるために作ってあるからですね。
それは、



韓日訳 → 辞書やトウミにある訳をつなげただけでは、日本語的によく分からない句や文


日韓訳 → 模範訳として、辞書やトウミに通常載っていない語句で出来た日本語句や文



の傾向の下で作られていて、最低でも2択で迷わせます。

これら具体的にどうなっているかについては、興味がおありでしたら研究しておきましょう。
結構面白いですよ。

そして、それらを‘自分の手で’訳せるようになっていれば、
あとは自分が出した訳(結果)に近い、あるいはもしかすると同一の選択肢句を選べばいいので、
選択肢を頼りにする解答とは、正解率が段違いです。

何より、自力で訳せたそれこそが、


『上級としての実用韓国語力』


を認定されたことにもなりますしね。


前回の解説でも語られていた、


[日本語の名詞好きと韓国語の用言好き]


をはじめとした、日韓両語それぞれの性質を知り、その違いを知り、
それを中心点(コアイメージ)にして、自由自在に行き来できる(訳せる)、
‘知識’と‘知恵’を駆使できるようにしましょう。

その作業に『翻訳』の魅力があると、講師は考えています。



まず韓日訳で、1)は慣用句なのかなと一瞬思いながらも、녹이다 だけが訊かれています。
2)は慣用句です(세를 놓다)。


3)は接頭語 헛 を訊いていて(当たり前すぎるとの思い込みでマークが足りませんでした)、

4)も5)も単語単位で訊かれていて、
今回は、単語テスト的要素が強いですね。

4)は第46回でも出題されています。



잔뜩 주눅이 들었는데 왜 또 무안을 주세요?

≪すっかり気後れしているのに、なんでまた恥をかかせるんですか≫




次に日韓訳で、毎回選択肢を考える問題作成者の苦心を窺い知ります。



1)소홀히 하다 は常連さんです(聞き取り問題編で的中しました!)。
2)は決まり文句で、講師は丸覚え的ですし、ご存知の方もそうなのではないでしょうか。


되다 は一部例外を除き、[完成][成立]というコアイメージから、


[‘瞬間的に’なる(英語 become に相当します)]


の性格を持ちます。

「春になる」を、되다 ではなく 봄이 오다 というのがいい例です。
「春に‘瞬間的に’なる」わけではないからです。


その、되다 が持つ[完成][成立]というコアからの解釈が活きてくるのが、
3)の「寿命がきた」です。



そして4)は、これからの参考にさせていただきます。

同じ「切る」でも、「‘パン’を切る」時はどの動詞を使うかという問題なんですね。
これも語彙問題的ではありますが、とにかく参考にします。



2級レベルともなってくると、特に韓日訳では、



「訳した日本語が不自然ならば、ほぼ誤解している」


「普段使わないはずの日本語に訳して平気でいられるか」



をきちんと問い質しながら取り組みたいです。


そして日韓訳では、“韓国語の事情による”語彙・語法・文法をまず問い質し、


「日語日訳にならない」


ことを心がけると共に、投げやり的に聞こえそうですが、


『基本的に‘そう言うか言わないか’』


も問い質したいですね。
今は、いろんな道具を使えば、例えば自分のそばに韓国語ネイティブがいなくても、
それをチェックすることができます。




今回2級を受験して、見事合格して1級を目指されるであれ、
惜しくも不合格で、次回以降再挑戦されるであれ、あるいはこれから2級を受験されるであれ、
会話練習,検定試験対策を問わず、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の順序で学ぶのを理想とし、この中で〔やってみる ⇔ できる〕を繰り返すのが大切です。


この観点から、検定試験対策においては、筆記・リスニング共通で、



〔分かる : 解説が丁寧な理解系テキストを熟読し、それを授業・講義代わりにする〕
(理解)


〔やってみる : 1.「分かる」学習の後に問題を解いて説明を読み、知識と解答技術を覚える〕
(インプット)  2.分野別(語彙・接続表現・会話文・長文・翻訳・リスニング)で練習する


〔できる : 過去問や対策問題集を実際に解き、解けなかったものは(インプット)に戻す〕
(アウトプット)



の学習順序を粘り強くやり、全問正解できるようになるまで繰り返しましょう。

そして、2級,1級では、それらに未出事項をプラスしていきます。

選択肢を選び、問題文・選択肢の訳をせずに終了という学習では、
何百問,何千問解いても身に付きませんね。

「分かる」の部分は時間がそんなにかからず、ここで学ぶことを覚える必要はありません。
覚える作業をするのは「やってみる」で、「分かる」で使う教材は「やってみる」の参考資料にします。

ちなみにここでは、教室でのことで「授業」と「学習活動」を区別して解釈しています。


ハン検・TOPIK対策でよくある、過去問中心の対策学習は、
本来〔分かる → やってみる〕学習を十二分にした後にやるべきで、
特にハン検では、過去の出題傾向からすると、それだけでは足りませんね。


あと、過去問中心の学習は、〔やってみる〕をやみくもにおこなうだけで、
先の、全問正解を目指した反復学習でも、単に正答を暗記して満足しがちで、
二度と出ない(であろう)問題なのに、正答(しかも選択肢の番号)を暗記して、
それで勉強したと思ってしまうからです。

過去問の正答を覚えてしまって、勉強にならないことはよくあります。


正答を覚えても意味が無く、大切なことは、

『知識量の確認と正答に至る過程』

を理解してこそ、次に受ける試験での類題が解けます。


理想は、提示された問題(筆記も聞き取りも)のどれを訊かれても、
正答と正答理由をその場で言えると完璧ですね。

それができなければ、さらに必要になる初見問題はできない可能性が高いからです。



で、この形で学習している中で、先の‘正答に至る過程を理解する’ためにも、
特に〔やってみる ⇔ できる〕過程では、


『リーズニング(Reasoning)』


という、解答理由(私はなぜ~番を選んだか)を書き留めたり、誰かに説明する学習をします。
これも、この解答速報解説で何度も確認していることです。


その時には、間違ったら誤答した理由も確認して書き留めておきましょう。
間違った理由をできるだけ具体的に書き残しておきます。

それは「単語ミス」「聞き取りミス」ではなく、例えば、


「不規則活用を見間違えた/聞き間違えた」

「日本語‘~に’に引っ張られて助詞を直訳した」

「音を追いかけることに精いっぱいで、内容を理解するまでに至っていない」

「(     )の後文にある指示語を見落とした」


といった具合にです。


『リーズニング』が完璧にできるようになると、自分で出題傾向を掴むことができます。
それは例えば、結局何を訊いてくるのかとか、選択肢の作り方、
あるいはそれに繋がる、‘正解の出し方’‘問題作成者が仕組んだ誤答のさせ方’などですね。


ハン検2級をはじめとした、上級韓国語を身に付けるために、上に書かれたことを実践されても、
具体的にどんなカリキュラムと勉強方法、そしてどれくらいの勉強ペースでやっていけばいいか、
よく分からないという方は、ぜひご相談ください。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


                     ――――2級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題


 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  2級

  聞取問題

[1] 文章の内容と一致するものを選ぶ

 1) 하도 우울해서 영 내키지 않는 것 있죠.


        解答 ③

    
 2)  이민은 고사하고 이 고장을 뜨는 것도 대단한 일이요.


        解答 ④



 3)  가진 것도 없는 주제에 외제차를 탄대?


        解答 ①



[2]対話文に続く文を選ぶ

 1) 여: 야, 너 표정이 왜 그래? 무슨 일이 있어?

    남: 어쩌지? 그저께 작성한 리포트가 온데간데 없어졌어.

    여:  (              )
   

        解答 ②



 2)여: 선배님이 뒤를 밀어 주셔서 일이 잘 풀렸습니다.
    
      뭐라고 감사드려야 될지 모르겠습니다.

   남: 우여곡절 끝에 해결을 봐서 나도 기분이 좋네.

   여: (       )


        解答 ①



[3] 1)文章の内容と一致するものを選ぶ

  창립 80주년을 맞는 저희 미래신문사가 신문의 편집, 인쇄 등 제

 작 과정을 들러보는 사내 견학 코스를 마련하였습니다. 편집국에서

 는 기자들의 기사 작성과 제목 달기, 레이아웃, 그리기 모습을 볼 수

  있습니다. 제작국에서는 시간당 15만부의 신문을 찍어 내는 최신

 형 초고속 인쇄기를 견학합니다. 

  
                解答 ③


 
 2) 警備員の行動に対する女性の考えとしてあてはまるもの

 여: 경비원이 어머니가 쓰러지셨다 듣고 잠깐 병원에 갔다오는 

   사이에 회사에 도둑이 들었대요. 

 남: 그 때문에 회사에서 잘렸다죠?

 여: 그게 그렇게 잘못된 일이었을까요?

 남: 사적인 일로 임무수행을 못했으니 잘못된 거죠.

 여: 부모가 위급한 상황에서 어떻게 일에만 충실할 수 있겠어요? 

 남: 그래도 결과적으로는 자기 책임을 다하지 못했으니 잘못이라 

  해야죠.


         解答 ③



[4]文章の内容に一致するもの

 1)일본에 도착하면 입국심사를 통과해야만 여행이 가능하다. 

   외국인과 내국인의 심사대가 다르므로 주의한다. 심사관에게

    비행기 안에서 미리 작성한 입국신고서와 여권을 제출하고 

   질문에는 정확히 대답하자. 까다롭지 않은 심사관을 만나면 

   무난히 통과할 수 있으나 대부분은 그렇지 않다.  

 
         解答 ②



 2) 철수란 이름의 외손자놈이 내 집에서 그리 멀지 않은 곳에 산

   다. 철수 엄마 손에 매달리거나 외할머니 등에 업혀서 사흘이 

   멀다 하고 내 집을 찾아오는 아직 세 살도 채 안된 꼬마다. 그

   런데도 말을 곧잘 한다. 물론 남이 들어서는 무슨 뜻인지 모르

   는 소리들이다. 


        解答 ③



[5]対話後に女性のとりうる行動

 1) 여: 머리가 복잡할 때 대영씨는 뭘로 풀어요? 

  남: 응, 뭐 잠을 자기도 하고 음악을 듣기도 하죠. 

  여: 난 그럴 때 뭘 하는지 알아요? 춤을 춘다고요.

  남: 정말요? 한번 보고 싶네요. 

  여: 못할 것도 없죠. 

 
        解答 ④


 2)여: 오늘 정말 재수가 없더라고요. 운전하다가 그만 콘크리트 

    기둥에다 긁었지 뭐예요. 

   남: 그래 얼마나 큰 손상이 간 거예요? 

   여: 뭐 크게 흠이 간 건 아니지만 수리비는 좀 들 거예요. 이 

    참에 아예 새차로 가는 게 어떨까요?

   남: 하긴, 오래 탄 차니까 생각할 만도 하겠네요. 

   여: 마침 판매 업자가 내 차를 괜찮은 가격에 사 준다고 했었

    거든요.


           解答 ①



3)여: 모처럼 휴일인데 비가 주룩주룩 와서 어디 놀러도 못 가네.

  남: 우리 오랜만에 빈대떡이나 부쳐 먹을까?

  여: 좋은 생각이네. 내가 만들어 볼게.

  남: 근데 재료는 다 있겠지?

  여: 감깐만. 밀가루가 동이 난 걸 깜빡했네. 결국 내가 움직여야겠다.


                 解答 ④


[6]
  지난달 30일 오후 2시쯤 충주시 살미면 도로에서 51세 남성이 

 몰던 승용차가 졸음운전을 하다 가드레일을 들이받고 충주호로 

 추락했다. 등산을 하다가 현장에서 50미터정도 떨어진 곳에서 휴

 식을 취하고 있던 박정호씨는 사고 장면을 목격하고 119에 신고

 한 뒤 현장으로 달려갔다. 남성은 사고 충격으로 호숫가로 떠내려

 와 정신을 잃은 상태였다. 박 씨는 무릎까지 차오르는 호수에 들어

 가 남성을 구조하려 했지만 손이 닿지 않자 주변에 있던 2,3미터

 길이의 나뭇가지를 이용, 남성의 옷에 걸어 물 밖으로 빼냈다. 박 

 씨는 또 저체온증 증세를 보이고 있는 남성의 팔다리를 주물러 줬

 다. 남성은 병원으로 옮겨져 치료를 받고 있다. 


       【問1】 ③      【問2】 ④



[7]여: 군복무 중에 희귀한 병에 걸려 지금도 투병 생활을 하시는 

     배우 강재원 씨를 모셨습니다. 얼마전에 소설가로 데뷔

     하셨는데요, 이번 내신 SF소설은 어떤 내용인가요?

   남: 주인공이 우주에서 조난당한 뒤 무사히 돌아오겠다는 아

     내와의 약속을 지키려고 고군분투하는 이야깁니다. 

   여: 어떻게 이런 책을 쓰게 되셨는지요?

   남: 제가 다시 돌아오겠다던 팬들과의 약속을 지키지 못해 고

     민하다가 이 소설을 쓰게 됐습니다. 

   여: 글을 쓰시면서 가장 어려웠던 것은 무엇이었나요? 

   남: 우주에서 표류하는 심리를 표현하려고 거의 1년 동안 사

     람들을 피해서 스스로를 고립시키는 것이었어요. 


      【問1】 ②      【問2】 ①



[8]

 1)  (사사롭게는 형수일지라도) 회사에선 사장님이지.
        

           解答 ④



 2)나한텐 (땅 짚고 헤엄치기지만) 너한텐 만만치 않겠는데.


           解答 ①



 3)  자라 온 환경이 다른 사람끼리 결혼하면 (갈등이 생기기 십상인데).


           解答 ③



 4)내가 그 일에 (한몫 낀다고 어디가 덧나냐?)


           解答 ④




[2級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>やや易化(難化した問題もあり)。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。



筆記問題解説でもご挨拶したように、
前回・第48回試験の2級解答速報及び解説についてお詫び申し上げます。

速報性を担保しつつ、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。




まずは、今までの対策学習、そして今回の受験おつかれさまでございました。
答え合わせをされて、今回のハン検2級・聞き取り問題の出来はいかがですか。



今回の受験を振り返り、まずはやはり隅から隅まで理解できるようになりたいですから、
復習では一旦問いから離れ、問題音声の隅から隅まで確認することに努めましょう。


そして聞き取れなかった部分や誤答した問いについては、その理由を考えましょう。
筆記問題の解説でもある『リーズニング』です。

「知らなかった」「知っていても音に付いていけなかった」「うっかりミス」などあると思いますが、
たとえ「うっかりミス」だったとしても、どういう「うっかりミス」かまで問い質します。

そして、それら理由の中には「周りがうるさかった」「ちょっとした雑音が聞こえた」も含まれます。



ところでハン検2級ともなると、語句一つ一つ、
あるいはひとかたまりひとかたまりを聞き取れるのみならず、


「リスニングの読解力」


を鍛えておきたいです。

よく言われる「リスニングの読解力」「聴解力」ですね。


リスニングであっても「読解力」が必要です。



それを身に付けるためにまずは、
聞き取りの問題文を、目で読んで理解できるか(つまり「読解」)を確認したいです。
見て分からなければ、聞いて分かるわけが無いからですね。

文字化した聞き取り問題文を読み、日訳し、文の内容が理解できるかの確認ですね。


それこそ、はじめから日本語で書かれた2級聞き取り問題文を読み、
内容理解ができるかをチェックすることも、時には必要です。
2級ともなると、内容量がある文を聞き取らなければならないことがあるからですね。



その後は、音読・シャドーイング・ディクテーションの練習で、
聞こえてきた音が‘はっきり分かる意味を持つかたまり’になっていて、
それらが自分の中で一つの‘筋’になる領域まで、リスニング力を高めると共に、
音で掴んだ内容を元に、問いに答える作業を確実におこなう練習をします。

日本語ネイティブにとって、時に理不尽さすら感じる発音変化や、あるいは根本的に、
日本語ネイティブが持つ音声認識領域と韓国語の音にずれがある、などがあっても、
文法が基本的に日本語と同じで、語句単位でも日本語に似た音を持つ語句がたくさんありますから、
他言語のリスニングに比べれば、平均的にずっと楽なはずです。



一方で、試験問題解答のためと特化すれば、
「全て聞き取れてはじめて解ける」わけでは決してないので、問いと選択肢を頼りに、



〘‘正答を出すための音’だけを聞く〙


〘正答に関わらない,それほど重要でない音は、時に無視する〙



ことも必要ですね。

目的を持って音声を聞きながら、必要な情報(ここでは[正答を出すための音])を、
問題用紙にある選択肢を利用して選別し、背景知識を総動員して先を予測しながら、
特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、


「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」


そして、大意を要約できるよう、何度も練習しておきたいですね。
これはもう、この解答速報で毎回確認していることです。


解答速報という時間的制約上、全ては見れませんが確認していきましょう。




第1問・語句言い換え問題では、リスニング試験で重要中の重要作業である、
事前の選択肢チェックがどれくらいできたかを、よく振り返っておきましょう。


各選択肢文が前回より長くなっていて、その作業はキツいですが、これが合否を分けます。
次の問題は、30秒後にもう流れてきますしね。

聞き取りでは1問2点ですから、ある意味筆記試験より1問1問真剣に取り組みたいです。




1)は副詞 하도(準2級・筆記でも出題されました)と 영 です。


◎전혀 또는 도무지

◎아주 또는 대단히


영 は、かつて講師が2級を受験していた時にも(3回かかりました)、
韓日訳問題で出されました(当時は記述式解答です)。



続く2)で訊かれているのは、接続表現 은/는 고사하고<反対関係>で、
커녕 とのペアはおなじみです。

かつて、TOPIK旧高級でも好んで出題されていました。



そして3)では、가진 것도 없다 が聞こえてきました。
前回の準2級・聞き取りでも採り上げられています。

가진 게 없다 が「持っている者が無い」と直訳でき、お金が無いことをいうんですね。
新聞などでは、例えば「富裕層(부유층)」あるいは「金持ち(부자)」のことを、


가진 사람(들)


といったりします。



難易度は前回よりやや易化しました。
あくまで‘やや’です。

直訳で対応できる領域が、前回よりほんの少し広いからです。

ここでは、大昔と違い、よほどのことが無い限り聞き取りにくい語句は出てきません。
大昔は、発音変化が文の各所で意図的に盛り込まれていました。




では、第2問の会話文問題です。


第2問の説明までに与えられている時間内で、
選択肢をチェックするというのはややキツいですが、正答を出すには欠かせない作業です。

冷静かつ淡々粛々とできるように、今から繰り返し練習しておきたいです。


そして、筆記問題の解説で確認した通り、
筆記よりもこのリスニング問題で、会話が手に取るように分かるようにしたいですね。


会話文問題の基本は、<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則った解答です。



1)は、男性の発話がこうです。



남:어쩌지? 그저께 작성한 리포트가 온데간데 없어졌어.

≪どうしたんだろう。一昨日作ったリポートが跡形もなく消えちゃったよ≫



これまた、今回の準2級でも出た 온데간데없다(자취를 감추다 の言い換え)です。
表情にあられている程あたふたしているんですね。

④が、ご覧の通り引っかけです。



次の2)は、両者ともほぼ同じ内容のことを言っています。



여:선배님이 뒤를 밀어 주셔서 일이 잘 풀렸다.

≪先輩の後押しで事が解決した≫

 ‖

남:우여곡절 끝에 해결을 봤다.

≪紆余曲折の末解決した≫


なので、女性がさらに言っていた、


뭐라고 감사드려야 될지 모르겠습니다.

≪何の感謝を申し上げればいいのか≫


に続ければいいです。



前回より易化しました。




続いて、第3問です。



1)は単なる内容一致です。
選択肢チェックにいそしみましょう。

④に数詞(하루에 15만부)があり、気になりますが、
不正答選択肢としては、数詞を盛り込んでおくと手堅いので、
不正答かもと疑ってかかっておきましょう。


で、正答は冒頭の句で決まってしまいます。



창립 80주년을 맞는 저희 미래신문사가 ~

≪創立80周年を迎えた、わたくしども未来新聞社が、~≫



確かに③の通り、「半世紀を越えて」います。

あとの選択肢は微妙にずれていて、その違いは1語単位ですね。

3級・聞き取りの解説で確認した、不正答選択肢の作り方のうち、
2.に属しています。



続く2)の会話文は、これも前回同様女性の意見を選ぶもので、
今回は警備員の行動についてだそうです。

女性の発話に注意し、意見ですから、[意思]などが出ている文句を拾うんですね。


このように準備しておけば、もし2級レベルのリスニングに自信をお持ちの場合、
選択肢を見ずに、自分で正答根拠を拾い上げることができます。

もちろん、そこまでできなくても、事前の選択肢チェックで問題文の内容を想像し、
ピンポイントの聴解ができればOKです。

対話順序も、なにげに参考したいですね。


女性の考えが表れているのはここです。



여:그게 그렇게 잘못된 일이었을까요?

≪それ[=警備中に倒れた母を病院に連れて行ったこと]間違ったことだったでしょうか≫


여:부모가 위급한 상황에서 어떻게 일에만 충실할 수 있겠어요?

≪両親が緊急の状況で、仕事の忠実でばかりいられませんよ≫



選択肢文が短いので、きちんと吟味できたと思います。




それでは第4問です。

確認すべきは、聞いて分かる語句の量そして耳でキャッチできた文脈・文構造と共に、
事前の選択肢チェックがどれくらいできたかです。



1)は内容一致問題で、選択肢から、
これで、これから聞く問題文のおおよその内容が分かりましたか。


「内国人」「審査台」「税関申告書」「飛行機」ですから、想像はつきますね。


そして、事前の選択肢チェックを経て、問題文を聞きながら取捨していくと、
このような順序で解けます。


第1文,第2文  →  ①が×(韓国人が日本に行った場合のことだから)


第3文  →  ③が×  


第4文  →  ④が×


③も④も2.のタイプの不正答選択肢です。



続く2)も内容一致です。
内容は文の投稿云々のようですね。

各選択肢には 철수[哲秀] と出てきて、この人のことを語るんだなと、音声を待ちます。
するとはじめに、



철수란 이름의 외손자놈이 내 집에서 그리 멀지 않은 곳에 산다.

≪哲秀という名の外孫が、ウチからそんなに遠くない所で暮らしている≫



これだけで①を消せたら、相当な‘耳の語彙力’の持ち主ですが、
第2文で②と④が消えた後、


그런데도 말을 곧잘 한다.물론 남이 들어서는 무슨 뜻인지 모르는 소리들이다. 

≪それでも上手に喋る。もちろん、人が聞いたら何のことか分からない声である≫


最後で③が残りはしますが、これはある意味理想的な解答ですね。
それができるかどうかは、事前の選択肢チェックにかかっています。

例えば②なら、哲秀がおんぶされているのは母親か、とかですね。




では第5問で、後に続く女性の行動を選ぶ問題です。

1)で2人がしようとしていることは、④から見えてきますが(춤을 추다)、
すると女性が2つめの発話でそれに触れ、男性が見てみたいというと、


여:못할 것도 없죠. ≪できないわけではないですよ≫


ですから、①と③ではないですね。
部分否定の文句なので、解答で迷うかもしれません。



2)は会話文が長いです。でも、あくまで女性の発話をメインに追いかけていきましょう。
すると、女性が新車の話を振って、



여:마침 판매 업자가 내 차를 괜찮은 가격에 사 준다고 했었거든요.

≪ちょうど販売業者が、私の車をいい値で買ってくれるって言ってたんですよ≫



聞き取りには問題語句でこう言っていますから、新車を買うんでしょうね。



そして3)は、②③が特徴的で、
女性は男性にこれらのどっちかを命令するのかもしれません。



여:잠깐만.밀가루가 동이 난 걸 깜빡했네.결국 내가 움직여야겠다.

≪ちょっと待って。小麦粉が切れたのをうっかりしてたわ。結局私が動かなくちゃね≫



いつものパターンではありません。
「女性が動く」に当たるのは④しか無いので幸いです。




では、第6問で、ここからは1つの問題文に、問いが2つ設けられている、緊張する問題です。
でも問いと選択肢が用意されているわけですから、メモといってもその量は少なくなります。


ここでは、‘聞いて分かる語句’の量が十分あることを前提に、
1回の朗読で【問1】を解き、2回目で【問2】を解答するといいです。
もちろん、自信があれば、1回目で解いてしまいましょう。



第6問の問いは、


【問1】文のタイトル


【問2】内容一致


で、どちらも全体を聞かなければならず、緊張します。

ただ、【問1】の選択肢は本当にバラバラですよね。
ふたを開けたら、これを選ぶこと自体は平易です。


問題は【問2】で、ニュースの原稿らしく、いろんな内容が盛り込まれています。
選択肢から、박정호[朴正浩] という人が出てくるのが分かるので、
この人がどうするんだろうと聞き取っていけば、かなり的は絞れるものの、結構きついです。


メモしている暇は無いと思われます。
事前の選択肢チェックを頼りに、聞きながら直接取捨するだけです。


正答根拠は、



박 씨는 무릎까지 차오르는 호수에 들어가 남성을 구조하려 했지만 손이 닿지 않자 주변에 있던 

2,3미터 길이의 나뭇가지를 이용,남성의 옷에 걸어 물 밖으로 빼냈다.박 씨는 또 저체온증 

증세를 보이고 있는 남성의 팔다리를 주물러 줬다.


≪朴さんは冷たい湖に膝まで入って男性を救助しようとしたが、届かないと見るや、周りにあった

長さ2,3メートルの木の枝を使って、男性の身体に引っかけて外に出した。朴さんはまた、低体温

症を見せている男性の手足を揉んであげた≫



で、同時に③の不正答根拠でもありますが、メモしている暇は無いのがよく分かります。

3級・聞き取りでも、関連することに触れていて、
ここで問題文のメモに気を取られると、問題文中の語句が気になり、
一番大事な選択肢の取捨まで、考えが及ばなくなることが多いからです。


「あれ?なんて言ってたっけ?」


こうなると、選択肢を選ぶどころではなくなっちゃいますよね。




続く第7問でも、2つの問いに答えます。


【問1】강지원[姜知元]さんがファンとの約束を守れない理由


【問2】内容一致



名前を見て、男性か女性か分かれば素晴らしいです。
2級受験まで積み上げてこられた経験からすると、すぐにお分かりになったかもしれませんね。

はじめの女性の発話で、姜知元さんが男性だと分かりますが、
その姜知元さんは、



남:제가 다시 돌아오겠다던 팬들과의 약속을 지키지 못해 고민하다가 이 소설을 쓰게 됐습니다. 

≪僕が、また帰ってくるといっていたファンとの約束を守れないと悩んでいるうちに、

この小説を書くことになりました≫



事の時系列に注意したいです。
姜知元さんは入隊中病気にかかった後、小説を書き始めたんですね。

④を選んでしまった方がどれくらいおられるでしょうか。




では最後に、第8問の日訳問題です。


筆記問題解説での通り、普段の対策学習では、
リスニングでもあくまで‘自分の手で’訳しましょう。

このマーク式解答が、試験運営上止むなく執られているものです。
昔は記述式日訳問題と、さらに書き取り問題(部分書き取り,全文書き取り)があったからです。

聞いた内容に該当する選択肢を選ぶことは、
翻訳あるいは、ここは聞き取りですから、通訳本来の作業ではないのもその理由です。



真の‘(日本語ネイティブとしての)上級韓国語力’とは、
自分で訳せる力がどれだけあるかを問われるからです。


暗記したことを次々と繰り出すだけでなく、
「考えること」を通じた、‘頭を使った’学習を通じ、通訳・翻訳というものを味わいたいですね。

そんな感じで練習できれば、この2級であれ1級であれ、
翻訳問題はサクサクと答えられます。



各問のポイントとなる部分をざっと挙げていくと、



1)사사롭다,형수


2)땅 짚고 헤엄치기


3)갈등,~기 십상이다


4)한몫 낀다,어디가 덧나냐



自分で訳せれば、正答をマークできるものばかりです。


1)사사롭다 は漢字[私私--]なので分かりやすいですし、
3)の 갈등 は、漢字が[葛藤]であっても、日本語の「対立」として使われることに注意です。

日本語では、


◎心の中に相反する動機・欲求・感情などが存在し、そのいずれをとるか迷うこと。


こっちの意味で使うことが多くないですか。


今回は上級らしい語句をストレートに訊いてきて、
抽象度がやや高い前回よりは逆に易化したと思われます。




これで2級試験が終了しました。

今回の問題音声を、ここに掲げられている台本を参考にして、
隅から隅まで確認したいですね。



筆記問題の解説で確認した通り、リスニング・筆記共に、



〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕



の学習順序を忠実におこない、次の1級も受験して合格し、ハン検を卒業してしまいましょう。
1級への最終階段は、準2級から2級へ上がって来た程の大変さは無いと思われます。


来年度の出題形式改訂に対応できるよう、しっかりした上級韓国語力を養っていきましょう。
応援しています。

もしご縁がありましたら、全力でサポートします!




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


        ――――――――――――――――――2級 解答 終わり―――――――――――――――――― 


2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  準2級

    筆記問題


 [1] 1)④    2)①    3)②    



 [2] 1)①   2)③   3)④   4)④   5)②

 
    6)④   7)①   8)②



 [3] 1)②   2)②   3)③   4)①   5)④


   6)④



 [4] 1)③   2)④   3)②   4)①   5)①

 
   6)③



 [5] 1)②   2)①   3)②



 [6] 1)④   2)③   3)①   4)②



 [7] 1)①  2)④  3)③ 

 
 [8] 文章の日本語訳

  もしや机の下のコンセント周囲に複雑にからまった電気コード

 のせいでお悩みの方はいらっしゃいませんか。実際そのまま使っ

 ても良いですが目ざわりで「これを何とか整理しなきゃならない

 のに」と考えられる方も多いでしょう。そんな方々のためにここ

 に「カルクミボックス」があります。電気コード別に見えないよ

 うに入れておいて使えるのみならず、若い女性たちが好まれる

 ようなデザインまで考慮して多様な製品を準備しました。皆さ

 んもたぶん「前もってそうするべきだったのに…」と思われるで

 しょう。さあ、お急ぎ下さい。


    【問1】 ③      【問2】 ① 



 [9] 対話文の日本語訳

 ミンホ:最近喫茶店で勉強する人たちのせいで腹が立つな。

 ジウン:どうして?私もコーヒーも飲むのを兼ねてよく勉強し
     に行くけど。

 ミンホ:お茶を一杯頼んでおいて長時間座っているから席が空
     かない。店のオーナーたちもそのために困っていると
     いうじゃない。

 ジウン:しかしお茶代には利用する時間も含まれているんじゃ
     ないの。

 ミンホ:昨日は横のテーブルの人がしきりにじろじろ見るから
     友達と話もろくにできなかった。勉強に妨害になるっ
     て言わんばかりだった。

 ジウン:それは君たちがとてもうるさいからだったんでしょう。

 ミンホ:図書館ならいいとして、(もともとお茶を飲んで話を
     する場じゃないのか))

 ジウン:でも勉強する人も客じゃないの。


     【問1】 ①       【問2】 ②    



 [10] 本文の日本語訳

  太った人がより長生きをするという「肥満の逆説」を聞いたこ

 とがありますか。(A)「肥満の逆説」が歯周病にも通じました。

 (B)一般の人たちがちらっと聞くと首をかしげる内容です。

 (C)実験によると痩せた人は炭酸飲料を一週間に2度以上飲む

 場合、歯周病の危険が52%増加した反面、太った人は歯周病の

 危険がかえって減少したということである。同じ量の炭酸飲料

 を飲んでも、痩せた人が歯周病にかかる確率が高いということ

 です。(そうだと言って太った人は炭酸飲料をたくさん飲んで

 も大丈夫だということではないでしょう。)どこまでも歯周病
 
 予防のためには痩せた人ほどできるだけ炭酸飲料を飲まないの

 が最善であるとみることができるでしょう。


     【問1】 ④      【問2】 ④



 [11] 1)①   2)③   3)③   4)①



 [12] 1)③   2)①   3)①   4)②




[準2級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>一部変化。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?


まずはおつかれさまでございました。
今回の準2級試験はいかがでしたか。


‘完全なる日常会話レベル’が身に付いているかを問う準2級では、
それだけ学んで身に付けるべき項目が多くなり、
特に慣用句,翻訳問題を中心に、日本語での解釈とずれるケースが増えてきます。

そしてこのハン検準2級が、韓国語学習における一つの到達点といえるレベルです。
これがクリアできるところまで、学習を積み上げれば、
あとは実践などで練習し、かなり自由度の広いやり取りができるからです。

実際にそうされている方は、講師の知る限りたくさんおられます。

もちろんというか一方で、言語を問わず、


『試験に合格することと話せることは別』


というのは、やはり一つの真理としてあります。

別言語の話で、あるイタリアの人が言っていた、
TOEIC900点を取ってて英語が話せない、話そうとしないのが理解できないという話を思い出しますが、
とにもかくにも、ハン検準2級というのは、不自由無く実用できるという、
それに近づけれるだけの韓国語力を求められるので、焦らずじっくりと身に付けていきましょう。



執筆時間がキツキツなので、あまり突っ込めていない部分もあるところ、
今回の出題をざっと振り返っていきます。




第1問の音声問題で取り上げられた主たる項目は、


パッチムの子音化・ㄴ挿入+鼻音化・ㄴ挿入+流音化


です。準2級・発音問題では、今やおなじみのものですね。


前回は、

パッチムの子音化・ㄴ挿入・ㄴ挿入+流音化・未来連体形の後の濃音化

で、準2級では ㄴ挿入が出るとほぼ分かっているわけですから、
問題を正解できるだけでなく、普通に聞いて話せるようにもしておきましょう。

そうです、‘普通に聞いて話せるように’したいんです!



語句自体は、2)식용유 が3回目の登場で(第26回,35回)、
今回はまず1)겉옷 が的中しました。



ところで、このように準2級・発音問題のメインといえるㄴ挿入について、
理屈では分かって、ハン検の発音問題を解けても、
それを聞いて話せるようになるには、結構な訓練が必要ですね。


練習を繰り返しさえすれば、それへの‘嗅覚’が育ってきて、すぐ気付けたりします。
当校の生徒さんが実証済みで、素晴らしいですね!!

今回の出題ですと 옛날 이야기 のような例でも、頭と舌が覚えてしまったのか、
ㄴ挿入で発音するんだなと、ビビっと‘舌が’反応できるようになります。

あるいは、具体的にどう変化するまでは分からなくても、


「あ!発音が変わるんや!」


と気づかれます。粘り強く反復練習していきましょう。
理屈抜きでできるようになれば、もう完璧です!


ちなみに、ここの3)にミスがあるという指摘を目にしましたが、
どうでしょうかねぇ…




では、第2問の語彙問題で、さすがに準2級ともなると、再登場率は低くなります。
今回第49回を迎えても、まだまだそうです。



再出題語句は、귀에 거슬리다<第42回>,하루가 새롭다<第39回>、
하루가 멀다고(멀다 하고)<第32回,34回,36回>で、今回は結構ありますね。

そして、ここより上の級まで視線を広げれば、
例えば 가슴에 와 닿다 などは、ハン検で「毎度どうも!」と声をかけたくなるような句です。 



一方で成語・ことわざ・オノマトペアは、やはり再登場率が高く、
5)の成語問題では、④ 시시각각 以外がそうです。


あと、これは講師的なことで、7)などは、
Aの発話を経たBの発話を訳しながら読んでいて、選択肢を見る以前に、


「空港に来ると、今やっと留学に行くんだって‘実感がわきます’」

と勝手に作り、選択肢を見ると、それにピッタリの 실감이 나다 があります。



この解説までご覧くださった皆さまにおかれては、
ハン検準2級の語彙問題対策をこれまでどうされたでしょうか。

講師的に今それが大きな関心事の一つでもあります。


ご存知のように、ハン検は試験主催者側が出題語句リストを公開している、
非常の稀有な外国語検定試験で、それらがまとめられたトウミを見たり、
準2級では、独学環境が徐々に整備されてますし(これは逆に当校にとって脅威ですけどね<汗>)、
そんな学習環境で、さらには語彙対策のみならず、先程定義した、


『韓国語学習における一つの到達点といえるレベル』


に到達し、合格を勝ち取られた、その‘筋道’が気になりますね。
かつての講師の経験(合格まで3回かかりました<これまた汗>)も加味しながらです。


あと、先の7)の例のように、韓国語の文にたくさん触れているうちに、
決まり文句的に自分で入れてしまえる、というのも目指したくはあるんです。

会話する時に、いちいち一文一文考えませんからね。
会話は『瞬間作文』です。



では、第3問の接続表現問題です。



1)の助詞問題では、믿었던 그 사람 を主語にできる助詞を選びます。
まあ、それぞれの該当訳でも解答はできますね。



続く2)は、後文が未来時制(ㄹ 터)という条件に合わせて②で(あとは全て非未来)、
3)が迷うでしょうか。

(  14  )を挟んだ前後が一つの句になっているのがポイントで、
すると後続の 가르치다 を修飾するといいです。

ここに接続表現を入れると、가르치는 것 の主語が不明になるからです。


「[私達が]子供に最高でなければならないと教えること」 <イコール> 「良くない」


主語は 가르치는 것 までひとかたまりです。 



4)は平易で、5)は 일정을 앞당기다 が履行されること前提にしなければならないので、
③が消えて、時制は未来ですから②が消えて、さらに、Bがいう、


B:위에서 하라고 하면 해야지요. ≪上からやれって言われればやらなければ≫


から、일정을 앞당기다 の主語がAではないので、[命令](으)라 がある④を選びます。

事実上飾りだけになっているA2つめの発話に、正答根拠となり得る要素がもう少しあったら、
分かりやすいと思います。



そして6)は、前後内容が反対(前:プラス的/後:マイナス的)なので、


「徒競走で1位になる」[前文動作が達成される] <反対関係>「なんにもならない」[成果無し]


という文で、後文が否定的内容なのをポイントにして解答するんですね。
後文は過去時制にならないことも押さえておきたいです。



講師個人としては、今回の出題を通じて、
韓国語文法そして言語を問わない「文法」そのものを見つめ直す機会になりました。

韓国語を解釈するにおいては、日本語ネイティブとしての利点を大いに活用しつつ、
少ない知識で「文法」というものを一定のパターンで理解し、
さらに活用できるようになりたいものです。


ちなみに、ここで触れたように、韓国語文法を‘健全に’捉える素材として、


『韓国語文法辞典』(三修社)


事実上これ1冊だけと思われます。

当校では、국어사전と共に、韓国語文法というものを解釈する基準としており、
各接続表現・助詞について、意味(訳)を‘二の次的’に示してくれている超良書で、
非常に発達した、韓国語の接続表現でも、先の、


〘少ない知識で「文法」というものを一定のパターンで理解する〙


ことを実現させてくれます。



今回まで3回にわたって、接続表現問題は難化しています。




それでは、第4問の入れ換え問題です。


1)は接尾辞 –음직스럽- が問われていて、


◎‘그렇게 할 만한 가치가 있음’의 뜻을 더하고 형용사를 만드는 접미사.


と説明されています。



続く2)では、第46回でも出題された慣用句 자취를 감추다 で、④と同じ意味ですね。
本当に、しっかりした語彙力を訊いてきます。


3)では、④を選ばないように注意しましょう。


◎있는 힘을 다하다.


なので、신경을 쓰다 とは違います。


4)は例の〔여간 + 否定表現〕の後文で、そして5)で、準2級での超常連さん 거든 が、
今回は入れ換え問題で出題されました。
[条件<因果関係>]を表し、後文が未来時制になるのが特徴ですね。


前回よりやや難化しました。




では第5問の同義語問題です。

1)は「不動産‘バブル’」から導き出せて、
残り2問は、まず‘ハン検の常連さん(しかも昔から)’という知識で解けます。


ところで、ここでは、2)④ 고이다 の意味を詳しく見ておきます。
トウミにある訳はすぐ思い出せますが、


◎물 따위의 액체나 가스,냄새 따위가 우묵한 곳에 모이다.

◎입에 침이 모이거나 눈에 눈물이 어리거나 하다.

◎기울어지거나 쓰러지지 않도록 아래를 받쳐 안정시키다.

◎의식이나 잔칫상에 쓰는 음식이나 장작,꼴 따위를 차곡차곡 쌓아 올리다.

◎웃어른의 직함을 받들어 쓰다.


これらを、一つの枠の中に収めて、意味を押さえてしまいましょう。

具体的には、2ヶ所にある 모이다 や 아래를 받쳐 안정시키다、
そして(차곡차곡)쌓아 올리다 と 받들어 쓰다 から、共通する動きが見えますよね。
さらに、それぞれの主語も押さえます。


各々に共通した部分を抜き出すことを「抽象」といって(逆は「捨象」です)、
この作業自体が、世に言う「勉強」の核心部分を謳ってくれていますが、
前回の解説でも確認したことで、多義語を覚える時は、
本来多義語である程、該当訳を一つ一ついちいち覚えるのではなく、
上記の中小作業によって導き出した「コア」の部分(中心義ともいいます)を押さえるのが上策で、
これは韓国語に限らず、それこそ語学、さらにジャンルを問わず‘学ぶこと’自体で必須となる、


<抽象化> と <やじろべえの精神>


が本領を発揮するとらえ方です。




では、第6問の会話文問題です。


筆記問題での会話文は、結局のところ読解である中、
1)はそれを経た上で、慣用句の知識を訊いていますね。

Aが思うところの、危ない建設現場で、
Bがあえて仕事することに満足していることに合わせるんですね。


会話の文脈に合う形で慣用句の知識を訊いてくるというのは、
ハン検・会話文問題での典型的出題パターンです。



次の2)は平易で(Aがいう「もう一枚」に当たる物を含んでいる選択肢を選びます)、
3)は迷わせます。

ポイントは、Bがいう、


B:그럼 주말에 함께 찾아보는 건 어때요?


この中の 찾아보다 をどう解釈するかです。
具体的には、「探してみる」あるいは「訪ねてみる」ですね。

これにより①か③に絞られますが、찾아보다 は「探してみる」で、
その目的語は、A1つめにある、


A:혜인 씨도 집을 옳긴다고 하셨죠? ≪海仁さんも引っ越すとおっしゃってましたよね?≫


この中の「家」です。


そして、(  29  )には、


B:민지 씨도 이사하시려고요? ≪旻智さんも引っ越しされるおつもりなんですか?≫


これに対する理由が入ります。


いい意味で迷わせる、なかなかの良問です。
来年度の出題形式改訂では、会話文問題が聞き取りにごっそり移るのではないかと予想していますが、
このパターンは、当校的に問題作りの参考になります。




ではいよいよ、第8問~第10問の文章問題を見てみます。



文章問題に取り組む時の原則として、‘問いを先に読む’というのがあります。
今回の出題ですと、



第8問

【問2】깔끄미 박스 の説明



と1問だけですが、これから自分が読む文章の内容がおぼろげでも分かりますよね。
あと、内容一致問題では、各選択肢も見ておきましょう。


そして何より、今回久しぶりに出題された、第10問の挿入文問題です。

執筆時間の都合上、文章問題全てを解説することはできないので、
この2問を振り返っていきます。




第8問【問2】を見てみます。


もしこれ自体をご存知でしたら、あるいはこれ1語である程度イメージできたら、
かなり有利ですね。


깔끄미 本来の表記は 깔끔히 だなと思い出しておいて読んでみますと、
はじめに、(  34  )に入る文句も含めて、これの良さを謳うための、
前振り的状況が提示されていますね。



혹시 책상 밑 콘센트 주위에 복잡하게 얽힌 전기 코드 때문에 고민하시는 분은 안 계신가요?

사실 그냥 두고 써도 되지만 눈에 거슬려서‘(34 이걸 어떻게든 정리해야 할 텐데)’라고

생각하시는 분도 많으실 겁니다.


≪もしかして、机の下にあるコンセントの周りに、ぐちゃぐちゃに絡んだ電気コードでお悩みの方はお

られませんか? 実のところ、そのまま置いておいて使ってもいいけど、目に付いて「これ(=電気

コード)をどうにかして片付けないといけないんだろうけど」とお考えの方もたくさんおられると思

います≫



となると、깔끄미 박스(すっきりボックス)は、これらの反対内容を述べるなと分かります。
ここまで読んで、【問2】の選択肢を見て解答できたら素晴らしいですね。
③④が消えて、①②の3択にできます。

③を消したところには思い込みがあるかもしれません。
③はつまりコードレスということですが、
電気コードはあることが前提だというのは、普通に考えて分かります。


そして、この後 깔끄미 박스 という語が出てきて、これ自体の説明がされますが、


「電気コードが見えないように置いて使うことができる」

「若い女性が好むデザイン」


これで、1回の読解で解けますね。


ここでのポイントは先の通り、日本でも商品を宣伝する時によく用いられる文脈を使って、
途中で選択肢をある程度取捨し、残りの文で1つに決めようということです。




続いて、第10問【問1】の挿入文問題を検討しましょう。

さっそく、挿入文を見てみます。



그렇다고 해서 살찐 사람은 탄산음료를 많이 마셔도 괜찮다는 말은 아닐 것입니다.


≪だからといって、太った人は炭酸飲料をたくさん飲んでもいいというわけではないと思います≫



冒頭が指示語なので、直前の内容を指すんですね。
そして、〔引用形 + 否定表現〕は<反対関係>の文脈を結び、具体的には[譲歩]です。



「 ? 」

  ↑

그렇다고 해서<反対関係>

  ↓

「太った人は炭酸飲料をたくさん飲んでもいいというわけではない」



このように設計図を思い描きつつ、
挿入文の後文には、このことの[論証]あるいは[具体説明]がくるはずで、
それも考慮に入れつつ、はじめから読んでいきましょう。


で、読んでみると、何のことはありませんでした…

(A)~(C)は文前半に立て続けに出てきて、しかも一文ごとですね。
そして、この間に「炭酸飲料」云々について全く語られていないので、
選択肢がどこにも入りません。


TOPIKでは恒例の挿入文問題ですが、これについてはTOPIKの方が難しいです。
さらに、文法的・文脈的根拠がすごくはっきりした問題が多いです。

やはり、TOPIKは受験者の母語を問わないし、あらゆるノンネイティブへ、
日本語ネイティブにはいまいちピンとこない、体系的で客観的な文法教育をし、
現地で学ぶことを前提にしているのもあって、それを明確に示す形で問題が作られているからです。


難易度は前回並みです。どれくらい読み取れましたか。



では、最後の翻訳問題です。


まず第11問・韓日訳で、
1)では 하도 が[強調][超過]を修飾する副詞だと、知っていることを求めてきています。

2)と3)は平易で(ご質問があればお寄せください)、
4)は、前回も出題された、ㄹ 수가 있어야지 ですね。


今回の解説では触れていませんが、 지 그래 にも共通することで、
ここで毎回確認する、



〔지 が<反対関係>を結ぶ〕



文法により、집중할 수가 있다 の<反対>、つまり「集中できない」です。




次の第12問・日韓訳では、1)でどのように観察されたかが気になります。
それは具体的に、ぱっと見て正答が分からなかった場合、


“③が怪しいなぁ… 慣用句っぽいし…”


と想像されたかです。

素晴らしいです! それも立派な対策学習です。
そう想像されたのには、これまでの学習に基づく明確な根拠があってされたはずだからです。



あと、3)は決まり文句です。
問題にある「残りわずかです」や、「あと少しです」はこう言います。


この類いには、


〔 [日本語の名詞好き] と [韓国語の用言好き] 〕



が反映していて、この概念は特に、翻訳や作文をする時にとても有効なので利用しましょう。



前回の解説でも触れたことで、3級から準2級にステップアップし、
この翻訳問題で見えてくる違いとしては、3級に比べると、


〔日本語が逆に正解を遠ざけてしまう〕


ということです。

トウミや辞書に載っている訳そのままで出題されることが皆無な中、
そこから一歩前に出た解釈ができてこそ、正答に近づくんですね。



そういう意味では、翻訳そのもの楽しさを味わうためにも、やはり自分の手で訳すようにしたいです。
さらに、よい日韓訳例/韓日訳例にたくさん触れたり、特に日韓訳では根本的に、


‘言うか言わないか’


もその都度問い質したいです。

いわゆる「日語日訳」することなく、元から自分で訳せるようになっていれば、
あとは自分が出した結果(訳)に近い、あるいはもしかすると同じ選択肢句を選べばいいので、
選択肢を頼りにする解答とは、正解率が段違いです。




ということで、準2級・筆記問題を見てきました。


ハン検では3級から準2級の間が、ある意味最大の壁です。

単純に合格率を見れば、2級が格段に低いので、ここが最大の壁かなと見えそうですが、
準2級から2級を目指す時点で、ご自身の中で韓国語の‘自由度’がかなり出来上がっていて、
それはかつての講師や、2級を目指している方々もそうでいらっしゃるので、
韓国語の学習段階に照らし合わせれば、それはやはりここ準2級ですね。


もし、そうできている実感がご自身に無かったら、
勇気を持って4級,3級に戻り、それらを完璧にできるようになるまで、復習しましょう。

復習自体は、どのみち一度やった所なので、短時間で終わらせられます。




そして、この解答速報解説での恒例確認事項で、理想的な学習順序である、



〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕



と学び、この中で〔やってみる ⇔ できる〕を繰り返しましょう。


より具体的には、



〔分かる : 解説が丁寧な理解系テキストを熟読する〕
(理解)


〔やってみる : 1.「分かる」学習の後に問題を解いて説明を読み、知識と解答技術を覚える〕
(インプット)  2.分野別(語彙・発音・接続表現・文章・翻訳・聞き取り)で練習する


〔できる : 過去問や対策問題集を実際に解き、解けなかったものはインプットに戻す〕
(アウトプット)



の学習順序を粘り強くやり、全問正解できるようになるまで繰り返しましょう。

そして、この準2級からは、それらに未出事項をプラスしていきます。


選択肢を選び、問題文・選択肢の日訳をせずに終了という学習では、
何百問,何千問解いても身に付きませんね。

「分かる」の部分は時間がそんなにかからず、ここで学ぶことを覚える必要はありません。
覚える作業をするのは「やってみる」で、「分かる」で使う教材は「やってみる」の参考資料にします。

ちなみにここでは、教室でのことで「授業」と「学習活動」を区別して解釈しています。




ハン検・TOPIK対策でよくある、過去問中心の対策学習は、
本来〔分かる → やってみる〕学習を十二分にした後にやるべきで、
特にハン検では、過去の出題傾向からすると、それだけでは足りませんね。


語彙問題での解説で確認した通り、準2級そして2級,1級ともなると、
過去問中心の学習は、


『次受ける時に出ない語句を覚えようとしている』


からです。


あと、過去問中心の学習は、〔やってみる〕をやみくもにおこなうだけになり、
先の、全問正解を目指した反復学習でも、単に正答を覚えて満足しがちで、
二度と出ない(であろう)問題なのに、正答(しかも選択肢の番号まで)を暗記して、
それで勉強したと思ってしまうからです。


正答を覚えても意味が無く、正答に至る過程を理解してこそ、次受ける試験で類題が解けます。
そして、先の‘正答に至る過程を理解する’ためにも、
特に〔やってみる ⇔ できる〕過程では、


『リーズニング』


という、解答理由(私はなぜ~番を選んだか)を書き留めたり、誰かに説明する学習をします。

その時には、間違ったら誤答した理由も確認して、ノートに書き留めておきましょう。

添削と解説を読んで完全に理解し直した後、間違った理由をできるだけ具体的に書き残しておきます。
「単語ミス」「聞き取りミス」ではなく、


「不規則活用の理解不足で誤解した」

「未来の話題なのに、過去として解釈してしまった」

「自分の思い込みで解答してしまった」

「訳を無理矢理当てているうちに結局分からなくなった」


といった具合にです。


できなかった問題は、できるようになるまでやりましょう。
それができなければ、さらに必要になる初見問題はできない可能性が高いからです。



『リーズニング』が完璧にできるようになると、自分で出題傾向を掴むことができます。
それは例えば、結局何を訊いてくるのかとか、選択肢の作り方、
あるいはそれに繋がる、‘正解の出し方’‘問題作成者が仕組んだ間違いのさせ方’などですね。
あと聞き取りですと、リスニングならではの問題文のパターンも分かったりします。


このような学習を積み重ねて、次の2級も是非挑戦しましょう!!

それを実現させるために、上に書かれたことを実践されても、
具体的にどんなカリキュラムと勉強方法、そしてどれくらいの勉強ペースでやっていけばいいか、
よく分からないという方は、ぜひご相談ください。



余談で、講師個人は毎回、この解答速報を書かせていただける時の度に、
自分はこの間成長したか、新しい物事を身に付けて積み重ねられたかと問い質します。

今回、準2級を受験された皆さまにおかれてはいかがでしょうか。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


                     ――――準2級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  準2級

   聞取問題

 [1] 応答文を選ぶ

 1) 남:김치찌개에 공기밥만 하나 더 시킬 수 있나요?

   여: (                      )

  ① 네, 추가 가능합니다. 

  ② 따로 가는 건 불편할 것 같습니다.

  ③ 벌써 식어 버렸어요.    

  ④ 늘 먹던 걸로 주세요.


                解答 ①



 2)남: 머리가 많이 길었네요. 어떻게 해 드릴까요?

   여:  (              )
 
  ① 두통이 나서 너무 힘들어요. 

  ② 머리는 따로 포장해 주세요.

  ③ 이제 드라이어로 말리기만 하면 돼요.

  ④ 앞머리만 다듬어 주세요.


               解答 ④



 3)남: 부탁하신 내용의 보고서입니다. 늦어져서 정말 죄송합니다.

   여: (                   )

  ①하필이면 왜 오늘 늦었습니까?

  ② 그 동안 하시느라 고생 많았어요.

  ③ 보고서는 아직 멀었습니까?

  ④ 그래서 부탁은 들어 주시는 건가요?


               解答 ②



 4)남: 다 큰 사람이 물건을 훔치면 어떡합니까?
 
   여: (                     )

  ① 범인이 다행히 잡혔대요.

  ② 다시 한번 잘 찾아보세요.

  ③ 딱 한번만 용서해 주세요.

  ④ 저는 아직 키가 작아서 괜찮아요.


         解答 ③



 [2] 文の内容を表すもの

 1)알고 보니 저랑 같은 학교를 나왔더라고요.


        解答 ④



 2) 한 귀로 듣고 한 귀로 흘리지 마세요.  


                   解答 ②

    

 3)  장모님을 댁까지 모셔다 드렸어요.    


                   解答 ②
   

 
 4)  시작도 하기 전에 겁부터 내면 어떡합니까? 


         解答 ①



 [3] 1) 題名として適切なもの

  도서관은 책을 몇 권 소유하고 있는지가 자랑이라고 할 수 있죠.
 
 그런데 책이 대량으로 처분되는 경우가 있다고 합니다. 그 이유는 

 공간이 부족하거나 책의 무개 때문에 건물 안전성에 문제가 생겨

 서라고 합니다. 또 전자책이 급격히 늘고 있는 것도 하나의 이유

 랍니다. 

            
         解答 ②



 2)内容と一致するもの

  부산시는 모레부터 전기로 움직이는 시내 버스를 운행한다. 부

 산시는 새로운 노선을 만들어 전기 버스 다섯 대를 운행할 것이라

 고 밝혔다. 하루 2,3회 충전으로 왕복 20km를 20분 간격으로 운

 행한다. 운행 결과를 봐아 가며 전기 버스를 점차 확대할 것이라고 

 한다. 
    
            	
          解答 ③



 3)女性の考えと一致するもの
 
 남: 손님, 이건 새로 나온 제품입니다. 어떠세요?

 여: 지금 쓰고 있는 노트북도 산 지 2년밖에 안 됐어요. 

 남: 2년전 것보다 성능도 좋아지고 기능도 많아졌어요. 

 여: 저는 인터넷만 되면 되는데요. 


        解答 ④



 4)内容と一致するもの

 남: 집들이 하느라고 수고했어, 여보. 

 여: 내가 뭘. 병에 맥주가 많이 남았네. 고기 양념할 때 써야겠어요.

 남: 고기 양념할 때도 맥주를 써?

 여: 그런가 뵈요. 와인처럼 고기를 연하게 해 주는 효과가 있대요. 


        解答 ③



[4]  
1)内容と一致するもの
  안녕하세요? 오는 토요일 행사장 약도를 첨부 파일로 보내드립

 니다. 당일은 눈이 내릴지도 모른다고 하니 여유 있게 일찍 나오

 시기 바랍니다. 차로 오시는 분들은 무료 주차권을 드리니 접수처

 에서 받아 가십시오. 


  ① 행사는 원래 예정보다 30분 일찍 시작할 것이다.

  ② 행사장 안내 지도를 우편으로 부치려고 한다.

  ③ 오늘 눈이 내려 도로 사정이 안 좋을 것이다.

  ④ 행사 참가자는 공짜로 차를 세울 수 있다.


         解答 ④



 2) 内容と一致するもの

  조언이라는 건 상대방에게 자기 의견을 이야기하고 상대방의 

 고민을 들어 주고 같이 아파해 주면 되는 것입니다. 상대방이 내 

 말을 안 들어도 그만입니다. 그것을 내 뜻대로 하기를 강요해서는 

 안 됩니다.


  ① 조언을 받아들일지 결정하는 것은 상대방이다.

  ② 내 말을 안 들어도 상관 없으니 조언할 필요도 없다.

  ③ 상대방을 설득시키는 것이 조언이다.

  ④ 상대방의 고민에 무조건 의견을 제시해야 한다.


           解答 ①



 3) 内容と一致するもの

 남: 저녁 식사를 예약한 김민구라고 합니다. 

 여: 예약 시간보다 많이 늦으셨네요. 손님께 전화하려던 

   참이었습니다.

 남: 늦게 출발한 데다가 길을 헤매는 바람에 도착이 늦었어요. 

 여: 처음 오시는 분들은 저희 가게를 찾기 어려우실 겁니다.


  ① 여자는 남자에게 전화를 했다.

  ② 여자는 날씨가 안 좋아서 걱정을 했다.

  ③ 남자는 레스토랑을 찾는데 시간이 많이 걸렸다.

  ④ 남자는 이 레스토랑에 자주 오는 편이다.


                    解答 ③



 4) 2人がどこにいるのか

 남: 이번에 출간 예정인 책 원고는 도착했나요?

 여: 아직 못 받아서 작가한테 전화를 하는데 안 받네요. 

 남: 아니, 어제가 마감일인데 아직 안 왔다니요.

 여: 지금 제가 작가 집으로 가 보겠습니다. 


  ① 서점    ② 작가 집    ③ 무역 회사    ④ 출판사


                    解答 ④



 [5]  日本語訳を選ぶ

 1) “다 털어놓는다 하더라도 그 사람이 믿어 줄지 걱정이에요.”

   の “다 털어놓는다”
          
  
         解答 ②
    

           
 2) “무리하면 몸살이 나는 법이다.”  の “몸살이 나는 법이다.”    


          解答 ①



 3)남: 사장님한테 이 밀은 꼭 해야겠어.
 
   여: 너 눈 밖에 나고 싶어? 그냥 가만히 있는 게 좋아.

   の “눈 밖에 나고 싶어?”


         解答 ④



 4)여: 아까 선배가 너한테 부탁할 거 있다던데.
 
   남: 또?  이번에는 단칼에 거절해야겠어.

   の "단칼에 거절해야겠어."


         解答 ③




[準2級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>やや難化(問題により易化あり)。

<問題量>前回並み。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




今回の受験、おつかれさまでした。
まずは、今回の問題で、どれだけ聴解できたかを確認しましょう。


と同時に、


『試験問題解答のためのリスニング』


もどれだけできたかを振り返っておきたいです。
試験問題解答では、聞きながら問いに対して答えるという作業が別途あるからですね。




ハン検準2級に合格し、上級へとステップアップするために、
次のことにこだわって練習していきたいです。



1.聞いて分かる語句の量を増やす(音読・シャドーイング・ディクテーション)


2.「リスニングの読解力」を鍛える(聞こえてきた音を‘文脈’で捉えるようにする)


3.聞きながら正答を導き出すための作業法



音声をただ聞くのではなく、正答を出すための情報を、
問題用紙に書いてある問いと選択肢を利用して選別し、目的を持って聞きます。


背景知識を総動員して先を予測しながら、
特に、母音を中心に聞き取る私達日本語ネイティブにとって重要なことで、


「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」


そして、内容を要約できるよう、何度も練習しておきたいですね。




前回の解説でも確認した通り、リスニング試験での合い言葉は、



「‘聞かされる’のではなく‘聞く’」



です。


それでは、今回の問題はどうだったかを、限られた時間での執筆ではありますが、
振り返ってみましょう。




第1問の応答問題は、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則を使います。

と同時に、筆記の解説で確認した通り、
このリスニング問題を優先的に理解できるよう、練習を積み重ねましょう。


準2級で問われる‘完全な日常会話’を、
例えば問題文のような感じでできるようにしていきたいですね。



<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則って、問題音声を捉えていくと、
1)では、男性が 공깃밥(ライス)だけおかわりできるかと訊いていますから、
その条件についてどうこう答えるだろうなと、耳を用意しておきます。

副詞 더 が重要ですよね。濁音(有声音)で聞こえます。


解答は簡単で、①以外はその条件に合いません。
というより、無関係な返答ですよね。

3級・聞き取りで確認した、不正答選択肢の作り方1.に相当します。



次の2)は、韓国発行のテキスト「イージーコリアン」で、同じようなやり取りを見たことがあります。
前回もこのテキストから、会話文がほぼそっくり出題されていましたね。

③ではないです。男性が女性の髪をどうこうするのはこれからだからです。



そして3)で、女性は男性が謝罪したことに対して答えなければなりません。
文中に知らない語句が多少あっても、今やおなじみの 죄송합니다 が聞こえてきたわけですから、
それだけでも押さえられるようになっていたいです。


正答選択肢では、하필이면 を聞き取りなさいといっていますが、
不明な語句があっても聞こえてきた 왜 と疑問の語尾から、
謝罪に対して詰問しているなと捉えて、解答できると最高です。

③で、同じ 보고서[報告書] が聞こえてきても、
これまた今やおなじみの 아적 멀었어요(問題文では疑問形) から、
それはまだ出来上がっていないことが分かります。
問題文では「報告書」の修飾部で過去連体形が聞こえる一方で、例の「まだまだです」だからですね。


聞こえてきた語を正答としてしまう傾向がどうしてもある中で、注意したいです。



4)は反語表現です。注意が必要です。

다 큰 사람 は日本語でいう「大の大人」みたいな句で、
あとは 훔치다 の聞き取りも求められていますが、
とにかく、相手を詰問している(主語2人称)ことだけは押さえたいです。

そうすることで、よく聞き取れなくても、解答の筋道がある程度見えてきます。



聞こえてきた語句の確認と共に、
<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則った解答(解釈)も一緒に確認したいです。

それができれば、文中で知らない語・分からない語が聞こえてきても焦ることが無くなります。
通常の会話と、試験問題での会話は別物です。


そして、音声での会話理解を優先したいですね。難易度は前回並みです。




では、第2問の句置き換え問題で、事前選択肢チェックの精度が試されます。
問題文が、20秒ごとに次から次へと読まれますからね。



1)では、語句的に難しくないものの、
학교를 나왔다 の部分で発音が流音化していて、もしかすると戸惑った方がおられるかもしれません。

一方で、冒頭で聞こえてきた音から、④かなと早合点しない方がいいです。
これまでの出題傾向から、あくまで全文を聞いて選ばせるからです。
ここでは、幸いそれで正解ですけどね。



続く2)はいわゆる[否定 ⇔ 肯定]の言い換えですが、
聞こえてきた慣用句は直訳解釈がOKで、各選択肢も短いので、
正解率は高いと思います。



そして3)では、③が他の選択肢と違う内容なので、これではないなと一応予想しておき、
問題文は 장모님[丈母-]を聞き取るというもので、ドラマとかで覚えられたでしょうか。


4)は常連さんの 겁을 내다 です。


ここの難易度は前回に比べて、若干易化しています。




では第3問の、短めの対話文と文章を聞き取る問題です。


読解問題でいうリードが問いに書いてありますので、
この問題まで進むまでに、合間合間できちんとチェックしておきましょう。



1)題名を選ぶ


3)女性の考えを選ぶ


もちろん、各選択肢のチェックは必須ですね。
合格点を出すためには、基本的な韓国語リスニング力同様に、場合によってはそれ以上に重要です。

問題解答においては、全て聞き取れなくても、
解答のためのリスニングができていればいいです。振り返りましょう。




1)の選択肢が短いです。
これくらいなら、問題文が流れてくる前に全てチェックできたかを振り返りましょう。

主語部分には「図書館」「本」「電子書籍」とあります。
文の題名を選ぶということですから、頭の中で、


“何について一番語るかなぁ… ②と③の主語が「図書館」だから怪しいなぁ…”


とか唱えながら耳を傾けましょう。



正答は、内容を聞き取りさえすれば明らかです。
もし聴解できない語句がいくつかあっても、この音(語)だけはキャッチしましょう。



도서관은 책을 몇 권 소유하고 있는지가 자랑이라고 할 수 있죠.그런데 책이 대량으로 처분되는 

경우가 있다고 합니다


≪図書館は本を何冊所蔵しているかが自慢といえますね。ですが、本が大量に処分されるケースがある

そうです≫



ここでの 그런데 で、<反対関係>の文脈の下、
ここ以降の内容が強調されると、頭を動かす必要があります。

専門用語で「情報構造の論理」といいますが、
그런데 の聞き取りなんてのは、今や雑作も無いですよね。


そこで、그런데 以降に耳を集中させ、聞き取れた語句をかき集め、
「あ、こういうことを伝えてるんだろうなぁ」と想像できると、
きちんと聞き取れないことへのストレスが減ります。


ハン検に限れば、これから2級,1級と、内容が複雑な文のリスニングを要求されます。
要領よく聞き取りたいですね。



続く2)は内容一致で、選択肢を見れば、釜山での電気バス運行云々の話のようです。

ところで、この中で④は正答ではないだろうなと、はじめから予想しておきましょう。
3級・聞き取りの解説で掲げられた、不正答選択肢の作り方にプラスして、



4.例外を許さない言葉がある選択肢はほぼ不正答



に該当するからです。
なんとな~く見ると正答っぽいんですが、それ1語あるために不正答という作り方です。
他の試験でも恒例だったりします。

結果論っぽく聞こえそうですが、ここでもそうですよね。


そして、①が引っかけです。電気バスの運行はこれからされるからです。



続く3)は会話文で、女性の考えを選ぶということなので、
自然と、女性の発話に注意して聞きます。

各選択肢には 노트북(ノートパソコン)があるので、これについて言うんでしょうね。


会話を聞いて、女性は店員と話していると分かり、女性の考えが表れているのは、


여:저는 인터넷만 되면 되는데요. ≪私はネットができればそれでいいんですが≫


①②は(2.)で、③については語られていないということで、消去法で解けました。



そして4)の会話文問題は、①が男性について、そして④が女性についてなので、
ここも男性女性それぞれの発話で、選択肢を取捨できるかもしれません。



④ → 女性1つめ : 내가 뭘.병에 맥주가 많이 남았네.고기 양념할 때 써야겠어요. ×

≪たいしたことないわよ。瓶にビールがたくさん残ってるわ。肉の味付けに使わなくちゃ≫


① → 男性1つめ : 고기 양념할 때도 맥주를 써?  ×

≪肉の味付けにビールを使うの?≫



①④共に(2.)のタイプです。




続いて、第4問です。


毎回確認していることで、文章でも会話文でも、まずテーマを掲げる冒頭文が大切です。

会話文ならはじめの発話で、この部分(一文)を2度の聞き取りで100%理解しておくよう、
耳を傾ける必要があります。

基本的に、問題文の内容がどういうものなのかを、聞く前に推測できないからです。
今回なら、前回と同じで、


4)「二人がいる場所」


と、聞き取るべきポイントを教えてくれていても、その他は内容一致ですから分かりません。
冒頭文の聞き取りに全力を傾けましょう。



そしてここからは、ある程度メモを取る必要があります。

メモの取り方を研究しておきましょう。
といっても、ディクテみたいなことはしなくていいです。


ある程度の長さがあるので、一にも二にもメモの取り方が勝負を左右します。
もちろん、1回目の朗読でのメモり方と、2回目でのメモり方は、ガラリと変えなければなりません。

ちなみに、選択肢のメモまでは不要です。
というより、そんな余裕は事実上無いはずです。
メモを見ながら、あるいは頭に残った短期記憶と、聞こえてくる選択肢を直接対照させましょう。



まず1)の、文テーマを選ぶ問題で、冒頭文に集中します。



안녕하세요? 오는 토요일 행사장 약도를 첨부 파일로 보내드립니다.

≪こんにちは。今度の土曜日のイベント会場地図を添付してお送りします≫



選択肢も聞き取る関係上、これを聞き取れないと正解率が下がるので、本当に集中しましょう。
たとえ、もう1回読んでくれてもですよね。


で、何らかのイベントがおこなわれる会場について語られるようで、
イベントの内容について語られるのか、もう周知のこととして触れられないか、
そしてどんな会場なんかなぁと頭で巡らせながら引き続き聞くと、
そこについての重要な情報が、最終文で語られます。



차로 오시는 분들은 무료 주차권을 드리니 접수처에서 받아 가십시오.

≪車でお越しの方は、無料駐車券を差し上げますので、受付でお受け取りください≫



準2級ならではのリスニング力を訊いてきてはいます。メモはどれくらいできましたか。
このあたりの正誤を訊いてくるんだろうと、メモを頼りに選択肢を取捨しましょう。

実際に、この最終文が正答根拠です。



続いて2)です。
ここも単なる内容一致を選ぶ問題なので、冒頭文に注意です。



조언이라는 건 상대방에게 자기 의견을 이야기하고 상대방의 고민을 들어 주고

같이 아파해 주면 되는 것입니다.

≪アドバイスというのは、相手に自分の意見を話し、相手に悩みを聞いてあげて、

 痛みを共にすればいいのです≫



この手の問題文は難易度が高かったりするので、聞いていると「うっ」と緊張しそうです。
続く文が、



상대방이 내 말을 안 들어도 그만입니다.그것을 내 뜻대로 하기를 강요해서는 안 됩니다.

≪相手が自分の話を聞かなくてもいいです。それ[=相手が自分の話を聞くこと]を自分の思い通りに

 強要してはいけません≫



文章展開はほぼ無いものの、内容がやや複雑なので、問題文が短めなのかもしれません。

④には、先の、


4.例外を許さない言葉がある選択肢はほぼ不正答


で、②が紛らわしいですが、


② 내 말을 안 들어도 상관 없으니 조언할 필요도 없다.

≪自分の話を聞かなくても関係無いので、アドバイスする必要もない≫


文後半が(2.)に属します。



続いて3)の会話文で、まず男性はどんな話題について話すんでしょうか。



남:저녁 식사를 예약한 김민구라고 합니다.

≪ディナーを予約した金珉九と申します≫


レストランかどこかなんでしょうかね。聞き取り的には問題無いと思います。

そして、金さんは予約時間に遅れたそうで、その理由を言い、
最後に女性店員が、



여:처음 오시는 분들은 저희 가게를 찾기 어려우실 겁니다.

≪初めてのお客様には、当店は探しづらいと思います≫



先の遅れた理由もさることながら、ここにも重要な情報が入っています。
メモはあくまで簡潔でいいので、書き残せるだけ書き残しましょう。

不正答根拠2.選択肢は要注意ですね。
問題文を全部暗記できればいいですが、きちんと残しておかないと対照できないからです。


前回と比べて、問題文の字数はほぼ同じながら、難易度がやや難化とします。


各選択肢の正答/不正答の差異が明らかでも、
リードが無いまっさらな状態から、これらの内容を聞き、メモも取って解答するとなると、
なかなか難しいですね。

メモの仕方自体も、普段から練習しておきたいです。




では最後の、第5問・日訳問題です。

事前の選択肢チェック法はいろいろあると思いますが、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○,□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



これらの作業をしておいてから、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



1)では、①③「全部」②「全て」とあり、この3択なんでしょうね。
④も「みんな」と、同じ意味のようですが、使う語が変わる余地があります。

そして、聞き取りなさいという語は 털어놓다 です。


〔털다(はたく) + 놓다(置く –状態変化・英語 put に相当-)〕


の合成語で、言葉を(はたいて)その状態に(置く)ので「打ち明ける」なんですね。


ちなみに、놓다 の詳しい解釈については、こちらをご覧ください。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/64249376.html

https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/64398374.html



このことにより、「置いておく」が 놓아두다 で、두어놓다 でない理由が分かります。


あと、講師が今回試験の1週間前に参加した、

『第8回 日本韓国語教育学会学術大会』 http://jakle.main.jp/

で、名古屋韓国学校の金奈淑先生が、놓다 そして 두다 についての研究発表をされていました。


https://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/65200631.html



続く2)は 몸살이 나다 と ~는 법이다 を問う問題で、
3)では慣用句が聞こえてきましたが、
最悪聞いて知らなかったとしても、問題文を日訳で見てしまうと、



男:社長にこれだけは絶対言ってやるよ。

女:あんた(        )? じっとしてた方がいいわよ。



訊かれている部分以外については、반말 を除いて語句・スピード共に3級レベルです。
こう理解できれば、‘日本語だけで考えて’④しか入りませんよね。


そして4)も、同じ要領で解くことができますね。



ところで、3)4)での解法は、あくまでこの試験で‘得点’するためのものです。
ぺラぺ~ラのためには、もちろん文を聞いて自分で訳せるようにし、
シャドーイングとディクテーションもしましょう。



ということで、準2級・聞き取り問題が終了しました。
全体的難易度は、前回に比べてやや難化しています。



先に確認しました、



1.聞いて分かる語句の量を増やす(音読・シャドーイング・ディクテーション)


2.「リスニングの読解力」を鍛える(聞こえてきた音に‘文脈’が見えるようにする)


3.聞きながら正答を導き出すための作業法



を磨けるだけ磨き、次の2級,1級そしてTOPIKⅡ(中高級)を目指しましょう。

それらの作業を継続しつつ、今回の問題を答え合わせして終わらせてはもったいないので、
正答を求めて問題文を聴き直したり、一旦問いから離れて、
問題文中の語句,流れ(文脈)を隅々まで理解する努力をしたいです。




準2級では、独学環境が徐々に整備されて(これは逆に当校にとって脅威ですけどね<汗>)、
聞き取り対策でも、選択肢の性格や、聞き取り試験で押さえるべき語句を提示してくれているなど、
参考になることも提示されていて、それらは大いに利用したいですね。

一方で、それらの丸暗記で終わらず、筆記の解説でも確認した、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の学習順序と、


『リーズニング』


をやりましょう。


『リーズニング』を経て、解答するにおいての必要な知識と、問題の見方/聞き方そして捉え方を、
逐一チェックしていきましょう。

もちろんリスニングであれ、間違った理由も確認し、ノートに書き留めておきましょう。

筆記問題の解説でも確認した通り、
こうしていくことで、リスニングならではの問題文のパターンも分かったりします。


その一方で、先の「リスニングのコツ」のように、
試験問題解答では、1語1語に執着すると頭と手が止まってしまうことが結構あるので、
内容全体をつかんで聴解する術(すべ)も、正しい順序で身に付けていきたいですね。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


       ――――――――――――――――――準2級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  3級

   筆記問題


 [1] 1)③  2)①  3)④



 [2] 1)④  2)①  3)③  4)①  5)③  

   6)②  7)①



 [3] 1)④  2)①  3)②  4)④  5)①



 [4] 1)①  2)④  3)③  4)②



 [5] 1)②  2)①  3)② 



 [6] 1)③  2)②  3)④  4)①  5)④



 [7] 1)③  2)④  3)①



 [8]  1)本文の日本語訳

  ジフンさんへ
  久しぶりに書いて見る手紙です。ジフンさんが目の前にいれば言葉
 が出ないようなのでこうやって手紙で自分の気持ちを伝えるようにな
 りました。ジフンさんに会ってこの人と一生を共にしたいと感じる時
 が多かったです。(          )ジフンさんもわかってい
 るでしょうが、私の家は子供が私したいないじゃないですか。それで
 私が両親の仕事を手伝わなければならないのでジフンさんの言葉を受
 け入れることができないようです。私でなくてもジフンさんを大切に
 考えてくれるよい人が現れるでしょう。ぜひ幸せになってください。

                 2017年10月9日 ソヨンより


      【問1】 ④       【問2】 ①

 

 [9] 対話文の日本語訳

   客 :先週予約をしましたが、キム・ミンホと言います。

 ホテル職員:少々お待ち下さい。今確認してみます。お客様、すみ
       ませんがその名前では予約がされていません。

   客 :私が確かに旅行会社を通して予約をしたし、お金も支払
      いました。ここに領収証もあります。 
 
 ホテル職員:本当に申し訳ありません。私共のほうでミスをしたよう
       です。一人でご利用のお部屋でしたらご案内できますが。

   客 :(     )

 ホテル職員:はい、かしこまりました、すぐご案内致します。


      【問1】 ②      【問2】 ③



 [10] 本文の日本語訳

       さくら大学2017年度外国人入学資格について
 
  日本以外の国で生まれ育った外国人で、学校教育12年課程を終え
 た人だけが入学資格がある。ただし日本で3年以上日本の学校に通
 った場合は資格がない。日本語の成績に関しては日本留学試験
 (EJU)または日本語能力試験(JLPT)の結果を提出しなければな
 らない。1次試験合格者は2次試験として面接があるので、必ず参加
 しなければならない。気になる点があれば学校のメールや電話で連
 絡すればよい。


       【問1】 ①       【問2】 ②



 [11] 1)②  日本語訳:彼は事実だといったが、言葉のつじつま
            が合わなかった。

   2)④  日本語訳:最近信じがたいニュースが多くて不安
             です。

   3)①  日本語訳:薬を飲んで数日たっぷり休んだら風邪
             がすっかり治りました。



 [12] 1)②    2)④    3)①




[3級・筆記試験の解説・講評]


―前回との比較―

<難易度>やや易化(難化した問いもあり)

<問題語数>前回と同じ。

<問題内容>前回と同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



ハン検5級,4級と受験し、一般的にはこの3級で「世界が変わる」のを感じます。
ほとんどの方が、急に難しくなるという感想をお持ちで、かつての講師もそうでした。


試しに、問題文の日訳だけを見てみてください。
“これらを韓訳すると…”と思うと、結構な難しさを感じるのではないでしょうか。

もちろん、楽々クリアできたら素晴らしいですね。



解答速報という場なので、時間を削っての執筆ではありますが、
今回の3級・筆記問題を振り返ります。




第1問の音声問題で採り上げられた項目は、3級で主に問われるものを挙げると、


ㄹの鼻音化・パッチムの子音化・漢字音ㄹ後の子音濃音化


です。


前回は、

ㄹの鼻音化・パッチムの子音化・漢字音ㄹ後の子音濃音化

で、同じ構成です。
2)のパッチムの子音化(‘絶音化’ともいわれますね)は、ここ最近連続で出題されています。



ここ3級,そして次の準2級まで問われる発音問題(2級,1級にはありません)は、


〔語の成り立ちを音で伝えるための発音ルール〕


を主に問うています。

結局、発音ルールを問いながら、同時に語彙も問うているという2つの側面を持っています。
3級と準2級は、その種類・数の違いです。


この類いは、日本語にも『連濁』というのがあり(本 + 棚<たな> → 本棚<ほんだな>)、
結局のところ、‘なぜその発音ルールが動いているか’までを知ることで、
知識が単なる暗記ではない、発音ルールの存在理由と根拠を持った知識として、
より深く理解できる形で身に付き(‘覚える’とは違います)、他に応用できます。


2)でのパッチムの子音化も、語の成り立ちを音で伝えるためには必要なんですね。
<모사라듣께써요> では、못 と 알아듣겠어요 が別のかたまりだと伝わらないわけです。

これからは、〔語の成り立ち〕にも注目して語句を覚え、発音を捉えましょう。



そして、それを自身で確認するために、例えば、


『各問題の語句の成り立ちと、動いている発音ルールを誰かに説明できるようになる』


ことを目指したいです。


この解説の末尾で語られている「リーズニング」の一つで、



“解答は簡単。じゃあ、これが正答なのはなぜ?”


“これは単語?合成語? ここで動いている発音ルールと、その条件は?”



と、その都度問い質すんですね。

これがイメージとは違って意外と難しく、すごく勉強になります。
講師は知る限り、はじめは全くできないけど、少しずつできるようになると、
簡単に全問正解できるようになります。




では第2問の語彙問題です。



まず1)では、日本語でも決まり文句の、


「どんな‘手段’と方法を使ってでも」


ですね。



そして3)の問題文は、ご自身に言い聞かせるとして(笑)、
4)5)で慣用句が出題されています。

4)は直訳が「一日が違うように」で、トウミにある意味(訳)になるんですね。
日本語ネイティブにとって発想の転換が若干いるからか、ハン検で好まれて出題されます。


ところで、6)でBが話していることは、韓国に限らず、
どの国に行く時もこうしたいと思っているのは、講師だけでしょうか。



比較的取っつきやすい語句が出題されたので、前回よりは易化しました。
それでも、初級卒業を求めてくる、しっかりした語彙力を訊いてきますね。




続く第3問で、今回なら2),3)で問われている接続表現問題で関わってくるのは、
‘文法’さらには‘文脈’ですね。



文脈とは‘文の流れ’で、文の流れといっても、それはきちんと決まっていて、
しかも4種類しかありません。さらに絞れば3種類です。

ここでは4種類しか無い文脈を「4つの論理関係」といっています。
「論理」とは、普通に考えて分かる、事の筋道で、俗にいう‘文脈’を司っています。


例えば、


≪小枝はスーパージュニアの新曲が気になって、(     )≫


とあって、(     )に入れる文句を想像するとなると、


( ハン検対策が手に付かなかった )


と入れることができても、


( ハン検対策を頑張れた )


は成り立たないと分かります。


それより問題なのは、なぜそのように想像できるかです。
当てずっぽうは別として、感覚的であれ客観的であれ、何らかの理由で思い描いたはずです。

その根本が「論理」に基づく文脈で、それは具体的に、



(イコール関係 <前文 = 後文>)


反対関係 <前文 ⇔ 後文>


累加関係 <前文 + 後文>


因果関係 <前文 → 後文>



と4つあり、<イコール関係>は<累加関係>に含まれることが多いので、事実上3つです。
韓国語に限らず、日本語も他言語もそうです(そうであるはずです)。



普段の会話では、面と向かってやり取りしていますし、なるべく簡単に伝えたいので、
こんなことをいちいち気にしなくてもいいですね。
あるいは、言葉以外の要素で伝え合うこともできます。


一方で、試験という場で正答という一つだけ許される解釈を正確にするために、
文脈を司っている[論理]をきちんと理解し使用して、
韓国語のみならず、全ての言語に通じる4つの文脈を常に意識しながら、
韓国語の各接続表現がどういう文同士をつなぐかを‘韓国語の事情で’押さえていくと、
文法・文脈に限らない、あらゆる面で明瞭になってきます。


そんな中でも、該当する日訳で分かれば、もちろんそれでOKです。
私達日本語ネイティブにとって、それは‘特典’でもありますしね。


見方・捉え方は緩やかに、その時その時で接続表現の解釈法を有効利用しましょう。
先の<4つの論理関係>は、一種の知識整理法で、
接続表現をより正確に捉えられて、同時に覚える量を減らせる、一石二鳥の解釈法です。




まず1)は恒例の、助詞を選ぶ問題です。

「彼」に対して、직장 선배[職場 先輩] に 인생의 선배[人生- 先輩]を付け足しているので、
その文脈を結べるのは④だけです。

ちなみに、この (이)자 は用言に付くこともありますね。


1.〔名詞〕 + (이)자 + 〔名詞〕<累加関係>

2.〔用言〕 → 자 → 〔用言〕<因果関係>



続く2)は3級でおなじみの問題ですが、
③が 눕자면 で、누우면 でなくてよかったですね。

누우면 だと、正解率が下がるはずです。



そして3)5)は慣用表現で、


3)아/어 죽겠다

5)열심히 하도록 하겠습니다


4)は、


버리러 가다([ゴミを]捨てに行く) + 사 가자고 오다([トイレットペーパーを]買いに行く)


という文脈を作っています。

<累加関係>で、それを結べるのは④だけです。
ちなみに、あとの接続表現は①<反対>②<因果>③<因果>を結びます。




ちなみに、ここで触れたように、韓国語文法を‘健全に’捉える素材として、


『韓国語文法辞典』(三修社)


事実上これ1冊だけと思われます。

各接続表現・助詞について、意味(訳)を‘二の次的’に示してくれている超良書です。

いい値段はするんですが(4,600円+税)、一度手に取ってみてください。
韓国語との付き合いが続く限り、手元に置いておきたい1冊です。




では、第4問の入れ替え問題です。

今回は1)で典型の〔漢字語 ⇔ 固有語〕があり、慣用句が前回より減りました。


2)で慣用句は 입 밖에 내다 で、幸い直訳で解釈がある句です。
他の慣用句もぜひ押さえておきましょう。

同じ慣用句の4)もそうで、特に④は要チェックです。
初めてこの句を見たという方は、ぜひ覚えましょう。




続いて第5問の同義語問題で、前回と比べるとやや選びにくいところが見られます。



1)の2つめは、



◎부주의로 물건 따위를 엉뚱한 곳에 떨어뜨리다.



という意味で使われていますが、これも一定の場に置くことをせず[揺らした]結果です。



続く2)は、2つめの文から解きやすそうですが、それでも迷うかもしれませんね。
ただ、1つめで出来る慣用句は、問いも韓国語で書かれた1級,2級の問題用紙に載っています。


そして3)は1つめで、日本語にもある「器が大きい人」 で解答できます。




続いて第6問の会話文問題で、見方と捉え方は、先の接続表現問題と同じです。

一方で、前回の解説及び他級の解説でも触れていますが、
筆記での会話文問題は、実のところもう行き詰っています。

というのも、ハン検では聞き取り試験でも会話文をやっていて、
会話は本来、音であれ手話であれ、言葉が後に残らない形でおこない、
その方がいわゆる『会話』に合っているからです。


その観点からか、TOPIKでは会話文問題を止めました。
ハン検でもいずれ無くなるのではないかと思います。

語句面を適度に織り込み、ここの知識よりは、
会話全体の内容を、後に残らない形で理解できる、その度合いを測る問題になるよう、
講師個人は願っています。


で、ここでは、会話文でありながら「読解」です。

対策としては、[会話の原則]にも一応目を向けたいですね。
先の「4つの論理(文脈)」と共に、ここでは[主語人称]と[時制]にも注意したいです。



1)は簡単ですね。

AがBの発話を否定(不同意)して、작장 동료(職場の同僚)と直していますから、
同じ人を表す名詞を含んだ選択肢文を選びます。


2)も、語句も文脈もすごく平易です。


もし、A2つめの発話に 버스 が無かったら、①を選ぶ方がひょっとしておられるかもしれませんが、
まあ大丈夫でしょう。


3)も4)も、そして5)も平易です。
語句的知識も、前回以上に特別問うてきませんしね。

平易だろうがなんだろうが、正解できれば嬉しいですよね。
そうできたら、ぜひご自身を褒めてあげましょう。

そして、こういう時こそ、正答理由をきちんと捉えておき、
ただの暗記に走ることないようにして、これからの試験対策と実用に役立てましょう。



一方で、ここで解説を書かせていただいている講師にとっては、
例年に無い、この平易さが謎です。

これは上記の通り、筆記・会話文問題をカットし、
全て聞き取り問題に回す、その予告なのかなぁと‘妄想’しています。

この問題文をリスニングで理解しようと思えば、同じ問題文でも難易度が格段に上がるし、
内容的にも、こういう会話を聞き取れるようになりたいと思わせてくれます。




続いて、第7問の漢字音問題です。


最近は日本語と韓国語の漢字音にある対応関係が扱われたりしますね。

例外が多く存在し、まだ完全に体系化されていないようではあるんですが、
一応便利なので、有効利用しましょう。


それを駆使すれば、最近テキストやラジオ講座でも紹介される例(一部例外あり)の、


日本漢字音「い」「う」 = 朝鮮漢字音 ㅇ

日本漢字音「ん」 = 朝鮮漢字音 ㄴ,ㅁ


をはじめ、未知の漢字語も読み取れたりしますし、
この漢字がなぜ韓国語で(朝鮮漢字音で)こうなるかも分かるので、より実感できて覚えられます。



余談で、ある方がおっしゃるには、


「韓国人が漢字をそんなに使わないんだから、いちいち漢字まで見なくていいじゃないか!」


ということですが、これをご覧くださった皆さまはどうお考えですか。




それでは、大問が3つある文章問題です。

前回の解説でも触れたことで、ここ最近の3級・文章問題は、
短文を問題文中に入れる「挿入文問題」の有無で、おおよその難易度が設定されると見ていますが、
今回も出題されませんでした。

挿入文問題は、3級でも出題されないんしょうかね…




はじめに、問題文を読む前に問いを読むという作業をしつつ、
今回の大問では、



第10問【問1】この大学の受験資格を持つ人



1つだけですが、問いが何に注意して読むべきかを教えてくれています。

その上で、選択肢は見ずに、自分でこれを見つけて、
その後に各選択肢と対照させるという順で解けば、1回読むだけで済みます。

一方で、今回全ての問いにある内容一致問題は、先に選択肢を見て問題文を読みましょう。
これから読む問題文のおおよその内容と、何について読んでいけばいいかが分かるからです。




まず第8問【問1】の穴埋め問題で、通常は4つの文脈を問うてきます。



~ 지훈 씨가“내 아내가 되어 주세요”라고 말했을 때 정말 기뻤어요.

≪志訓さんに「僕の妻になってほしい」って言われた時は本当に嬉しかったです≫


(  31  )


지훈 씨도 알고 있겠지만 저희 집은 자식이 저밖에 없잖아요.

≪志訓さんも知っていると思いますが、ウチは子供が私しかいないじゃないでしょうか≫



文脈としては<反対>ですね。プラスの内容からマイナスの内容に流れています。
それを実現させるのは④だけですね。

ところで、④には唐突に出てきたと思える内容がありますよね。
でも、確認のために(  31  )以降を読んでいくと、上記の文に続き、



~ 제가 부모님의 일을 도와야 하기 때문에 지훈 씨의 말을 받아들일 수 없을 것 같아요.

≪私が両親の仕事を手伝わなければならないので、志訓さんの話を受け入れられないんじゃないかと≫



だからこそ④にあることが、この手紙を書いた 서연[徐蓮] の中によぎっているんですね。



【問2】は、【問1】でこう解ければ自然と解答できます。



ちなみにやや細かいことで、この問題文を「婚約破棄する手紙」と解釈されている方がおられますが、
厳密には「プロポーズ断り文」です。

婚約はまだしていないからです。




そして、第9問の会話文問題で、いずれこのような会話を実際にやりたくないですか。

ハン検3級のレベルは、いろんな言われ方がされている中で、


<自分で韓国を漫遊できる(基本的な行程で,日本語が通じない所でも)>


としています。



【問1】は平易で、ホテルの職員は(  33  )に入る文句を聞いて、
すぐにご案内するといっていますよね。

これに合わせます。客はホテルを利用します。



そして【問2】でも、事前に選択肢をチェックしておきます。

①か③を選ばせようという問題で、
ここでは①の不正答理由(つまり合っている理由)を確認しておきましょう。
それを直接的に示してくれているのは、ホテル職員の発話ですね。



정말 죄송합니다.저희 쪽에서 실수를 한 것 같습니다.혼자 이용하실 방이라면 안내가 

가능합니다만…

≪本当に申し訳ございません。わたくしどものミスのようです。お一人様ご利用の部屋なら

ご案内できますが…≫




それでは第10問で、先にチェックした【問1】について、
どんな受験資格が必要かを、自分で導き出してみましょう。



일본 이외의 나라에서 태어나서 자란 외국인으로 학교 교육 12년 과정을 마친 사람만이

입학 지격이 있다.

≪日本以外の国で生まれ育った外国人で、学校教育12年課程を終えた人のみに入学資格がある≫



冒頭文がこうで、漢字語が多いので読みやすいと思います。

解答は大丈夫ですね。
日本以外の外国は特定されていないので、韓国だろうとアメリカだろうと構いません。



余談で、文中にある 일본어능력시험(JLPT)は実在の試験ですね。




では、最後の翻訳問題です。


韓日訳の第11問 では、1)で慣用句を訊いています。
直訳で解釈できますね。「前後が合わなかった」ですから。


2)もよろしいですね。日本語でも、「信じ‘難’い」ですから。
そして3)は、第47回(2016年秋季)でも語彙問題で出題されています。



そして第12問・日韓訳で、1)の 생각이 짧다 は常連さんです。
今までの対策学習で、この句に触れられましたか。


2)は第3問1)でも触れた、


1.〔名詞〕 + (이)자 + 〔名詞〕<累加関係>

2.〔用言〕 → 자 → 〔用言〕<因果関係>


の2.で、より具体的には、
前文の動作・状態が完了した次の瞬間に、後文の動作・状態が発生する文脈を作ります。




今回の筆記問題は全体的に平易でしたね。

平易ではあっても、合格点を獲れたら、
‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’をご自身で形作って来られた、一つの『証明』です。


ハン検3級という初級修了 → 中級段階まで来た今、
これからは今まで以上にたくさん話し、たくさんやり取りしたい中で、
ここまではある程度通用してきた、


〔暗記偏重ではない学習〕


をやっていきたいですね。
ここからは、扱われる量が格段に増えてくるからです。



その〔暗記偏重ではない学習〕をやっていくために、語学ならば会話練習,検定試験対策を問わず、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


の順序で学ぶのを理想とし、この中で〔やってみる ⇔ できる〕を繰り返すことが大切です。


この観点から、検定試験対策においては、筆記・リスニング共通で、



〔分かる : 解説が丁寧な理解系テキストを熟読し、それを授業・講義代わりにする〕
(理解)


〔やってみる : 1.「分かる」学習の後に問題を解いて説明を読み、知識と解答技術を覚える〕
(インプット)  2.分野別(語彙・接続表現・会話文・長文・翻訳・リスニング)で練習する


〔できる : 過去問や対策問題集を実際に解き、解けなかったものは(インプット)に戻す〕
(アウトプット)



の学習順序を粘り強くやり、お使いの教材が全問正解できるようになるまで繰り返しましょう。

「分かる」の部分は時間がそんなにかからず、ここで学ぶことを覚える必要はありません。
覚える作業をするのは「やってみる」で、「分かる」で使う教材は「やってみる」の参考資料にします。



そして、できなかった問題はできるようになるまでやりましょう。
つまり『復習』で、だからといって、できる問題は復習しなくてもよく、
回数を重ねるにつれて、復習量は減っていきますね。

忘れた知識を100%に引き戻すのと、できないことをできるようにするのが『復習』です。


この、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


で学習する中の〔やってみる ⇔ できる〕過程では、


『リーズニング(Reasoning)』


という、解答理由(私はなぜ~番を選んだか)を書き留めたり、誰かに説明する学習をします。
先の‘正答に至る過程を理解する’ために必要です。


そして、間違ったら誤答した理由も確認して、書き留めておきます。
筆記問題・聞き取り問題共に、完全に理解し直した後、
間違った理由をできるだけ具体的に書き残しておきます。


『リーズニング』の段階では、先の例にある、
‘文中には分からない単語もいくつかある’でも構いません。

『リーズニング』をやれば、単なる当てずっぽうでの解答を除き、
不明な語句があってもきちんとした順序を経て解答できたか、
あるいは、やはりこの語を知らなかったから正解できなかった、といった、
自分の解答順序や正答/誤答の作られ方、そしてハン検3級問題の性格などがよく分かります。


正答を出すまでの過程に触れず、それ以前に問題を自力で解いてみないまま、


「答えを知りたい」  「よく出る語句‘だけ’を知りたい」


という、結果だけを手に入れようとする学習(というに値するでしょうか…)では、
今まではそれでよくても、いずれ学習が頭打ちになります。


これは、例えば発音問題で、各問題の正答理由を検討するために、
発音ルール一覧を提示されたところ、


“僕はこういうの見たくない”


と拒絶する姿勢に表れています。
料理でいえば、出来上がりが欲しくて、作るなんで面倒くさいのと同じですね。


そうではなく、上に書かれたことをきちんと実践していきましょう。

それでも、具体的にどんなカリキュラムと勉強方法、そして勉強ペースでやっていけばいいか、
よく分からないという方は、ぜひご相談ください。




解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、
この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。

                     ――――3級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題


 
 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  3級

   聞取問題

 [1] 1)対話文
   
 남: 수험번호 35번 김희철이라고 합니다.

 여: 긴장 풀고 편하게 앉으세요.


       解答 ③



  2)対話文
 
 남: 우체통을 찾고 있는데요.

 여: 저 다리를 건너서 왼쪽으로 돌면 바로 있어요.


       解答 ①
 

 [2] 
 1) 종이를 자를 때에 쓰는 물건입니다.

  ① 지우개    ② 가위    ③ 껌    ④ 집명함


          解答 ②



 2)꼬리가 있고 몸에 털이 있습니다.
 
  ① 뿌리     ② 식물      ③ 속도     ④ 원숭이


          解答 ④



 3) 형이나 누나의 자식을 이렇게 부릅니다.

  ① 조카   ② 사촌    ③ 형제    ④ 삼촌


          解答 ①



 4)  사람들이 몸을 깨끗하게 하기 위해 여기에 갑니다.

  ① 강좌   ② 목욕탕     ③ 유원지      ④ 군대


          解答 ②



 [3] 応答文として適切なもの

 1)급한 일이 생겨서 회의에 참석 못하겠습니다.

 ① 알겠습니다. 사장님께 출석한다고 전하겠습니다.

 ② 그럼 누가 회의를 진행합니까?

 ③ 많이 다쳤어요? 회의는 걱정하지 마세요.

 ④ 죄송합니다만 먼저 들어가겠습니다.


              解答 ②

  

 2) 그 영화 어땠어요?

 ① 돈 아까워요. 보지 마세요.

 ② 다음에 같이 못 갈 것 같아요.

 ③ 올해 본 미술작품 중에서 최고였습니다.

 ④ 별로였어요. 국물이 너무 짰어요.


          解答 ①


 
 3) 선생님의 첫사랑은 어떤 분이었어요?

 ① 저희 부모님은 훌륭하신 분이었어요.

 ② 수업에 관계 없는 질문은 하지 마세요.

 ③ 그런 소문을 들어봤어요.

 ④ 재미있겠네요. 한번 얘기해 보세요.


          解答 ②



 4) 뉴스 보셨어요? 휴대폰 게임이 사회 문제가 되고 있대요.

 ① 네, 봤어요. 요즘 게임에 빠진 사람들이 많은 것 같네요.

 ② 정말요? 휴대폰으로 사회 문제를 풀 수 있어요?

 ③ 맞아요. 휴대폰 판매량이 줄어서 적정이네요.

 ④ 걱정 마세요. 금방 잡힐 거예요.

 
                  解答 ①


 [4]

 1) 文章 산책이 몸에 좋은 것은 말할 것도 없다. 
    (散歩が体にいいことは言うまでもない。)

     の 말할 것도 없다.


            解答 ④



 2) 文章 이런 사고는 두번 다시 일어나서는 안됩니다. 
   (こんな事故は二度と起こってはいけない)

     の 두번 다시


            解答 ③



 3) 対話文  

 남: 지난 시간에 숙제가 있었죠? 해 왔어요?
 (この前の時間に宿題がありましたね。やってきましたか。)
 
 여: 깜빡했어요. 
 (うっかりしていました。)

    の 깜빡했어요.

            解答 ①


 4) 対話文
 
 남: 요즘 동원 씨랑 연락이 안돼요.
 (最近ドンウォンさんと連絡ができません。)
  
 여: 아 참, 그러고 보니 며칠 전에 술집에서 동원 씨를 봤어요.
  (あ、そうだ、そういえば数日前に飲み屋で
              ドンウォンさんを見ました) 
  の 그러고 보니

 
           解答 ③



 [5] 1)選択肢

  ① 연세가 많으셔서     ② 나이를 먹어서

  ③ 나이 차이가 나서     ④ 나이가 어려서


          解答 ③


 2)選択肢

  ① 참는 데도 한계가 있어요.   ② 좀 더 참기로 했어요.

  ③ 참을지도 몰라요.      ④ 참을 수 밖에 없어요.

 
          解答 ①


 3)選択肢

  ① 목을 길게 해서     ② 눈이 빠지도록

  ③ 목이 마르도록     ④ 눈에 띄게

    
             解答 ②



 4)選択肢

  ① 하루하루 하세요.    ② 제대로 하세요.

  ③ 적극적으로 하세요.  ④ 적당히 하세요.


         解答 ④



 [6] 文章の内容に合うものを選ぶ

 1)
  아이를 낳고 키우면서 성장하고 있는 것은 아이뿐만이 아니라고 

 느낄 때가 많습니다. 아이를 키우는 것이 쉽지 않아 지칠 때도 많지

 만 하루하루 자라나는 아이의 모습을 보고 있으면 행복을 느끼고 

 힘이 납니다.

(日本語訳)子供を生んで育てながら成長しているのは子供だけで

 はないと感じる時が多いです。子供を育てるのが簡単ではなくて
 
 くたびれる時も多いけれども、毎日毎日育っていく子供の姿を見

 ていると幸福を感じ、力が出ます。

 
         解答 ④



 2)  남: 일본어를 배우고 싶어서 왔습니다. 
   
   여: 일본어를 공부하신 적이 있으세요?

   남: 아뇨, 없습니다. 일본 관광객이 많이 오는 곳에서 일을

     하거든요. 그래서 일본어를 배우려고 합니다.

   여: 그러시군요. 그러면 기초반에서 공부하셔야겠네요. 
                                         
  (日本語訳)

   男:日本語を学びたくて来ました。

   女:日本語を勉強したことがおありですか。

   男:いいえ、ありません。日本の観光客がたくさん来る所
     で働いているんです。それで日本語を学ぼうと思います。

   女:そうですか、では基礎班で勉強なさらなければなりませ
     んね。


               解答 ③




[3級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>若干増。

<問題内容>問題形式は同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。



今回の3級・聞き取り問題解答はいかがでしたか。


4級に合格された後、この3級・聞き取り問題をやってみて、
語句の難易度差は別として、リスニングが逆に楽になったと思われます。

それは、3級から翻訳問題が加わったからです。
さらに、選択肢の対照も単語単位でできてしまう問題が、4級より多いのもあります。



それはともかく、音読・シャドーイング・ディクテーションの基礎的リスニング練習と共に、
通常のリスニングとは違い、試験問題解答のためのリスニングは、
‘聞いて分かる語句’をどれだけあり、問題文を聞いてどう思いどう感じたかより、
ここでは正答を出すことがなにより重要ですね。

全て聞き取れなくても解答‘は’できます。


これは毎回この場で確認していることで、
正答を出すために必要な情報を選別し、時には背景知識を思い切り動員して、
その先や不明瞭な部分を推測し、特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、


「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」


ことを心がけて、問いで訊かれていることに合う‘意味を持った音のかたまり’を捉えられるよう、
何度も練習しておきたいですね。



ということで、ハン検のリスニング練習は、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング練習(正解するために狙いを定めた聴解)



この2本立てでやっていきましょう。


これらの中で、(2)を実現するために、聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の全体説明(55秒)、さらには各問の説明の間に、選択肢を最後まで見ておかなければなりません。

過去問か今回の受験前に案内を読んでおけば、問いの説明などは、注意して聞く必要が無いので、
各問の選択肢を、最初の全体説明と、各問の説明の間に、全て選択肢をチェックしておきます。


朗読スピードが、4級よりグンと上がりますね。




第1問は、提示された絵についての内容一致問題です。


通常は、絵にある場面がバラバラで、バラバラならば、単語単位で聞き取れれば解答できるので、
事前に絵のチェックをしておきさえすれば(しておかなくていいかもしれません)、
きわめて平易な問題ですが、今回は各絵に共通点を持たせてきました。

具体的に、1)では女性が席を指し示しているところで、
2)では、道と橋だけ描いてあるという、情報量の少ない絵から、
どのみちを指しているかという問題のようです。

今までとは違うパターンなので、音声を聞く前に緊張しそうです。
実際どうなんでしょうか。


1)では、男性がこう言っています。


수험번호 35번,김희철이라고 합니다.  ≪受験番号35番、金希澈と申します≫


最悪、前半が聞き取れなくても、이라고 합니다 が聞こえてきたとなれば自己紹介と思い浮かび、
それが普通にあり得る場面は③だけですよね。



次の2)は先の通り、情報量が少ないので心してかかりましょう。

聞いてみると、まず 다리를 건너다 を聞き取りなさいといっています。
そして次は左右の方向ですね。


口頭だけで方向を理解できる力は、確かに3級で求められるものです。
筆記問題の解説にもある、


<自分で韓国を漫遊できる(基本的な行程で,日本語が通じない所でも)>


を実現させるには欠かせません。


これからは、絵が無くても、それこそ画が思い浮かぶくらいのリスニング力も、
求めていかなければならないかもしれません。


今や日本にいながら、気持ちと心掛けひとつで、韓国語(外国語)のシャワーを浴びて、
韓国語(外国語)で常にやり取りできる環境にあります。

思い出せば講師も、その環境を有効活用して(懐かしのMSNメッセンジャーで)、
‘韓国語頭’が急速に育ったのを思い出しますが、
そんな世の中にあるなら、一歩先をいくリスニング力が問われてきますね。

韓国語界では、現地で学んでいることを基準に問題作成がされているとはいえ、
TOPIKがそれを採り入れました。


ハン検も、来年度の問題形式改訂で、それを組み込んでいくのでしょうか。




続いて第2問は、説明している単語を聞き取る問題です。

問題文が正答語を説明する文なので、問題文は自然と平易になり、
これを聞き取れることが、正解への条件になりますが、問題文の文型はほぼ決まっています。



1)複文で、接続表現が1つある((으)면,고,아/어서,ㄹ 때)

2)連体句が1つないし2つある

3)指示語を含んでいる

4)語尾は 합니다体



これ自体は、単語を説明する文を書く練習をするネタとしていいですね。

先日も、3級対策をしている時、通常の教室学習活動でも、上の条件に合わせて、
単語の説明文を書く練習をしようと、時にみんなで案を出し合いながら書いてみようと、
話し合ったところです。


話が少しずれていますが、このように、作文をするといっても、
テーマを与えられただけでは、どう書けばいいか見当が付きませんから(TOPIK作文がそうですね)、
一つの条件の下で書く練習をしてみましょう。



まず1)では、


종이를 자를 때  ≪紙を切る時≫


と、さっそく先の文型が聞こえてきます。

자를 の部分が聞き取りにくいかもしれませんが、종이를 から類推しましょう。
「紙を」となれば、それにできる動作は数限られますよね。



2)では、꼬리,털 といった、3級からならではの語が聞こえてきます。

ところでやや細かいことで、②の冒頭音が ㅅ か ㅊ か不明瞭に聞こえます。

元々両子音は発音の仕方と音程が似ているので(ㅅ[s]は平音でも比較的音程高く発音されます)、
致し方ないところもありますが、もしかしたら「え?」と思われた方がおられるでしょうか。
単語で発音されるので、文脈から類推するわけにもいきませんしね…



3)では得意の親族名称です。


형이나 누나의 자식  ≪兄や姉の子供≫


今の少子化時代には、もしかすると縁遠い語かもしれませんね。



ところで、ここにもメモ欄がありますが、メモする必要はありませんね。

ここで問題文のメモに気を取られると、問題文中の語句が気になり、
問題文が何の語を説明しているかまで、考えが及ばなくなることが多いからです。


「あれ?なんて言ってたっけ?」


こうなると、正答である説明内容が飛んじゃいますよね。

問題文は幸い短めですし、特にリスニング力にまだ自信が無い場合にこそ、
持っているペンはそのままに、メモせずに聞き取りたいです。




では第3問の応答文を答える問題で、会話の基本は‘問答’であることに立ち返ります。
もちろん、絶対にそうではありませんけどね。

そして、筆記の解説で確認した通り、たとえ1往復という単純な会話でも、
リスニングの方ができるようになっておきたいです。


『会話は聞いて理解できるようになる』


韓国語のみならず他言語の学習も含め、これを念頭に置きたいですね。



1)で聞こえてきた、男性の発話は聞き取れましたか。

文句自体はほぼ定型で、日本でもよくあることですが、
ちんぷんかんぷんだとしても、最低押さえておきたいことがあります。


1)主語が1人称(겠습니다 と聞こえてきたから)


2)時制が未来(同上)



これだけでも、④が消えることが分かります。
相手も 겠습니다 を使い、すると互いが主語1人称の文句をいうことになり、
会話がかみ合わないからです。

最終的に正解できなかったとしても、
‘3択にできた’‘2択にできた’ことだけでも(単なる当てずっぽうを除いて)、
それはそれで「ハングル」能力ですので、ひとまずよしとして、これから伸ばしていきましょう。

問題文がただの雑音にしか聞こえてこなかったわけではない、その証明になるからです。




次の2)では、映画の感想を訊いています。

‘映画の感想といえる文句は…’と頭の中で唱えながら訊いていきますが、
③の 미술 작품 は聞き取れる方/聞き取れない方が結構分かれそうで、
④は引っかけです。국물이 짜다 が映画の感想と合いませんね。



続く3)も一種の感想を訊いています。

しかも、他級の解説で確認したことで、어떤 で用言を訊いていますから、
多少知らない語句が聞こえてきても、それだけは頭で唱えながら取捨選択しましょう。

もちろん、まだ押さえるべきポイント(主語2人称)もありますが、
最終的に当てずっぽうだったりしても、その確率が上がりますからね。

これだけでも③と④が×なのは明らかですから、2択にできます。

正答自体は面白いやり取りですね。
結局は、先のポイント以上に、


선생님의 첫사랑(先生の初恋) = 수업에 관계없는 질문(授業に関係無い質問)


という語句面を訊いてはいますが、先のように選択肢を絞れれば、まずはOKです。
ここは3級ですからね。



このような聞き方は、普段の会話練習にも役立ちます。
それが筆記の解説で確認した「4つの論理(文脈)」と[会話の原則]で、
言い換えれば、‘会話’にはいくつかの規制がかかるということです。

それらを利用し、1回目をざっと聞いた後、2回目で正答のキーワードを選別し、取捨しましょう。



前回より難化しましたが、こういう会話が聞き取れて、
そして実際にできるようになったら楽しいでしょうね。


ちなみに、来年度の問題形式改訂では、ここが拡充されて、
代わりに筆記での会話文問題がカットされればなと、講師個人は考えています。

最近は、SNSをはじめとしたネット上でも、文字で会話をやったりはしますけどね。




続いて、第4問の日訳を選ぶ問題です。
再び事前の選択肢チェックをやっておきましょう。


ところで、放送では「問題は2回読みます」と言っていますが、
正答に関わる部分は、都合4回も読んでくれますよね。

お気づきの方もいらっしゃる通り、実はものすごい‘サービス問題’です。
「ここで8点どうぞ!」といわんばかりの問題です。



選択肢チェックの仕方はいろいろあろうかと思います。
ここでは、



[1] 全てに共通している部分を消す。


[2] 2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



の作業をしておいて、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



まず1)は、各選択肢がバラバラですね。
はじめの絵の問題のように、音が聞こえてきた瞬間に答えられるかもしれません。
あくまで「答えられる‘かもしれない’」です。


正答は常連さんで、③ではないので注意しましょう。
上級だと、問題文中によく聞こえてきます。



2)두 번 다시 と3)깜빡하다 は筆記の語彙問題と翻訳問題で的中し、
4)は平易です。



前回に比べてさらに平易になりました。
発音変化する語句が無く、3級では基本的な語句が問われ、訊かれた個所が短いです。

聞いて日訳するというのは、いわば通訳ですが、
3級で通訳的なリスニング力を測るというのはこうというのが、協会側の解釈のようです。




では、第5問の日韓訳問題です。
例年、主に慣用表現を聞き取るよう求めてきます。



1)で、はじめ①でもいいかなと、ふと思ってしまいました。


「20歳も年上だ」 = 「20歳も年が離れている」


と、拡大すれば成立し得るからで、でもその後にほぼ直訳の句が聞こえてきたので安心しました。



続く2)では「仏の顔も三度」と、聞いたことないという方もおられるのではという、
日本語慣用句に傍線が引かれています。

正答は、これの意味を説明する句ですね。
一応トウミには載っていますが、


これから韓国語会話をする時に、慣用句や成語(四字熟語)を適度に入れてみるのがいいです。

そういえば、講師がハン検対策に燃え上がっていた頃、
韓国の友人としゃべっている時に、出題される慣用句やことわざ、あるいは成語を覚えるために、
会話で使いまくって、友人たちに辟易されたのを思い出します(笑)



3)は、3級での超常連さん慣用句 눈이 빠지도록(목이 빠지게)です。
①のように直訳では言いません。

これも、以前韓国に行くことが決まった時、それが楽しみで仕方がなかった時期には、
その時会う約束をした友人によく言っていました。



そして4)は「いい加減にしてください」とも訳せますね。




では、最後の第6問・文章問題です。
ここでも、事前の選択肢チェックがうまくできたかを確認したいです。



1)の選択肢を見ると、全て 아이 ではじまっているので(主語か目的語か、などは違います)、
話者にとって「子供」がどうなのかと思いながら聞きます。

ここまではバッチリですね。
事前の選択肢チェックさえできていれば、メモは必要ありません。

そして、各選択肢も全部訳しておく必要はありません。
部分部分でOKです。右側の余白に、見やすく書いておきましょう。


ところで、今回受験された皆さまにおかれては、
この4つの選択肢中で、どの部分に注目されて問題文を聞き、選択肢を取捨されたかが気になります。


ハン検・TOPIKに限らず、それこそ講師が知る限り、
客観式解答での選択肢は、正答/不正答の根拠にておいて一定の作られ方をしています。

特に不正答根拠においては、まず単純に、


1.問題文で語られていない


これがメインで、さらには、


2.問題文と反対の内容

3.抽象的


などという要素です。

上級になると、この要素はもう少し増えますが、
ハン検ではこのあたりから、選択肢の作られ方が多種多様になってくるので、
もしこの先準2級,2級,1級、そしてTOPIK中高級を取るとなったら、
それらのことも十分研究しておきましょう。


そう押さえておいて問題文を聞いていくと、



第2文  →  ④が○  


①②③は該当無し(1.に相当)



と解答できます。

まあ、この問題文は長~い文2つだけという文章で(前回は4文)、
集中力をやや必要とします。
その分、正答以外は[該当無し]という、シンプルな作りにしたのかもしれません。



次の2)は会話文で、1)より聞きやすいです。

選択肢を見ると、男性がどういう人なのかを選ぶようなので、
自然と、男性の発話に注意して聞くことになります。


先の基準から聴解すると、以下のように解答できます。



男性1つめの発話  →  ①が×(2.)


女性2つめの発話  →  ③が○ ④は×(2.)


②は該当無し(1.に相当)



選択肢の作られ方を利用し、ピンポイントで聞いていきましょう。




ということで、3級試験が終わりました。



今回の出題が、来年度の出題形式変更につながるとすれば、
今まで以上にしっかりしたリスニング力を求めてくるのではという気がしました。

実のところ、周りを見直せば、それを実現する環境はありますから、
先の(1)で確認した、‘聞いて分かる語句’を増やすための、
音読・シャドーイング・ディクテーション練習を継続しつつ、
一方で、文というかたまりで音を理解する練習をしていきましょう。
具体的には、文法・文脈、そして文章構造を意識した聞き取りです。

それらを元に、(2)の試験問題解答のリスニングを、続く準2級を目指して練習しましょう。


筆記問題の解説で確認した通り、


〔分かる(理解) →  やってみる(インプット) ⇔ できる(アウトプット)〕


ですね。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。



       ――――――――――――――――――3級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題

 
 
 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  4級

   筆記問題


 [1] 1)② 2)① 3)①   4)④  


 [2] 1)② 2)① 3)③ 4)④


 [3] 1)③ 2)① 3)②


 [4] 1)③ 2)② 3)④


 [5] 1)② 2)① 3)③ 


 [6] 1)① 2)④


 [7] 1)④ 2)② 3)④ 4)④


 [8] 1)① 2)④ 


 [9] 1)④ 2)③ 3)② 4)① 5)④


 [10]  文章の日本語訳

  私が住んでいる所は冬に雪がたくさん降ります。しかし冬に

 は休みが長くて良いです。雪が降れば外に出て友達と雪だるま

 を作って楽しく遊びます。(だから)私は冬が一番好きです。

 今年の冬休みにはお父さん、お母さんと海外旅行に行く予定です。

 海外旅行は初めてなのでとてもうれしいです。
 


        解答  1)②   2)③  



 [11]  対話文の日本語訳

 ウ   ネ :ジョンウォンさん、サッカーを見るのは好きですか。

 ジョンウォン:はい、とても好きです。でもどうして聞くんですか。 

 ウ   ネ :今日授業の後に一緒に見に行きましょうか。

 ジョンウォン:(           ) 

 ウ   ネ :では今週の土曜日はどうですか。

 ジョンウォン:週末には宿題を終えなければならないので難しそうです。



        解答  1)①   2)③
	




[4級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



5級を経て(5級は受験されていないという方も結構おられるでしょうね)、
今回の4級を受験されていかがでしたか。


4級は5級に比べて、語彙数がほぼ2倍になり(約450語→約900語)、
5級から追加される主な項目として、



1.不規則活用(変格活用)


2.修飾語句(連体形・副詞語句)


3.接続表現(短文の連続から複文を作れるようになる <聞き取り試験では問題後半部から>)



があります。

講師が、自身の経験も踏まえて、あらためて考えてみると、
5級はよほどのことが無い限り合格でき(合格点が満点の6割以上というのもあります)、
4級も、5級との差がそれ程設定されていないので、無理なく合格できるものの、
例えば市販の教材で確認すると(講師オリジナルテキストも含めて)、
4級で学ぶ範囲が、5級より意外と一気に広がることが分かります。


数が倍増した語句と共に、先の3項目を中心に、
5級レベルから無理せず身に付けられたか、あるいは無理があり過ぎたかを確認したいですね。
これは、試験対策のみならず、
これからの韓国語学習と、‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’のためにでもあります。



ところで、この4級やあと5級を受験された方々の中には、
例えば中学生・高校生など、学生さんがたくさんおられると思います。

学校の勉強のみならず、韓国語まで学ばれて素晴らしいですね!



この時期、他にも英検をはじめ、他の資格試験も受験されるなど、なにかとお忙しいようですが、
ぜひ、‘いろんなことができる’ようになっておきましょう。

今ここで、そうなっておくことで、これから就ける職業や生涯収入、
そして出会える人も変わってきます。

社会の自動化やAIの浸透(翻訳もこれによって進化していますしね)など、
「人間が少しだけいればいい世の中」は確実に来るので、それに備えるためにも、
「人とは違う、私ができること」をたくさん備える、その一つに、
このハン検を、あるいは韓国語ならTOPIKを大いに利用していきましょう!



第1問の音声問題で、4級の出題基準で出題された項目は、


鼻音化・激音化・流音化・連体形 ㄹ の後の濃音化


です。


前回は、

鼻音化・激音化・流音化

で、4級で訊かれる発音ルールは一定しています。
鼻音化と激音化は、4級発音問題において必須ですね。


2)で問われた激音化が起こる理由として、


<ㅎ が ㅇ の激音(つまり無音)>


というのがあります。


ㅎ(히읗)は元々 ㅇ(이응)に加画されることで、

〔ㅇ  →  ㅎ〕

息を強く出す作用を働かせることが、画的に表されています。

これを専門用語で『加画の原理』といい、
ここでは、加画することで“息を強く出してくださいよ”と記していますが、
なので、俗に<ㅎ の弱化>と言われて ㅎ 発音されなかったり、
一方でここでのように、激音化を引き起こしたりします。

[口音パッチム(ㄱ,ㄷ,ㅂ)+ ㅎ]

の激音化とはつまり、連音化の激音バージョンで、元は連音化と同じです。



あと、4)での流音化は、場合によって〔ㄴ ㄴ〕になることも押さえておきましょう。

〔ㄹ ㄹ〕への変化は、基本的に一つの語の中で起こるもので、
ㄴ・ㄹ/ㄹ・ㄴ が組み合わさっても、いわゆる合成語では〔ㄴ ㄴ〕に変わります。
合成語であることを音で知らせるためにです。



ところで、韓国語の各発音変化には、2つの‘軸’があります。



1.韓国語ネイティブ的に発音しやすいように


2.語の成り立ちを音で知らせるために



これらを体系化したものが、今まで教材などで学んできた、韓国語の各種発音ルールです。


今回の出題も、ほとんどが1.に属します。
2.のシリーズが出るのは、やはり3級からです。



韓国語の各発音変化には、きちんとした理由があるのに、
ただ公式で覚えるのは、単なる暗記になってしまいます。


それらは、先に挙げられたように、
日本語とは違う、韓国語の事情によってまとめられたもので、
単にルールとして覚えるより、そのように変化する成り立ちまで知っておき、
ただの‘丸暗記した知識’にしないことが理想です。

単に聞こえてきた音をマネするだけでなく、発音時の舌の動きや舌先の位置を目で確認して、
それらの発音変化を起こす仕組みまで学びましょう。

そして、それを自身で確認するために、例えば、


『各問題で動いている発音ルールを誰かに説明できるようになる』


ことを目指したいです。



この解説の末尾で語られている「リーズニング」の一つで、


“正答はすぐ分かった。じゃあ、なぜこれが正答で、ここで動いている発音ルールは?”

“それぞれの発音ルールはどういう条件で動く?”



と、その都度問い質すんですね。すごく勉強になります。




続いて、第2問・第3問の単語テストです。


「単語を覚える」ことは、韓国語に限らず、外国語学習での大きなテーマです。
本当に大変です…

特にハン検は、語彙力をストレートに訊いてきますしね。


いろんな覚え方が紹介されている中で、この解答速報解説で毎度確認しているのは以下のことです。



『単語は短文で覚える』



会話は日本語を除き、単語単語でされず、単語の意味は通常前後の語句で決まるからです。


これは、いわゆる同音異義語が顕著な例で、


「お前、‘はし’を持って‘はし’の‘はし’に立ってろ!」


とあれば、3つの‘はし’全ての意味が分かります。



とにかく今回の正答語については、正答不正答を問わず、問題文ごと覚えたいですね。



第2問では、1)で②か④かを選ぶ問題で、混乱しないようにしたいですね。
④は元々、


〔어리다 の連体形 + 이(人,者)〕


で出来ています。


そして2)の漢字語問題はサービス問題で、固有語を問う3)4)はいかがだったでしょうか。
3)が、普段の学習でよほどでない限り、すぐ触れることが無さそうなので、
正解率が気になりますね。




続く第3問で、1)들다 って、意味(訳)がいっぱいある、いわゆる多義語ですよね。

ここの 들다 が([お金が]かかる)のも、つまり[コアイメージ(中心義)]は「入る」で、
ここでは、


[(他人の懐に)入る]


という意味をもち、それを自然な日本語でいうなら([お金が]かかる)ということですね。



そして3)では一応確認で、不正答語ですが、④ 전혀 は必ず否定表現を修飾し、
日本語のように、


「全然美味しい」 「全然大丈夫」


のようには使えないことを確認しましょう。


あと① 일찍 も、例の 빨리 との区別をバッチリしておきたいです。



일찍 ― 通常の時間より前に 「早く」


빨리 ― 動作のスピードを上げて 「速く」




では第4問・第5問の語彙問題です。



第4問では、1)2)共平易ですね。2)などは、5級の延長線上にある問題です。

あと3)の正答語は、書き言葉的であることも覚えておきましょう。
日本語でいう「共に」に相当して、例えば日本語でも、


「‘共に’スタバ行かない?」


といいませんよね。



続く第5問の言い換え問題で、
1)ではおなじみの〔漢字語 ⇔ 固有語〕入れ換え問題が出題されていて、
2)は大丈夫ですか。

トウミにあるとはいえ、通常の学習では、特別な場合でないと触れない部類に入るからです。
一方でやはり日常語なので、使えるようにも聞き取れるようにもしておきたいです。




では第6問の活用問題で、今回採り上げられたのは 르不規則 と ㅂ不規則です。

르不規則について、今のうちに으不規則と区別できるようにしましょう。
따르다 や 치르다 などは으不規則です。




続く第7問で、今回は助詞が2問と慣用表現、そして接続語尾が出題されました。



1)ではうっかりミスしそうです。
①と②で、末尾に 서 があることに注意です。


あと3)での助詞 에 で、ここでは[単位]あるいは[計算基準]を意味していますが、
いろんな訳あるいは文法を持っていても([目的地],[時間],[理由]など)、
基本は、


[ある一点を指す]


というイメージで押さえると納得がいきます。



そして4)でもし解答に迷われたら、その理由が気になりますね。




続いて第8問の挨拶表現問題です。

2)は既にご存知ですか。会話で既に使えるようにしていらっしゃったら素晴らしいですね。
接続語としてはすでにおなじみであってもですね。




そして、第9問の会話文問題です。
5級に比べると語数がぐんと増えて、発話一つ一つを丁寧に見ることを求めてきます。

ただ、他級の解説でも述べられている通り、
会話文はこのような、文字でなく‘聞いて理解する’ことを優先に目指したいです。



はじめに1)と2)で、Aは 아/어도 되다 で、相手のBに[許可]を求めています。
これに合わせて選びます。


ところで、1)のA2つめにある 됐어요 は[拒絶(結構です)]でおなじみですね。

되다 が[完成][成立]というコアイメージを持ち、
それが[完了している(았/었)]ので、その意味になりますが、
これらのことから、[拒絶]の度合が強いので、使用する時に注意しましょう。


そして3)では、Aが 지갑 のありさま(크다,흰색)を答えているので、
それを訊くことができる疑問詞を選びます。


ちなみに、各疑問詞が訊く語まで押さえておくと便利です。
具体的には、名詞を訊くか用言を訊くか、名詞ならその種類まで見ておくんですね。



最後の5)も問題ありません。
Aが 저도 といっているので、BはAと同じ内容のことを言っているんだなと捉えて解答します。

この[助詞に注目する]という捉え方は、特にこれからの試験対策でとても役立ちます。


今回は素直な出題です。

このような会話が実際にできると、韓国語会話が楽しくなってきますね。
頑張って練習していきましょう!




それでは、第10問・第11問の文章問題です。

ここ数年、対話文形式と文章形式で1問ずつ出題され、問いは単純な穴埋めと内容一致です。
内容一致問題がよく扱われるのは、問題文内容が理解できているかを問うのに便利だからですね。



まず第10問で、はじめに2)の選択肢を読んでおきます。
それらの短文を見ただけでも、これから読む文章の内容がある程度分かりますよね。



1)は恒例の、接続語を選ぶ問題で、
今までの学習で普通に触れてきたであろう語ばかりなので大丈夫です。

もちろん、問題文を理解できることが前提にはなってしまいますが、
(  31  )の後文は簡単で、前文がやや難しいかもしれません。
一文中に接続表現が3つもありますしね。


こういう文句を話すとなると難しいですが、読めるようにはしておきたいです。
たとえ、文中に知らない語があってもですね。
言葉はありきたりですが、文脈で想像しましょう。
文脈については、3級以上の解説で少し触れています。



そして、2)の選択肢文がやや長いです。
正誤根拠箇所と直接対照してみます(日訳は解答欄をご参照ください)。



① 겨울은 눈이 많이 오기 때문에 좋아하지 않습니다.

≪冬は大雪が降るので、好きではありません≫

× 나는 겨울을 제일 좋아합니다.


② 여름에는 방학이 있기 때문에 겨울보다 좋습니다.

≪夏は長い休みがあるので、冬より好きです≫

× 나는 겨울을 제일 좋아합니다.


③ 이번 겨울 방학은 가족하고 다른 나라에서 지낼 생각입니다.

≪今度の冬休みは家族と外国で過ごすつもりです≫

○ 올해 겨울 방학 때는 엄마 아빠와 해외여행을 갈 예정입니다.


④ 겨울에는 밖에서 가족과 많이 놉니다.

≪冬は外で家族とたくさん遊びます≫

× 눈이 오면 밖에 나가서 친구들하고 눈사람을 만들어서 재미있게 놉니다.



前回同様、1文で2つの選択肢を取捨できるという良心的な作りで、
語句の言い換えを訊いています。


この内容一致問題については、先に選択肢まで読み、
その後問題文を読むと、二度読み,三度読みを防げます。

ここなら、


‘夏と冬のどっちが好きか…’

‘冬休みにはどうするつもりなのか…’


と、頭の中でぶつぶつ言いながら読んでいくんですね。
これからの3級以降、あるいはTOPIKでも同じです。




続きまして第11問です。

ここでもまず2)の選択肢をチェックしましょう。
先に確認すると、은혜[恩恵]そして 정원[貞元]がどうなんだ、と考えながら読んでいきます。


先に1)で、(  33  )に入れる文句を選ぶにおいて、
まずその直前で、은혜[恩恵]が提案していることに合わせます。
정원[貞元]はそれに同意するか否かを答える‘義務’があるんですね。

具体的には、今日授業が終わったら、サッカーを見に行くことに同意するかについてで、
恩恵は(  33  )の後に、別の日をさらに提案していますから、
貞元は今日ダメということで、その理由を言ってあげるべきです(そうとは限りませんが…)。



そして、2)の正答/不正答根拠箇所も一緒に見てしまいます。



① 은혜는 축구에 관심이 없습니다.

≪恩恵はサッカーに興味がありません≫

× 該当箇所無し


② 정원은 축구를 보러 가기 전에 숙제를 끝냈습니다.

≪貞元はサッカーを見に行く前に宿題を終わらせました≫

× 정원 : 주말에는 숙제를 끝내야 해서 ~~


③ 정원은 주말에 할 일이 있습니다.

≪貞元は週末にやることがあります≫

○ 정원 : 주말에는 숙제를 끝내야 해서 ~~ 


④ 은혜는 주말에 축구를 하는 것을 좋아합니다.

≪恩恵は週末にサッカーをするのが好きです≫

× 該当箇所無し



これも第10問同様、該当箇所1つで選択肢2つを取捨でき、
さらには、単純に書いていないことで消すことができるので平易です。




今回4級に合格し、次は3級ですね。
4級から‘世界がガラリと変わる’中で(受験された多くの方がこうおっしゃっています)、
それだけ段階がグンと上がります。

理解語彙がさらに倍増するし、その中ではいよいよ慣用句が扱われ、
漢字音の知識も訊かれます。

発音問題では、一歩進んだルールを問うてきます。


でも、そこで求められるレベルの韓国語を身に付ければ、世界が変わるだけ広がります。
単純に‘韓国語でできる事’が増えます。
そこの一つの「やり甲斐」を感じ、楽しくじっくり取り組んでいきましょう。

本当に、楽しくなってきます。



それを手に入れるためにまず、今お使いの教材1冊を完璧に身に付けましょう。
俗に言う、入門・初級段階の教材を今お持ちなら、新しい物はもう要りません。
何冊も買わなくていいです。

教材をたくさん買ってそれっきりという方は、結構おられますよね(笑)
あるいは、NHKラジオの講座を、毎講座次々と聴いていらっしゃるとか。

教材を買って満足ししないで、今手にしている教材を、本も音声徹底的にやりこんで、
その教材にある問いや、その教材で採り上げられた会話全てができるようにしておきます。
そのことで、「完璧に身に付いた教材」が仕上がります。


講師的には例えば、学習1年目の2000年冬に受講した、浜之上幸先生のラジオ講座・応用編で、
これを徹底的にやりこんだおかげで、それが今も役立つ知識と技能になっています。

実のところこのようにすることが、今の段階でいう初級卒業、
そして‘韓国語ぺラぺ~ラ’への近道で、
今まで韓国語(に限らずあらゆる学び事)を身に付けられた方は、
あれこれ手を出さずに、できるようになるまでやった素材を一つ一つ積み重ねて、
今に至っていらっしゃるはずです。

なので、時に今とは下のレベルに戻ってやり直す必要もありますが、
簡単なレベルである程、学習は短い時間で終わります。

いずれ3級,準2級を目指すようになった時、今学んでいる項目を忘れていたら、
ここに戻ってきますが、一度やったことですから、真面目にやれば、やり直しは数週間で終わります。


やり直すことって、結構勇気が要ったりしますが、そうやって入門から上級へ、
完璧に身に付けた教材を一つ一つ積み重ねていけば、
ハン検1級,TOPIK6級にも必ずたどり着きます。


これは、今の講師が特にこだわっていることで、
講師個人の学習でも、まだ完璧に身に付いていない教材がたっくさんあるので、
新しい教材はここ数年一切買っていませんが、何をもって‘完璧に身に付けた’といえるか、
あるいは、身に付いた具合をどのように確認すればいいかについてなどは、
一度ご相談ください。

今お使いの教材や学習環境をお知らせくださればと思います。



全くの余談で、今回の解答速報解説執筆では、講師自身も学習意欲を大いに高めました。


‘勉強できる喜び’

をかみしめながら、大いに学んでいきましょう。


この解説・講評も最後まで読んでくださっている皆さまに、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


                     ――――4級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



 第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  4級

   聞取問題


 [1] 1)②   2)①   3)④   4)①


 [2] 1) 対話文 
   
 女: 다녀올게요.

 男: 가방이 무겁지 않아요?  역까지 들어 줄까요?
 
 女: 괜찮아요.

 男: 그럼 잘 다녀와요.


   【質問】 두 사람은 몇 번입니까?


          解答  ④



 2) 【質問】 이 사람은 무엇을 하고 있습니까?


  [選択肢]
   
   ① 오른손에 신문을 들고 있습니다.

   ② 소설책을 읽고 있습니다.

   ③ 커피숍에서 글을 쓰고 있습니다.

   ④ 왼손으로 빵을 먹고 있습니다.
   

                解答 ④


          
 [3] 1)問いかけの文 무엇을 시킬까요?


           解答 ③



   2)問いかけの文 어디에서 무슨 일을 하세요?


           解答 ①


        
   3)問いかけの文 이제 저녁 준비 할게요.


           解答 ④
          


 [4] 1)文章   중학교에 입학해서 벌써 석달이 지났어요.


           解答 ②


                                                    
    2)文章 매번 이렇게 늦지 마세요.


           解答 ①



    3)文章 아무도 대답해 주지 않았어요.
               

           解答 ③



 [5]1)対話文 

  男: 유민 씨 달력 보세요. 오늘부터 4월이에요. 이제 봄 냄새가 
    나네요.
   (ユミンさん、カレンダーを見てください。今日から4月です。
    もう春の香りがしますね。)

  女: 우리 회사 옆 공원에도 예쁜 꽃들이 많이 피었어요.  

   (うちの会社の横の公園にもきれいな花がいっぱい咲きました。)

  男: 그러면 한 시간 후 점심 때 거기 놀러 갈까요?

   (では1時間後、昼食の時に一緒に遊びに行きましょうか。)


  【質問の答え】
 
  ① 달력(カレンダー)   ② 냄새(香り) 

  ③ 회사(会社)      ④ 꽃(花)


                解答 ④

                                    
  2)対話文 
 
 男: 그 그릇 정말 예쁘네요.(その器、本当にきれいですね。)

 女:  그렇죠. 제가 이런 거 모으는 게 취미거든요.
  (そうでしょ。私はこういうものを集めるのが趣味なんです。)

 男: 어디서 샀어요?(どこで買ったのですか。)
 
 女:  이건 어머님께서 생일 선물로 주신 거예요.
  (これは母が誕生日プレゼントにくれた物です。)


  【質問の答え】

  ① 그릇(器)         ② 쇼핑(買い物)

  ③ 생일(誕生日)  ④ 남자의 취미(男性の趣味)
  
                          
            解答 ①


              
  [6]  1)文章
 
  저는 여름에는 아침에 운동을 합니다. 아침에는 덥지 않고 기분

 도 좋기 때문입니다. 그렇지만 가끔 운동을 못할 때도 있습니다.

 (私は夏は朝に運動をします。朝は暑くなく、気分もいいから

  です。ときどき運動をできない時もあります。)


            解答 ③


                                     
 2)文章

  다음 주는 회사 일이 바쁘지 않습니다. 부모님이 도쿄에 오시니

 까 같이 가마쿠라에 가서 바다도 보고 근처의 섬에도 갈 겁니다.

  오랜만에 부모님과 많은 이야기를 나누고 싶습니다.

 (来週は会社の仕事が忙しくありません。両親が東京にいらっし

 ゃるので、一緒に鎌倉に行って海も見て、近くの島にもいくつも

  りです。久しぶりに両親とたくさんの話をしたいです。)


           解答 ③



 3)対話文

 女: 목욕하러 가는 거죠. 수건 필요하세요?
  (銭湯に行くんですね。タオルが必要ですか。)

 男: 혹시 모르니까 하나 넣어 주세요.
  (もしかして必要かもしれないので一つ入れてください。)

          
           解答 ①



 4)対話文
 
 女: 손님, 이 검은색 모자는 어떠세요?
  (お客様、この黒色の帽子はいかがですか。)

 男: 다른 색은 없어요? 검은색은 잘 안 어울려서요.
  (他の色はないですか。黒色はよく似合わないので。)

 女: 그럼 흰색은 어떠세요?
  (では白色はいかがですか。)


           解答 ②

                 
                   
 [7]  対話文  

  男: 음악 발표회까지 얼마 안 남았지요?
   (音楽発表会まであまり残っていませんね。)

  女: 네,  2월10일이니까 한 달 남았어요.
   (はい。2月10日なのであと1ヶ月です。)

  男: 제가 보러 가도 돼요?
   (私が見にいってもいいですか。) 

  女: 오시려고요? 사실은 티켓이 좀 남아 있어요.
  (いらっしゃるんですか。実はチケットがちょっと残って
   います。)

  男: 그럼 팔아 드릴게요. 다 주세요.
  (では売ってあげます。みな下さい。)

  女: 고맙습니다. 열심히 연습할게요.
  (ありがとうございます。一生懸命練習しますね。)


  【問1】     解答  ③


  【問2】 選択肢

 ① 두 사람은 다음 달에 음악 발표회를 엽니다.
  (二人は来月音楽発表会を開きます。)

 ② 남자는 소설책을 발표할 생각입니다.
  (男性は小説を発表するつもりです。)

 ③ 남자는 티켓을 팔아 주려고 합니다.
  (男性はチケットを売ってあげようと思います。)

 ④ 두 사람은 한 달 후에 공연을 보러 갑니다.
  (二人は一ヶ月後に公演を見に行きます。)

	              
                        解答 ③





[4級・聞取試験の解説・講評]




―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>やや増。

<問題内容>一部変更。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




今回の受験、おつかれさまでございました。



まずは、問題音声をどれくらい理解できて、どう解答したかを確認しておきましょう。
俗に言う「聞いて分かる語句」の確認と、音が連なって出来た内容の理解度確認ですね。


ここまで練習してきたこと(初級段階)の習熟度を測る、4級のリスニング問題では、
実のところ、ハン検全6段階の中で一番キツいリスニングを要求します。

もちろん、上の級と比べれば、使用語句と文構成や解答手順さが平易ですが、
比較的短い問題文で、試験時間の30分を埋めるためになのか、
問題が多く、5級に比べると余裕が無かったりするからです。



ところで、試験問題解答のためのリスニングに限っては、
全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。

目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を選別し、
背景知識も時に動員して、先を予測しながら、内容を要約する練習もしたいですね。

隅から隅まで聞き取れるようにするための練習は、これからの会話(実用韓国語)のためにです。



ということで、ハン検のリスニング練習は、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング(正解するために狙いを定めた聴解)



この2本立てでやっていきたいです。



とにかく、これらのうち(2)を実現させるために、まず聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の聞き取り試験全体の説明(55秒)、さらには各問の説明(平均25秒)の間に、
選択肢を見ておかなければなりません。

現在の問題形式がもう長い間続いているので、
過去問を見ておけば、試験中の説明は注意して聞く必要が無いですね。

その間に、各選択肢をできる限りチェックしておきましょう。




第1問はサービス問題の、ハングルの綴りと音を聞き取る問題です。

同じ形式が出題される5級に比べて、正答/不正答の差が少ないものの、
講師の知る限り、ここを間違えるという方はおられません。


実際受験される方々も、ほぼ全ての方がここは余裕だとおっしゃっている一方で、
以前、これを苦手としているというお話を聞きました。

それで、一応の対策を以下のように執っておきました。



[1]

事前の選択肢チェック時に、問題文と選択肢全体を見れる余裕があり、それぞれの語句が分かれば、
音声が流れる前に‘文脈’から解答してしまい、後で聞いた音声は確認として聞く

(今回なら、1)3)がそうです)


[2]

もしその余裕が無かったら、各選択肢の語だけに注目し(問題文は無視します)、
聞こえてきた音と選択肢を対照する



特に[1]はつまり、筆記の語彙問題のように解いてしまおうということです。

このことを確認すると、この問いはハン検に限らず、


『リスニング試験で珍しい、後で見直しができる問題』


なんですね。


今回は特別なところが見受けられない出題で、あえて確認するなら3)でしょうか。
パッチムの音もきちんと聞いて、正答を選びましょうという問題です。

まあ、私達日本語ネイティブは、母音をメインに捉える耳に調整されてしまっているので、
韓国語をはじめ、他言語のリスニングを苦手としていることが多かったりしますが。




では第2問の絵問題で、ここから選択肢の事前チェックが必要になってきます。

いろんな方法があると思います。
この解説で採り上げているチェック法は、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



この作業をしておいてから、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



1)は絵がバラバラなので、すぐに解答できそうですね。
実際に冒頭文句の、


女:다녀올게요. ≪行ってきます≫


で解答終了です。
一応、ㄹ게요 が伝えることも確認しておきましょう(ネイティブはよく ㄹ께요 と表記します)。



ここでの解答で、



‘すぐに解答できそうだな! じゃあ、1回目の朗読でマークできそうやし、

聞こえてきた単語いくつかで分かるかも。するとその分、他の選択肢を見れる!’



と頭が動いていたら完璧です。



続く2)は、絵に対する【質問】と選択肢を聞き取って選ぶという問題ですから、
【質問】の聞き取りに集中したいですが、結局は絵を説明する文を選んでくださいというものです。


絵では、女性が新聞を読みながらパンを食べていますが、
音声が聞こえてくる前に、これらは韓国語でなんて言うかなぁと思い出しておきましょう。

ただ、今までの出題傾向として、接続表現を使い、2つの動作を述べることはほとんどありません。
ということは、「新聞を読む」ことについていうのか、あるいは「パンを食べる」についてか、
想像しながら問題文を聞くと、ややひねってきました。

持ち手を言っているんですね。


なので、前回と比べてやや難化したと見ています。




では、第3問の応答文問題です。

応答文とはいわゆる‘問答’なわけですから(全てそうとは限りませんけどね)、
事前の選択肢チェックをバッチリやっておき、疑問詞に注意しながら聞き取ります。

そう準備しておくだけでも正解率が変わってきます。


そして、筆記の解説でも確認した通り、将来会話ができるようになりたいと思ったら、
ある意味、筆記問題よりこれの方をバッチリ解答できるようにしたいですね。

たとえたった1往復の会話で、返答は文字で示されていてもです。



まず1)で、試験問題解答の観点からすると、②と④が過去時制なのに注目です。
もしこれが正答なら、ㅆ어요?/ㅆ습니까? の音が聞こえてくるはずです。

会話では、話題を換えたり、何かことわりを入れない限り、時制が一致するからです。


A:昼ごはんは何が食べたい?

B:昼ごはん? ラーメン食べたよ。


が不自然なのと同じです。



続く2)は平易で、聞こえてきた 어디[場所],무슨 일[職業] に合わせて選べばOKです。


そして3)では、③と④の冒頭に注目です。
こう答えるに相当することを言ってきたら、と準備しておきます。

④は、筆記問題にもある 됐어요 で[拒絶]を表明しますが、
これを挟んで、後に続く発話と合いますね。

②に引っかからないように注意です。




では、第4問の翻訳問題で、ここでは選択肢チェックがどれだけできたかを振り返りましょう。


1)は、②と③の出だしが同じなので、これのどちらかが正答かもと予想しておきます。
あくまで‘一応’ですが、過去の出題パターンからすれば、
ほとんどがこのどちらかになります。

で、ふたを開けたらやはりそうで、석달 を聞き取りましょうという問題です。



続く2)では、①と④が気持ち悪いですね。

というのも、ご存知の通り韓国語は日本語同様、語順に自由が利いて(まだ韓国語の方が厳密です)、
選択肢文後半の部分が合ってさえいれば、前半部分の音だけならどちらでもいいともいえるからです。
実際に問題文はそうで、後半部も聞き取らなければなりません。

語順まで厳密にして出題するとはじめから謳っているなら、出だしの音で解答できますけどね。


ただよくよく考えると、より厳密な語順を求めても、
この問題文に関しては、「毎回」「このように」どちらが前にきても別段変わりなさそうです。


①「このように」→(修飾)→「毎回~~ないでください」

④「毎回」→(修飾)→「このように~~ないでください」


余談的には、時を表す名詞が、副詞として使われる場合が多いことも、
頭の片隅に置いておきたいですね。英語とほぼ同じ事情です。



他の級でも出題される、この日訳問題は、
事前の選択肢チェック条件が比較的いいので、他の問い以上に全問正解しておきたいです。




では第5問の会話文問題で、質問から、
2人が1時間後に何を見たがっているかを聞き取ります。

そして、このあたりから聞き取る問題文がやや難しくなります。
それは具体的に、지만,아/어도,(으)면서,고,아/어서 を中心に、
接続表現が使われるようになり、複文を聞き取ることが多くなるからです。


正解を出すための聞き取りができたかどうかを振り返ると共に、
これからの‘ぺラぺ~ラ’のためにも、会話はやはり‘音’で主にやり取りしますから、
これらの問題をどれだけ聴解できたかを十分確認したいですね。

‘正解を出すための聞き取り’を問い質す一方で、
実用面では、正解できたか否かはまず置いときましょう。



1)では、女性が公園について言った後、


예쁜 꽃들이 많이 피었어요.  ≪きれいな花がたくさん咲いています≫ 


と話し、男性がそれについて答えて、公園に行くことを提案しています。

選択肢は、‘見たいと思っているもの’に「カレンダー」「会社」はないだろうし、
「匂い」は見れませんから、自然と④が残ってしまいます。

もちろん、それぞれの語が聞いて分かるかについても訊かれています。



そして2)は会話のテーマを選ぶということで、まず 그릇 という語が聞こえてきます。
そして、女性が言う 취미 も押さえておきたいですね。

解答では、④に注意しましょうということですね。
述べているのは、‘女性の’趣味です。





ここまでの難易度は前回並みです。
以前は、初級レベルの4級でも、難易度に揺れ動きがありましたが、
本当に仔細な部分まで見るのはさておき、ここ数年はおおよそ一定しています。




次の第6問は、今回も会話文2問・文章問題2問の構成です。

ここでも、各選択肢をどうチェックしたか振り返っておきましょう。
このあたりまでくると、もう同じことの繰り返しです。



1)は文章形式で(問題用紙のメモ欄を見れば分かりますね)、
選択肢を頼りに、話者にとって運動がどうなのかと思いながら聞き取りましょう。


解答は問題文の冒頭で、


저는 여름에는 아침에 운동을 합니다.  ≪私は、夏は朝運動をします≫


と聞こえてくるのですぐ解答ができはしますが、
短い文を書き取る練習(聞き取るだけというよりも)を求めてくる問題です。

普段から、この手の文を聞き取る練習がどれくらいできているか、振り返っておきましょう。



続く2)も文章形式で、①今週のことと②③④来週のことに注意して聞き取ります。

順を追いますと、話者にとっての来週について話し始めて、
仕事が忙しくなく(②が×)、両親が東京へ来るので、一緒に鎌倉へ行くということで、
③を選べます。

今週のことについては言っていませんね。


前回は、日本語の各選択肢文が、
例年に比べて連体形を多く含んで複雑に見えるよう出題されましたが、
今回は例年通りの作りです。

ただ、問題文の語数がさらに増えましたね。
繰り返しになりますが、短文の聞き取りと書き取りに励みましょう。



そして3),4)の会話文でも、選択肢を利用して聞き取ります。
具体的には、5級でも使う解法で、



男性は~~  →  男性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する


女性は~~  →  女性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する

(それぞれで選択肢の内容を言っているか、言わなかったか)



を、問題文が流れる前に見定めて、ピンポイントに聞けるよう準備しておくんですね。



3)の各選択肢が、ややこしさを感じるかもしれません。
会話練習でも難しい部類に入る、[やりもらい表現]を含んだものがあるからです。




解答は男性が女性の発話に対して、


혹시 모르니까 하나 넣어 주세요. ≪一応(タオルを)1枚入れておいてください≫


といっています。

③ではないですね。末尾が 아/어 주세요[依頼]だからです。



そして4)でも、同じように選択肢をチェックしておきましょう。

男性に関する選択肢が2つ、女性については1つなので、それらに注意したい中、
メモ欄を見ると(事前の選択肢チェックがきちんとできてさえいればメモは不要です)、
男性の発話部分が2行あります。

ということは、女性の発話は男性のより長く、それだけ情報もたくさん入っていそうなので、
選択肢①②に注意ですね。

解答は、女性1つめの発話で、女性に関する④が消えて(「黒」の帽子をすすめているからです)、
続く男性1つめの発話で解答できます。


다른 색은 없어요? 검은색은 잘 안 어울려서요. ≪他の色は無いですか? 黒は似合わなくて≫


男性は女性の提案を拒否して、別の物を求めています。



会話文の語数は前回並みです。




では最後の第7問で、4級のリスニングで一番緊張する問題です。



まず大切なのは、問題文が聞こえてくる前に、
【問1】の【質問】をきちんと読んでおくことですね。

今から聞く会話文の内容を、【質問】からある程度思い描いておきます。



女性がしようとしている事を選びなさいとのことです。
なので、自然と女性の発話に注意して聞くことになります。

すると、女性が末尾で、



열심히 연습할게요.  ≪(音楽発表会のために)一生懸命練習しますからね≫



と言っていますから、これが‘女性がしようとしている事’です。

④も正解っぽいですが、음막발표회[音楽発表会]を「音楽会」と拡大解釈できても、
「誘う」のは、この会話中でやっていますから×です。




そして【問2】は、最後の問題ですから、2回の朗読をじっくり聞いて、
必要そうな情報をメモし、各選択肢を聞きながら取捨していきます。

選択肢のメモは必要ありません。
聞こえてくる音と、問題文メモを対照させましょう。


選択肢を順に聞いていきますと、こう解答できます。



①「二人・音楽発表会・開く」×


②「男性・小説本・発表」× 


③「男性・売ってあげる」○


④「二人・公演・見に行く」×



④で、ㄹ語幹の活用(splonの法則)を音で問われているので緊張しますが、
正答/不正答の差がいつも以上にあるので、問題文の語数が比較的多くても、
問題文の内容さえ分かれば、迷わず解けます。

一方で、あらためて確認するところ、5級から段階が結構上がります。
2018年度の問題形式改訂では、このあたりがどうなるでしょうか。




ということで、4級問題の解答が終わりました。
次回の3級に合格するためにも、ハン検でのリスニングは(TOPIKも)、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング(正解するために狙いを定めた聴解)



という2本立ての練習を積み重ね、
ハン検という試験(というより‘学び場’)をより有効的に利用しましょう。


とはいえ、次の3級はハードルがグンと上がり、
かつての講師も、ここで一度不合格になりました。2000年度春季の話です。

このあたりからどんどん、韓国語学習への‘本気度’‘ガチ度’を試されはしますが、
一方で、楽しくやることも同時に味わっていきたいですね。

分かることが増えてくる分、間違いなくさらに楽しくなってきます!




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

かつての講師のように、合格することだけが目的にならず、
ハン検が‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’のペースメーカーとして、
講師を含めた、韓国語を学ぶ一人一人に広く利用されればと思っています。

この場を通じて、そのお手伝いができれば、光栄この上ございません。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-




試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


       ――――――――――――――――――4級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



第49回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  5級

   筆記問題


 [1] 1)③ 2)② 3)④ 


 [2] 1)④ 2)③ 3)① 4)②


 [3] 1)③ 2)② 3)① 4)① 5)④


 [4] 1)② 2)③ 3)② 4)④ 5)①


 [5] 1)① 2)② 3)③ 4)④


 [6] 1)③ 2)② 

 
 [7] 1)④ 2)①  3)①     


 [8] 1)② 2)③  3)④

 
 [9] 1)① 2)④


 [10] 1)対話文・選択肢の日本語訳

  A:(        )

  B:眼鏡と教科書です。


  ① この本、どこに置きましょうか。 

  ② うちの夫は目が悪いです。

  ③ カバンに何を入れましたか。  

  ④ 明日までに読みたいです。 


        解答  ③ 



  2)対話文・選択肢の日本語訳

  A:ミナさん、チョルスさんのことが好きなんでしょう?

  B:(      )? とんでもないです。


  ① そこから遠いですか   ② そうですか

  ③ 私がですか       ④ 友達とです 


        解答  ③



  3)対話文・選択肢の日本語訳
  
  A:隣の家のおじさんは(       )?

  B:日本語を教えていらっしゃいます。  

 
   ① 日本語をどのように学びましょうか。 

   ② どんな仕事をなさっていますか。

   ③ どこで勉強なさっていますか  

   ④ 韓国語をわかりますか 


        解答  ②



  4)対話文・選択肢の日本語訳
  
  A:昨日キムチを作りました。
  
  B:そうですか? (     )?

  A:はい、持って来ます。


  ① 塩が多くないですか  ② 一度味見しましょうか

  ③ 市場で買いましたね  ④ 悪かったですか 


        解答  ②



 5)対話文・選択肢の日本語訳

  A:お客様、名前はここに書いてください。

  B:ここですか?(     )

  A:いいえ、ハングルで書いてください。


  ① 英語で書きましょうか?  ② 韓国語だけ書いてください。

  ③ 名前がわかりません。  ④ 中国語を勉強したいです。


        解答  ①



 [11] 対話文の日本語訳

 ヨンソン: 昨日学校の食堂でヒロシさんを見ました。
      授業だったんですか。

 ヒ ロ シ: いいえ、試験だけありました。試験がおわり、そこで
      コーヒーを飲みました。

 ヨンソン: そうですか。試験(       )?

 ヒ ロ シ: いいえ、ちょっと難しかったです。

 ヨンソン:私たち明日映画見ましょうか。

 ヒ ロ シ: いいですね。



      解答  1)①   2)④   3)④

	 



[5級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。



当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



ゼロから韓国語と付き合い始めて、韓国語の文字(ハングル)と発音を覚え、
定型表現や基本語彙・文型を学んだ後、
‘ぺラぺ~ラへの入り口’となる、今回のハン検5級受験で、
これから韓国語と楽しく付き合っていけそうな、そのきっかけを手に入れられましたか。

今回まず5級に合格され、さらに頑張ってぺラぺ~ラになるぞと、
気持ち新たにされたのではないかと思います。



ところで、ここまでの韓国語学習でお感じになられたであろう通り、
自分達日本語ネイティブにとっての韓国語は、発音などの一部例外を除き、
例えば英語をはじめとした欧米諸語や、中国語などに比べると、
‘ぺラぺ~ラ’を手に入れやすい言語です。

そんな手軽さが私達日本語ネイティブにとっての韓国語にはある中で、
韓国語学習スタート時点で待ち構えている『3つの壁』があると、
この解答速報解説では、毎回確認しています。

それらは順に、



〔文字・発音を覚える〕


〔パッチムのお引越し(連音化<アンシェヌマン>)〕


〔用言の活用(特に 해요体)〕



が挙げられます。


連音化(アンシェヌマン)以外にも、文字には現れない、様々な発音変化がありますが、
発音面ではまず連音化に慣れることが、母音中心の日本語を母語とする私達にとって、
結構キツかったりします。

実際に講師の知る限り、学習経験をある程度お持ちの方でも、ずっと苦手にされているようです。



ところでいきなりのことで、この5級や、あと4級を受験された方々の中には、
例えば小学生・中学生・高校生など、学生さんがたくさんおられると思います。

学校の勉強のみならず、韓国語まで学ばれて素晴らしいですね!


この時期、他にも英検をはじめ、他の資格試験も受験されるなど、なにかとお忙しいようですね。
実際に、午前中に英検の2次試験を、午後にハン検を受けたという方がおられます。


ぜひ、‘いろんなことができる’ようになっておきましょう。
今ここでそうなっておくことで、これから就ける職業や生涯収入、
そして出会える人も変わってきます。

社会の自動化やAIの浸透(翻訳もこれによって進化していますしね)など、
「人間が少しだけいればいい世の中」は確実に来るので、それに備えるためにも、
「人とは違う、私ができること」をたくさん備える、その一つに、
このハン検を、あるいは韓国語ならTOPIKを大いに利用していきましょう!




第1問の発音問題で出た項目は、


連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化


です。


前回は、

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化

で、問われる発音ルールは、この4つに固定されています。


単語が違うだけで、問われていることは同じですし、あるいは過去問をご覧になっていなくても、
市販の教材云々で繰り返し練習されてきたであろうことなので、
バッチリ正解されたと思います。



1)での[합니다体の鼻音化]については、
こんな大層な専門用語など関係無く、音で覚えていらっしゃる方が沢山おられると思います。
ここではルールを訊かれていますが、一方で通じればいいです。



あと、ㅎ の弱化は、‘弱化’というよりは、


<ㅎ が ㅇ の激音(つまり無音)>


と解釈しておけば納得がいきます。



この類いを問い質し始めるのは、


“何でこう発音するんだろう”


という疑問が出てきた時ですね。

その時に注意したいのは、



「もともとこういうものだからそのまま覚えなさい」


「私がネイティブ(韓国人)ですから、私の言う通りにすればいいんです」



といった話で納得せず、鵜呑みにしないことです。


韓国語に限らず、言語の発音を身に付けていく基本は、音を聞いてマネることであるものの、
ちびっこを除いて、理屈で生活する大人になってから、


「もともとこういうものだからそのまま覚える」

「ネイティブ(韓国人)の言う通りにすればいい」


という、ある意味腑に落ちないことが積み重なると、
根拠のある知識が比例して積み重なっていないので、楽しみで始めたものが楽しくなくなります。



今学んでいることの中で、単語の意味といった単発の知識でないルールの類いには特に、
そう成り立っている理由があります。
発音ルールについては、韓国語の事情でその理由があり、
大げさな用語を使えば‘韓国語の音声学的に’ですね。


なので理想は、基本的に話せて聞けて、通じる発音ができるようになれればいいと解釈し、
同時に、各種発音変化をただ公式として暗記するのではなく、
そう発音するには、きちんとした理由があることまで知って身に付けていきたいです。

具体的な発音の仕方を、耳だけでなく目や理屈からも知った上で、
音読・シャドーイング、そしてディクテーション(書き取り)に努めましょう!




では、第2問・第3問の「単語テスト」です。


毎回確認していることで、第2問のような問題を出す協会側の意図を推すると、
出題された各語の綴りを、単に確認しているのみならず、語句を覚える時、普段から音だけでなく、
綴りまで覚える形で学習してほしいというメッセージが込められている気がします。

あらゆる言語の中で、特に韓国語は、綴りと音がずれる例が多いことからの出題と考えています。


各語句や文句を‘音’が押さえられていれば、まずはよしとしましょう。
ただでさえハングルは「音を表す字」で、‘外国語学習では音が重要’という真理もありますからね。
何より会話は‘音’でやるからです。


ただ、音ではおなじみなのに、いざ書くとなると綴りが分からないということが、
講師の知る限り結構あります。

語学以外のあらゆる分野でも、機械が簡単に導き出してくれる今この時代だからこそ、


「ペンを持ち、手を動かして書く」


ことは本当に重要です。



そして、5級リスト・約450語は、入門級だからということのみならず、


『これからの‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’』


のために押さえておきたいものばかりです。
これらを言えて聞けてこそ、韓国語会話がきちんできるからです。


全問正解された方も、出来がよくなかった方も、
そこに一つの「甲斐」を感じながら、まずはハン検5級・約450語を覚えて使っていきましょう!

‘使えるようにする’んですね。




今回の第2問は、講師的になかなかの良問だと思っています。
先の、


‘音ではおなじみなのに、いざ書くとなると綴りが分からない’


の好例的語が選ばれているからです。


2)はこのコーナーでの常連さんですが、1)のような語では特に注意しましょう。
具体的には、私達日本語ネイティブのクセで、


〔ㅇパッチム + ㅇ〕で、ㄴ音をよく入れてしまう


ことによる誤解です。


この場合、ㅇパッチム本来の発音をすれば、ㄴ音が入らないはず。
ㅇ と ㄴ は、発音時の舌の位置が前後真逆ですもんね。

普段の発音練習から、ぜひ心がけましょう。



あと4)での、母音 ㅔ と ㅐ の区別は大丈夫ですか。




そして第3問でも、今回の出来不出来はある意味関係無く、
これからの‘ぺラぺ~ラ’のために、全部覚えましょう。


恒例の副詞問題では、今回も迷いそうな組み合わせですが、バッチリ正解できたと思います。

ちなみに① 잘 を「よく」で覚えて終わらない方がいいです。
これは[良い状態で]を修飾するので、例えば 자주 との区別ができなくなります。

あと5)で、前回の 길다 同様、ㄹ語幹の活用(splonの法則)が採り上げられています。




では、第4問です。



1)で疑問詞が出題されています。

④をよく間違えることがあります。
これは、意味(訳)のみならず、[後ろに名詞が要る]と文法で押さえましょう。

このような捉え方を今からやっておくと、発展的に、
日本語より文法的に厳密な韓国語を捉えていく上で便利です。


ちなみに、前回は5)の正答語だった3)には、
「周る」という意味もあることを押さえておきましょう。



例)연간회원권으로 서울랜드를 즐겁게 다녔어요.

<年間パス(年間会員券)でソウルランドを楽しく周りました>



とにかく、語彙はどんどん増やしていきましょう。
語彙さえあれば、どうにでもなることって結構ありますしね。




続く第5問は、前回より若干易化しました。



ここでは4)に注目します。

もし選択肢に 어디 があったら、これを選んでしまう方がかなりおられるはずです。
日本語では「‘どこ’の国」といっても、これは厳密に[選択]を訊いていることに注意です。

つまり、世界196ヶ国(日本承認国)の中でどれかと訊いているので、
韓国語では厳密に、[選択]を訊く 어느 を使うんですね。


まあ、어디 が無くて幸いですが、
これをご覧くださっている皆さまにとっては、予告的に聞いておきますと、
これからの韓国語学習で、日本語の助詞「の」を韓国語の事情に合わせて、
解釈できるようにしておきましょう。




それでは第6問の入れ換え問題です。



1)は、5級でおなじみの 부터/까지입니다 を用言でいうと?という問題です。
今回は 까지 が出題されて、前回は 부터 でした。

簡単ですね。
主語が 영어시험[英語試験]な中、①と②は通常、人が主語になります。



そして2)は、2014年度春季・第42回で出題されたものの別パターンです。




続く第7問の用言活用問題で、1)の 해요体問題は、
逆に基本形が何かをさっといえるようにしておきましょう。

あまりやらないであろう、[活用形 → 基本形]の言い換え/書き換えもいい練習になります。



そして2)が第3問でも出題されている「splonの法則」です。
ほぼ毎回出題されていますが、
今回は‘ㄹ語幹御三家(알다,살다,만들다)’ではなく、比較的出題歴が少ない 울다 です。



ところで、用言活用ということで 합니다体について、
世に出回っている入門用教材では、用言活用をほぼ 합니다体から学び、
多少の前後はあっても、ほとんどの方々が、


<합니다体>  →  <해요体>  →  <尊敬形>


の順に学ばれたのではないでしょうか。



ですが、理想は 해요体から学びたいです。
それは、日常会話で主に使われるのが 해요体だからです。
합니다体が、해요体より丁寧で公的あってもですね。

そういう事情から、当校のオリジナルテキストでは、入門用全20課の中で、
입니다/까?,이/가 아닙니다/까? を第1課で学ぶ形で、


<해요体>4課  →  <尊敬形>6課  → <합니다体>16課  


という順番で学び、합니다体をかなり後回しにしていますが、
学習経験が十分おありの方でも、ずっと 합니다体でお話しされる例が結構あります。



합니다体を先に学ぶことが多い理由は、活用が 해요体より簡単だからですね。
一方で、複雑そうに見える 해요体の活用は、実のところ[文字・発音編]の復習だったりします。


例えば、今回の1)のように、いまいちピンと来なかったりする〔이 + 어 → 여〕も、
母音 여 の元の成り立ちを問い質しているだけで、
이 と 어 を続けて発音してみれば分かります。

〔오 + 아 → 와〕や〔우 + 어 → 워〕も然りですよね。


これらを『母音調和』といい、
日本語にも、擬態語で「からから」「ころころ」などで母音調和があります。

ややこしい話に聞こえても、私達の足元を問い質せば、同じようなものがあるんですね。



あとは慣れです。

はじめに挙がった『3つの壁』の一つではありますが、
活用とは、これから学ぶ不規則のものであれ、一定のパターンがあり、
一定のパターンになっているからこそ、年端のいかない子供でも使えています。

たとえ、一年365日その言語を見て聞いて話すネイティブスピーカーであっても、
パターンが一定していなければ、言葉に詰まるはずです。

私達の母語・日本語も然りですね。


とにかく活用を書きなぐって覚えたという方もおられますが、
結局のところ、学習法はこのような原始的手段に戻ってしまいます。



とにかく、今は 합니다体より 해요体が使えるようにすることを優先して練習しましょう。

理想は、過去形や으不規則活用、そしてハン検では4級で問われる ㅂ不規則活用でも、
해요体で言えるところまでです。

はじめは 덥다,춥다,어렵다,쉽다 などを活用形で覚えてしまいます。
使用頻度が高いですし、まず‘話せる楽しさ’を味わいたいですしね。




では、第8問の助詞問題です。

韓国語は欧米諸語や中国語などのように前置詞(介詞)ではなく、
日本語と同じ助詞を使うことだけでも、多少の差異がありはしますが、
日本語ネイティブは韓国語文法を学んでいないといえる大きな理由になっています。



1)では、(  27  )を挟んだ名詞が同じなので簡単ですね。

そして2)で、①と③がほとんど同じなので、正答はこのどちらかではと見ることができます。
というより、②も④も活用が間違っていますよね。
(  28  )の前にある 어머니 が、パッチム無しで終わっているからです。




そして第9問の挨拶言葉問題は、いつも以上に平易です。

全選択肢の文句が、市販の教材で当たり前のように載っています。
これで4点ですから、かなり‘オイしい’ですね。




それでは、第10問の会話文問題です。


会話の基本は‘問答’です。
もちろん、全てがそうでないものの、今回の問題全てもそうですよね。


その観点から、1)は①か③かなと絞れます。
そして、Bは物で答えているので、③ 무엇 と合わせます。


あと、解答するには問題無いもの、
3)の正答②に注目しておきます。


어떤 일을 하세요? に対する返答として、Bの文句は合っていますが、
同じような意味でも、무슨 일을 하세요? では、Bの文句と合いません。

それは、


어떤 ― 用言を訊く

무슨 ― 名詞を訊く


と、訊いている語の品詞が違うからです。




では、最後の第11問です。


問題文を読む前に、2)の問いと選択肢、
そして3)の選択肢をあらかじめチェックをしておきたいです。

3)では、選択肢を日本語で書いてくれていて、
何についての会話かを‘日本語で’想像できますからね。
この作業一つで、解答時間は半分以下になります。



ここでは、2)から解くといいです。

거기 が指すのを選ぶとなれば、問題文を読む前に2択になりますよね。
①と②で、[場所]ではないからです。


さらに1)なんかは、(  37  )に続くBの発話にある 아뇨 だけを見て解けます!!


〔疑問詞疑問文には 네(はい),아뇨(いいえ)で答えられない〕


というルールを使うと、①だけ疑問詞疑問文ではないので、これを選べます。


これは俗に言う[論理]に則った解答で、
講師的にはこう解けると‘萌えます’が、皆さまはいかがお感じでしょうか。




5級・筆記試験問題を見てまいりました。
今回の5級受験でまず‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’へのいいスタートをきられました。


5級から4級に上がると、語彙数が増えるのと共に(約450語→900語)、
この解答速報解説で毎回確認していることとして、主には、



○不規則活用(変格活用)


○修飾語句(連体形・副詞語句)


○接続表現(短文の連続から複文を作れるようになる <聞き取り試験では問題後半部から>)



が加わります。


修飾語句は読んで字の如く「飾り」「デコレーション」で、
デコレーションする/される(修飾/非修飾)、つまり文法は、
今まで学んでこられたように、基本的には日本語と同じですので楽勝です。
そういう‘特典’を大いに利用して、‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’をさらに進めていきましょう!



そして、何より大切なこととして、今お使いの教材1冊を完璧に身に付けましょう。
俗に言う中級段階になるまで、新しい物はもう要りません。
何冊も買わなくていいです。

教材自体の善し悪しや、それとの相性も気になるところですし、
当校でも講師オリジナルテキストを使っていますが、今は基本的に何でもいいです。

今お使いの教材と、とことん付き合ってあげてください。



実のところそれが、今の段階でいう入門→初級、そして‘韓国語ぺラぺ~ラ’への近道で、
今まで韓国語(に限らずあらゆる学び事)を身に付けられた方は、
あれこれ手を出さずに、できるようになるまでやり込んだ素材を一つ一つ積み重ねて、
今に至っていらっしゃるはずです。

入門から上級へ、完璧に身に付けた教材を、正しい順に一つ一つ積み重ねていけば、
今回5級に合格したご自身が、ハン検1級,TOPIK6級にも自然と到達します。



これは、今の講師が特にこだわっていることで、講師個人の学習でも、
まだ完璧に身に付いていない教材が山ほどあるので、新しい教材はここ数年買っておらず、
それらに愛着を持ってとことん付き合っています。


では、何をもって‘完璧に身に付けた’といえるか、
あるいは、身に付いた具合をどのように確認すればいいかについてなどは、
一度ご相談ください。

今お使いの教材や学習環境をお知らせくださればと思います。




解説・講評も最後まで読んでくださっている皆様に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。




おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-



試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。

                     ――――5級筆記 終わり――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題



  第49回 秋季ハングル能力検定試験 5級 聞取問題


[1]
  1)文章 어젯밤에 (빵)을 먹었어요.       解答 ② 


  2)文章 그분을 잘 (알아요)?          解答 ①


  3)文章 오늘이 (금요일)입니까?        解答 ④


                    
[2]
  1)文章 (25[이십오])번 버스를 타고 오세요.    解答 ①


  2)文章 우리 딸은 (10[열]) 살이에요.       解答 ②


  3)文章 이 학교는 학생이 모두 (200[이백]) 명이에요.   
                 
                           解答 ③



[3] 1)文章 

  어제 딸하고 같이 여행을 왔습니다. 여기는 날씨가 덥습니다. 

  우리는 바다에서 놀았습니다. 

 (昨日娘と一緒に旅行に来ました。ここは気候が暑いです。
 
   私たちは海で遊びました。)


    [質問文]   우리는 몇 번입니까?(私たちは何番ですか。)

 
             解答 ④


  2)文章 

  우리 형은 안경을 썼어요. 누나는 머리가 길어요. 누나 옆에 

 남동생이 있어요.  저는 남동생보다 키가 작아요.

 (うちの兄はめがねをかけています。姉は髪が長いです。

  姉の横に弟がいます。私は弟よりも背が低いです。)
          

    [質問文]  저는 몇 번입니까?  (私は何番ですか。) 


           解答 ②



[4] 1)文章  뭘 시킬까요? (何を注文しましょうか。) 


           解答 ④(コーヒーにします。)


       
   2)文章  저기 김유진 선생님이지요? 
        (あの方キム・ユジン先生ですよね。)

         
           解答 ④(はい、そうです。)



 [5] 1)対話 男:어서 오세요. 몇 분이에요? (いらっしゃいませ。何名様ですか。)

        女:(        )


  [応答文の選択肢]
 
   ① 다섯 명이에요. (5名です。)   ② 다섯 개 주세요.(5個下さい。)  

   ③ 다섯 살이에요.(5才です。)    ④ 다섯 마리예요.(5匹です。)


           解答 ①

    .                                          
   2)対話 男:거기서 역까지 멀어요?(そこから駅まで遠いですか。)
   
        女:(         )                     
           
          

  [応答文の選択肢]

   ① 너무 비싸요.(値段がとても高いです。)     

   ② 가깝습니다.(近いです。)  

   ③ 여기가 아니지요.(ここではないですよ。)      

   ④ 천천히 가요.(ゆっくり行きましょう。)


            解答 ②


[6]  

 1)  우표 한 잔 주세요.         解答 ③
 

 2)  여자 화장실은 몇 층에 있어요?   解答 ③

 
 3)  밖에 눈이 많이 와요.        解答 ④
 



[7]  1)対話文

 女: 언제 일본에서 왔어요? (いつ日本から来ましたか。)

 男: 작년 봄에 왔어요.  (昨年の春に来ました。)


            解答 ②
 

 2)対話文

  男: 여기서 버스를 탈까요?
    (ここからバスに乗りましょうか。)

  女: 아뇨, 시간이 없어요. 택시가 좋아요.
    (いいえ、時間がありません。タクシーが良いです。)


            解答 ②


 3)対話文 

  男: 저는 음악을 아주 좋아해요. 미나 씨는요?
  (私は音楽がとても好きです。ミナさんはどうですか。)

  女: 저도요.
  (私もです。)


            解答 ①



[8]  女: 이 치마하고 바지 주세요.
    (このスカートとズボンを下さい。)

   男: 네, 감사합니다. 
    (はい、ありがとうございます。)

   女: 아, 돈을 안 가지고 왔어요. 은행이 어디 있죠?
   (あ、お金を持たずに来ました。銀行がどこにありますか。)

   男: 저기 우체국 뒤에 있습니다. 
    (あそこの郵便局の後ろにあります。)


   【質問1】 여기는 무엇을 팝니까?

      (ここは何を売っていますか。)

        
            解答 ①



   【質問2】 여자는 지금부터 어디에 갑니까?
      
      (女性は今からどこに行きますか。)    


            解答 ③




 
[5級・聞き取り試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み(各問では増減あり)。

<問題内容>問題形式も同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。



今回の受験、おつかれさまでした。

まず、今回聞き取れた程度を、上に掲げられている台本で振り返っておきましょう。
あと、正答不正答も気になる中、どれくらい自信を持って解答できたかも問い質しておきたいです。

それらは、4級以降の試験解答のみならず、普段の会話練習にも役立ってきます。



その一方で、試験問題解答のためのリスニングに限っては、
全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。


この5級では、問題文の語数的にも内容的にも平易なので、
全てを聞き取ろうとしても支障はありませんが、
これから4級,3級へと上がり、あるいはTOPIK(韓国語能力試験)Ⅰを受験するともなれば、


「あれ、今なんて言ったっけ?」


と、音声1つ1つを理解しようと聞くのはキツいですね。


全て聞き取れるようにするための練習は、これからの会話(実用韓国語)のためにです。



ということで、ハン検のリスニング練習は、



(1)全てを聞き取るリスニング練習(音読・シャドーイング・ディクテーション)


(2)試験問題解答のリスニング(正解するために狙いを定めた聴解)



この2本立てでやっていきたいです。



で、これらのうち(2)を実現させるために、聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の聞き取り試験全体の説明(53秒)、そして各問の説明の間に(平均27秒)、
選択肢を最後まで見ておきます。

今回の受験前に案内を読んでおいたり、過去問でチェックしていれば、
試験中の説明を注意して聞く必要が無いので、
最初の全体説明と、各問の説明の間を、全て選択肢チェックに充てます。

もちろん、選択肢チェックの仕方も、この先4級以降のために十二分に考えてやっていきます。
聞き取る時の負担はかなり減ります。




第1問は、ハングルの綴りと音をきちんと理解しているかを問う問題です。

韓国語学習を始めた時から、ハングルの綴りと音を、
ペアで身に付ける練習をしていらっしゃれば、問題ありません。



言葉はまず‘音’で、音を押さえていればいいですが(世界には文字が無い言語もありますしね)、
韓国語は、これから触れる各発音変化が示すように、綴りと音がずれるケースがたくさんありますし、
韓国語にもやはり書き言葉が存在していますから、
正確な綴りを理解しているようにもしておきましょう。


ちなみに今の段階で、ある程度の韓国語力を既にお持ちだと、いわゆる文脈で正答が分かりますね。


今回は1)と2)がそうで、1)は問題文を聞く前に②か③の2択にできますが、
筆記の解説でも触れた、〔ㅇパッチム + ㅇ〕の発音です。


あと、


〔濃音(あと激音)は平音より高い音程で発音される〕


ことも押さえておきましょう。




続いて、第2問の数詞を聞き取る問題です。

問題文と選択肢それぞれを見て、漢字語数詞か固有語数詞のどちらが聞こえてくるかを、
すぐ判断できるようにしたいです。


数詞と助数詞(単位)のペアを、一つ一つそれぞれ覚える必要はありませんね。
一部例外を除けば、



漢字語数詞  →  順番を数える(序数)


固有語数詞  →  数量を数える



で分けられます。



通常の学習をしていれば、全て正解できます。
音の紛らわしさもありません。

一方で、数詞は他の語句以上に反復練習が必要ですから、
例えばグループ学習されている方なら、お互い問題を出し合って、一緒に確認しましょう。

問いかける時は、とりあえず日本語でも構いません。


「今日は何日?」 ‘십일 월 십이 일이에요!’ 


「山田さんの誕生日は?」 ‘유 월 삼 일이에요!’


「今何時?」 ‘열 시예요!’


といった感じにですね。

ちなみに、とりあえず日本語でも構わない理由は、
さっと不意に尋ねたいのと(「クイック」と呼ばれる練習です)、
答えることができてこそ尋ねられるからです。


数詞の聞き取りは、ハン検で出るからなど関係なく、これからの‘ぺラぺ~ラへの道’で必須ですから、
繰り返し練習し、聞いて話せるようにしておきましょう。



今回の出題で比較的迷わせるのは2)で、8(여덟)か10(열)かということですね。
よくこんがらがる数詞で、学習現場でのことがよく反映された良問だと思います。




では第3問で、説明している絵を選ぶ問題です。

ここからは、事前の選択肢チェックをすることによって、
聞き取るべき量を減らす作業をしておく必要があるわけですが、
いろいろある中で、具体的方法は、これは4級以降でも使える方法として、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる(多くの場合これで正答が決まるから)。



この作業をしておいてから、問題文が聞こえてくるのを待ちます。



1)は大人が女性か男性か、女児か男児かとチェックしておいて音声を聞きます。
あとは天気ですね。

で、聞こえてきた冒頭文はこうです。



어제 딸하고 같이 ~ ≪昨日娘と一緒に~≫



連音化に耳が付いていったかも確認しましょう。
その後に、날씨가 덥습니다 と聞こえてきました。

いい条件が揃っているので、やはり1回目の朗読で解答したいですね。
こうできることで1分弱の余裕が出来て、その時間を他の選択肢チェックに回せるからです。



2)でも、同様に事前チェックをします。

①②④が男性なので、この中から正答が出るなと準備しておきましょう。
今までの出題パターンがそうだからです。

その①②④の中ではバラバラな中で、例えば服の種類や柄などを訊くことはありません。
5級の範囲を超えるからです。


で、問題文を訊くと、通常話者自身がどれかを訊いてきますが、
話者は自身のことをなかなか言わないので、解答に戸惑った方がおられるかもしれません。

問題文自体はパターン化していて、ここでは身長の違い(키가 커요/작아요)がそうですが、
話者のことがなかなか聞こえてこないのと、順を追った3段階の検討が必要なので、
問題文全てを聞いてはじめて答えられることにより、前回より難化しました。




続いて第4問の応答文問題です。

各選択肢は毎回短いです。
問題文が聞こえてくる前にさっと見ておいて、もしできたら訳でも付けておきましょう。



1)は、①②が用言で③④が名詞で答えているという、前回にもあった特徴的な選択肢です。
こう押さえておくのも、解答の助けになります。

そして聞こえてきたのが、


뭘 시킬까요? ≪何を注文しましょうか≫


で、聞こえてきた文句が1つの単語といっていい程の決まり文句で、
뭘 は名詞を訊いています。

決まり文句なのが幸いしたので、すぐ解答できますが、
上のように解釈すると、次の4級以降でとても役立ってきます。



続く2)は、筆記問題の解説で採り上げられた、


〔疑問詞疑問文には 네(はい),아뇨(いいえ)で答えられない〕


というルールから、疑問詞の無い疑問文が聞こえてきます。


疑問詞の無い疑問文が聞こえてくると、難易度がやや上がりますね。

疑問詞さえあれば、何を訊いているかがすぐ分かるからで、
ここでは、末尾の 죠 に答えられるものを選ぶという問題です。
話者は[確認]をしているので、相手はそれが合っているかを答える必要があります。




では、第5問の応答文を聞き取って答える問題です。


ここでは、問題用紙に書いてある問いかけ文を見て、


〔何に注意して聞き取らなければならないか〕


を頭に思い描いて、選択肢文の音声を待ちましょう。
これは、大げさに言い換えると、


〔女性は男性の文句に対して、何に答える‘義務’があるのか〕


です。


1)は疑問詞 몇 に答えなければなりませんから、数詞に注意しましょう。
あと、助数詞 분 もチェックですね。

たま~にイレギュラー的に、違う語句で答えたのが正答という問題もありますが、
こうやって準備しておくだけでも、解答の正確さが全然違ってきます。

結局、数詞は全ての選択肢で聞こえてきました。
~ 분 に対して ~명 で答えるという問題ですが、会話の時に注意したいですね。



2)では、男性の問いかけ中にある 멀어요 で、私達の語彙力を訊いてきて、
女性は「遠いか」について答える‘義務’があります。

つまりは、[距離]に関する語句に注意しながら聞き取りましょうということで、



① → 距離について答えていない


② → 距離について答えた(가깝다)


③ → 距離について答えていない


④ → 距離について答えていない



と、正答/不正答理由を導き出せます。


余談で、これから先も見据えた対策をしようと思えば、
会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則り、女性は、



○形容詞で答える


○現在時制で答える


○疑問詞の無い疑問文なので、네,아뇨 で答えられる



といった追加項目も捉えておくといいです。




続いて、第6問の日訳を選ぶ問題です。
第3問で確認した選択肢チェックをしておきます。



1) はいいですね。冒頭がバラバラなので、音が聞こえてきた瞬間に解答できます。
1回目の朗読で解答できましたか。

どれも、聞いて分かるようになっておきたい語ばかりです。
「耳の語彙力」もどんどん鍛えるために、音読・シャドーイング・ディクテーションですね。



続く2)は、①②そして③④と分かれています。

聞こえてきた語は 여자 で、続く 몇 を聞き取って解答します。



3)も同じ要領です。出だしで2択になると分かります。

連音化する 밖에<바께> が聞こえてはきますが、②③でないのは明らかで、
①は5級の語ではありません。



このように、事前の選択肢チェックをしておいて、‘聞くべき箇所’を特定しておけば、
メモ欄が用意されていても書き取らなくてもいいし、
1回目で解答できて、2回目の朗読時は、後の問題の選択肢チェックに時間を回せます。

ちなみに、問題文の語数が前回より減りました。




では第7問の、男女の会話文の内容を問う問題です。


選択肢の作られ方はパターン化しています。
なので、それを有効利用して、聞き取るべき部分を絞りましょう。


つまり、



男性は~~  →  男性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する


女性は~~  →  女性の発話を注意して聞き、選択肢を取捨する

(それぞれで、選択肢の内容を言ったか言わなかったか)



を、問題文が流れる前に見定めて、ピンポイントに聞けるよう準備しておくんですね。

選択肢には、「二人は~」というのもありますが、
基本的には、上記の要領で解答できます。


1) では、女性がこう訊いています。
これを聞くと、①がすぐ消えるわけですが、



언제 일본에서 왔어요? ≪いつ日本から帰って来たんですか?≫



助詞の聞き取りに注意したいです。④が引っかけです。

에서 について、「[場所]で」は比較的早い段階から押さえますが、
「[場所]から」は結構見落とされます。確認しておきましょう。



続く2)では、男性の発話で①が消えて(まだバスに乗っていないからです)、
それに対して女性は、


택시가 좋아요. ≪タクシー(の方)がいいです≫


と答えています。簡単ですね。


余談で、좋아요 を「好きです」とも訳されますが、
これは[受け入れることができる][認めることができる]という意味での「好き」です。


3)は前回同様平易です。
女性の返答は、会話でさっと使えると便利です。




では最後の第8問で、今回は会話文形式に戻りました。
事前の選択肢チェックをバッチリやっておきたいです。

ここでは最後の問題なので、2回聞いて十二分に検討しましょう。



【質問1】の選択肢が全て物で、【質問2】は場所ですね。


5級では過去問が無くても十分対応できる中で(当校ではご用意していますけどね)、
もしその研究が進んでいると、選択肢で掲げられているのが単語でも、
これから聞く問題文の内容がなんとなく分かる気がします。


この時点では、問題文をまだ聞いていない中での、あくまで予想として、
【質問2】に① 가게 とあり、【質問1】にはその 가게 にあり得るものばかりがあって、
さらに ② 돈 ですから、お店でのやり取りなんかなぁって思い描けます。


で、問題文を聞いてみますと、実際にそうですね。
こういうのが、この5級のみならず、特に先の4級以降でできると、解答がグンと楽になります。


【質問1】は、치마 と 바지 が正答根拠で、【質問2】は平易ですね。
現金が無いということで、店員に銀行の場所を訊いています。




ということで、5級試験の解答が終わりました。

難易度的には多少の上下があるものの、ほとんど変わりません。
次の4級を目指す上でも、筆記問題の解説で確認した通り、
お手元の教材を、完璧に身に付けるまで何度も繰り返し学びましょう。

そして、どれだけ身に付けたかをこまめに確認したいですね。




この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当に本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
非常に厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

試験の解説・講評につきましての質問などはハングル語学堂四日市校までご連絡下さい。


       ――――――――――――――――――5級 解答 終わり――――――――――――――――――

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

▲このページのトップへ

2 級・聞取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題