第22回 日・韓・中 ジュニア交流競技会 岩手大会

        平成26年(2014)8月23日(木)~29日(金)

主催:

日本体育協会、岩手県体育協会、岩手県教育委員会、実施中央競技団体

共催:

盛岡市、花巻市、北上市、一関市、奥州市

実施競技:

陸上競技(北上総合運動公園北上陸上競技場)サッカー(花巻市スポーツキャンプむら)、
テニス(盛岡市太田テニスコート)、バレーボール(花巻市総合体育館アネックス)、
バスケットボール(一関市総合体育館)、ウェイトリフティング(江刺中央体育館)、
ハンドボール(花巻市総合体育館)、ソフトテニス(和賀川グリーンパークテニスコート)、
卓球(奥州市総合体育館)、バドミントン(北上総合体育館)、ラグビー(盛岡南公園球技場)

     

 日・韓・中ジュニア競技会は日本、韓国、中国の青少年を対象に、スポーツ交流による相互理解と競技力向上を目的として1993年に日本で第1回競技会が開催されました。現在では11競技、244名の規模となっています。日韓中の3国が毎年主催地を回しながら開催しており、今回の大会は2016年の「希望郷いわて国体」の開催を控えた岩手県でも大きな意義のある大会となりました。

 岩手日報では大会開催期間、紙面に韓国語・中国語の記事を連日掲載するという異例の報道体制を敷き、韓国・中国選手への歓迎の意思をあらわしました。またテレビのローカルニュースでも毎日競技結果が大きく報道されました。

    岩手日報記事スクラップ(一部)

 

8月24日

      

8月25日

     

8月26日

     

8月28日

    

8月29日

   

8月30日

   各画像をクリックすると拡大します。

  

  ソフトテニスチーム

テレビ岩手などで毎日報道されました。

日本に留学経験もあるソン・ウィジョン選手

 

  韓国ソフトテニスチーム

 

岩手代表女子ソフトテニスチーム

試合前にオーダー交換、プレゼント交換をします。

韓国女子チーム、中国女子チーム

  

          韓国女子チーム、日本選抜チーム

  地元の中学生とともに

 頭から氷水をかぶっています。

交流会で、盛岡一高書道部登場

書道パフォーマンスを披露しました。

えさし藤原の里にて 通訳のキムナレさんたち

     

    平泉レストハウスでお土産を買っています。

 

 盛岡ハングルを学ぶ会のページへ戻る